禁断と背徳の体験告白
前画面 体験告白トップ [   ]

淫乱女の母性愛*|調教・性奴隷告白小説


目次

←前の告白  次の告白→

淫乱女の母性愛*
読了予測 計算中・・・
[Entry No]
1 にヒロインの名前を記入して下さい
(原文:梓)
2 にヒロインの息子の名前を記入して下さい
(原文:努)

1  2
3  4




(1)
午後六時ごろ帰宅したは、自宅に灯かりが無い事に気がついた。
普段であれば、母のが台所に電気をともし、夕食の準備をしている時間にも関わらず、外から見る限り家の中は真っ暗である。
駐車場を見ると、車があるので出かけている訳ではなさそうだ。
は物憂げな表情で玄関を開けると、そこにたくさんの靴が並んでいるのを確かめた。
どれも汚れており、自分と同じ中学校の校章が印刷されている。
そして、居間の方から何人もの話し声が聞こえてきた。
「おばさん、誰か帰ってきたみたいだぜ」
「大変、かしら」
あえてその声には気づかぬ振りをして、が階段を上ろうとすると、居間の扉がすうっと開き、その中から裸の男女が現れた。
と言っても女は一人で、後は皆、と同じような少年ばかりである。
「よう。おばさん、借りてるぜ」
そう言って、の肩を抱くのは、泉という不良少年だった。学校でも教師が匙を投げるほど悪に染まった生徒で、たびたび警察のご厄介にもなっている。
そんな輩が、母を愛妾のように扱い、勝ち誇っていた。
「・・・おかえりなさい、
はうつむき加減で、蓮っ葉に着ているキャミソールの裾を握っていた。
我が子にこのような所を見られて恥ずかしいのだろう、頬は薄桃色に染まっている。
二人の向こうに、こちらも見慣れた顔がいくつかある。彼らは泉の仲間で、事ある毎にを苛めていた連中だった。
そいつらも、全裸かそれに近い格好で、にやけながらを見つめている。
「俺たち、昼からずっとヤッてたんだ。おかげで、チンポがヒリヒリするぜ」
泉は肩を抱いていた手を乳房に回し、やんわりと揉む。その動きにつられたは、あらためて母の体を見た。

は三十二歳。昔、モデルをやっていたという容姿は今も若々しく、美しかった。
誰が見ても、美人だとか綺麗などという陳腐な褒め言葉が出るほど、その美しさは洗練されている。
それは、精力旺盛な少年たちの目から見ても、相当、魅力的に映ったのであろう、思わずが目を背けたくなるほど、の全身には陵辱の痕跡が見て取れる。
泉が今、言った、昼からずっと──という言葉は、嘘ではなさそうだった。
「おばさんさあ、俺たちに代わる代わるやられると、もう死んじゃうとか言って泣くんだ。可愛いよな」
「お願い、言わないで・・・」
泉が唇を寄せると、は顎を上げてキスで応えた。大ぶりな乳房は少年の手で丸く揉み込まれ、敏感な乳首はキリキリと尖り始める。
「ねえ、おばさん。今日、俺たちの前で誓った、あのセリフ。に聞かせてやってよ」
「え・・・で、出来ないわ」
唇をつけたり離したりを繰り返しながら、泉とは濃厚な口づけを続けている。その様子は、まるで熟しきった夫婦が交わすような、悩ましい口唇愛撫であった。
それだけ、母は泉に飼い慣らされているのだと思うと、の心は張り裂けそうになった。
「なあ、。おばさんは今日、俺たちの奴隷になるって誓ったんだぜ。その時のセリフ、聞かせてやれよ。なあ、
「い、嫌です・・・あッ!」
命令を拒むの乳首が突然、引きちぎられんばかりに抓りあげられた。泉が背後からを抱くようにして、両の乳首を力任せに嬲っていた。
「言わないと、親子共々、酷い目に遭うぜ」
「ああ、には・・・手を出さないで・・・」
前のめりになり、いやいやと頭をふる。そこへ、他の悪童どもが乗りかかっていく。
「おばさん次第で、の学生生活は天国と地獄ほども変わってくるぜ」
「さあ、言えよ」
そう促されるとは観念したように、ぽつりぽつりと言葉をこぼし始めた。

「わ、私ことは・・・これより、泉様をはじめとする皆様の、せッ・・・精液便所になる事を誓います。
何時、如何なる時でも股を広げ、どの穴でも皆様の精液を一滴残らず、飲み干します。
特に、アッ、アッ・・・アヌスを死ぬほど可愛がってくださいね・・・」
「良く言った、
この瞬間、悪童どもはどっと笑い出した。見目麗しい淑女が、自分たちの欲望の思うがままに出来る事と、それを誓わせる事が叶い、たまらなく楽しいのである。
「実はな、。お前のママ、ケツでするとメチャクチャ喜ぶんだぜ」
「今も、俺たち全員分の、精子がケツの穴に入ってる。歩くと、こぼれるぞ、多分」
そんな戯言を耳にすると、はいよいよ辱めに耐えられず、うつむいてしまった。
息子と同じ年の少年たちに、自分が精液便所となる事を誓う母の心境は、死にたいほどの屈辱に違いない。
また、母の口からそんなセリフを聞かされ、も死にたいほど悔しかった。

「まあ、そういうこった。もうちょっと、おばさん借りるが、よろしくな」
泉がそう言って、を抱きかかえた。ちょうど、白馬の王子がお姫様を抱く様な格好である。
もちろん、立場的には奴隷とそれを扱う商人ほどに違うのだが。
「ここにいる全員で、これからやりまくるぜ。なあ、。親父さん、出張で居ないんだろ」
は泉の腕の中で、怯えるような眼差しをに送った。しかし、その中に悪童どもへの媚が含まれている事を、は直感で悟った。
そして居間の扉が閉まった時、母、は女、と変化する。
「ああ───ッ・・・」
悲痛な叫び声は、の心に芽生えた被虐欲から出されたものだった。こうすれば、少年たちはもっと、悪い事をしてくれる。
自分をぼろ布のような扱いにして、気を失うほどに責め抜いてくれるだろう・・・には、そんな期待感があった。
実際、悪童どもはを上に下にと体を入れ替え、自分たちの欲望をねじ込んだ。
布団の上に這うを、三人がかりで犯す事もある。そうかと思えば尻穴ばかりを狙い、気絶するまでをいたぶるのだ。
そうして気絶から常世に戻り、下半身に激しい陵辱の跡があるのを知ると、は喜んだ。
少年たちは避妊もしないし、それこそ全身へ精液を浴びせていくのに、そのようなリスクや背徳感が更なる被虐欲をいぶり出し、を淫靡な女へ仕立て上げてしまう。
「ああッ!いっそ、犯し殺してッ!」
気がつけば、扉一枚向こうに息子が居るというのに、はよがり狂っていた。これから何時間に及ぶのかは分からないが、は犯され続けるだろう。
そしてはそれを知りながら、黙っているしかないのであった。


(2)
紫色のブラジャーとショーツを身に着けた後、は脈打つ場所に香水をつけた。
今は午後一時過ぎ。あと少しすると、泉たち悪童が家へやって来る。
今やは彼らの慰み者という立場で、二日と空けずにその豊満な体を食い物にされていた。
一旦、事が始まると何時間も嬲られるため、衣服などはむしろ邪魔でしかなく、最近のは自宅にいる限り、下着以外を身に着ける事は、ほとんどなくなった。
ただ、夫が家を空けている間に起こった一連の出来事は、にしてみれば災難としか言い様がないし、息子を守るためには止むを得ない措置だったと、今でも考えている。
あの、無慈悲な泉たちの暴力的な振る舞いが、万が一にでもへ向けられたら──
そう思うとは、恐ろしくて仕方がなかった。
それからしばらくして、玄関のチャイムが鳴った。は下着姿のまま、お迎えに出なければならない。泉たちとの間に、そういう約束事がなされているのだ。
「これはまた、刺激的な格好で」
ドアを開けたのは泉である。そして、取り巻きの悪童どもと、バツの悪そうな顔をするもいた。どうやらこの面子で、学校をさぼってきたらしい。
「早く入って、ドアを閉めて」
平日の午後、息子を含めた少年が集まる所を、近所の人たちにでも見られたらかなわない。は悪童どもを家の中へ招き入れ、あたりを窺うようにしてから、ドアを閉めた。
、あなたは自分の部屋で、勉強するのよ」
「うん」
はこんな状況でも、息子の前途を案じる性格である。泉たちなどとつるみ、身を持ち崩すような事は、して欲しくなかったからだ。

「じゃあな、。ママを借りるぜ」
泉がへらへらと笑うと、は一瞬、むっと顔をしかめたが、すぐに背を向け自室へと戻っていった。
母が自分のために、酷い目に遭っているというのに、ずいぶん冷淡な感じである。
「知ってるか、。あの野郎、あんたが居間でやられてる時、気配を潜めて中を覗いてるんだぜ。そんで、センズリこいてるみたいだ」
「セッ・・・セン・・・」
は顔を赤く染め、言葉を詰まらせた。我が子が母親の乱れる姿を見て、自慰に及ぶなどと言われて、頭がかっと熱くなる。
「まあ、これだけ綺麗なママなら、しょうがねえかもな」
「むしろ、よくセンズリで我慢できてるって感心するよ」
取り巻きの連中は、どこかに同情的である。美母を同級生に奪われ、己だけは惨めな慰めをせねばならぬという気持ちは、男であれば誰だって察する事が出来るからだ。
しかし、にしてみれば、それは恐ろしい話でしかない。泉たちのように、他人が自分の女を欲するのは分かるが、子が母に女を求めてはいけないのだ。
それを許してしまうと、母子は禁忌の交わりを犯す事になる。は人として、それだけは避けたかった。
「そんなくだらない話は置いといて、ねえ、楽しみましょう」
は恐ろしい考えを振り切らんと、わざと婀娜っぽく振舞った。この悪童どもとの乱交にも慣れ、少し心にゆとりが生まれているのも事実だったが、何より今はの事を一瞬でも忘れたい。そして、快楽に溺れ狂う母を見て、息子に正気を取り戻して欲しいと願った。
「まあ、どうあっても、俺たちはただやるだけさ。そうだろう、
「ええ、泉さん。何て言ったって、私は皆さんの、精液便所ですもの」
は泉と肩を組み、頬を寄せながら笑った。更に体を預けるように密着させ、透ける素材で出来た紫色のショーツから垣間見える翳りの奥を、きゅんと疼かせた。
この場にいる悪童は五人。泉をはじめ、いつもの面子がそろい踏みだった。
年は若いが、彼らの暴力的な性交は、被虐に目覚めたをたっぷりと辱める事が可能である。
中学生とはいっても、皆、大人と違わぬほど大きな肉棒を持ち、女を妊娠させる子種を発射出来るのだ。か弱い一人を嬲る如きは、容易いものである。
しかも心が無邪気な分、女に対して格好をつける所が無く、扱いも無慈悲である。はそんな悪童どもとの厳しい交わりで、日を重ねるたびに淫乱になっていった。

「今日はどうしましょう?一応、お浣腸も済ませてあるし、一通り出来ますけど」
は媚びを含んだ目で問う。下手に出ているのは、自分が支配される側にある事をしっかり認識しているからだった。
ちなみに浣腸は肛門姦をする為に、あらかじめ済ませておくのがマナーとして、精液便所たるに課せられている。
「そうだな。普通にやるのも飽きたし、ちょっと変化が欲しいな」
泉が居間を見回すと、部屋干しをする際に使う洗濯ロープが吊ってあった。
ここしばらく天気が悪いので、が時々、使っているのか随分、なめされた感じである。
「これを使おう」
直径一センチほどのロープを引き絞り、泉は笑った。はその様を見て即座に何をするかに気がつき、ぽっと頬を染めた。
「お縛りになるのね」
「察しがいい。ブラジャーを外しな」
泉はロープをパンと鳴らし、へ迫った。
はたしてはブラジャーを外し、後ろ手を泉に預けた。そこを起点にロープが手首を決め、鎖骨を通って脇の下に回り、大ぶりな乳房をギュッと締め上げた。
ちょうど、乳房をロープが上下に挟むような形である。
「きつくないか、
「ええ・・・でも、何だか怖い・・・」
普段、誰に戒められる事も無く、自由にしている身であれば、拘束されるという事がどれほど恐ろしいか。
しかし、性に対して貪欲な五人の悪童に囲まれるにしてみれば、この戯れは、新しい被虐へのステップでもある。
ロープは腰を縛った所で、足りなくなった。泉はまあいいと呟いてから縄尻を取り、上半身にロープを食い込ませるの体を見る。
「こういう事は初めてか?」
「はい、SMって言うんでしょうか・・・経験ありません・・・」
は汗で頬にへばりついた乱れ髪を直す事も出来ず、悲しそうな表情をした。このように戒められ、身も世もないという風であった。

「エロいな」
「パンティ脱がさなかったのは、正解だな」
取り巻き連中もロープを打たれたの艶姿にあてられたようで、いつもよりも興奮している様子だった。
このまま、五人が五本の肉の凶器を、に突き立てることは、まず間違いなさそうである。
「どうされたい、?」
「どうにでも・・・してください」
ふっとがため息をつくと、悪童どもはこぞって身動きの取れぬ女の体へむしゃぶりついた。
そして、めいめいがやりたい事をするため、ズボンのファスナーを下ろしたのである。
一方、このやりとりを居間の扉の向こうで、こっそり見聞きしている者がいた。言うまでもなく、それはである。
(ああ、ママ・・・)
は部屋の真ん中に敷かれた布団の上に傅き、突き出された五本の肉棒を、交互に唇で愛撫していた。
上半身を戒められているため、完全に口だけを使ってのご奉仕である。
まさに、自分が奴隷になると誓った女の、哀れな姿といえよう。
「んん・・・皆さんのオチンポ、美味しいですわ」
縄で締め上げられた乳房の先はぴいんと尖って、が興奮状態にある事が分かる。
そして更に見ると、紫色のショーツはクロッチ部分が、何かの液体で濡れ透けていた。
「おい、マンコ濡れすぎだぞ、こいつ」
「ホントだ。パンティがスケスケになってやがる。どこまでエロいんだ」
悪童はにやにやと口元を歪めて、女の反応を嘲った。しかし、はむしろその嘲りを喜び、濡れ透けた所からもっと奥にある秘苑を、ズキズキと疼かせるのだ。
「ああ・・・お願いします、この哀れな精液便所めに、皆様の尊い子種をくださいまし・・・」
欲望に耐え切れなくなったは、後ろ手を取られたまま布団に突っ伏し、土下座までして悪童たちの逞しいモノをねだってしまった。
奴隷で良い。精液便所で十分と自分へ言い聞かせ、一刻も早く泉たちと紡ぐ、激しい性の深遠へと身を投げてしまいたかった。

「ケツを上げろ、ぶち込んでやる」
「ありがとうございます、泉様・・・ああ・・・」
恥ずかしいほどに性器の形があけすけとなった濡れ下着を脱がされ、は泉の肉棒を女園に受け入れた。
素晴らしい時が来たと、子宮まで届く悪童の分身が愛しくすら感じた。もう、息子を守る大義名分などは、どこかへ消えていた。
胎内へ出入りを繰り返す肉棒に粘膜を擦られ、は早々と夢心地になる。
今日も嬲られる、気を失うまで犯してもらえると微笑んだ時、扉の隙間から部屋の中の様子を窺うの姿が見えた。

愛しい我が子──その姿が、波のように押し寄せてくる快感に翻弄されて、危うく見失いそうな母、
彼は一体、犯され狂うこの母を、どのような目で見ているのだろう。
呆れているのか、それとも哀れんでくれているのか。
女園から放射状に広がる絶頂の予感を味わいながら、理性と欲望の狭間での精神は攪拌されていく。
「イ、イクッ!いや・・・ああッ!いっちゃうわ!」
戒められながらの性交は、をあっという間に登りつめさせてくれた。
やはり、被虐の女として形を成しつつある事を、はまざまざと知らされた。こうなるともう、後戻りは出来そうに無い。ただ、行ける所まで行くしかないのだ。
「俺もイクぞ。、しっかりマンコ締めろよ」
「ああ、いッ、いやあ───ッ!」
ドクン、ドクンと泉の肉棒が激しく波打ち、射精が開始された。濃く、ダレを知らない勢いばかりが目立つ子種が、の子宮へ向かって飛ぶ。
「すッ、すごいわ!ああッ!出てるのが、こんなに分かるなんて!」
最早、に悪童の子を孕むかもしれないという不安はない。今、この時だけを楽しみ、それが永遠に続く事を願うだけであった。

---END---
問題報告・削除依頼

←前の告白    次の告白→




禁断と背徳の体験告白
管理運営サイト ましゅまろくらぶ
管理室