禁断と背徳の体験告白
前画面 体験告白トップ [   ]

妹は愛しい妻です|実妹との体験談


目次

←前の告白  次の告白→

妹は愛しい妻です
読了予測 計算中・・・
[Entry No]
私は、25歳の会社員です。
まさか妹とこんな関係になってしまうとは、夢にも思いませんでした。
妹の瑞穂は、13歳この4月から中学2年生です。
私達兄妹の両親は、3年前事故で無くなりました。
身寄りの無い私達兄妹は、2人で暮らしています。
瑞穂は、とても素直でやさしい子で、家事のほとんどをやってくれます。

話は、昨年の秋の出来事です。
日曜日に妹と2人で冬物の衣類やコートを買いに行ったときです。
まずは、瑞穂の買い物をしていました。
トレーナーやスカートなどを買いコートの売り場へ行く途中、後ろを歩いていたはずの瑞穂の姿がいつのまにか見えなくなっていました。
どこかではぐれたのかと思い、今来た方向へ戻ってみました。
すると瑞穂が立ち止まって何かをじっと見ていました。

何を見ているのかと思い瑞穂の後ろに回ってみると、『ちょっとおませなブラ』という女の子がはじめて着けるようなブラジャーをディスプレイしてあるコーナーを見ているようでした。
瑞穂は、私が後ろにいることに気づかずに夢中で見ているので、私は瑞穂の耳元で小声で「ほしいの?」と聞いてみました。

瑞穂は、とても驚いた様子で「違うよ、違うよ」と言ってましたが、私がもう1回「ほしいんだろ?」と聞くと、顔を真っ赤にして「うん」と答えました。
瑞穂の胸元に目をやると、Bカップくらいあるんじゃないか?、と思うほど、膨らんでいることにそのとき初めて気づきました。

とにかく買ってあげることは決めたものの、どれが瑞穂にちょうど良いのか分らないので、女性の店員さんに事情を話して選んでもらいました。
(その時私は、瑞穂に先にレジの方へおっぱらわれた)

他の買い物を済ませ家に帰り自分の部屋でテレビを見ていると、瑞穂が部屋に入ってきました。
いつもなら私の隣に座りテレビを見るかゲームをするのですが、その日は私の横に立ったままなので、「どうしたの?座らないの?」と聞きましたが、瑞穂はにこにこしたまま私の横に立ったままでした。

私は不思議に思いましたがその理由に気づき、「ブラ着けてみたの?」と聞くと「うん」と答え私の横に座り腕にしがみ付いてきました。
そのまま少し話をすると、1年近く前から、ブラがほしかったこと、でも家計のことを思ってずっと我慢していたことを話してくれました。

私は、瑞穂にすまない気持ちでいっぱいになり、瑞穂を、だきしめました。
どのくらいの時間抱きしめていたかは解りませんが、しばらくすると瑞穂が胸はBカップまで成長していて、『ちょっとおませなブラ』のコーナーの物ではサイズが合わず、一般の下着コーナーで選んで買ってきたことを教えてくれました。

それを聞いた瞬間私の心臓が、大きく鼓動しました。
腕の力をぬき瑞穂をはなすと瑞穂はにこっと笑うと私にキスしてきました。
私はビックリしましたがそのまま瑞穂を抱き寄せました。
唇をはなし、「どんなブラ着けたか見せて」と言ってみると、すこしはずかしがりながらトレーナーを脱いで見せてくれました。

瑞穂の着けているブラは薄いブルーでフロントッホックのものでした。
「かわいいよ」といってもう一度抱き寄せキスしました。
キスしながらブラの上から胸を触ると、一瞬ビクッと体が震えましたが、全くいやな素振りは見せません。

私は調子に乗って胸をもんでみると瑞穂は、「ン・・・ン・・・ン・・・」と小さな声を出していました。
唇からそのままうなじにキスしながら、フロントホックを外すと、瑞穂は、「アッ」と小さな声を出しました。

うなじから口を離しそっとブラを脱がせました。
ツンと上を向いた乳首は薄いピンク色で乳輪は小さ目でした。
私はたまらずに乳首に吸い付きました。
瑞穂は、「アッ・・・アッ・・・アッ・・・」とさっきより少し大きな声を、断続的にあげ、乳首が硬くなるにつれその声はだんだん大きくなっていきました。

乳首を舌で転がすようにしながら、スカートの中に手を入れ、ショーツの上から瑞穂のオ○ンコをさすりました。
すでにそこは少し湿り気を帯び熱くなっていなした。
瑞穂のオ○ンコからは少しずつ愛液が流れ出してきました。

瑞穂の反応はとても初々しいのですが、思ったよりもスムーズに濡れていくので、『もしかして処女ではないのでは?』と思い、
「セックスしたことあるの?」と、聞いてみると、
「セックスはしたこと無いけれど、半年前からオナニーをするようになった」と教えてくれました。

「何を想像してオナニーするの?」と聞くと、
「お兄ちゃんのオ○ンチンを舐めているところとか、オ○ンコに入れてもらっている所を想像してするの」と、教えてくれました。
それを聞いた私は、その通りのことをしてもらおうと思い、ズボンを脱ぎベットにすわり瑞穂を正面に座らせ「なめてみて」とたのみました。
すると瑞穂はためらうことなく私のチ○ポを舐め始めました。

もちろん瑞穂はフェラチオをするのは、初めてだったので、ソフトクリームを舐めるようにぺろぺろ舐めるだけでした。
「口の中に含んで吸ったり舐めたりしてみて」というと、行った通りしてくれました。

けっしてうまくはありませんが、一生懸命してくれるので、気持ちいのです。
その時瑞穂の舌がカリ首の所を舐め上げました。
私は思わず「ウッ」と声をあげると、瑞穂は一旦口を離し「気持ち良い?」と聞いてきました。
私が「すごく気持ち良いよ」と答えると、「もっとするね」と言いまた舐め始めました。

今度はちらちらと目線を私の顔にむけ、どこをどうすれば私が気持ち良いかを、探りながらしているようでした。
そのしぐさのあまりのかわいさに、2分ほどで爆発寸前になり、われを忘れて瑞穂の頭を両手で持ち、激しく前後に揺さぶり、瑞穂の口の中で射精しました。

我に返ると瑞穂は大量の精液を口の中に出されむせていました。
私は慌てて、ティッシュを数枚取り「これに出して」と言い瑞穂の、口にあてがいました。
しかしその瞬間瑞穂は、「ゴクン」とのどを鳴らし口の中のものを飲み干し、いつもの笑顔で「ビックリした、しょっぱくて苦いんだね」と言いました。

その笑顔のあまりの可愛さに、また私のチ○ポは大きくなっていきました。
それを見て瑞穂は「もう一回してあげる」と言い私のチ○ポへ手を伸ばしてきました。

しかし、私はその手をつかみ「今度はお兄ちゃんがしてあげる」と言って、瑞穂を抱き上げベットにねかせました。
ショーツを脱がせ足を開くとビショビショに濡れたオ○ンコが見えました。
瑞穂のオ○ンコには、産毛が少し濃くなった程度の毛が生えていました。
私は、その下の割れ目を両手で開き、穴のほうからクリトリスに向かって舐め上げました。

瑞穂は「アッ・・・ウアッ・・・」と今までで一番大きな声を上げ身をよじらせました。
クリトリスの皮をむき、あまり刺激が強すぎないように舌の先でつついてみました。

するとここが一番感じるところらしく、可愛い声を上げよがり始めました。
そしてちょっと強めに舐め上げた瞬間「アアッ・・・・・」と大きな声を上げながら、おなかやオ○ンコをびくびくさせながらいきました。

私が「気持ち良かった?」と聞くと、
「すごく気持ち良かった、自分でするときはこんな風にはならなかった」
と言いました。
そしてまた抱き寄せキスしました。

今度は舌を差し込むと瑞穂はすぐに私の行為にこたえ舌を絡めてきました。
「入れて良い?」と聞くと、「うん、初めてはお兄ちゃんて決めていたの」
と言ってくれました。
もう一度軽くキスをして、瑞穂のオ○ンコにチ○ポをあてがい、ゆっくり入れていきました。

瑞穂の顔が苦痛に歪みます。
「やっぱりやめようか?」と聞くと、
「大丈夫、さいごまでして」と笑顔で言いました。
私は再び腰に力を入れゆっくりと入れて行きました。
途中で『プチプチ』という感触が亀頭に伝わってきました。

それはおそらく瑞穂の『純潔の証』を貫いた感触だったのでしょう。
瑞穂のオ○ンコからすこし血がにじんできます。
私は、ゆっくりと時間をかけて瑞穂の奥まで到達しましたが、チ○ポ3分の1は、入りきりませんでした。
(胸は大きく成長していましたが、オ○ンコのほうはまだ成長しきってはいないようです。)

しかし、やはりまだ瑞穂顔は苦痛に歪んでいます。
このまま動いても瑞穂に痛い思いをさせるだけど考え、そのままキスしたり胸をもんだりしていました。

どれくらいの間そうしていたでしょうか、それまでわたしのチ○ポをきつく締め付けるだけだった瑞穂のオ○ンコが、少しほぐれたまにキュッキュッとリズミカルに締め付けてくるようになりました。
『もう大丈夫かな?』と思いゆっくりと動いてみました。
やはりまだ痛いようですが、私の腰の動きに合わせて、「アッ・・・ウン・・・アアッ・・・」とかすかな声を上げ始めていました。

10分くらいゆっくり動き続けると、瑞穂の顔から苦痛の色は消え、感じている声もだんだん大きくなっていきました。
私もだんだん射精感が高まり腰の動きも速くなっていきました。
やがて我慢の限界に達した私は、射精寸前にチ○ポをひきぬき、瑞穂のおなかに向かって射精しました。

2回目だと言うのに驚くほどの量が、すごい勢いで吹き出しました。
それは瑞穂の胸にかかり、一部は顔や髪の毛まで飛び散りました。
私は瑞穂についた精子をふいてやりながら、「痛かったでしょ?ごめんね」とあやまりました。
すると瑞穂は、「最初は痛かったけれどやさしくしてくれたからだいじょうぶ。それに途中からはすごく気持ち良かったよ。」と言ってくれました。

それ以来毎日一緒に風呂へ入り、毎日一緒のベットで寝ています。
今では瑞穂は自分から私の上にまたがり腰を振ったり。
朝目覚めるとチ○ポをしゃぶっててくれたりして私を喜ばせてくれています。

「瑞穂の生きがいはお兄ちゃんを気持ち良くさせること」と言ってます。
そんな瑞穂が、可愛くてたまりません。
瑞穂が中学を卒業したら、私達のことを誰も知らない所に移って夫婦として暮らしていこうと思っています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

昨年の秋から始まった、私と妹の夫婦生活は、大変うまくいっており、近所の方々にも『とても仲の良い兄妹』と、思われているようで、身寄りの無い私達にとても良くしてくれます。

しかし困ったことが、1つあります。
6月のはじめころから妹の瑞穂が、『今すぐお兄ちゃんの子供がほしい』と、言い出したことです。
私達は、小さな田舎町に住んでいるので、そんなことをしたら、すぐに噂が広まってしまい、この町には、居られなくなってしまいます。

最低限瑞穂には、高校までは卒業してほしいと思っている私としては、とても困りました。
確かに、瑞穂さえ居てくれれば、どこでどのように暮らしてもいいと言う気持ちはありますが、現実的に考えると、やはり兄妹という間柄だと言う事を除けば、普通に暮らしていけるのがベストだと思うので、その様な事をするわけにはいきません。

なので私は、細かいことは言わずに、『大人になったらね』とか、『高校を卒業したらね』と、言って居ました。
瑞穂は、納得はしていないようですが、とりあえずは、『うん、分かった』と、言っていました。
それは、私がきおつけていればいい事だと思っていたので、あまり深くは考えていませんでした。
まさか瑞穂が、あんな実力行使に出るまでは・・・・・

8月の始めごろの話です。
夜テレビを見ていると、瑞穂が突然抱きついてキスしてきました。
キスしながら、私の股間をまさぐってきます。
瑞穂のほうからSEXを、求めてくるのは、初めてではなかったのですが、その日は今までと比べて、郡を抜いて激しいものでした。

私も興奮して、激しく瑞穂を求めました。
膝丈のスカートを捲り上げ下着の上から瑞穂のオ○ンコを、刺激します。
すぐに湿り気を帯びてきます。
下着を脱がし直接オ○ンコを刺激します。
瑞穂は濡れやすい子なのですが、その日は、いつもにまして大洪水でした。

Tシャツとブラを脱がせ胸をもみます。
Cカップに、成長した瑞穂の胸は、なかなかのモミごたえです。
スカートを脱がせ瑞穂の股間に顔をうずめます。
大洪水のオ○ンコを舐め上げます。
瑞穂は、可愛い声を上げて、感じているようです。
今度は瑞穂が私のチ○ポにしゃぶりついてきます。

瑞穂のフェラテクはものすごく上達しており、油断すると、すぐにイカされてしまいます。
数分間しゃぶってくれた後、突然口を放し、私にまたがって、座位の格好で入れてきました。
瑞穂が自分で入れるのは初めてで、とても興奮しました。

そのまま抱え上げ、駅弁の格好でベットまではこび、私が、ベットの端に腰掛け抱きしめながら、腰を動かしました。
すると瑞穂は、突然私を押し倒し騎乗位で激しく腰を使ってきます。
私は、すぐにイキそうになってしまいました。

しかし、コンドームを着けていないことを思いだし、瑞穂に、『コンドーム着けるからちょっと待って』と言うと、『ぬいちゃいや、このまましようよ』と言われました。
「外で出せばいいか」と思い、体を起こし、今度は逆に私が押し倒す格好で正常位になりました。

そのままラストスパートをかけるように、みずほのオ○ンコめがけて腰を動かしました。
いよいよ、我慢の限界に達し、チ○ポを引き抜こうとしたその時です。
瑞穂が、足を私の腰に絡ませ下から腰を使ってきます。
私は、一瞬の事に何の抵抗も出来ずに、瑞穂の中に発射してしまいました。

何度かチ○ポが、脈打ちすべてを瑞穂の中に注ぎ込んだ後、私は、我に帰り青くなりました。
しかし、当の瑞穂と言うと、下から私を見上げて、いつもの笑顔で『お兄ちゃんの子供がほしいって言ったでしょ』と、言いました。

それからの1ヶ月はかなりドキドキしながら過しました。
その間瑞穂に、今子供を作れない訳を丁寧に話しました。
瑞穂は、分かってくれたようで自分のしたことを、謝ってきました。
それからは、2人でドキドキしながら過しました。

しかしそろそろ生理が来る頃になってもなかなかきません。
さらに一週間が過ぎこれは、「覚悟しなければならないかな」と、思い始めた頃でした。
仕事が終わり家へ帰ると、瑞穂が抱き付いてきて、
『生理来たよ』と、言いました。
私は、「良かった」と、思うと足腰から力が抜け、その場に座り込んでしまいました。

その後夕食を食べ、すっかり安心してテレビを見ていると、すっかろ落ち着き、無性に瑞穂を抱きたくなりました。
あの事件から、瑞穂を抱いていなかったのです。
瑞穂を抱き寄せ激しくキスをし、服を脱がせようとすると、瑞穂は、私の腕の中から逃げてしまいました。

私は瑞穂が生理のときは、絶対に抱かせてくれないのを、すっかり忘れていました。
しかし、一度私から離れた瑞穂がすぐに体を寄せてきて、耳元で『お口で我慢してね』と言いズボンのチャックを下ろし、チ○ポを引き出し、舐めてくれました。

すぐにびんびんに勃起した私は、瑞穂の頭をなでながら、一ヶ月ぶりの感触を楽しみました。
瑞穂も久しぶりだからなのか、激しくしゃぶってきます。
物の数分で私はイッテしまいました。

一ヶ月分の精液は、瑞穂の可愛いお口の中には納まりきらず、口から溢れ出しあごを伝って、ぼたぼたと床にたれていました。
しかし瑞穂は、口の中に残った精液を飲み込むと、尿道の中に残った精液まで丁寧にしごきだし、チ○ポをぺろぺろと舐めて、きれいにしてくれました。
そして私の顔を見て、『いっぱい出たね、すっごく濃くておいしかったよ』と、いつもの笑顔で言いました。

今回の事件ではとてもひやひやさせられましたが、瑞穂は、本当に可愛い妹であり、愛しい妻です。
私も瑞穂も数年後に作る予定の子供を楽しみにしています。

---END---
問題報告・削除依頼

←前の告白    次の告白→




禁断と背徳の体験告白
管理運営サイト ましゅまろくらぶ
管理室