禁断と背徳の体験告白
前画面 体験告白トップ [   ]

妹をお持ち帰りして中でイッてしまった|実妹との体験談


目次

←前の告白  次の告白→

妹をお持ち帰りして中でイッてしまった
読了予測 計算中・・・
[Entry No]
この間、友人にコンパに誘われた。
男3×女3、相手はO女子短大。妹の通ってる学校だったんで、もし妹の知り合いだったらマズイかなーと思ってちょっと躊躇したけど、やっぱり行くことにした。
当日、先に着いて女の子を待ってたら、5分ぐらい送れてやって来た。
しかし、女の子の顔を見たとき、俺は固まってしまった。
妹の友達どころか、妹本人がいた。
向こうも俺の顔を見て、固まっていた。
俺はもうどうにでもなれと思って、妹に他人の振りしろという感じで合図を送った。
妹もそれがわかったみたいで、「初めまして~」と言いながら席に着いた。
とりあえず自己紹介ってことになり、「同じ名前って、偶然やね〜」とかいいながらごまかした。
友人達も気付いてないみたいだった。

しばらくして、妹が俺の隣の席にやって来た。
「何でいるの?」と耳元で言ってきた。
「それは俺のセリフだろ」
とかいいながら、とりあえず兄妹ってばれないようにヒソヒソと打ち合わせをしていたら、友人が「そこの2人、いい感じじやん!」とか言ってきた。
他のみんなも「ほんと〜」「お似合いー」とか言って、いつの間にかカップル誕生みたいなことになってしまった。
トイレに行った時、後から友人が来て、
「今日はあの子お持ち帰りできるな。俺も最初狙ってたけど、お前に譲るよ。けっこう可愛いし乳デカそうだし、羨ましいなあ」
と、からかってきた。

席に戻ったら、また妹の隣に座らされた。
俺は、今日はもうあきらめて飲むことにした。
その時、俺のひじが妹の胸に触れた。
今まで気にしていなかったが、言われてみると妹は結構いい胸をしている。
それによく見ると、今日は胸の開いた服を着ていたので、水色のブラに包まれた谷間がよくみえた。酒のせいかほんのりとピンク色になっていた。
思わず見入っていたら妹に気づかれ、耳元で「どこ見てるのよ!妹の胸見てうれしい?」と囁かれてしまい、俺は何も言えず黙ってしまった。
その後、2次会へ行っても、みんな気を利かしてくれているつもりなのか、やっぱり俺達はくっつけられたままだった。
はやく2人で消えてもいいよと言わんばかりに。

そうこうしているうちにお開きになり、他の奴らは2組のカップルでそれぞれ消えていった。
仕方ないので、俺は妹を乗せて帰ることにした。
車の中で、「お前いつもそんな服着てるんか?気合い入りすぎだろ。」とかいいながら、からかっていたら、
「お兄ちゃんも私の胸見て興奮してたじゃない」
って言われてしまった。そのとおりだったので、思わず黙ってしまった。
しばらく変な空気が流れたので、冗談で、
「そんな乳見たら誰でも興奮するわ。一回触らせろ。」
と言いながら、妹の胸に手を伸ばしたら、服の胸の隙間に入ってしまい、さらにブラの中に入ってしまった。
そのまま強引に胸を揉んでやった。
思った以上の大きさとやわらかさだった。

妹も最初は冗談で「あ〜ん、感じる~。」とか言ってたが、しだいに乳首が勃ってきて、「んっ、んっ」という声をあげ始めた。
俺は調子に乗って、さらに乳首を摘んだり、コリコリといじると「あっ……いやっ」と明らかに感じ始めた。
俺もこのままでは納まりがつかなくなり、無言のままホテルへと車を走らせた。
ホテルへ着くと妹は「えっ?」と言って驚いていたが、俺は無言のまま妹の手を取って中へ入った。
ドアを閉めると同時に妹を抱きしめ、キスをした。もう兄妹とか考えはなくなっていた。

舌を入れようとするとちょっと抵抗したが、スカートを捲くってアソコに手をやると「うっ」と声を漏らしたので、その隙に舌を入れてやった。
しばらくすると妹も感じてきたのか、それともあきらめたのか自分から舌を絡ませてくるようになった。
そしてそのまま服を脱がし、とうとう妹とやってしまった。
驚いたことに、妹は処女だった。兄の目から見ても、結構可愛いし、実際かなりモテていたので、当然経験はあるだろうと思っていたが、入れたときかなり痛がったので、
「もしかして、初めてか?」
と聞くと、涙を流しながら頷いた。

かわいそうに思ったが、気持ちよさには勝てず、思いっきり腰を振ってしまった。
途中からは感じてきたのか、「んっ、あっ、んっ」と気持ちよさそうな声を出していた。
妹の中は今までに経験したことがない気持ちよさで、思わず中でイッてしまった。
それもかなり大量に出してしまった。
終わった後、泣いている妹の涙を拭いてやりながら「ごめんな。」と言うと、「いいよ、お兄ちゃんのコト好きだし、途中からは気持ちよかったから。」とニコッとしました。

なぜかめちゃめちゃ可愛く感じて、キスして抱きしめてしまいました。
しばらく髪をなでたりして、ベタベタした後、「一緒にお風呂入ろうか?」というと、恥ずかしがりながら「うん。」といった。
風呂の中で「お兄ちゃん、こんなコトして責任とってよ」と言われドギマギしてると、
「ウソウソ、でもエッチって気持ちいいねぇ。今まで怖かったから、ずっと断ってたんだけど、もっと早くしといてもよかったかも。私エッチに目覚めたかもね。お兄ちゃん、責任とって色々教えてよ。でも中出しはだめよ」
といつもの妹の顔で笑ってた。

もちろんその後、責任とっていろいろ教えてます。なんでも初めての事ばかりなんで、一生懸命やるんで、めちゃめちゃ可愛い。妹がこんなに可愛いとは今まで気付かんかった。
親の目を盗んでやりまくり。
このままだと、しばらく彼女できそうにないかも?やばいな〜

---END---
問題報告・削除依頼

←前の告白    次の告白→




禁断と背徳の体験告白
管理運営サイト ましゅまろくらぶ
管理室