禁断と背徳の体験告白
前画面 体験告白トップ [   ]

土曜の夜の出来事|実妹との体験談


目次

←前の告白  次の告白→

土曜の夜の出来事
読了予測 計算中・・・
[Entry No]
土曜の事。3つ年下の妹についに告られた。オレ21社会人、妹18短大、顔はまぁまぁかな?ツレはめっちゃかわいいって言うけど・・・。いつも仲がいいねって妹の友達にも言われるけど、まさか妹がオレの事を思ってたなんて、全然気づかなかった。

実際オレには彼女もいるし、妹としか見てなかったから突然のことでビックリしたよ。夜のこと。普段からオレの部屋に来てはベッドの上でダベったり、テレビみたりして遅くまでいる事はしょっちゅうだったんだけど、この日は両親が1泊で留守にしてたのもあって風呂上りに部屋でチュウハイを飲みながら、ぐでぐでしてたら妹が突然「お兄ちゃん入るよ〜」て部屋に入ってきたんだ。

普段風呂上りにパンツ姿とか、上半身裸をみても「サービス、サービス」っていってあっけらかんとしてた妹が、ちょっと髪の毛が濡れた状態で入ってきたときはドキッとした。「どうした?」なんだかわからずに聞いた。「あ〜私にも少し頂戴」といってオレの飲んでるチューハイに少し口をつけた。ベッドの上に上がってきてオレの横に座った。オレは妹を見た。パジャマは着てるがもちろんノーブラだ。いつもは見てもなんとも思わなかったオレがその時はドキドキしてる。

「お兄ちゃん、今日お父さん、お母さんがいないから、ゆみ(彼女)ちゃんとお泊りできないね」「お前1人にしとけんからな〜、しょうがないわ」「お兄ちゃん、寂しいの?みさ(妹)はお兄ちゃんと二人っきりでうれしいな〜」と言いながらオレにくっつくように甘えてきた。まんざらでもない気分の自分がそこにいた。「みさ、髪の毛乾かしてこいよ。」いいよ、自然に乾くからこのままで」久しぶりに妹の髪の毛を触った。横顔がすっかり大人になった女を感じた。

「お兄ちゃんさぁ、ゆみちゃんとほんと仲いいよね」突然妹が言った。「みさのお兄ちゃん取られちゃった・・・」と言って下を向いている。心の中から何かが湧き上がる感じがした。妹を愛しく思えた。初めて妹に抱いた感じだ。前ふりが長くて申し訳ない。今から少し席をはずします。結果はスレタイどおりですが、良ければ帰宅した後に続きカキコします。誰か見てる人いるかな?sage進行でお願い妹は?3の時から高1位まで付き合った子が1人いたくらいだ。

オレといえば、結構厨房からころころ彼女を変えていた。今の彼女のゆみとは1年ちょっとくらい続いている。「お兄ちゃんってすぐ新しい彼女家に連れてくるからね」「でもゆみちゃんとは長いね」「お兄ちゃん、今度は本気なの?」妹は顔を上げてオレの顔を見ていった。「まぁな。」そっけなく答えた。「結婚するの?」「そんな事まだわからんて」「お兄ちゃんが結婚したらやだなぁ」「なんで?」「だってゆみちゃんとずっと一緒にいる事になるんでしょう?」「お兄ちゃんがいなくなるのヤダッ」妹は少し涙声でつぶやいた。

オレは少し酔いもあったのか妹の頭をなぜてオレの肩に引き寄せた。妹の手がオレの胸の上に回ってきた。しばらく二人とも黙ったままだった。時折妹の鼻をすする音だけがした。オレは頭の中が混乱した。一瞬”近親相姦”の文字が頭をよぎった。これが妹じゃなく、普通の流れだったら完全にキスをして、最後までいっていただろう。でもまだ理性は残っていた。オレはベッドから降りてまたチューハイを飲み始めた。それからは何気ない話に意識的に戻すようにした。妹はいっこうにオレの部屋から出て行こうとしない。でもそれがなんとなく嬉しく思った。

「さぁそろそろ寝るぞ」オレは妹にあんに自分の部屋に戻るように言った。「今日、お兄ちゃんと一緒に寝ていい?」妹はオレの顔を見て言った。こういう時は女は強い。なぜかオレだけがオドオドして何も言えない。オレのベッドはセミダブルだから二人でも十分だけど返事に困った。「みさ、ここで寝る!」妹は布団の中にさっと入ってしまった。「もうしょうがないな〜」と言いつつオレは気持ちがたがぶっているのがバレないか心配だった。妹の横にオレも身を入れた。

「電気けすよ。」「うん」「お兄ちゃんと寝るのは久しぶりだね」「そうだな、小さい時以来だな」妹はオレの方を向いている、オレはといえば上をむいてなるべく妹にくっつかないようにしていた。「お兄ちゃん、手!」「なに?」「手つないで寝て」オレは手を体の横におろした。妹はオレにくっつく様にして手をつないできた。妹の体がオレの左腕に当たっている。その感触からもう一人前の女の胸とかがあたっていたと思う。

オレは生つばを飲み込む音が静まり返った部屋に響くんじゃないかと思ったほどドキドキしていた。でも、心の中で妹を抱きたい気持ちと、イヤ絶対それだけはダメだという気持ちが交互に現れた。オレは妹の手をギュッと握ってみた。すると妹も握り返してきた。「寝れないのか?」オレは聞いた。「お兄ちゃんは?」「なんか寝れそうもないな」オレは答えながら妹のほうに体を向けた。妹は目を開けていた。目と目が合った。オレは何を思ったか妹のおでこにキスをした。妹は「嬉しい」と言ってオレの胸に顔を埋めてきた。少しの時間だったのだろうけど、すごく長く感じた。

また、妹が顔を上げた。もう理性なんかきかなくなっていた。妹を一人の女として完全にみていた。ついにオレは一線を越えた。何も考えずに・・・オレは妹の目をみた。長くそして激しくキスをした。妹はそれを受け入れた。口を離したとき、妹の口から「はぁ〜、お兄ちゃん大好き」オレは妹をギュッと抱きしめた。そして背中に手を回し、妹の体をまさぐった。妹はされるがままにオレの胸に顔を埋めている。とっても愛おしく思った。妹を女として抱きたいと思った。

妹のパジャマの中に手を入れて、妹の胸の上に手を持っていった。いつもは見慣れている妹のオッパイにオレは直接手を触れた。「はずかしぃ・・・」小さく妹はつぶやいた。巨乳ではないが、手のひらにちょうどいい大きさで、若いから当たり前だけどハリのあるオッパイだった。オレはゆっくり全体を包み込むようにやさしく揉んだ。まだつぼみの様な乳首がオレの手のひらの中でころがる。妹はただ恥ずかしそうにしているだけだ。乳首を軽くつまんでみた。

「あぁ〜っ」聞き取れないくらいの声を出した。もうオレの理性は完全にきかない。オレは妹のパジャマをたくし上げた。薄暗い中でも妹のオッパイがはっきりオレの目に入ってきた。横になっているのに形がくずれていない。妹はたくし上げたパジャマで顔を隠している。オレはそっと妹の乳首を口に含んで、舌でころがした。妹はまだ経験が浅いらしく、声も出せないでいる。オレは両方の乳首を交互に舌でころがしたり、軽く唇で吸ったりした。

たまに小さい声で「あぁっ、はぁ〜」と言うだけだ。顔を隠しているパジャマをどけて、また妹に激しくキスをした。今度は妹もそれに答えるかのように激しく舌を絡ませてきた。何度も何度もキスをしながら、オレはついに下のパジャマの中にも手を入れ始めた。妹のパンティーが手に触れた。オレはパンティーの上から妹の小さめのおしりをゆっくりなぜた。もうその頃にはオレの一物はギンギンになっていた。キスをしながら、徐々にパンティーの前の方に手を移動させ始めた。

妹は緊張しているのか、足をギュッと閉じていた。オレはゆっくり足を開かせパンティーの上から股の部分に手を伸ばしたのだ。ちょうど妹の大事なところが隠れている部分を中指でそっとなぞった。「あっ!」恥ずかしそうに顔を埋めながら少し声をだした。オレはもう何も言わなかった。少しパンティーが湿ってる感じが指に伝わってきている。妹の大事なアソコを直接触りたいという気持ちがこみ上げてきていた。そっとパンティーの中に手を入れた。妹の薄い毛がオレの指先に触れた。そのまま指を奥に進めると初めて触る妹のアソコがぬるっとした感じとともに、手に伝わってきた。妹も感じていたのだ。

そのまま妹の割れ目にそって手をのばした。触っただけでも、けがれていないのがわかった。きれいな一本スジだ。オレはそっと妹の大事なアソコを人さし指と薬指で開いた。そして一番感じるであろう突起部分を中指でゆっくりなぜてみた。「はぁ〜〜」感じているのかパジャマのスソを噛みながら、少し大きな声を出した。「感じる?」オレは野暮なことを聞いた。「うん」妹は小さく答える。オレは妹がとても愛おしく思えている。言葉はいらない。

何度もキスをし、何度もオッパイにキスをしながら、妹のアソコをまさぐった。妹に感じてほしかった。妹のアソコからは愛液がどんどんあふれてきた。そしてオレは妹のアソコの中に指を一本入れてみた。指一本でもキツく、中はものすごく熱くなっていた。オレはもう今後の事とか何も考えることができていなかったと思う。ただ隣に寝ている一人の女がむしょうに欲しくなっていたと思う。オレが、妹のパジャマとパンテイーを脱がそうとしたその時、妹がスッとオレの下半身の方にもぐっていった。

「みさ、お兄ちゃんに気持ちよくなって欲しい」妹が言いながら、パジャマの上からオレの物をぎこちなく触り始めた。オレの物はもうはちきれんばかりになっていたはずだ。すると妹はオレのパジャマとパンツを下ろそうとし始めた。オレは腰を浮かしてそれを手伝った。妹は布団の中でオレの物をそっと握った。オレの一物も先が濡れ濡れになっていたと思う。妹はゆっくり、オレの物を前後にこすり始めた。ぎこちない動きだ。

でもそのぎこちなさに妙に興奮した。妹の指の動きがとまった。その瞬間、オレの物に暖かい感触がはしった。妹がオレの物をそっと口に含んだのだ。激しく動くわけでもなく、口の中に含んで舌でチロチロするくらいだが、妹の一生懸命さがとてもうれしかった。オレは布団をそっとめくった。「見ちゃやだ!」また布団で隠そうとする妹。「見てないって、暑いだろぅ」と言ってまた布団を無理やり剥いだ。妹がオレの下半身のところで、一生懸命に口に含んでいるのが見えた。オレは妹の頭をなぜた。「もういいから」オレは言った。

「ダメッ!どうやったら気持ちいいの?」妹が聞いてきた。その時今日は最後の一線まではいかない方がいいなと思った。「そのままでも気持ちいいよ」オレは言った。「お兄ちゃん、どうやったらイケルの?」そう言いながら、無理してまた口に含んでいる。しかし、ただ舌でチロチロするだけでなかなかイケそうもない。オレは早きイキたい気持ちだけで、このままでは妹がかわいそうに思えた。「手で握ってこすってくれる?」妹はオレの物から口を離しまたかわいい手でオレの物を握った。「こう?」妹はオレに聞きながら上下にこすりはじめた。おれのアソコが妹の唾液で光って見えた。

「そう!もうちょっと強く握って。」オレは徐々に感情がこみ上げてくるのがわかった。妹は一生懸命こすっている。そんなに長い時間じゃあないだろう、グッとイキそうな感じがこみ上げてきた。「あ〜もう少しでイキそう」オレはあわててティッシュをつかんだ。妹は無心にオレの物を見ながらこすっている。「うぅ〜イクッ!」ティッシュを上に当てた。同時にいきよいよく発射した。最高の感じがした。妹はまだこすっている。「もういいから」オレはテレくさそうに言った。妹が手を離した。大量に出たのか妹の手にも白濁した精子がいっぱい付いていた。妹にテイッシュを渡した。「お兄ちゃん、気持ちよかった?」妹はあっけらかんと聞いてきた。「うん」今度はオレが小さく答えた。

「シャワーしなくていい?」妹が聞いた。「いいよ、みさこそ手を洗っといで」「うん」妹は1階の洗面台におりていった。オレはあわてて物を拭いて身支度を整えた。妹が濡れたタオルを持って戻ってきた。「ハイ、ちゃんとふいたの?」オレはタオルを受け取ってもう一度きれいにした。妹は何事もなかったかのように、また隣にもぐりこんできた。オレも横になって、大きく息を吐いた。「お兄ちゃん!」妹が甘えた声で言った。「さぁ寝るぞ」あえてやさしい言葉にするのができなかった。「うん」オレはしばらく寝ているのか、夢をみているのかわからなかった。途中何度も目覚めたような気がした。ふと横を見ると妹がいるのは事実だ。そしていつのまにか朝がきた・・・・・。これが、土曜の夜の出来事です。事実でも妄想でもどちらでもとって下さい。

---END---
問題報告・削除依頼

←前の告白    次の告白→




禁断と背徳の体験告白
管理運営サイト ましゅまろくらぶ
管理室