禁断と背徳の体験告白
前画面 体験告白トップ [   ]

成人式の数日後に彼と“性人式”をしました|人妻・不倫・浮気[女性の告白]


目次

←前の告白  次の告白→

成人式の数日後に彼と“性人式”をしました
読了予測 計算中・・・
[Entry No]
中学時代に好きだった彼と成人式で再会しました。
彼とは言っても付き合ってたわけではなく、私にとっては友達以上恋人未満の感情でした。
彼は中学の同級生なのに説教くさく(笑)、私は妹のような扱いをされていました。
成人式の会場、私は彼を探したものの、見つけることができませんでした。
友達と久しぶりにおしゃべりしてるうちに成人式は終わり。そのまま一旦帰宅し、みんな着替えてから飲みに行きました。
成人式では彼に会えるかも?と、ずっと楽しみにしていたから、ガッカリでした。

数日後、彼から電話がありました。
「久しぶり。元気?成人式で見かけたけど、声かけれなかった。話がしたい。会えない?」と言われて、次の日に会う約束をしました。
その頃の私は、二年間付き合った彼と別れたばかりで、一人の時間を持て余していました。

次の日、彼が家に迎えに来ました。
彼と目があった瞬間、二人とも照れくさく「エヘヘ♪」と笑ってしまいました。
懐かしい話や近況(私は彼氏と別れたこと。彼には彼女がいることなど)を話しながら食事をし、店を変えてお酒を飲み…。
お互い、良い感じにほろ酔いになった頃、店を出ました。
彼の車に乗り、私は(このまま帰るんだろう)と思っていました。
すると彼は私の肩に腕をまわし、そっとそっと引き寄せて、ゆっくりゆっくり顔を近づけ、そして
「中学の頃、オマエのことが好きだったんだ…」とキスを。
チュッ チュッ と2〜3回ほど軽く唇を重ねてきました。
まるで私の反応を見るように。

私には彼を受け入れる気持ちの準備が出来ていました。
彼はそれを感じとったように、次第にキスが激しく…。
手のひらで私の胸を優しく揉みながら、キスは益々激しくなり、私は彼に唇を塞がれたまま「ん…ん…」と、声にならない声を出しました。
彼は私のスカートの中に手を入れて、更に手はパンティの中へ…。「んん…んんっ…」
私は思わず彼の唇を引き剥がし「あぁ…あん…」と、声を出してしまいました。
彼の手を感じている私に、彼はため息のように囁きました。
それが「やりたい。」と言ったのか「やりたい?」と私に聞いたのか分からなかったけど、私は小さく頷きました。
彼はキスを止め、ハンドルを握りホテルへ向かいました。

一番近いホテルまで10分くらいだったと思うけど、なんだかとても長く感じました。
運転中、彼は私の頭を肩に乗せさせ、肩を抱きながら、時々髪の毛を撫でながら、信号で停まるとキスをしてくれました。
ホテルに着くと、彼はもう待てないと言わんばかりに車を降りました。
私も気持ちは同じでしたが、発情期のメスみたいで恥ずかしい。
車を、どんな顔して降りたらいいの?彼と目を合わせられない。。
そんなことを考え、助手席から動けずにいたら彼が待ちきれないというように、私の手をつかみ、助手席から引きずるように連れ出し、強引にホテルへ入りました。

いきなり強く抱きしめられ、痛くて苦しかったけど、彼の抑えきれない思いを感じたら嬉しくて、私も彼を抱きしめました。
激しくキスされ、ブラウスのボタンをひとつずつ外す。
ブラジャーのホックは、急ぐ余りにうまく外せない。
やっと外すとむしゃぶりつきながらも「ハァ…ハァ…」と興奮しながら「大きさも、色も形も…。思った通りだ。」と、ペロペロとなめまわします。
ほおずりしたり指先で転がすようにしながら…。
次第に彼の舌が胸から遠ざかっていきます。
気がつくと彼は全裸。彼は私のパンティをゆっくり脱がせていき、私も全裸に。
私は期待と羞恥でいっぱい。
彼は私のそんな気持ちを愛液で確認したようです。

「濡れてるよ…。グショグショだ。感じてる?」と言われて
「あぁ〜ん…あぁ…あぁ…」と、喘ぎ声で答えると、彼は舌先でクリトリスをペロッペロッと刺激してきます。
「あぁ!あぁぁ…あ〜…あ〜」
私の快感はどんどん強くなりました。
彼の長く太い指を中に入れられ、感じている私のクリトリスに大きなペニスを当てたり離したり。
私がたまらず腰を動かすと、彼の大きなペニスの先端が膣に入りました。
彼のペニスは、私の膣に納まり切れない程で、今でも彼以上に大きな人と出会ったことはありません。
彼がピストンするたびに
「あん…あん…あぁ!…ぁっ…あああっ!!」
私の快感は絶頂に。
彼は69、正常位、騎乗位、バックと次々と体位を変えて私をイカせます。
私のフェラに彼は悶絶。
「あぁ気持ち良い…」
彼の声にまで私は感じていました。

その夜、3〜4回イッタのに、勃起がおさまらず。
彼は「サイコーだよ。超気持ち良い。今までこんなにイッタことないよ。俺たち、SEXの相性良いんだな。」と言ってはまた…。
彼は成人式の為にお正月休みをずらして帰省していたので、また勤務地に帰らなければいけないとのこと。
帰ればまた彼女とSEXするのかと思うと寂しくて…。
でも彼を引き留める訳にもいかず、彼について行く訳にもいかず。
結局、彼とはそれっきりです。

あれから随分と月日が過ぎ、私は結婚し出産しました。
息子が、彼と私が出会った頃の年齢になり、彼と私が出会った中学に入学した今年、授業参観や学校祭で中学に行く度に、彼との熱い夜を思い出します。
旦那とはセックスレスですが、別にセックスしたいとも思いません。
ただ時々、彼の大きなペニスを思い出しながら、寝ている旦那の隣でオナニーをしています。
今年、二度目の成人式を迎える私。
またいつか、彼と《性人式》がしたいです。

---END---
問題報告・削除依頼

←前の告白    次の告白→




禁断と背徳の体験告白
管理運営サイト ましゅまろくらぶ
管理室