禁断と背徳の体験告白
前画面 体験告白トップ [   ]

温泉旅行でエロい奥さんたちと乱交*|複数・乱交体験談[男性の告白]


目次

←前の告白 

温泉旅行でエロい奥さんたちと乱交*
読了予測 計算中・・・
[Entry No]
1 にヒロインの名前を記入して下さい
(原文:香織)

1  2
3  4




以前から妻を他人に晒したい願望がありましたが、キスや他人棒のフェラ、そして挿入は絶対に許せない自分がいます。
しかし、他人棒を触るだけなら許せるような気持ちもあります。
中途半端なんですが・・・。

夫婦の営みの最中にバイブを突っ込み、私の一物を咥えさせて擬似3Pなるものをやっています。
そんな時は嫁も黙って興味なさそうに従いますが、これが意外とグチョグチョに濡れて、フェラもいやらしくなるんです。
そんな私たち夫婦が、ついに初体験してしまいました!

今年のGW、子供は妻の実家に預けて、妻と久しぶりに一泊の旅行に出かけました。
妻も久しぶりの2人きりの旅行なので、普段は身に着けないミニのワンピースを着てくれて、かなり新鮮でした。
信号待ちのときは太腿に手を這わせ、裾をまくり、パンツの上からクリを弄ったりしながらの楽しい車内。

旅館に着き、夕食をいただいてから温泉街に繰り出しました。
居酒屋の後でスナックに行ったのですが、そこで40代と思える3組のご夫婦と一緒になり、意気投合してカラオケで盛り上がりました。
酔いもまわって上機嫌の妻は浴衣も肌蹴て、胸元(貧乳なので余計に見えそうw)や太腿を露出してサービスしています。
ご主人方は30代の妻に冷やかしの喝采を贈ると、負けてなるものかと奥様方が熟女の色気を私に振りまいてくれます。

かなり綺麗な奥さんが1人いました。
でも、そういう人に限ってサービス旺盛じゃないんですよね。
まあ、そこがまたいいとこなんでしょうが。

時間が来たので先に3組のご夫婦が退席し、続いて私達もスナックを後にしました。
旅館に帰る途中、橋の上に置かれたベンチで妻と酔いを醒ましながら・・・。

「お前、見せすぎだろ!」
「あなただってあの人達の見てたじゃない、おあいこ!」
「でも、お前を他人に晒したっぽくて、かなりエロかったな〜」
「うん、私も少し興奮した」

どれどれと妻のパンツの中に手を入れると濡れてました。
しかもパンツに染みまで作って。
無性にしたくなったので、橋から川を眺めるカップルを演じつつ妻の後ろに回り、浴衣を捲くって後からパンツをずらして入れちゃいました。
さすがにイクことは出来ませんでしたが、妻も興奮してくれて、かなり盛り上がって旅館に戻りました。

すっかり酔いも醒めて体が冷えきったので、妻と貸切風呂に入りました。
湯船に浸かって談笑してると人の気配が。
しかも、さっきスナックで一緒だった3組中2組のご夫婦です。

「さっき一緒だったから、お風呂も一緒に」

さすが酔っ払い・・・訳のわからないことを言いながら入ってきました。
驚いたのは、一番綺麗な奥様もいたことです。
しかもナイスバディ!
そしてエロい口元!
それだけで私の一物が疼いてきましたが、その奥さんがなんと私の隣に入っきたのです。
妻はタオルで胸元を隠してましたが、奥さん方から、「風呂の中にタオルをつけるのはエチケット違反でしょ?w」と言われてます。

(あなたたちが来なければ隠してなかったんだけど・・・)

そう思いつつも、またしても妻を他人に晒すことが出来ました。

そんなときでした。
隣に座った綺麗な奥さんが、酔っ払ってて大胆になっていたのか、いきなり私の一物を触ってきたのです!
反射的に一物が怒り狂ったのは言うまでもありません。
妻に気づかれないようにと平素を装うのが大変でした。

弄られるだけでは悔しいので私も反撃に出ました。
綺麗な奥さん(仮名で香織さんとします)の背中、お尻となぞってあげると、体の反応を隠すためか体勢を変える素振りして、水面下での攻防の末、香織さん自ら秘部に触りやすい体勢になってくれました。
ヘアーは薄めで、クリはしっかり剥けて、ビラビラは小さい感じでした。
しかし濡れ具合にはビックリです。
お湯の中でもヌッルヌルなのがわかるくらい。

相変わらず談笑は続いていました。
ぬるめの温泉だったんですが、さすがにのぼせそうになったので、妻とお湯から上がってその場から離れました。
もちろん、部屋に戻るなり妻を襲ったのは言うまでもありません。
妻もヌッルヌルでした。
聞けば、香織さんのご主人ではない方の男性に湯船の中で足による攻めがあったとか。
せっかく盛り上がってたので、拒絶したら場をしらけさせると思って、何も言えなかったそうです。
なんとか足の指の挿入だけはさせなかったそうですが、皆に気づかれたらと思うと変な気持ちになって、心とは裏腹に感じたそうです。
そんな事を聞かされた私は異常に興奮して、いつもより激しい営みでした。

しかし、これだけでは終わらなかったのです。
妻と1戦を終えた私が汗を流しに男湯に浸かってると、香織さん他2名、計3名のご婦人方が男湯に入って来たのです!
誰か来たらどうするんだと心配な私をよそに、またも一物を触ってくる香織さん。
ご主人たちがいないので、「香織さん、手が当たってますよ」と言うと・・・。

「みんな知ってるよ〜。さっきも触りっこしてたし」

すると、「香織にだけズルい〜」みたいな展開になって、いつの間にか女性3人に攻められていました。
フェラが一番上手かったのはAさんだったけど、香織さんの上目遣いのフェラには思わず発射しそうになりました。
まさに夢心地でした。
1人にフェラされながら、他の奥様のオッパイを揉みまくったり、もうたまりません。
最後は、他の2人に非難されつつ、香織さんとしました。
声を押し殺して快楽に浸る悩ましい姿に我慢できず、生で挿入。
ジムに通っているだけあって、締め付け具合がいいんです。
ガムシャラに腰を振って香織さんをイカせ、私も我慢できずに発射すると、最後は口で受け止めてくれました。
香織さんは当然のように飲み干してくれました。
香織さんから「今夜のことは忘れましょうね」と笑顔で言われたので、連絡先も聞いてません。

かなり興奮した温泉旅行でした。
皆さんも旅行に行きましょう!
いいことがあるかもしれませんよ!

---END---
問題報告・削除依頼

←前の告白   




禁断と背徳の体験告白
管理運営サイト ましゅまろくらぶ
管理室