禁断と背徳の体験告白
前画面 体験告白トップ [   ]

ひ弱な弟と淫乱な姉*|調教・性奴隷告白小説


目次

←前の告白  次の告白→

ひ弱な弟と淫乱な姉*
読了予測 計算中・・・
[Entry No]
1 にヒロインの名前を記入して下さい
(原文:理沙子)
2 にヒロインの弟の名前を記入して下さい
(原文:和真)

1  2
3  4




午後四時きっかりに携帯電話が鳴った。着メロから、発信者が弟の和真である事が分かる。
私は車を運転中だったので、電話を一旦やり過ごし、コンビニの駐車場へ車を入れて、折り返し電話をかけた。
呼び出し音が響いてる間に一応、自己紹介。私の名は理沙子
年は二十四で、来年の春、結婚する事になっていて、今はそのための花嫁修業中。
見た目はそうね、絶世の美女とまではいかないけれど、十人の男とすれ違えば、その内、八人までは必ず私を見るわ。
特に、Hカップの胸が気になるみたいね。まあ、どうでも良い事なんだけど。
ああ、電話が繋がったみたい。話はまた後で・・・

和真?」
「残念、俺だよ」
「ああ、角田君・・・」
私は今、きっと苦虫を噛み潰したような顔をしている事だろう。
何せ、通話の相手が和真ではなく、その友人の角田という少年だったからだ。
理沙子さあ、今どこに居るんだ?」
「駅前。お稽古事の帰りよ」
「そりゃいい。体開いてんだろ?いつもの所へ来てくれよ」
和真もそこに居るのね?」
「俺が、やつの携帯に出てる事で、察して欲しいね」

そう、確かに和真の携帯へかけたはずなのに、出たのは角田。
という事は、和真が角田と一緒に居ると思って良い。
和真は、何をしてるの?」
「やっこさん、俺が連れて来たズベ公どもと遊んでる。心配するなよ」
「嘘はやめて。あの子は、そういう性格じゃないわ」
「へへへ、ご名答。特に何もせず、ぼやっとしてやがらあ。まったく、お坊ちゃまってのは、躾がよろしくて」
「すぐに行くわ。いつもの、アパートね」
「ああ。待ってるぜ」
電話を切って、私は舌打ちをしてから駐車場を出た。
角田が指定した場所は、ここから五分もかからない。
ちなみにそこは、見るも小汚い古いアパートよ。
どうして私があんな所へ行かなきゃならないのかしら。まったく、和真にも困ったもんだわ・・・

ここで、和真の事を話しておこうかしら。
あの子、今年、十八歳になるんだけど、どうも学校でいじめに遭っているらしいの。
去年くらいから、同じクラスの角田、さっき電話に出たやつね、そいつを中心とした不良たちから、目をつけられているみたい。
始めはからかわれるくらいだったのが、そのうち金銭を要求されたりして、それに応じないと殴る蹴るの暴力を受けたって。
和真も耐えかねて、学校にこの事を相談したらしいけど、教師は後難を恐れて、見て見ぬふりを決め込んでいるそうよ。
呆れて物も言えないけど、今の先生なんてそんな物よ。
それでね、ある日の事なんだけど、和真がうちに角田たちを連れて来た事があったの。
と言うよりは、無理矢理、遊びに来たんだろうけど。
その時、角田は私の事をじっと見てた。
頭のてっぺんから爪先まで、それこそ、舐める様に見たの。
あまり良い気分じゃなかったけど、弟の友達だしあまり邪険にも振舞えないじゃない。
だから私、にこやかにこう言ったの。
和真のお友達?この子、友達少ないから、仲良くしてね」
思えばこれがまずかったみたい。
だって、この日を皮切りに、角田たちはしょっちゅううちへ遊びに来るようになったんだもの。
そう、私の事を気に入ったのよね。
それからというものの、あいつらが遊びに来るたびに、私の下着がなくなっていったわ。
部屋干ししてあるのを、失敬していくのよ。パンティ、ブラジャー、キャミソール・・・時には生理用品なんかも・・・たまったもんじゃないわよ。
親に頼んで部屋に鍵をかけてもらう頃には、ほとんどの下着が無くなってた。
まあ、それらは結局、後で返してもらうんだけど、ああ、そろそろ目的地だわ。詳しい話はまた後ほど・・・

小汚いアパートに、これまた小汚いバイクが数台、停まってる。
蹴り倒してやりたい気持ちを抑えながら、私はアパートの階段を上っていった。
二階の奥が、角田が住む部屋なのよ。
「入るわよ」
「おう、入った、入った。待ちかねたぜ」
角田はわざわざ私を玄関まで迎えに出てきた。
こういう時は、何か下心があると踏んでいい。
もっとも、今の彼は私への恋慕が薄れているので、厄介事を押しつけるつもりだろうな。
嫌なのは、玄関に汚れた靴がたくさんある事。どうも、来客中らしい。
和真も中に居るぜ」
タバコ臭い廊下を進み、私は六畳間へ入った。
このアパートは、六畳一間と寝室が四畳半、ただ、それだけしかない。
なのに、ここには角田を含め、ひい、ふう・・・なんと八人も居る!
エレベーターでもあるまいし、そんなに集まってどうするのかと私は笑った。
「お、お姉ちゃん・・・」
和真

部屋の片隅に、体育座りをしている和真がいた。顔を見ると、泣きべそをかいているが、殴られたりはしてない模様。
ほっと一安心という所だが、あまりの情けなさに泣けてきそう。
もうちょっと、男らしく出来ないのだろうか。
「心配するなよ、何もしちゃいないから」
角田が馴れ馴れしく私の肩に手をかけた。
鬱陶しいが、撥ね退けるような真似は出来ないのが悔しい。
「何の用で、私を呼んだの?」
「決まってるだろ」
角田はそう言って、四畳半の方を指差した。あちらは寝室である。
寝室でやる事と言えばひとつしかない。
「あなた、私には飽きてるんじゃなかったっけ?」
「バカ、俺じゃねえ。相手はこいつらさ」
先ほど八人居ると言ったけど、和真と角田、それに顔見知りを差し引くと、四人ほどの新顔が残る。
皆、十四、五のニキビ面した少年・・・とうよりは、子供って感じ。
「この子たち?」
「そうさ。こいつら全員、童貞なんだ。理沙子でさ、童貞喪失させてやってくれよ」
来た、と私は思った。どうせそんな事だろうとは思っていたが、あらためて言われると腹が立つ。
「こいつら、俺の後輩でさ。頼むな、理沙子
ソープ嬢じゃあるまいし、そんな訳にいくか・・・とでも言えばいいのだが、
「いいわよ。じゃあ、僕ちゃんたち、こっちの部屋へおいで」
と、私はそう言うしかなかった。断れば、後日、和真が酷い目に遭うからだ。
「しっかり、筆下ろしさせてもらえよ」
角田の台詞を背にして、私は四人の少年と寝室に入った。

散らかり放題の部屋に、ベッドだけがど真ん中に置かれている。
実を言うと、私はここで幾度となく犯されている。
角田をはじめとする不良ども、それにその仲間たち・・・何十人という異性が、ここで私の体を通りすがって行ったのだ。
「誰からやる?」
このベッドで抱かれる時、私はつとめて陽気に振舞う事にしている。
泣き叫ぶと惨めだし、隣に居る和真も心細くなるだろうから・・・
「じゃあ、俺から・・・」
背の高い、色白の男の子が最初に名乗り出た。
顔は悪くないけど、角田の後輩って時点で、もう駄目。私の好みじゃないわ。
「他の子もパンツ脱いで、待ってて」
男の子たちに背中を向けて、服を脱ぐ私。
今まで何度も繰り返してきた事だが、この瞬間だけは何度やっても落ち着かない。
心臓がドキドキして、何故か高揚感に包まれるのだ。
彼らが私を見て、どんな事を思うのだろう。
何人もの男と平気で寝る、淫乱な女・・・それとも、綺麗なお姉さんかしら。
まあ、どっちにしろ、私は救われないんだけどね・・・

四人を筆下ろしさせる間に、昔話をもうひとつ。
今度は、私が何故、角田たちとここに居るのか、その辺の所を話すわ。
さっき、和真がいじめに遭っていたという話は覚えてる?あれね、私の登場でもっと酷くなったらしいの。
下着を盗めなくなったあいつらは、和真に私のヌード写真を撮ってこいとか言い始めたらしいわ。
それで和真は悩み果てた挙句、泣きながら私に相談してきたの。
このままじゃ苛め抜かれるか、学校をやめるしかないってね。
優しい子だから、ケンカのひとつも出来ないのよ。
だけど、学校やめるって言えば親が心配するし、苛め抜かれる和真もかわいそう。
じゃあ、どうしたらいいかって話よ。角田たちを大人しくさせるには、どうしたら・・・

結局、私は角田を家に呼んで、ヌードは撮らせてあげられないけど、少しだけならHな事をしてあげる・・・って、言っちゃったの。
セックスは駄目だけど、フェラチオくらいならって・・・その代わり、和真を苛めないでって条件つきでね。
最初は角田もその条件を呑んでくれたんだけど、やっぱり女の浅知恵ね。
私、その日に早々とレイプされちゃった。しかも和真の目の前で。
私は自分のベッドの上で、何度も犯された。
和真はただ震えるだけで、何も出来なかった。
もっとも、そこで角田を叩き伏せられる度量があれば、今日の事は無かった筈よ。
まあ、今さら何を言っても後の祭りだけどね。ああ、今、一人目の子が終わったみたい。
イク時、精液を外に出してくれたのが、少しだけどありがたいわね。

こうして順番に四人が筆下ろしを終えて・・・えっ?淡白だって?実はまだ、この後にもっと大変な事が待ち構えているの。
本番はここからなのよ。
「ねえ、君たち。気持ち良かった?」
私が問うと、四人の男の子は揃って顔を赤らめて、
「うん」
と、答えた。ワルながら、まだ、どこかに純真な物を秘めている様子だった。
そこに、どす黒い影を引きずったあいつ、そう、角田がやって来た。

「終わったのか?流石に、童貞だけあって、早いな」
角田は手に赤いロープを持ち、私の方に向かって来る。
おまけにいやらしい微笑みをたたえ、少年たちを前に一端の顔役を気取っていた。
「お前ら、女を知ったばかりで、まだ女に幻想持ってるだろう?けどな、それは間違いだ。女なんざ、ただの性欲処理器だぜ」
赤いロープを私の体に巻きつけながら、角田は呟いた。
「ああ、また・・・あれなの・・」
「静かにしてろ、理沙子。おい、誰か浣腸器をもってこいよ」
浣腸──若い女がその言葉を聞いて、顔を赤らめずにいられようか。
私はロープで上半身を戒められ、後ろ手に縛られた。
そこへ浣腸とくれば、私はまるっきりM女である。
しかも、角田の命令で浣腸を持ってきたのは他でもない、我が弟の和真だった。
「姉ちゃん・・・」
「・・・和真、それを置いたら、向こうに行ってて」
プラスチックの洗面器に、浣腸器が入れられている。
シリンダーの中には薄めた薬液が見えて、私の背筋をゾクゾクさせた。
「寝転べ、理沙子
私はベッドに横になり、目を閉じた。すると、角田の手がお尻を撫で始めた。
割れ目を添うようにして、小さな穴を見つけるとそこに何かクリームのような物を塗る。
「ケツ穴がヒクヒクしてやがるぜ。おい、お前らこっちへ来い」
角田の号令で、四人の少年が私のお尻に注目する。
目を閉じていても、その気配はしっかりと分かるので、恥ずかしい。
「こんないい女でも、浣腸してやりゃあ、ククク・・・」
「ああッ!」
ひんやりとした感触が、お尻の穴を通り過ぎた。浣腸器の嘴が、中へ入ったのだ。
「見ろ、ケツ穴で薬液を呑む様をよ」
「い、いやあ・・んんッ!」
やや粘性の薬液が肛内に入って来ると、私はすぐに便意を催した。トイレに行かせてもらえればいいのだけれど、今日はギャラリーが四人も居るから無理かな・・・

「百二十CCが全部入ったぜ。へへ、ケツ穴が痙攣してらあ」
「ああ、角田君・・・あッ、いじらないで!」
角田は決まって、浣腸をした後にここを弄りたがる。
私を抱くのには飽いているのだが、ギャラリーが居る時などはいつもこういう悪さをする。
年上のいい女を、好きに出来る事を見せつけるのが快感なんだと思う。
「こいつ、ケツ穴でもバコバコやられてるから、指が簡単に入っちまうんだ、ホレ」
「い、いやあッ!」
角田の指が三本、お尻の穴へ入れられてしまった。
実は連日の荒淫で、私のここはすっかり解れきっている。
無理強いをされれば、もしかしたら拳が入ってしまうかもと思えるくらいに・・・
「どうだッ、理沙子。泣けッ!そらッ!」
「あはッ・・・いやッ、いやッ・・・やめてえ!」
口では拒むものの、本当の事を言うと私は、弛緩したお尻の穴を指で犯されるのが、気持ち良い。
おそらくこの後、派手な排泄ショーをやらかしたら、四人の少年にお尻を犯される事になるだろう。
女のお尻の穴を徹底的に嬲るのが、角田の性癖なのだ。
「ああ、出るわ、角田君!私、もう駄目!」
「安心しな、そのために洗面器がある。ホレ、理沙子。ぶちまけろ!」
「あひいッ!」
獣のような叫び声を上げ、私は排泄を開始した。
耳にしたくないような濁流の音と共に、異臭が部屋の中を満たす。
そんな異様な状況なのに、私が目を開けると四人の男の子たちは皆、勃起していた。
そして、八つの目が全部、私のお尻の穴を凝視していた・・・

アナルセックスという物を、私は角田から教わった。
体を提供するようになって、すぐの事だった。
はじめは濡らした綿棒でお尻の穴を解し、ペニスにはコンドームを着けてのセックスだった。
慣れない私はそこを犯されるたびに泣いたが、今じゃこれ無しではいられない体になっている。

「ああ、角田君・・・私のケツ穴、皆に犯してくれるように頼んで・・・」
排泄を終えると、私は自らお尻を高く上げて、そんな事を叫んでいた。
戒められた体が自由にならないので、腰を振り振り、おねだりをするのである。
理沙子がお前らにケツ穴、犯って欲しいとよ。どうする?」
「やります」
「やらせてください」
ギリギリと矢をつがえた弓のように、ペニスを反り返らせる男の子たちが、私のお尻に迫る。
やたらと硬く、骨のようなペニスが私のお尻の穴へ入ってくると、素晴らしい快感が背骨から脳まで突き抜けていった。

こうして何時間も犯され続けるのが、今の私・・・冒頭で話した、盗まれた下着の話を覚えてるかしら。
察しの通り、ここには私の下着がたくさんある。どれも薄汚れてて、精液がこびりついたのもあるわ。
私とセックスした後、皆がそれでペニスを拭くのよ。だからここから出る時、私は汚れ下着ばかりを穿いていく。
だって、それしかないんだもの。

結局、童貞少年四人は散々、私のお尻の穴で果てていった。
女一人をロープで縛ってするセックスというものは、どんな感じなのかしらね。
後学のために聞いておきたいけど、他の人には話せそうにないから、まあいいわ。
そして、夜が近づいてくると、四人は帰ってそれと入れ替わるように、別の不良少年みたいなのがやって来た。
顔とアソコは知ってるけど、名前は知らない。私とは、そんな間柄の子たちよ。

理沙子、来てんじゃん」
「あら、久しぶりじゃないの。え〜と、名前はなんだっけ」
「ひでえなあ。名前くらい、覚えといてくれよな」
「フフフ、おチンチンを見たら、思い出すかも・・・」
私は彼らと、思いっきりふしだらに付き合っている。
そうしないとほら、部屋の片隅に蹲ってる和真が、今にも泣きそうな顔をするんだもの。
結局、私が駄目なのよね。弟を甘やかしちゃって。
突き放せればいいんだけど、それが出来ないんだから。

「今日よう、理沙子が俺の後輩、四人の筆おろしやったんだ。ケツ穴もやっていったぞ」
角田が言うと、不良達は手を叩いて笑った。揃いも揃ってバカそうな顔ね、まったく。
「それで理沙子、やつれてんのか」
「浣腸されたんだもん、ウフフ」
「じゃあ、ケツの中は空なんだな」
「ううん、その子たちの精液が入ってるわ。あらかたは出したけど、いくらかは残るのよね」
私はそう言って、お尻をさすって見せた。悲しいセックス奴隷を哀れんでくれと、やや自嘲気味に。

理沙子、今夜はゆっくりしていけるのか?」
「う〜ん、そうねえ・・・日付が変わるまでに、帰れれば」
「まだ四時間はある。脱げよ、理沙子。ストリップやってくれ」
「いいわよ。皆も好きねえ・・・」
私は立ち上がり、不良たちの前で踊りだした。
何故か彼らは私のストリップを好み、毎度のようにやってくれとせがむのだ。
「何か、音楽かけてよ」
男たちを焦らすように、一枚、一枚、私は服を脱ぐ。まずはTシャツ、そしてスカート・・・
そして、半裸になった所で、もったいつけるように、車座りになった彼らの間を一周する。

「早く脱げっつうの」
「焦らないで」
ぴんと背を伸ばし、爪先立ちになった所でブラジャーを外す。
パンティはもちろん、最後に脱いで、その後は寝そべって大開脚と決められている。
この時、指でアソコを広げないといけない。
さんざんに犯られている割には、綺麗なピンク色のそこをつまびらかにしてからじゃないと、私は抱いてもらえないから。

そう、実を言うと、私は角田たちとの関係を楽しんでいる。
複数姦というのは恐ろしくも甘美で、体が慣れてしまうともう、それ無しではいられなくなるのだ。
最初は確かに和真の為・・・そう思っていたのだが、彼らに飼い慣らされ、与えられ続ける快楽に身を委ねている内に、私は本物のセックス奴隷と化してしまったのだ。
「あと一枚、あと一枚」
彼らのあと一枚コールが出ると、もう腹は決まる。脱ぐしかないのだ。
脱ぎ、弟と同じかそれよりも年下の少年たちへ、性の奉仕者として仕えるのだ。

「ウフフ・・・いくわよ、それ!」
私はウエストのゴムに親指を引っ掛け、パンティを膝まで下ろした。
この姿で腰を振りつつ、寝そべった所で片足を高々と上げ、パンティを足首から抜く。
そうすると、彼らは私を寝室まで担いで行き、アソコとお尻の穴をペニスで塞いでくれる・・・
「さあ、やらせてもらおうぜ」
「きゃあ!いやあん!」
名前も知らない異性に抱かれる異常な世界から、私はもう戻れないだろう。
これから輪姦されるというのに、私は心身ともに喜びを感じている。
来年に控えた結婚の事は頭から綺麗さっぱり消え、このまま少年たちにずっと飼われてしまいたいとさえ考えるのだ。しかし──
寝室へ連れ込まれる一瞬、垣間見る事が出来る弟の姿。
姉を不良たちに捧げ、膝を抱えて震える和真の事を思うと、涙がこぼれてしまうのよね・・・
出来たらでいいけど、和真、もうちょっと強くなってね。

---END---
問題報告・削除依頼

←前の告白    次の告白→




禁断と背徳の体験告白
管理運営サイト ましゅまろくらぶ
管理室