禁断と背徳の体験告白
前画面 体験告白トップ [   ]

間違いメールがきっかけで知り合った巨根の彼|人妻・不倫・浮気[女性の告白]


目次

←前の告白  次の告白→

間違いメールがきっかけで知り合った巨根の彼
読了予測 計算中・・・
[Entry No]
私は43歳の人妻です。
40代にみえないってよく言われるのが自慢なんです。
そんな私にある日、知らないアドレスから携帯に「何してる?久しぶりだねー元気?」とメールがきた。
全く見覚えがないアドレスで、検討もつかなかったので「誰ですか?」と送っても、それ以降メールが来なく次の日になり携帯を見たら、またあの知らないアドレスからメールが。
「誰ですかって、俺だよwAだよw」仮にAとします。私はそんな人知らずわからないと言いました。
どうやら間違いメールみたい。
何をどうしたら登録しているアドレスを間違えるのかわかりませんが、暇だったので、メールを続けてしまった私w

その後くだらない話をしてると下ネタに・・・
特に嫌いじゃないので話してるとAは、彼女がいなくて溜まってるとか、1日7〜8回一人でしてるとか、昔何度もゴムが破れたとかを聞きました。
私も人妻でセックスレスや一回のエッチで一回イクかイかないかとか言いました。

そのうち私もAも会う事はないと思ってたんで、おばさんだけどいいの?って冗談交じりに聞いたら、熟女フェチなんだよ、舐めたいとか、入れたいとか、抜かないなら連続射精出してあげるとか言われ、私もメールだけならと思い是非入れてとか何度も出されたいとか言いました。
そしてAからどこに住んでるの?と聞かれ答えるとなんと隣町にAが住んでるらしく、たった20分くらいの距離にいました。
これはなんかの縁だと言う事で、エッチはメールだけの話で実際は手を出さない約束で食事に行きました。

私はジーパンに襟ユルのセーターを来て行きました。
実際に会うとメールの内容から想像してたのと違い、がっちりした身体つきで背は180くらいでした。
私は158しかありませんが。笑

居酒屋で食事をし、Aの話が面白いせいか、あまり飲めないお酒をたくさん飲んでしまいAも結構酔っ払っていました。
2人でフラフラとお互いを支えながら歩いていると急に具合が悪くなり四つん這いの格好で吐きそうになりました。
Aは私の後ろから髪を持ち吐いた時、髪に付いたら困るからと優しくしてくれました。
しばらく深呼吸してると具合が良くなり落ち着きました。

そしてふとお尻に何か当たってる事に気付きました。
Aのおっきくなったアソコが私のお尻に当たってたんです。
それに大きさもわかりました。
多分結構おっきいデカマラです。
普通ジーパンのお尻にジーパンのアソコが当たっても、おっきいのはわかるけどサイズはあまりわかりませんが、私のお尻は四つん這いになると綺麗なハート型になります。
そのお尻の間にお尻を広げるような太さと、私のアソコからお尻を一直線に伸びる長さで、ビクビクと脈を打ってる所まではっきりわかりました。
私のアソコからお尻までとなると、旦那のと比べたら20センチかそれ以上。
そして太さは旦那の倍くらい。
旦那のはお尻で挟めるけど、Aのは挟むどころから広げられる。
私は少しその大きさを確認したくて、四つん這いのお尻をAのアソコをなぞるように尻コキをしました。

するとさらに少し擦った所にベルトの感覚があり、それを過ぎても一直線に伸びていました。
私はかなりドキドキしてるとAから擦るなら直接の方がいいんじゃないですかと言われました。
私は擦り過ぎたとドキッとし、それでも長いアソコの感触を味わいたいと言う欲望に負け、下着付けたままならとジーパンを膝までおろしまた擦りました。
根元からゆっくり私のアソコを押し当て擦りました。
かなり太くおっきい。
先の方まで擦るとカリが私のクリを刺激し私はビクっとなりました。

カリはかなり高くクリが引っかかる。
そして大きさもアソコよりおっきい。
私はもう自分のアソコがべちゃべちゃになってる事がわかり恥ずかしく、それでも止められないお尻をついにAの先端まで擦り、私のアソコをAの先に擦りました。
愛液でヌルヌルの私のパンツに更にヌルっとした感覚がありました。
Aの先もチンポ汁でヌルヌルでした。

Aはそのままパンツを脱ぐと私のアソコに押し付けて来ました。
私は下着を付けてたんですが、下着と一緒にAのアソコが入るんじゃないかと言うくらい強く当てられ、私は欲しくなる欲を抑えダメと言いました。
するとAは、
「わかってます。擦るだけで後は自分で手でしますから直接こすらせて下さい」
と言いました。
私はそれならいいと言い四つん這いで膝が痛くなり壁に手を付いてお尻を突き出しました。

場所は橋の下です。
野外で尻コキされてるに物凄く興奮して、おまんこ汁がいっぱい溢れてくるのがわかります。
そして下着を脱ぐとAはアソコを当て自分で擦りました。
お尻を鷲掴みにされ擦られると私のアソコが広がり入りそうになります。
私は入らないように少し突き出すお尻を引くとAは少しアソコを突き出します。

そんな事をしてるといつの間にか私は、壁に全身を密着するように突き出したお尻を完全に引いてました。
それでもAはアソコを私に素股するように当て擦ります。
もう入りそうな所でストップし、その後それ以上入って来ませんでした。
もしかしたら本当に入れないつもりなのかなと思いました。

私はもう我慢が出来なくなり、再びお尻を少し突き出しました。
Aが動かなかったら先だけ入るくらい突き出したはずなのに入りません。
Aは忠実に入れないと言う約束を守ってました。

私は尻コキと素股の焦らしプレイに我慢できなくなり、どうしても入れたくなって。
しかし自分から入れないと言ったのに、入れてと言うのは恥ずかしい。
Aに私が擦ってあげると言い、Aを壁側に立たせ私は自分の膝に手を付きお尻を突き出しアソコを擦りました。
腰を上下左右に激しく動かし、間違って突き出して入っちゃう事にするつもりでした。
それに私も擦ってるだけでイキそうだったので。

そうしてイキそうと伝えると腰を突き出しAの先を入れました。
それが間違いでした。
グチュンと音が鳴ると私のアソコが裂けたんじゃないかと思うほどの太いアソコが入り、しかもまだ先だけでカリまで入れる事なく私は、「あぁぁ!」と叫びイクとその場に崩れました。
私は慌てて振り返りAのアソコを見ると、これは女性を壊すためだけにあると思わせるような極太ペニスが上に向かって伸びてました。
光はあまりないので良く見えなかったんですが、シルエットだけでわかりました。
私は恐怖を感じましたが、体は違いアソコから液が止まる事なく出ているのがはっきりわかり私は体はこれを欲しがってると確信しました。

Aは心配そうにしてましたが、大丈夫と言いどうせなら全体を擦った方がAもイクんじゃない?と言い騎乗位で擦りました。
もちろん入れるためです。
Aに跨り擦るとこんなに騎乗位で腰を動かした事がないくらい全体を擦るのに大きく腰をくねらせました。
そして先を擦りカリ高の先でクリを擦り覚悟を決めて腰の動く勢いで入れました。
またグチュンと音が鳴り、「うぉお」「いぃぁ!」とお互い叫び半分まで入れるとAにしがみつき、
「これ以上自分で入れれない。突き上げてぇ!」
「いいんですか?こんな小さくてギチギチのアソコに全部入れちゃって。」
「構わないからお願い!思いっきりちょうだい!」
「どうなっても知らないですよ?いきます!」
と会話をしパァンと力強く突き上げられ無理矢理広げられ中の空気が勢いよく外に出て、ぐちゃ〜と鳴り奥に当たりグチュンと音が鳴りました。
私は一突きてたまイカされ、「うあっ!」と叫びました。
それと同時に体が始めての痙攣を起こし、それに合わせてAが凄い速さで腰を動かしました。

私はイキ終わらないうちに次々と何回もイキ、
「奥さんその締め方はダメです!出ちゃいます!」
「あぁ!止めてぇぇ!腰止めてぇ!」
「俺止めても奥さんが止めなきゃ無理です!」
「ち、違うぅ!イキ過ぎて痙攣が止まらないのぉ!ダメぇ!」
「奥さんヤバいです!止まって下さい!」
「止めてぇ!壊れるぅ!いやぁぁ!」
「止まって下さい!出ます!」
「ダメダメ!やめてぇ!いやぁ!」
「イク!イキます!」
「イクイクぅ!」
とお互い止められないまま物凄い勢いで子宮に出されました。
はっきり子宮に入って来たのがわかりました。

汗だくで全く力が入らないまま、Aに倒れしばらく脈を打ち一滴も残さず出そうとするアソコを拒否する力もなく子宮を押されたまま出されながら長い射精が終わるのを待ちました。
少し回復して抜こうとしますが、なぜか抜けなく中の空気がないのかAも始めてで、多分真空状態になってるんじゃないかと言ってました。
抜こうとすると子宮が引っ張られました。
ピッタリとまるでアソコとアソコが一つになっちゃったんじゃないかと思うくらいAのアソコにくっついてました。
これが膣痙攣なの?って一瞬焦りなましたが、そのまま休んでると
Aのアソコが落ち着いたのか少しゆるくなったかと思うと、「びゅる!グチゅ」と入れたままなのに精子が飛び出しました。

その後は酔いも覚め帰りましたが、あの時のエッチを忘れる事が出来なく、旦那が朝仕事に行ったら家でセックスしてます。
中に出された時は運良く安全日で妊娠はまぬがれましたが、今はお互い怖くなり必ずゴムを付けてます。
物凄く紳士で極太ペニスな不倫相手と間違いメールから知り合うなんて夢にも思いませんでした。

---END---
問題報告・削除依頼

←前の告白    次の告白→




禁断と背徳の体験告白
管理運営サイト ましゅまろくらぶ
管理室