禁断と背徳の体験告白
前画面 体験告白トップ [   ]

万引き少女を脅してローター責めにしたら失禁しました|卑劣・脅迫体験談[男性の告白]

※脅迫は重大な犯罪です。絶対に真似しないで下さい!
目次

←前の告白  次の告白→

万引き少女を脅してローター責めにしたら失禁しました
読了予測 計算中・・・
[Entry No]
先日何気なくスーパーへ買い物に行きました。
中で買いたい物を探していると、ふと一人の高校生に目がいきました。
ついでだから、お尻でも触っていこうと思い近づきました。
近くに行くと、その子は周りをチラチラ見ています。
おかしいなと思い、少し離れて見ているとその子は万引きしているじゃありませんか・・・そして移動しようとしていたので、私は買い物カゴを下に置きついていきました。
レジの横を堂々と通ってその子は外へ・・・そしてその子は自転車置き場に歩いてます。
私は周りに人がいないのを確認して、その子に声を掛けました。

ドキッとしながら彼女は振り向いています。
顔は下を向いています。
いかにも悪い事をした後のような仕草・・・私は私服でしたので、警備員や取締員の用には見えなかったはずですが・・・私はそういう者じゃ無いことを告げると、彼女はホットしたようにしていました。
彼女の腕を掴んでスーパーに戻ろうとしたとき、彼女が座り込んで謝ってきました。
「ごめんなさい、言わないで・・・」と・・・とりあえず目立たないように建物の最上階の駐車場に行こう言って彼女と屋上に上がりました。

私のワゴン車の後部座席に乗せて、彼女に取った物を出させました。
車はフルスモークなので、外からは見えません。
彼女にどうするか聞いてみましたが、何も答えず俯いたまま「助けて、ごめんなさい」ばかり・・・他に取ってないか調べると言って、彼女を素っ裸にしました。
初めは抵抗していましたが、「じゃ、警備員呼ぶよ」と言うと大人しくなりました。
(この状況じゃ俺の方が捕まるのにね!!)そして彼女を素っ裸にしました。

よく調べないとどこに隠してあるかわからないと言いながら、オメコを広げたり、四つん這いにしてお尻を広げたりと・・・体中を撫で回しながら身体検査をしました。
胸の間も当然調べます。
あっちこっち調べてるうちに彼女の口から「あぁぁ・・・」と声が聞えてきました。
かなり感じてきているようです・・・再び彼女のオメコを調べると、お汁がたっぷり出ていました。
指を突っ込んで中まで調べました。
ヌルヌルしていますが、何も隠していませんでした。
このままではシートが汚れるので、オメコから溢れてる汁を綺麗に舐めてあげます。
しかしいくら綺麗に舐めても、次から次へ溢れてくる・・・とりあえずタオルを敷いて、彼女を座らせ服を助手席の足下に置きました。

これで逃げられない!!私は何も言わずホテルへ向かいました。
昼間なので、空いている・・・駐車場には誰もいません。
そして制服を着させて、彼女をおろしました。
ここのホテルは入るときは誰にも会わないように入れるので、制服のままでも問題ない!!(多分監視カメラはあると思うが・・・)部屋に入るなり彼女に制服を脱がせました。
先程パンティとブラは没収してあるので、すぐに素っ裸になりました。
そして生徒手帳を出させて、そのまま取り上げました。
彼女に風呂の用意をさせて、溜まるまで彼女を素っ裸のまま待たせました。

ソファーに座らせ足をM字開脚させて座らせました。
私は反対側から見つめていました。
彼女の顔は真っ赤になっていましたが、下のオメコからはトロトロとお汁が垂れていました。
彼女はM性を持っているようでした。
お風呂の用意が出来たようなので、彼女を先に入らせ中の自動販売機でローターを買って枕に隠し後から入りました。
そして彼女に私の体を洗わさせました。
体中を泡だらけにさせて、ボディ洗いをさせる・・・
久しぶりの高校生!!
思わず勃起!!
ピチピチの体を擦りつけられると、興奮!!
言い忘れたが彼女の胸は大きい・・・Eカップ!!
若いから垂れてない!!
ピンッと張ったおっぱい!!・・・それを擦りつけさせました。
そして、ちんちんを泡だらけのおっぱいでパイズリさせて洗わせました。

それだけでイキそうになりましたが、ガマンしました・・・(辛かった〜・・・)シャワーで泡を落とし風呂をでました。
彼女も一緒に出させて、そのままベットにうつ伏せに寝させました。
腰を持ち上げ下半身だけ上げさせて、お尻を突き出させました・・・私はこの体勢が好きです。
そしてそのままお尻とオメコに顔を埋めて、擦りつけました。
彼女から「アァァァァァァァ・・・」と声が漏れてきました。
たっぷり濡れたオメコを指で広げて、舌を中に押し込んで舐めました。
指でクリトリスを擦り、彼女が絶頂を向かえる瞬間指と顔を離してやめました。まだイカせない!!
そして、枕の下からローターを取り出しました。
彼女の表情が固まっていました。
聞いてみると、まだ使ったことが無いとのこと。

スイッチを入れずにオメコに突っ込むと・・・彼女が「ヒャッ・・・」と声を出しました。
そしてゆっくりと抜き出して、たっぷりの愛液をつけて、彼女のクリトリスに当て・・・そしてスイッチをオンにしました。
初めはローでゆっくりと押し付けました。
怖がっていましたが、ローなので気持ち良くなってきてるようでした。
また彼女が感じだしてきました。
そしてもう一度オメコの中に入れて、たっぷりの愛液をつけて、クリトリスに当て・・・その瞬間スイッチをハイにしました!!
彼女はその瞬間暴れるように悶えだし、初めてのローターに狂ったように悶え、すぐに絶頂がこみ上げてきたようで、そしてイッテしまいました。
私はそのままローターを離さずに押し付けていました。
敏感なオメコは刺激に耐えられなかったのか、すぐに失禁していました。

大量のおしっこが吹き出てきました・・・失禁が終わるまでローターを当て続けていました。
彼女は足をガクガク・・・お尻をピクピク・・・振るわせていました。
ベットの上は彼女の失禁でビチャビチャになっています。
その上に彼女は力無く崩れ倒れていました。
少し休憩をかねて、私はタバコを吸いながら、コーラを飲んでいました。
彼女も起きあがってきて、私の隣に座りました。
私の飲んでいるコーラを取り、彼女も飲んでいます。
私はもう一本今度は紅茶を取り出し飲みました。
当然彼女も・・・そして彼女をソファーの上で足を開かせ、クリトリスを弄り続けました。
ベットは彼女の失禁でグチョグチョなので、今度はソファーで、ローターをこちらに持ってきて、彼女にそのままオナニーさせました。

私は反対側のソファーに座り、鑑賞していました。
しかし、彼女はなかなかイケないみたいです。
仕方がないので私がローターを取り上げ、クリトリスに当てました。
すると彼女は一気に絶頂に昇りつめイッテしまいました。
そこへちんちんをオメコに挿入します・・・敏感になっているオメコへの挿入は気持ちいいと叫びながら悶えていました。
奥まで押し込んで突いてあげると、彼女は涎を垂らしながら悶えていました。
そしてちんちんを入れたままローターをクリトリスに再び当てました。
すると彼女はソファーの上で暴れながら感じています。
ちんちんが抜けてしまいそうになるくらいに暴れました。
体を押さえつけ、クリトリスにローターを更に押し付けます。
ゆっくりとちんちんを出し入れしながら・・・するとまたもや彼女に絶頂が襲いかかります。

叫ぶように大声を出して全身をビクビクさせていました。
そして絶頂へ・・・大きな声で「イクゥ〜〜〜〜〜」と一言・・・その時に腰を激しく振ってピストンしてやりました。
しかし彼女は体に力が入らず涎を垂らしながら、ダラ〜ンとしていました。
そして再びクリトリスにローターを当ててやると、彼女がいきなり「ダメェ〜〜〜〜〜・・・」と・・・するとまたもや彼女は失禁しています。
今度は私が挿入したままの状態で・・・下半身に生暖かい感触が伝わりました。
首をソファーにもたれかからせ、彼女はそのまま失神していきました。
とりあえず私は腰を振り続け、やっと射精感がきました。

失神してしまったので安全日かどうかは確認出来ませんでしたが、中にそのまま出してしまいました。
(後で聞いたら大丈夫だとのことでした。)
彼女をソファーに寝かせ、私はシャワーを浴びにいきました。
シャワーから出ると、疲れ切った彼女が起きあがっていました。
しかし、目はトロォ〜ンとしたまま・・・私は横に座り、彼女を抱きしめおでこにキスをしてあげます。
そして彼女から嬉しい一言が・・・「また、逢ってくれる?」と・・・私は無言で頷き、携帯番号を交換して、その日は彼女をスーパーまで送り帰りました。

---END---
問題報告・削除依頼

←前の告白    次の告白→




禁断と背徳の体験告白
管理運営サイト ましゅまろくらぶ
管理室