禁断と背徳の体験告白
前画面 体験告白トップ [   ]

スタイル抜群の友達の奥さん|友達の妻との体験談


目次

←前の告白  次の告白→

スタイル抜群の友達の奥さん
読了予測 計算中・・・
[Entry No]
去年の12月に友達夫婦と僕達夫婦の4人で群馬の温泉に出かけました。
友達は中学から大学まで一緒で、今でも仲良くしています。

友達の奥さんは25歳で僕と友達の共通の友人でした。
歌手のh○tomiによく似ていて、性格もよく、かなりのレベルでした。
まだ子供もいませんのでスタイルも抜群です。
去年の夏に4人で海に行った時にそのスタイルは確認済みでした。
特に、胸の谷間と「くびれ」がたまりません!何度もやりてぇぇ!!って思ってました。

僕達は昼間はスキーを楽しんで、夜は酒を飲みながらワイワイとやってました。
冬だというのに、奥さんはミニスカートを穿いていて、座敷で飲んでいたものですから、たまに奥さんの足が開いてパンティが見え隠れしていて、密かに勃起してしまっていました。
友達が羨ましいなぁ〜と思いました。
「うぅ〜○○のヤツ!毎日あそこに入れてるんだろうなぁぁ〜」ってね。
宴もたけなわで、そろそろお開きということで、それぞれ部屋に戻りました。

僕の奥さんはかなり酔ってしまったようで、すぐにスヤスヤと寝てしまいました。
仕方ないなぁと思い、僕は風呂に入りに行きました。
小さな温泉宿だったのでお風呂も1つしかなく、時間で交代という決まりになっていました。
僕はすっかり男性の時間だと思いこみ、脱衣所で服を脱ぎ湯船につかっていました。
そうすると誰かが脱衣所に入ってきた気配がしました。

多分友達だろうと思いました。
(その日は僕達しか客はいなかったので・・・)
やがて、その人は風呂場のドアを開け、前を隠しながら入ってきました。
最初は湯気でよく見えなかったのですが、胸が膨らんでおり「くびれ」もあったので、「うわぁ!女の人だよ・・・・」と驚きました。
そして目が会い、友達の奥さんだとわかりました。
僕は女性の時間帯に風呂に入ってしまったワケです。

奥さんは胸も隠して脱衣所に戻ろうとしていましたが、僕が、
「大丈夫!何にも見えないから、入っておいでよ」
と言うと、意外や意外!奥さんは僕と同じ湯船に入ってくるではないですか・・・。
最初奥さんはタオルで胸を隠して湯船に浸かっていたのですが、色々な話をしていると泣き始めました。
聞くと、僕の友達はどうやら浮気をしているらしく、奥さんとのSEXも1年以上ないということ。僕は驚きました。
「こんなにいいオンナ!俺だったら毎日入れまくるのに!」(心の叫び)

そんな話をしているうちに、何と彼女が僕のペニスを握り、上下にしごき始めたんです。
僕は拒む理由もないので、そのまましごかせていると、奥さんは僕の手をまんこに導いてきて、「触ってほしい」と泣きながら言いました。
僕はそんな奥さんがたまらなく可愛く思い、お湯の中で奥さんのおまんこをいやらしく触りつづけました。
奥さんは感じているらしく、声を出さないようにガマンしながら、体がピクピクしていました。

僕の指は、奥さんのおまんこの中に2本挿入されており、出したり入れたりを繰り返していました。
僕も、奥さんが余りにペニスをしごくので、たまらなくなり、湯の中で奥さんを持ち上げて僕の上に座らせました。
そして奥さんが自らゆっくりと挿入しました。
奥さんはお湯の中だというのに激しく腰を振って、そのせいか風呂のお湯がバシャバシャを溢れています。
僕もガンガン腰を突き上げて、奥さんのおまんこの奥まで入れまくりました。
奥さんのおっぱいが丁度僕の顔の前に来たので、揉みまくり、しゃぶりまくった。
去年の夏に海で見た、ビキニ姿の奥さんを思いながらオナニーしたことを思い出しながら、乳首を舐めまくりました。二人とも汗だくでした。

やがて僕は激しく腰を振りまくったあと、中出ししてしまいました。
たくさん出たようで、ビクッビクッっと何回も奥さんのまんこの中で流れていました。
抜こうとしたのですが、奥さんが、
「もう1回して」と言ってきたので、「帰ってからゆっくりしようね」と説得し、「絶対にまた中で出してほしい」と懇願の眼差しで僕を見ながら、残念そうにペニスを抜きました。

あまり入浴時間が長いと怪しまれるので、1回で終えましたが、帰ってきてからも友達が出張の時には、友達の家で何回も奥さんとやっています。
最近は、玄関に入るとすぐに僕のズボンのチャックを下ろし、ペニスを握って放しません。
玄関や台所でするのが興奮するらしいので、いつも壁に手を突かせてバックでやりまくっています。
今度はベランダでやりたいと言っているので楽しみです。
奥さんにオナニーをさせて僕がそれを見ながらオナニーすることもあります。
奥さんは相当のスタイルの持ち主だしSEXも最高なのでこの関係は切れそうにないです。

---END---
問題報告・削除依頼

←前の告白    次の告白→




禁断と背徳の体験告白
管理運営サイト ましゅまろくらぶ
管理室