禁断と背徳の体験告白
前画面 体験告白トップ [   ]

酔うと記憶をなくす27歳のエッチな人妻*|出会い〜人妻体験談[男性の告白]


目次

←前の告白 

酔うと記憶をなくす27歳のエッチな人妻*
読了予測 計算中・・・
[Entry No]
1 にヒロインの名前を記入して下さい
(原文:サトミ)

1  2
3  4




メル友サイトで知り合ったサトミ(既婚、27歳)。
何度かメールするうちに『会おうか?』となりましたが・・・互いの都合がまったく合わない。
こりゃ会えないかなと思ったんで、ダメ元でエッチなメールを送ると、色んなことを教えてくれました。

手を握っていないとイケないこと。
背中の刺激に弱いこと。
ダンナとは数ヶ月、レスなこと。
そして、酒は好きだけど、飲むとすぐに記憶をなくすこと。

私『まだ若いのに・・・俺ならずっと愛しちゃうよ』
サトミ『・・・会えたらいいね』

数日後、サトミからメール。

サトミ『土曜日、子供と実家に帰るんだけど会えない?』

当然OKの返事をしました。

サトミ『でもエッチは絶対になしだからね』

キャンセルされても嫌なんで、こちらもOKの返事を。
そして土曜日まで、普通&エッチなメールのやり取り。

私『盛り上がったら口説いちゃうかもよ』

一応、伏線は張っておきました(笑)
そして土曜日、待ち合わせ場所でサトミを車に乗せました。

私「今日は何時までいいの?」
サトミ「親には飲み会って言ってきたから遅くて大丈夫だよ。夜出るのは久しぶりだしオールでも(笑)」

(ラッキー!)と小躍りしそうでした。

私「食事しようか?」
サトミ「地元だし、知り合いに会ったら困るから」

カラオケも同じ理由で?
ならば・・・。

私「人と会いたくないなら、コンビニで買い物してラブホに行く?」
サトミ「・・・うん。でもエッチは絶対になしだよ」

コンビニでさっさと買い物してラブホへ。
サトミも素直に車から降りてきます。
私はサトミの手を握って部屋まで。

私「じゃあ乾杯しよう」

サトミにビールを渡そうとしたら・・・。

サトミ「お酒はちょっと・・・」
私「じゃあ乾杯だけ」

ビールを開けてサトミに渡し、「乾杯〜」。
結局、サトミは数本のビールにチューハイを飲みました。
そして1時間もしないうちにウトウトと。
私は横に座り、サトミの肩を抱きました。
サトミは私に寄りかかってきます。
キスをしたら・・・。

サトミ「んんんっ、ダメだって」

構わずにキスを続けたら、「エッチはなしって言ったでしょ・・・もう眠たいの」とご機嫌ななめに。
仕方ないんで、サトミをお姫様抱っこしてベッドに寝かせました。
1人でシャワーを浴びて出てきたら・・・サトミはすやすや眠ってます。

私「サトミちゃん」

身体を揺すってみても反応無し。
おいおい、初めて会う男の前で熟睡するなんて・・・警戒心ないのかな(ニヤリ)。
こんなチャンスも滅多にないよね。

サトミの服を脱がせ始めます。
シャツのボタンを外し、ブラのホックを外そうとしたら、「うう〜ん」と身体を動かしたのでブラのホックを外しました。
次にジーンズを脱がせようとしたらサトミが起きかけたんで、「ほら、服くらい脱いで寝ないと」と言って、ジーンズを脱がせてしまいました。
そしてシャツとブラも脱がせると、サトミはパンティ1枚に剥かれちゃったわけです。
しばしセミヌードのサトミを堪能。
そしていよいよパンティに手を掛けて脱がせます。
サトミの両脚を開かせ、自分の身体を割り込ませます。
今さらサトミが気付いても、私に貫かれ、犯されるだけ。
サトミの両手を握って乳首を舐めたり吸ったりしていると・・・。

サトミ「・・・ん?・・・何?ちょっと止めて!」

パニック状態のサトミに構わずキスを続けて首筋を舐め上げ、チンポの先でサトミの秘穴を軽くつついてやると抵抗はどんどん弱ってきました。

サトミ「お願い・・・ここまでにして」
私「ダ〜〜〜〜メ」

潤ったサトミの蜜壺をチンポで貫きました。

サトミ「あぁぁぁぁ〜〜」

サトミの蜜壺はすんなり受け入れます。
激しくサトミを犯していたら簡単にイッてしまいました。
その後、サトミを腹這いにさせ後ろから犯しながら両乳を揉み、背中を舐めてやると、またもや簡単にイッてしまいました。
寝転がり、ぐったりとしたサトミに命令します。

私「今度はサトミが自分で挿れな」

サトミは素直に私に跨がると、チンポを握って自らの秘穴に導き、挿入しました。
激しく腰を使うサトミの両乳を下から揉みます。

サトミ「ダメっ、ずっとしてなかったからすぐにイッちゃうよ〜」

そう言ってイッてしまったサトミは私に抱き付いてキスをしてきました。

私「俺はまだイッてないよ」
サトミ「ホントだ、スゴ〜い」

サトミの頭を押し下げたらチンポを握り、フェラを始めました。
最初は抵抗していたサトミですが、今は私に何度もイカされて従順になってます。
しばらくフェラ奉仕をさせましたが・・・サトミ、ちょい下手(笑)
サトミを寝かせ、正常位で犯しました。

サトミ「ダメ〜、またイク〜〜〜っ」

サトミを横向きに寝かせ、背後から犯します。
身体を密着させ、サトミを羽交い締めにして突き続けていると・・・。

サトミ「こんなの初めて〜、ダメ〜〜、イキ過ぎる〜〜〜〜」
私「俺も出すぞ」
サトミ「中はダメ〜、赤ちゃんができちゃう〜」

私はサトミの蜜壺からチンポを抜き、外に発射しました。
そのまま2人で一緒に寝ました。
そして朝。

サトミ「私、いつ服脱いだ?」
私「『暑い』って自分で脱いでたよ(笑)」

私はサトミを抱き締めてキス・・・サトミとのモーニングエッチが始まりました。
対面座位で貫くと、サトミが抱き付いて腰を使います。
サトミの背中を撫でながら攻めると何度もサトミはイッていました。
その後、サトミを家の近くまで送り届けました。

---END---
問題報告・削除依頼

←前の告白   




禁断と背徳の体験告白
管理運営サイト ましゅまろくらぶ
管理室