禁断と背徳の体験告白
前画面 体験告白トップ [   ]

百合初心者JDへのお仕置き調教*|レズセックス体験談[女性の告白]


目次

←前の告白  次の告白→

百合初心者JDへのお仕置き調教*
読了予測 計算中・・・
[Entry No]
1 に百合初心者JDの名前を記入して下さい
(原文:K)

1  2
3  4




学生の時に女の子に興味を持ってから、私はバイセクシャルです。
出会い系で知り合ったは最近女の子に興味が出たらしく、1ヶ月程メールのやりとりをして会う事が出来ました。
は学生の為、あまりお金が無いとのことで、の家の近くで待ち合わせホテルに入りました。
メールの時から少しお酒が飲みたいと言っていたので、部屋で少し話した後に2人でお酒を飲みました。
はまだお酒を飲み慣れてないのかすぐに気分が上がって、早速誘ってきました。
私はSっ気があるのでその場で押し倒し、キスをしました。
はお酒の勢いもあってか自分から舌を絡ませてきて、しばらくキスをして服の上からのFカップの胸を揉みだすとビクッと体が反応して、それが私に火をつけました。

キスをやめ、一気に服を脱がせて下着だけの姿にし、ブラの上からの巨乳を揉み、片方の胸にしゃぶりつきました。
乳首はあえて舐めず、脇の下、首筋、乳首の周りを執拗に舐めていると、「乳首が一番感じるの、早く乳首も舐めて」と言われ、一気にしゃぶりつきました。
片手で右の乳首を摘み、左の乳首を無我夢中で舐めました。
甘い吐息を漏らすに甘噛したり舌を尖らせて舐めていると、
「あっ、いいっ」
と声を出しながら腰をくねらせてきたので、右手で脛や太ももを触り、すでに湿っているパンツの上からクリの周りを触ってあげました。
時折クリを突くとさらによがるので、胸から離れの股に顔を埋めてみると何とも言えない女の匂いが・・・。
興奮してきた私は、をまんぐり返しの体勢にしました。

「やだっ、恥ずかしいよこんな格好」と言われましたが、クリを舌で愛撫すると、
「アァン」
って、本当に素直な子。
しばらく舐めているとの愛液と私の唾でパンツはベトベト。
パンツとブラを脱がすと可愛いアナルがパックリで、私は興奮MAX。
は何か言いたそうな顔をしていたけど聞こえないふりしてしてクリにしゃぶりつくと今まで以上に喘いでました。
の顔を見ながら軽く噛んだり、わざと音がするように吸いながら舌で転がしてあげると喘ぎながら、
「指も入れて、掻き回して」
なんて言い出して・・・。
今度はアソコを舐めようとしたらありえないぐらいの大洪水。
お尻の穴も通り越して腰の近くまで漏れてるの。

ここでもピチャピチャとわざと音を立てたり舌をアソコにねじ込んだりしてるとまたお願いが。
仕方がないのでまんぐり返しのまま、の両足をいっぱいまで開き、両手で足首を固定。
「絶対にこの形を崩しちゃダメよ」って伝えると、「うん・・・」って小さく頷いた。
私はクリに吸い付きながら乳首を弄り、2本指を入れた。
かなり濡れてるから指がすんなりと入っていく。
最初はゆっくり出し入れしたり、Gスポット触ったり、指の向きを変えてみたりして、どこが一番感じるのか探し、見つけたら高速ピストンでいじめるの。
するとのマンコが締め付けてくる感じが・・・。
全ての動きを中断すると、
「イキそうなの、お願いイカせて!」って。
次は指だけでしているとまた締め付けてきたので、指を抜くと涙目でこっちを見てくる。
そんな焦らしも混じえながら今まで以上に速く出し入れしたら、「あっあぁイッちゃうぅ」って、あっと言う間に潮まで吹いてイッちゃった。

イッた時の顔がものすごく可愛くて、そのままピストンを続けると、「やだっちょ、っとま!!あぁぁ、やぁ」って何だかピクピクしちゃって足を下ろしてぐったり。
約束を破ってマングリの形を崩したので、持って来ていたバイブとローターをカバンから出し、の上に馬乗りになってローターをクリへ。
は玩具を使ったことがないと言っていたので持って来たのですが、本当に使われるとは思ってなかったらしくビックリしたようで小さな声で、「ちょっと待って」って。
そんなの約束破った罰だよ。
「やめて欲しいなら言うコト聞く?」
そう聞くとまた小さく頷いたので、を起こし、後からの膝の下に腕を入れ、持ち上げてM字開脚にさせた。
にバイブを持たせ、風呂場の中にある鏡の前へ行き、「見える?すごい濡れてるでしょ?自分でマンコ開いてバイブ出し入れしてみて」と指示すると顔を真っ赤にしながらバイブを入れ始めました。
自分のそんな姿を見ているせいなのか、マンコからはまた愛液が出てきてて、ズボズボとやらしい音と、「あっあっ」と可愛い声が響いてました。
シャワーをに差し出してオナニーを要求すると、シャワーオナニーした事がないと。
マットがあったのでマットの上に寝かせ足を開き、シャワーをクリめがけて当てるとかなり気持ち良いらしく、バイブの時より大きい声で、「あっ、やだっ気持ち良ぃ」と言ったので自分でやらせました。
その姿を見てたらまた興奮してきちゃって、さっきのバイブで出し入れしてしてあげるとシャワー持ちながらまたビクビクしてた・・・。

息も絶え絶えだったので、しばらくのマンコ鑑賞。
でもなかなか起き上がろうとしない。
ちょっと悪戯での愛液を人指し指につけ、アナルへ入れようとしたら飛び起きた。
アナルはかなり嫌がったので、体中濡れたままベッドへ連れていき、カバンからペニパンを取り出し私が装着。
を四つん這いにさせて後から挿入。
突きながらクリや乳首を弄るとAVみたいに声を出すの。
その声に刺激されたのか私もイキたくなっちゃって。
ペニパンを抜いて、私も全裸になり2人でマンコ擦り合わせて、私もイッちゃいました・・・。

その後は体洗いっこして家の近くまで送ってあげました。
やっぱり女の子をイジメるのは快感です。
最近は男よりも好きかも・・・。
次はに何しようか楽しみです。

---END---
問題報告・削除依頼

←前の告白    次の告白→




禁断と背徳の体験告白
管理運営サイト ましゅまろくらぶ
管理室