禁断と背徳の体験告白
前画面 体験告白トップ [   ]

淫乱先生のご褒美|調教・性奴隷告白小説


目次

←前の告白  次の告白→

淫乱先生のご褒美
読了予測 計算中・・・
[Entry No]
(1)
隣の市に住む姉の元へ、郵便物を届けて来い。母からそう命ぜられた久木田延彦は、春めいた三月の清々しい土曜日を、使い走りで消費する事となった。
「やだなあ、姉ちゃんトコ行くの・・・」
姉の澄香は、隣の市で高校教師をやっており、二年前から一人暮らしをしている。
そのため、実家へ送られて来る手紙の類などを、延彦が定期的に持って行ってやらなければならないのだ。
末っ子で大学生という身分を考えれば止むを得ないが、折角の休みが潰れてしまうので、出来れば行きたくないのが本音である。

電車を乗り継いで隣の市へやって来た延彦は、とりあえず姉のマンションへ電話をしてみた。
しかし、何度かけても電話は繋がらず、むなしく呼び出し音を繰り返すだけ。
「出かけてるのかな。そりゃ、ラッキー」
延彦が澄香の不在を喜ぶのには、訳がある。
姉と会うと、自分の生活態度や学校の成績について、いつもお小言を頂く羽目になるので、なるべくなら会いたくないのである。
だが、こうなれば預かり物を姉の部屋のポストへ放り込んで、帰ってくれば良い事になる。
延彦は駅のロータリーにいたタクシーへ飛び乗り、姉の住むマンションへと向かった。

「さっさと用事を済ませて、帰ろうっと。ん?」
姉の部屋の前まで来た延彦が、添えつけのポストに手紙を放り込もうとした時、何故かドアに隙間が出来ている事に気がついた。

「変だな。ドアが開いてら・・・」
ノブを回すと、ドアが簡単に開いた。
玄関に入ると、明らかに男物と分かる靴が二足ある。
それを見て、延彦は身構えた。
(泥棒か!)
几帳面な性格の姉がドアに鍵を掛け忘れる確率は、ゼロに近い。
そうなれば、何かあったと考える方が妥当である。
先ほど電話に出なかったのは、そのせいかもしれない。
延彦は玄関にあったホウキを手にして、部屋の中へ入った。

(姉ちゃん、無事でいてくれよ)
2LDKのマンションは、玄関のすぐ脇が台所になっている。ここに、姉の姿はない。
延彦は足音を忍ばせながら、更に奥へと進んだ。
(あッ!)
台所の隣が、六畳の洋間になっていた。延彦はここで、姉の物と思しき衣類が散乱しているのを発見した。
(全部、姉ちゃんのだ。何があったんだろう・・・)
Tシャツにジーパン、ブラジャーにパンティまでもが、無造作に部屋の中に散らばっている。
澄香の性格から言って、こんな事はまず、有り得ない。
延彦はホウキを握り締める手に力を込めて、更に隣の寝室へと迫った。と、その時・・・

「誰?あっ、の、延彦!」
という声と共に、延彦の背後から下着姿の澄香が現れたのであった。

「姉ちゃん!無事だったか。良かった」
澄香は特に怪我をしているとか、憔悴しているという風ではない。
それを見て、延彦は安堵した。どうやら泥棒とか強盗に入られたような話では無さそうだ。
しかし、澄香の方はそんな弟の思いを他所に、顔を紅潮させて憤るのである。

「あんた、何しに来たの?来る前には、電話くらい入れなさいよ」
「さっき、したんだけど、出なかったから」
「あっ、そうか。ボリュームを絞ってあったんだっけ・・・」
しまった、とでも言いたげな顔で、澄香は頭に手をやった。
延彦はこんな姉の姿を、初めて見る。

「姉ちゃん、玄関が開いてたけど、何事もないの?」
「ああ、あの子たちが掛け忘れたんだわ・・・い、いや、こんな貧乏教師の家に押し入ったって、取るものなんか何も無いからね、鍵は掛けないのよ・・・」
おかしな話である。近ごろはとみに物騒で、家に鍵を掛けぬ者などいないだろう。
まして、女の一人暮らし。鍵は幾重にでも掛けるにこした事が無いはずだ。
「ところで、何の用?私、ちょっと忙しいんだけど」
澄香はなるべく延彦を早く追い出したいようであった。その焦りが、言動に表れている。
もっとも、延彦も姉が無事であれば、早く退散するつもりだった。

「姉ちゃんあての手紙を持ってきたんだ。これ・・・じゃあ、俺、帰るよ」
そう言って延彦から手紙を手渡されると、澄香はやや切なげな顔で、
「わざわざ、ありがとう・・・ごめんね、折角、持ってきてくれたのに、追い出すような感じで・・・」
と言って、目を潤ませるのだった。

「別に良いよ。じゃあね・・・あっ?」
無事、用事を済ませた延彦が姉に背を向け、部屋を出ようとした時、キッチンの向こうから誰かが歩いてきた。
見ると若い男で、一糸まとわぬ姿でこちらへ歩いてくるではないか。
それに気づいた延彦の足は止まり、体が硬直した。
「ん?お前、誰?」
男は延彦を見るなり、威圧するような眼差しを呉れた。
年恰好から、まだ十六、七歳くらいと思われるが、明らかに年上と分かる延彦を前にしても、眉一つ動かさない。
相当、肝の座っている男のようだ。

「誰って・・・お前こそ、誰なんだ?」
声を震わせつつ問う延彦。その後ろでは、澄香が頭を抱えていた。
「おい、澄香。こいつ、誰なんだ?」
男がそう言うと、
「・・・弟よ」
澄香はうなだれて、小さく呟いたのである。

「あっ、そう・・・なの。すいません、俺、こんな格好で」
延彦が弟と分かると、男は急に態度を改めた。
引き締まった肉体からは湯気が上がり、風呂を浴びた後だと分かる。
延彦はそうと知ると、一時でも早くこの場を離れたくなった。

(姉ちゃんの彼氏か。それにしちゃ、ずいぶん若いけど)
下着姿の姉と裸の男とくれば、ここに居る自分は場違いとしか言いようが無い。
澄香はもうお年頃である。
男がいたって、何の不思議でもないのだ。
「やだ、香椎君・・・ちゃんと体を拭いてきてないでしょ。ずぶ濡れじゃない」
「あっ、ごめん。澄香」
「タオル持ってくる」
男と弟が顔を合わせたことで居た堪れなくなったのか、澄香は浴室の方に消えていった。
延彦もこの間を利用して退散すべきと考え、男に向かって曖昧な笑顔を見せた後、
「じゃあ、俺はこれで・・・」
と、部屋を出ようとした。しかし──

「あれ?もう、朝か・・・ん?香椎、その人は誰だ?」
という声が、今度は寝室の方から聞こえてきたのである。
見るとやはり、若い男だった。そして、延彦の体は再び硬直したのであった・・・・・


(2)
「俺が香椎で・・・」
「俺が井出です」
ソファに座った男二人はそれぞれ名乗り、延彦に頭を下げた。
澄香は着替えを済ませて、延彦の隣に居る。

「はあ、どうも・・・俺、延彦です」
挨拶を交わしながら、おかしな雲行きになったと、延彦は思った。
姉は男二人を部屋に連れ込み、何をしているのだろう。
しかも相手は随分、若い。
教職にあって、これが問題にならないか、延彦は案じずにはいられない。
「ねえ、延彦。お母さんには、内緒にしておいてね」
澄香が言うと、
「こんな事、言えるわけ無いよ・・・」
と、延彦が答えた。まさか、母にありのままを告げる訳にはいかない。

「二人は、姉ちゃんの生徒?」
「・・・そう」
弟の問いかけに、姉は答えにくそうだった。しかし、これは大問題である。
女教師が生徒と淫らな行為に耽溺しているとなれば、ただでは済まなくなって来る。
もし、外部にこの事が知られれば、澄香はもとより延彦や両親まで、世間の好寄の目にさらされる事となろう。
そうなれば、何もかもが破滅である。

「姉ちゃんと君たちは、その・・・好きとか・・・その・・・」
何と言えばいいのか、延彦は言葉が出せなかった。姉と二人の少年の親密な関係。
そんな恥ずべき事実を、口にするのも嫌だった。

「あの、延彦さん。俺たち、そんなにウェットな関係じゃなくて・・・もっと、ドライな感じなんです」
と、香椎が言うと、
「実はね、私・・・お金で囲われてるっていうか」
気まずい雰囲気に、澄香が追い討ちを掛けた。
姉の言葉を耳にした瞬間、延彦は思わず頭を抱える。

「香椎君のお父さん、ここいらの名士でね・・・私、最初は面談会で顔を合わせたんだけど」
澄香はぽつぽつとここに至った経緯を話し始めた。
窓の外を見ると、小雨が降りかけている。
まるで、延彦の涙雨のようであった。
「ほら、ウチの学校、私立でしょ?実は去年、経理の不備が発覚して、
助成金を打ち切られてしまったの。私立は助成金が無ければ、やっていけないわ。
その時、香椎君のお父さんが多額の寄付をしてくれて・・・」
「その代わりに、姉ちゃんを?どうして?訳が分からない」
「・・・実は私、理事長の愛人だったの。その人に、泣きつかれて・・・」
次から次へと明かされる事実に、延彦は脳が溶かされるようだった。

「その当時、香椎君は荒れててね。校内で女生徒にレイプまがいの悪戯をしたの。
幸いな事にそれは未遂に終わったんだけど、大問題になったわ・・・それで、理事長を交えて三者面談をしたのよ。
この悪戯者を、どうすればいいかって」
「それを言われると、恥ずかしいな」
香椎が澄香を敬うような眼差しで見た。
その姿は、まさに改心した悪童のそれである。

「その時、香椎君のお父さんが私に頼んだわ。
親として情けないが、息子を叱る事も出来ない。でも、やはり犯罪者にしたくない。
だから、あなたの尽力を仰ぎたいと・・・ね」
性暴力を犯した生徒に、若い女教師の力を尽くして欲しい。香椎の父親が示唆するのは、澄香の肉体による、それの抑制であった。
「お金の事もあるけど・・・香椎君のお父さんはね、経済界まで顔が利くお人なの。
実はうちのお父さんが勤める会社の株も、たくさん持ってる。
最近、うちのお父さん、昇進続きでしょう?母さんが喜んでたわ」
そう言われれば、世間で不況風が吹く中、我が家は安泰であると延彦は思った。
果たして父母はこの事を知っているのだろうか。
延彦の背に、冷たい汗が流れる。

「このマンションは、そっちの井出君のお父さんの持ち物なの。
香椎君のお父さんとは顔なじみで、やっぱり学校に寄付をしてくれてるわ。だから──」
「もう、いいよ」
延彦が席を立った。これ以上、聞く事は何も無い。
聞いても、どうにもならないからだ。
「帰るよ」
香椎、井出の両名はおろか、姉にさえも一瞥もくれずに延彦は部屋を出た。
そして玄関を出た時、部屋の中から姉の声を聞いた。

「あっ、ちょっと・・・やめてよ、ねえ・・・今は、そんな気分じゃない・・・の」
外へ向いていた延彦の足は再び、澄香の部屋の中へ向いていた。
気がつけばキッチンを抜け、今の今まで居た洋間を、そっと窺っている。
部屋の中で澄香は、香椎、井出、両少年の腕の中にいた。

「バカ・・・やめて・・」
「邪魔者が帰ったんだ。楽しませてもらうぜ」
「そうだ。こちとら、金、払ってんだからな」
ソファの上に仰向けになった澄香の腕を、香椎が押さえつけた。
井出はその向かい側に回り、腰をくねらせる澄香の下半身へと迫る。
「アア・・・」
ジーパンとパンティを剥ぎ取られた澄香は、両手足を大の字にさせられ、陰部に井出の指を差し込まれた。
その上、衣服越しに香椎の手で乳房を揉みくちゃにされている。

「四つん這いになれよ。んで、しゃぶってくれ」
「・・・・・」
香椎に命じられた澄香は、黙って言う通りにした。
その姿は、いかにも金で囲われている女の、哀しい風情である。
「ン・・・ンンッ・・」
澄香は這いつくばると同時に、屹立した香椎の肉棒を口に含んだ。
そして頬をすぼめ、丁寧に口唇愛撫を始めた。

「ああ、いいしゃぶりっぷりだ。昨夜、あんなにやったのに、すぐ勃起しちまう」
香椎は澄香の髪を掴み、自分の腰をゆっくりと振る。
唇を出入りする肉棒は、若いだけあってぎりぎりと滾り、凄まじいまでに反り返っていた。

「オマンコも濡れてきた。へへ、チンポしゃぶって、感じたんだな」
指を突きこむ井出も、顔をにやつかせながら勃起した己の肉棒を扱き始めた。
こちらも剛物で、澄香は昨晩、この二本の肉塊に散々に嬲られに違いない。
少年たちの物言いには、それが表されている。
(ああ、姉ちゃんが・・・)
隷従を強いられたも同然の姉は、自分よりも年下の青獣の言いなりになっていた。
二人の男に嬲られるというのは、一体、どんな思いなのだろう。
延彦の胸は、激しい動悸に見舞われた。

「おい、澄香。いつものセリフを言うんだ」
井出が促すと、澄香は蚊の泣くような声で、
「・・・いやらしいメス犬に、お二人の・・・チンポを・・・下さい」
と言って、頭を垂れたのである。
「良く言ったな。ほれ、ご褒美だ」
井出が勃起した剛物を、澄香の中へ埋めた。
入れる、というよりも、捻じ込むという感じの、乱暴な挿入だった。
「ああッ!」
垂れていた頭を上げ、澄香は身を反らせて喘いだ。
そこへすかさず、香椎が肉棒を突き出して、もう一度、口唇愛撫を求める。

「俺がイクまでしゃぶるんだ。精液もちゃんと飲めよ」
「ンン・・・アンッ!」
前後を少年たちに挟まれ、澄香は物のような扱いを受けて、犯されている。実際、彼らにとって澄香は金で買った、娼婦以外の何者でもないのだろう。
勝手気ままに精液を搾り取らせる事のできる、淫らな肉奴隷──それが、澄香なのだ。

「今日は休みだから、一日中できるな。覚悟しろよ。さあ、一発目だ」
香椎が腰を戦慄かせ、尻の穴に力を入れると、澄香の眉間に皺が寄った。
濃い、少年の精液が放たれているのだ。
「ンン〜ッ・・・ンッ、ンッ・・・」
澄香は香椎の精液を飲む時、うっとりと目を細めた。
お世辞にも美味いとはいえぬあの粘液を、さも嬉しそうに飲むのである。
それを見た時、延彦の中で何かが弾けた。

「俺もイクぞ。こっちは、オマンコに中出しだ」
井出が腰の動きを早め、みっともない姿をさらした。
こちらも澄香の胎内へ、己の薄汚い子種を染み込ませるべく、懸命な射精に励む。
そして、二少年が澄香の体から離れると、
「ああ・・・香椎君の精液、美味しかったわ・・・井出君の精液も、温かくていい感じよ」
「気分はどうだい?」
「最高よ・・・私、二人の精液、大好きなの」
延彦が姉、と慕っていた女は弟の目の前で、一匹の淫獣になったのである。


(3)
数年の後、大学を卒業した延彦は、ある高校で教鞭を取っていた。
そして、その学校には、久木田という珍しい名字の先生が二人、在籍する事となる。
もちろん、澄香と延彦である。
しかし、表向きは二人ともたまたま同姓で、赤の他人であるという事にしておいた。
出身やその他の事は、理事長の力で捏造してある。
その方が、何かと都合が良かった。

「久木田先生は、居ますか?」
職員室の入り口で、女子生徒がそう叫んでいる。近くにいた教師が、
「澄香先生に用事?」
と、聞くと、女子生徒は露骨に嫌な顔をして、
「違います。延彦先生の方です」
と、答えた。教師は何か諳んじるように、白々しく女子生徒から視線を外すと、
「延彦先生だったら、第二校舎の方へ行ったわよ」
それだけ言い残し、場を去って行く。後に残された女子生徒は、教師を斜に見遣った。
「・・・誰があんな淫乱女に、用事があるって言うのよ」

その頃、澄香先生と呼ばれている、もう一人の久木田先生は、放課後の特別授業と題した補習を行っていた。
場所は第二校舎の視聴覚室、受け持つのは金持ちの子弟ばかりである。
「それでは、五十ページを開いて」
久木田澄香先生は、教科書を手に持って教壇に立っていた。
白墨を黒板に食いつかせ、生徒はそれを懸命にノートに取っている。
誰もが真剣な顔で、瞬きも忘れんばかりの集中力を見せていた。

視聴覚室は黒いカーテンで窓が覆われ、密室状態である。
外から見ても、中で何が行われているかは分からない。
もっとも、教師たちは理事長から、この辺りには近づくなときつく言われており、また生徒たちも口づてに近づいてはいけないと噂していた。

教壇にはスポットライトがあてられ、澄香が立っている。しかし、彼女は見るも無残な姿だった。
まず、滑らかで白い素肌に、カップレスの赤いブラジャー。
そして、ボトムを包むのは紐としか言いようの無い、赤いタンガショーツ・・・後はガーターベルトとストッキング。
色はもちろん、赤で統一してある。そんな姿で、授業をしているのだ。
「誰か、この問題が解かる人」
澄香の問いに、全員が手を上げた。
ここにいるのは金持ちの子弟ばかりだが、頭の切れる者が揃っている。

「じゃあ、君。やってごらん」
「はい」
澄香が適当に選んだ生徒が黒板の前に出て、答えを鮮やかに導き出した。
「はい、正解よ。後で君には、ご褒美があるわ」
「やったあ!」
ガッツポーズを取る生徒に、澄香がそっと肩を寄せる。
その姿を、視聴覚室の控え室で、延彦が見ていた。
「あれなら、やる気も出るだろうな」
姉の澄香は近ごろ、理事長の人選による蛍雪クラスの補習を担当している。
露骨な贔屓と言われかねないが、この学校が私立という事もあってか、こういう不条理が罷り通っていた。

「他の皆も彼を見習って、頑張るのよ。よく出来る子には、先生のご褒美が待ってるわ」
澄香はそう言って艶めく女体をくるりと回し、生徒たちに見せつけた。
その動きに淫らな含みがあって、生徒たちは皆、生唾を飲む。

「澄香先生の特別授業か。姉ちゃんもよくやるよ」
実を言うと、理事長の肝いりで行われているこの授業を管理するのは、延彦である。
あの香椎や井出との出来事から数年、澄香は結局、こういう所へ落ち着いたのだ。

しばらく囲われていた澄香は、その複数姦の刺激に、どっぷり浸かってしまった。
体力自慢の若い少年が導いてくれる絶頂を知ると、もう普通の性行為では満足出来ない体になっていた。
香椎たちと縁が切れると、澄香は自ら理事長に申し出た。
自分を学校、それも生徒専属の性処理用の娼婦にして欲しい、と──

時を同じくして、大学の卒業を控えた延彦に、教職の斡旋が舞い込んでくる。
予定調和とでもいうべきかもしれないが、姉弟は糾える縄の如く絡み合うしかなかった。
「授業はあと三十分か。それまで、俺はひとねむりするかな」
延彦は手にはめた高級時計を見てから、大きな欠伸をした。
この特別授業を受ける生徒たちの親からせしめた金が、延彦に身分不相応な生活を齎せていた。
生徒は毎年、何人でもやって来る。そして、姉の体を通り過ぎていくのだ。
姉の体に飽きた頃には、その生徒は学校を去り、また新入生を迎え入れる事が出来る。
澄香にとっても延彦にとっても、これは理想的であった。

「それじゃあ・・・今日の授業はこれで終わりね。ご褒美を貰える子は今夜、先生のマンションを訪ねて来て」
授業を終えた澄香は、ほとんど裸に近い姿に透けたブラウスを着て、太ももが丸出しのミニスカートを穿いて、視聴覚室を出た。

この頃の澄香はもう、これが定番の服装になっている。
もちろん、同僚の教師や生徒たちから、奇異な目で見られている事は百も承知だ。
特に女生徒は皆、蛇蠍の如くこの女教師を嫌っていた。
あからさまに淫売などと言う者もいる。
それでも、澄香は教師らしからぬ装いで、校内を歩く。
理事長の後ろ盾がある以上、誰も文句を言えない事を熟知しているからだ。

(ああ・・・今夜も、生徒たちが来てくれるのね。待ち遠しいわ)
そう思うと澄香の下着は湿りを帯びて、恥ずかしいシミを作るのである。
こうして娼婦と化した姉、女衒となった弟は、学校内に巣食う事により、その日その日を自堕落に生きるのであった。

---END---
問題報告・削除依頼

←前の告白    次の告白→




禁断と背徳の体験告白
管理運営サイト ましゅまろくらぶ
管理室