禁断と背徳の体験告白
前頁へ 体験告白トップ 管理室

尊敬できる大人の男性*|恋人・彼氏との体験談[女性の告白]


目次

←前の告白  次の告白→

尊敬できる大人の男性*
読了予測 計算中・・・
[Entry No]
1 にあなたの名前を記入して下さい (例:はるか)
2 に相手の男性の苗字を記入して下さい (例:山田)

1  2
3  4




20歳の女子大生です。
相手の男性は、大学時代にアメフト部に所属していた大柄でガッチリした児玉さん32歳です。
会員として通っているスポーツジムで知り合った商社マンです。
児玉さんと知り合った当時、私には大学の先輩の彼がいて児玉さんもそのことを知っていたのですが、児玉さんは、それでも私のことを熱烈に口説いてきました。
先輩の彼とはうまくいっていたのですが、児玉さんの筋肉質でガッチリした体格や落ち着いた雰囲気に好意を持っていた私は、次回のジムの帰りに食事をする約束をしてしまったんです。

ジムの帰りに児玉さんとのドライブを楽しんだあと、ホテルのバーで食事をしてお酒を飲みました。
付き合っている彼に悪いとは感じたのですが、私の頭のどこかでは児玉さんに抱かれるかも知れないとか、抱かれても構わないという気持ちもありました。
お酒を飲みながら、児玉さんはさり気なく「ゆきこちゃんのことを今晩抱くから」って言ってきたんです。
児玉さんのあまりの落ち着きにビックリしたんですが、私に断る余裕はありませんでした。

ホテルの部屋をとっているときから私の心臓はどきどきしていましたが、彼は相変わらず落ち着いていました。
部屋に入るとすぐにキスされました。
彼が先にシャワーを浴びたあと、私も浴びました。
私がシャワーから出ると、彼が待ち構えていて私を肩に担いでベッドまで運びました。
キスされたあとバスローブを脱がされたけど、私は恥ずかしさのあまり胸を必死に両手で隠しました。
彼は、両手で胸を隠す私をそのままの状態で抱きしめて激しくキスをしてきました。

キスを終えると「手をどかして胸を見せてごらん」って言ってきました。
私が首を振ると、彼はじっと私の顔を見つめてから私の両手首をつかんでベッドに押し付けたあと、乳首を吸ってきました。
その瞬間に全身に電流が流れました。 
私は「大柄でガッチリした男性に抱かれてる」って考えただけですごく興奮しました。

その後も、無言で私の体全身を舐めまわされました。
大学生の彼は私に「気持ちいい」とか「感じるだろう」とか常に聞いてきたのですが、児玉さんは無言のまま私の肉体を堪能してくれました。
これが大人の愛撫なんだなあって感じまくってました。

セックスも、いままでの私のセックスが『子供のエッチ』って感じるくらいの激しく情熱的なものでした。
児玉さんの187センチの体から繰り出されるパワーも初めての経験でした。
165センチと決して小柄ではない私を簡単に抱えあげて、そのままの状態で激しく突き上げられました。
セックスの時間もビックリするくらい長くて、何回もイカされました。
両手首を私の腰の上でつかまれた状態で、バックから激しく突きまくられたとき私は、落ち着いた児玉さんも驚くほどの大声を上げて喘ぎまくっていたみたいです。

児玉さんに抱かれたあとに、大学生の彼とは別れました。
今現在は、私は児玉さんと付き合っています。
児玉さんに、尊敬できる大人の男性にセックスで圧倒される快感を教えてもらいました。
もう、児玉さん無しでは生きていけない体になってしまいました。
大学生なのに、セックスにのめり込んでいる私です。

---END---

←前の告白    次の告白→


愛と官能の美学 官能文書わーるど


禁断と背徳の体験告白
管理運営サイト ましゅまろくらぶ