禁断と背徳の体験告白
前画面 体験告白トップ [   ]

巨乳OLちゃん2人と王様ゲームを開始!|3P体験談[男性の告白]


目次

←前の告白  次の告白→

巨乳OLちゃん2人と王様ゲームを開始!
読了予測 計算中・・・
[Entry No]
この間、かなり刺激的な体験をしたので投稿させてもらいます。
ヨシ(仮名)と言います。
今28歳で、都内の外資系企業に勤めています。
勤めている会社が有名なせいか、合コンの誘いなんかがしょっちゅうあります。
それでいい思いをさせてもらうこともしばしば(笑)
今回は、この間参加した合コンであった話です。

人数は3対3で、相手は某大企業に勤めるOLで勤務地は銀座とか。
こちらは会社の同期3人組。
ただし俺以外の2人には彼女がいます(笑)
けど、そんなの気にせずにいつも女遊びしてる、そんな遊び仲間です。

ここで登場人物紹介を。
ヨシ:俺、経験人数は2桁だけど女遊びは大好き、フツメン。
タカシ:幹事、背が高くてイケメン、経験人数3桁越えのヤリチンw
ケンタ:ちょいデブだけど、喋るのが上手い盛り上げ役。
アキ:24歳、一番幼い感じ、背が高くてスレンダーな美人。
ミナ:26歳、磯山さやかみたいなムチムチ巨乳、明るくていい子。
レイコ:27歳、加藤綾子似、この子も巨乳w

3人とも、いい会社に勤めてるので、身に着けているものも高級そうなものが多かったですね。
かなり自分磨きにお金をかけているようでした。
(後で聞いたんですが、ミナとレイコは月1で数万円もするエステに通ってるんだとか)

会社の近くの居酒屋での合コンでした。
男3人がかなり盛り上げて飲ませまくったので、2時間後にはいい感じになってました。
すでにカップルができていて、タカシとアキはいちゃいちゃ状態(笑)
あとの4人は楽しく飲んでる感じでした。
9時頃に店を出たのですが、タカシはアキを駅まで送っていくとか言ってイチ抜け!
後日談ですが、無事にアキをお持ち帰りしたそうです(笑)

一方、あとの4人は最初に飲んでた居酒屋からそう遠くない俺の部屋で飲み直すことに。
けど、俺の家に向かう途中で、ケンタが彼女に呼び出されるという事態にw
急用だったようで、そのままケンタは彼女の家へ。
ケンタも女の子2人も残念そうでしたが、残された3人で俺の家へ向かうことになりました。
本当はここで解散しても良かったんだけど、まだ少し飲み足りなかったのと、ミナとレイコが来たそうにしてたので。

さて、俺の部屋に着きます。
俺は1人暮らしなんだけど、結構広い部屋に住んでてテンションが上がる2人!
どんな部屋に住んでるのかで年収とかだいたい想像がつくので、部屋に連れて来るだけで落とせる確率は上がります(笑)
しかもミナとレイコは婚期を逃すまいと頑張ってる肉食系女子!
これは食べちゃうしかないですね?

早速、俺の部屋で飲み直し。
ミナとレイコはワインを、俺は焼酎を飲んでいました。
部屋に来る前から結構酔っていたので話も弾みます。
話をしていてわかったのが、実は2人とも彼氏がいるのですが、結婚は考えてないらしい。
どうやら今の彼氏よりも、もうちょい良い人を探したいのだそうw
なので、合コンやパーティーにも結構参加しているとのことでした。

しかもこの2人、かなりのやり手。
合コンで見つけたイイ男(お金持ってるエリートのことw)とは、合コン後にもマメにデートをしたりして関係を繋いでるのだとか。
聞いていると、結構すごい地位の人とも付き合いがあるようでした。
特にミナがすごくて、とあるパーティで知り合った某大企業の部長(40代)と肉体関係にあるのだとかw
レイコはレイコで彼氏以外にキープしてる男が3人もいるらしいw
彼氏が可哀想です(笑)

結構場が暖まってきたので、ベタですが3人で王様ゲームを開始!
最初はイッキとかしてたけど、だんだんエロ系の話題にw
そこで2人のブラのカップを聞き出しました。
ムチムチ巨乳のミナはGカップ!
細身のレイコはEカップでした!
どっちもスゴいスタイルがいい!
酔っていたこともあって、俺はかなりストレートにこんなお願いをしました。

俺「ねえねえ!2人のおっぱい見せてよ」
ミナ「ええ!てかストレートすぎでしょ(笑)」
レイコ「恥ずかしいですよ(笑)」
俺「じゃあ見せあいっこで!どう?俺も脱ぐよ(笑)」
ミナ「ちょっとやだけど、ヨシさんのちょっと見てみたいかも(笑)」
レイコ「けど、ヨシさんって背が高いし、おっきそうですよね」
俺「よし!じゃあ決まり!俺、脱ぐぞ」

酒の勢いで強引に急展開に持っていきます。
俺はベルトを緩め、トランクス1枚になり、2人の前で仁王立ちしました。
俺はチンコのデカさにはかなり自信があって、今まで出会った女の子みんなにおっきいと言われています。
この巨根のおかげで良い思いをしたこともしばしば(笑)

レイコ「なんか緊張するね(笑)」
俺「いい?心の準備は?」
ミナ「早く脱ぎなよ(笑)」

俺は一気にトランクスを膝まで下げました。
まだ全然勃起してない俺のチンコがぶらんと露わになりました。

レイコ「え・・・?これまだ立ってないんだよね?」
ミナ「すごーいw何これー!」
俺「デカいっしょ?まだ全然立ってないよ」

俺のは立ってなくても15センチくらいあって、特にカリの部分が大きくてイカリ型になってるのが特徴ですw

ミナ「この大きさで立ってないって、すごいね」
レイコ「大きくなったらスゴそう(笑)」
俺「俺は脱いだんだし、2人もおっぱい見せてよw」

2人は口では渋りながらもノリノリで脱ぎ始めましたw

ミナ「やっぱ恥ずかしいねw」

夏場だったので2人ともブラウス1枚で、その下にキャミ、そしてブラ。
2人はブラウスのボタンを外し始めました。

俺「すげ!2人ともやっぱおっぱい大きいねw」
レイコ「あんまりじろじろ見られると恥ずかしいですよ」

そしてキャミを脱いで2人とも上半身はブラだけに。
ミナは薄い紫で、レイコはピンクのブラでした。

ミナ「どう?興奮しますか?(笑)」
俺「そりゃあねwこんな可愛い2人が目の前でおっぱい出してるんだもんw」
レイコ「あ、ちょっとおっきくなってきてるかも!(笑)」

レイコは俺のチンコの方を見ながら言いました。

俺「ブラも取ってよ!そしたらビンビンになるw」
ミナ「も〜う、仕方ないな〜(笑)」

2人はブラを取りました。
ミナのおっぱいは爆乳って感じですごいボリューム感、けどあんまり垂れてなくて乳首もキレイ!
レイコのは巨乳なんだけどすごいお上品な感じでした。

俺「おお!2人ともめっちゃきれいじゃんw」
ミナ「そりゃあちゃんとエステ通ってキープしてるもんね」
レイコ「うんうん、てかミナのっていつ見てもすごい迫力w」
ミナ「ヨシさんの、まだ立たないのー?w」

俺のはまだブラブラ状態、いつも勃起するまでに時間がかかるんですw

俺「じゃあパイズリで立たせてよ」
ミナ「ええー!まじで言ってるの?(笑)」
レイコ「ミナ、やってあげなよw私のじゃ物足りないだろうしw」
俺「レイコちゃんでも十分だよ!ねえ、お願い!」

そう言うとミナが俺の前に膝をついて、パイズリをしてくれることにw
酒の勢いですごい急展開(笑)

ミナ「うわ・・・間近で見るとすごい迫力!」
俺「おお、ミナちゃんエロいね」

ミナは俺のチンコを手に取り、谷間で挟みました。
そして巨乳をうまく操りながら、俺のチンコをしごいていきます。
上目遣いなミナとその巨乳に圧倒されて、チンコはすぐMAXにw

俺「ミナちゃん、すごっ・・・!もうビンビンだよ」
ミナ「え・・・ちょっとまじでおっきすぎ!」
レイコ「すごーい・・・」

2人とも唖然としている様子w
俺のチンコは完全に勃起すると20センチ弱あって、亀頭もピンポン球のふたまわりくらいあるんですw

俺「どう?2人の彼氏とどっちがデカい?」
ミナ「すごーいおっきい、ヨシさんの方が断然おっきいよ!」
レイコ「うん、彼氏の倍くらいあるかも(笑)」
俺「まじで?彼氏、小さくね?(笑)」
レイコ「うーん、ちょっとね(笑)」

ミナは俺のチンコを手で握ったまま見惚れてますw

ミナ「ほんとすごい・・・こんなの見たことないよ・・・」

そしてしばらく握らせていると、おもむろに口を近づけ、亀頭を舐め始めましたw
ここまでくればもう3P確定w

ミナ「んはぁ・・・チュルッ・・・んん」
レイコ「え、ミナ、ちょっと(笑)」
俺「ミナちゃんすごい積極的じゃん!(笑)」
ミナ「ジュルッ・・・ヌプ・・・ん、だって、酔ってるし・・・こんなの見たの初めて」

ミナは亀頭やカリ、竿の部分を丁寧に舐めていきました。
その後ろでレイコがエロい目付きでその様子を眺めています。

俺「ミナちゃん、咥えてみてよ」
ミナ「うん・・・ハッ・・・ジュル、ジュル・・・ん、ん!はぁ!!おっきい!はぁ、はぁ」
俺「ごめん、おっきすぎた?(笑)」

ミナは一度は亀頭を口に含んだものの、すぐに苦しくなったようでした。

ミナ「こんなの入らないよ〜。すごすぎ(笑)」
俺「じゃあレイコちゃん、やってみる?」
レイコ「ええー!本気で言ってるの?」
俺「ほら、おいでよ」

そう言って俺はミナとレイコを交代させました。
レイコはミナよりは長く咥えていましたが、それでもキツそうw
けどそのままフェラを続けてもらいました。

レイコ「はん、ん、ジュプ、チュ・・・」
俺「レイコちゃん上手いよ」

すると今度はミナが立ち上がって俺にキスしてきましたw
もはや2人とも発情したメス状態w
俺はミナとキスをしながらミナのGカップの巨乳を弄びました。

ミナ「ん、はぁ、ん、チュ・・・」
俺「ミナちゃんの体、超エロい。おっぱいすごいね」
ミナ「はぁ、もっと触って、はぁ」

俺はミナの上半身を手で愛撫していきました。
ムチムチした肉の感触と、滑らかな触り心地がたまらなかったですw
ミナが俺のシャツを脱がして俺は全裸に。
俺もミナのスカートを脱がしてあげて、パンティ1枚の格好にしてあげました。
ミナのお尻を強く揉んでみると、もうムッチムチ!
すごいそそられる感触にさらにチンコが硬くなりました。

フェラをするレイコと、俺と舌を絡め合うミナ。
この状態が5分は続いたかと思います。
俺は2人に交代してもらってレイコとキス!
ミナには玉の裏から亀頭まで丁寧にフェラしてもらいました。
レイコは細身で、くびれが最高!
肌ももっちもちでエロい体つきですw
俺はレイコにキスしながらおっぱいを揉み、さらにおマンコへと手を伸ばしていきます。
するとレイコのマンコはすでにグッチョリw
スカートとパンティを脱がせ、レイコを全裸にして、思いっきり手マンしました!

レイコ「あぁ!すごい!いい!もっと!うあっうっうっう・・・」
俺「レイコちゃん締まってるね、いい感じだ!ほら、こんなのどう?」

俺は少し角度と強さを変えてイカせにかかりました。

レイコ「ああぁ!!!だめえ!イク!あぁぁぁ!!!イク!!あぁぁぁ!」

あっという間にレイコは絶頂w
もうこのままレイコに入れてやろうと思い、壁に手をつかせてバックの形に。
ミナはそれを物欲しそうに見ていましたw

レイコ「はぁ、イッたばかりなのに・・・もう入れちゃうの?」
俺「いいじゃん、ほら、尻突き出せって」
レイコ「はん、あ、ゴムは・・・?しないの?」
俺「市販のやつ小さいから(笑)ちゃんと外に出すって!」
レイコ「うん、絶対だよ?」
俺「よし、入れるぞ!もっと尻上げろって」
レイコ「あん・・・お願い、ゆっくりね・・・おっきいから・・・あぁ!あん!」
俺「おお!狭いねwめっちゃ締め付けるじゃん」
レイコ「だってこんなに大きいの・・・初めて・・・はぁん!あぁ!だめ・・・ゆっくり!」
俺「よーし、奥まで入れるぞ!」
レイコ「はぁ、だめえ、あぁ!すごい・・・はぁ、はぁ、あ!いっぱいになる、はぁん!」
俺「どう?彼氏のよりいいでしょ?」
レイコ「うん、全然いい!他の人と比べても段違いにおっきくて・・・はぁ!気持ちいい!」
俺「よーし、一番奥まで突くぞ」
レイコ「えぇ、まだ全部入ってなかったの?すごすぎるよ・・・」
俺「いくぞ!オラぁ!」
レイコ「は!はあぁ!あああん!だめえ!」

俺はゆっくり小刻みにピストンを始めました。
動きにあわせてレイコが喘ぎますw

レイコ「あ!あ!あ!あぁぁ!だめ!すごい!やばいって!はあ!ああああ!」

このとき、後ろで見惚れてたミナは俺の腰を掴み、アナル舐めを始めましたw
この2人、エロすぎでしょw
アナル舐めの気持ちよさで、チンコがさらに硬くなりますw
すごいゆっくりなピストンなのにレイコが絶叫し始めますw

レイコ「はああああんん!あぁ!すごい!おっきいい!!!!ああああ!あ!」
俺「おいおい、まだ序の口だぜ?オラ!激しくするぞ!」
レイコ「あああああ!もうだめ!!!!あああああ!硬い!すごいいいいいいい!!!イク!イク!もうだめええ!!!」

2人とも可愛いしエロいしカラダの相性も抜群で、今でもちょくちょく会って3Pを楽しんでいます。

---END---
問題報告・削除依頼

←前の告白    次の告白→




禁断と背徳の体験告白
管理運営サイト ましゅまろくらぶ
管理室