H小説アップデート掲示板
<PR広告>


 テレビや雑誌で紹介され、話題沸騰。 美容と健康のリーディングカンパニー「レダ」
 美容、コスメ、ファッション、雑貨・・・キレイを応援する通販サイト[スウィートプラザ]

【官能小説更新情報】 H小説アップデート掲示板

ご来訪いただきありがとうございます。※ご利用前に「留意事項」を必ずお読み下さい。
弊掲示板は小説サイト様や小説作家様からの最新情報が毎日公開されています。お好みの小説探しに是非お役立て下さい。
(この掲示板は「ましゅまろくらぶ」のコンテンツです)

 おすすめ小説サイトご案内   掲示板 相互リンク   メンテナンス情報 


↓ ↓ ↓ 【新作 ・ 連載作品 更新情報】 ↓ ↓ ↓
[8721] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 8721.jpg 投稿日:(2017-01-24T11:41) (Tue)

-----
若き未亡人を襲う凌辱の嵐「加奈子 悪夢の証書」第2節をアップしました。
-----
 さらに加奈子は契約書の中に信じがたいような条項を発見した。

「どういうこと……!?」

 加奈子は呆然とした。
 それもそのはず、契約書の第6条に、夫が契約に違反すれば加奈子を相手方に30日間任せると言う無理非道な記載があった。
 しかし、それはあくまで夫が契約に違反していたら、の話ではあったが。

 加奈子は声を詰まらせながら阿久原に尋ねた。

「こ、この契約書、本当に夫がサインしたのですか?」
「これは異なことをおしゃる。まるで、私らが勝手に契約書をねつ造したみたいに聞こえますがな」

「いいえ、決してそんな意味で言ったわけでは……」
「そないに聞こえましたけどなあ。契約書にはちゃんとご主人が自分で実印を押したはるし、それに印鑑証明かてもろてますんやで」

 阿久原はそうつぶやきながら加奈子をじろりと睨んだ。

「ご主人を亡くしはってまだ間ぁないし、そこへ突然ご主人の借金のこと聞いて、奥さんも気が動転したはるやろから、私もあんまりきついこと言いたないんですけどねえ。せやけどこっちも商売ですし、ちゃんと伝えとかんとあきまへんからなあ。
 ごほん。で、借金の件ですけど、ご主人は今年の四月以降1円も返済してくれたはれへんのやけど、奥さん、これ、どないしはるつもりでっか?」

「えっ! ずっと返済していないのですか!?」
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[8720] 監獄の学園 更新しました 投稿者:未知の星 8720.png 投稿日:(2017-01-24T09:23) (Tue)

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「監獄の学園」第9話の案内です。

「里美さん、脱ごうね!」ブラジャーの肩紐をずらして脱がせていく。
「小さいから恥ずかしいの」
「小さくないわ、普通よ」
「そうかしら?」
「そうよ、ほら、こんなに大きいのよ」洋子が里美の乳房を撫でると「洋子、ありがとう」里美も洋子の乳房を撫でていく。

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[8719] Характеристика Турции 投稿者:Georgelen sergeiivan364@gmail.com 8719 投稿日:(2017-01-24T04:10) (Tue)

Характеристика Турции <a href=http://myturcija.ru/o-turtsii/272-kharakteristika-turtsii>Характеристика Турции...</a>

記事編集 記事編集
[8718] 『性教育』更新しました! 投稿者:レメの官能小説 remenovel@gmail.com 8718.png 投稿日:(2017-01-23T20:43) (Mon)

『性教育』第二話更新しました!

 多数決によるJK性教育素材の決定
 民主主義とはなんと残酷なことか(´д`)


「未来ちゃんの身体を教材にしたい人ーー」


 (・ω・)ノ


 http://remenovel.com/


記事編集 記事編集
[8717] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 8717.jpg 投稿日:(2017-01-23T20:37) (Mon)

-----
憧れの先輩との過激なお遊び「コートを脱いで昼食を」第10章第8節をアップしました。
-----
「直子、そのままの姿勢でちょっと後ろ、振り向いてごらんなさい?」
 シーナさまに言われ、首だけ後ろに捻じ曲げて、籐椅子の背もたれの陰から顔を出してみます。

「あっ!」 そうでした。
 この背もたれの背後は、全面透明ガラスの大きなショーウインドウになっていたのでした。
 椅子から窓までは約1メートルちょっと。

 今ちょこっと顔を覗かせてみただけでも、お外の通りを行き交う人たちの姿がハッキリと見えました。
 そして、ガラス窓に薄く映った、唖然としているおかっぱウイッグの女の顔。

「何を今更気がついたようなフリしているの? 知っていたクセに」
 シーナさま、めちゃくちゃ嬉しそう。

「直子が立ち上がってわたしたちにお尻を向けたら、外からは直子の正面が丸見えになるのよね?」

「それも自らシャツをたくし上げて、見せつけるようにおっぱい丸出しにしたヘンタイ女丸出しの姿で」
 シーナさまの瞳がエス色に爛々と輝きます。

「それをしたかったのでしょう? だからお尻を選んだのよね?」

「そんなに誰彼かまわず見せたかったんだ、そのいやらしいおっぱいを。直子がそこまでヘンタイだとは、さすがのわたしも思わなかったわ」
 白々しいシーナさまの科白。

 確かに私がこの場で立ち上がれば、ショーウインドウ越しに外から丸見えとなります。
 シールを貼るだけなら1分くらいで済みそうですが、そのあいだ私はずっと、自分の手でTシャツをたくし上げておっぱいを露出したまま、お外に向いて立っていなければならないのです。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[8716] 落ち行く女教師 更新です 投稿者:赤星直也のエロ小説 8716.jpg 投稿日:(2017-01-23T12:31) (Mon)

お世話になってます、赤星直也です。
今回は「落ち行く女教師」第25話の案内です。

黒川に礼を言うと「服を脱ぎなさい。ここからは素っ裸ですごすのよ」道代は怪しい目で眺めている。
「許して下さい。必ずお返ししますから」泣きながら言う桃子と民子だ。

「借りたのは返さないと。ほら、脱ぐんだ!」黒川の命令とあっては逆らえないから、着ている服を脱ぎだした。

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[8715] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 8715.jpg 投稿日:(2017-01-23T11:54) (Mon)

-----
社会人1年生、女性同士の淫靡な戯れ「クリファント」第16節をアップしました。
-----
「ん〜ん、ごめん。よくわかんないよ。どんな風にしてほしいの」
「ほんとに、どんなことしてくれてもいいの。縛ってメチャメチャにして」
「・・・・」

 SMごっこみたいなことをしたいのは、わかった・・・でも・・・。

 実は理事長とSM遊びをしたことがある。皮のブラにショーツをつけ、理事長を後ろ手に縛って裸のお尻にムチを振ったことがある。

 まるで漫画に出てきそうなシチュエーションに笑いそうになったけど、理事長は真剣に喜んだ。バカバカしい反面、少しは自分も萌えた。

 しかもその道具一式は、今、自分の部屋に保管してある。
 かおりには一切見せていない。ひかれるのが怖かったからだ。

「・・・、わかった。ホントにいいの?」
「どんなこと、されてもいいから・・・、お願い」

 了解したとしても、いきなりムチを振るわけには行かない。
 まゆみはしばらく考えた後、パンストで縛ることからはじめた。

 かおりのパンストを使って両手を縛り、ベッドの上端にくくりつけた。
 足も開き、それぞれ左右に開くように縛り付ける。

 さぁ・・・、どうしようっか?
 まゆみは困惑しながらかおりに聞いてみた。

「道具、使っていい?」
 コクリとうなずくかおり。

 以前、使おうっかって聞いたとき頑なに固辞した。
 でも今日はひとつ返事で返してきたのは、して欲しい事を意味する。

 本当はどうしたものか迷っていたけど、かおりの気持ちにも応えたい。
 決心を固め、自分の部屋に戻っていろいろ道具を持ってくるからと告げると、かおりは微笑んでうなずいた。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[8714] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2180★ 投稿者:Mikiko#39;s Room mikikosroom@goo.jp 8714.gif 投稿日:(2017-01-23T07:38) (Mon)

------------------------------------------------------
「あぎゃ」

 整った顔が破裂した。
 その顔を真下から、真っ白な柱が割り裂いた。
 凄まじい勢いだった。
 テレビで見た、アイスランドの間欠泉。
 確か、ゲイシールと呼ばれていた。
 真っ白い湯の柱が、荒れ地に起ちあがるのだ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[8713] 官能小説『人妻あや 悪夢の別荘地』 投稿者:愛と官能の美学 8713.jpg 投稿日:(2017-01-22T18:27) (Sun)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『人妻あや 悪夢の別荘地』
第1話 南軽井沢 Shyrock作

 それはある夏のことだった。
 大手商社四菱物産社長の長男であり、まだ三十四才という若さにもかかわらず同社事業開発部長を
任されていた山霞俊介は、夏の休暇を利用して妻のあやとともに、俊介の父が所有する南軽井沢の
別荘を訪れていた。
 日頃は家事を家政婦に任せていたあやも居間を豪華な花で飾り、この時ばかりはと腕によりを
かけてご馳走をこしらえ俊介を喜ばせた。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

(画像はあやさん)


記事編集 記事編集
[8712] 『時を巡る少女〜アナタのためならエッチな女の子になります』 第12話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 8712.jpg 投稿日:(2017-01-22T13:28) (Sun)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『時を巡る少女〜アナタのためならエッチな女の子になります』 第12話を公開しました。

本文抜粋……
美桜は柔らかくまぶたを閉じていた。
きちんと仰向けに寝転び直して、翔吾の目にたくさん晒した花弁を隠すように足を閉じさせた。
しかし太腿どうしを密着させたりしない。
翔吾の指に遊ばれたヘアーと、その下に刻まれた女の子のスリットを覗かせるように、拳半分ほどだけは隙間を残した。
「来て、翔くん」
美桜は心細い声を伝えた。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[8711] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 8711.jpg 投稿日:(2017-01-22T12:35) (Sun)

-----
それはペットではない!漆黒の首輪を嵌められた少女「闇色のセレナーデ」第10章第1節をアップしました。
-----
「んはぁっ……やだぁ、一気にぃ……はうぅんんっっ!」

 敢えて挿入の合図は送らなかった。
 卓造は顔を覗かせた千佳のスリットを目掛けて、力強く腰を押し出していた。40代にして特定のパートナーを知らない標準型ペニスが、清純な女子学生の膣腔を貫いていく。

「はあぁ……きもちい……いや、なんだぁ、中はトロトロじゃねえか。ふふふっ、俺の手マンがそんなに快感だったのか?」

「おじさま……そんなこと言わないで。はあっ、恥ずかしい……」

 ペニスが柔らかい恥肉に包まれて、思わず『気持ちいい!』の単語が飛び出しかける。
 それを慌てて封じた卓造は、ぎこちないヤクザ言葉を口走っていた。

 更には監視するレンズに応えようと、腰の抜き挿しを開始する。
 千佳の背中に覆い被さるようにして、立ちバックによるセックスを開始したのだ。

 じゅにゅ、ぬちゃ、ぬちゃ……にちゅぅっ、ぬちゅぅっ……

「あふっ、はあぁっ……おじさまぁ、すごい……やはぁ、ふはぁっ!」

 千佳は本気なのか演技なのか、区別の付かない声で反応してくれる。
 ひび割れたモルタルの壁面に手のひらだけでなく、真横に向けた顔まで押し付けて、恋人でもない男のペニスを素直に受け入れている。

『千佳を本気で辱めないと、和也に用済みの烙印を押される』
 そんなニュアンスのことを彼女本人に教えられたが、白昼の街中で互いの性器を晒し合って結合させ合えば、もはや疑う余地もない。

「ほら、もっとオマ○コを突いてやるから、鳴いてみせろよ。通行人にも、俺達のセックスを見せてやろうぜ」

 商売女を相手にしたセックスがほとんどの卓造だが、その年なりの性技は身に着けているつもりだった。女体をいたぶるような絡みは趣味でないが、意識すればやれないことはない。

 抱き締めるように千佳の肩を抱いていた両手を、卓造は引き剥がしていた。乱暴な腰使いでペニスの抽送を続けながら、突き出された腰を撫でさすり、くびれたウエストに指先を突き立てていた。

 がっしりと下半身を固定させると、打ち込むペニスを更にグラインドさせて膣肉を抉り取っていく。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[8710] 聖なる日の贈り物 更新です 投稿者:未知の星 8710.png 投稿日:(2017-01-22T09:47) (Sun)

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は投稿小説「聖なる日の贈り物」第6話の案内です。

泣いたって、叫んだって、手足をバタつかせたって許してくれない。
血走った目玉で睨みつけると、口の中が血の香りでいっぱいになるまでほっぺたを叩かれた。

頭がクラクラして、『抵抗したら殺される!』って、本気で思って……

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[8709] 愛と官能の美学/夜道(第2話:許されざる絶頂) 作:Shyrock 投稿者:Mikiko#39;s Room mikikosroom@goo.jp 8709.gif 投稿日:(2017-01-22T08:17) (Sun)

------------------------------------------------------
 僕は確かに彼女のことが好きだった。だが心の奥底では憎んでもいた。決して僕の存在に気付かず、もしかしたら蔑んでいるかも知れない彼女を、夢の中では、何度も何度も支配した。それは誰にも言えないような夢だった。その夢と同じことが、現実に目の前で起こっていることへの好奇心。自分には絶対に出来ないことを誰かが実現していることへの興味。そして彼女の肉体への憧憬。

 僕は息を殺して茂みに身を隠した。幸い彼女が抵抗する物音で、僕が茂みに身を沈めた音はかき消された。
------------------------------------------------------
投稿しました。

Shyrockさんの創作集『愛と官能の美学』は、日曜日(不定期)の投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[8708] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★No.2179★ 投稿者:Mikiko#39;s Room mikikosroom@goo.jp 8708.gif 投稿日:(2017-01-22T08:10) (Sun)

------------------------------------------------------
「で、出る」

 わたしは、声を裏返らせた。
 このままでは、テーブルを汚してしまう。
 懸命に腰を引こうとしたが……。
 水沢が、わたしの体側に腰を付きつけて押さえていた。
 それでも引こうとすると、尻たぶにぬるりとした感触を感じた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[8707] 日々の妄想を形にして(SM小説) 投稿者:masterblue chibi_kuro2002@yahoo.co.jp 8707.jpg 投稿日:(2017-01-21T20:49) (Sat)

いつもお世話になっております。

本格長編SM小説「新・淫悦への調教」に第14回をアップしました。

部屋へ戻された舞子は、昼食を摂り、ぼんやりしていると
調教師たちが、受け入れ検査に合格したと迎えに来た。

先ず連れて行かれた所で、全身に鋭い水流を浴びせられ
頭の先から足の先まで、自動で洗浄された。
シャワーを浴びるというより、
自動洗濯機で全身を洗われたと言った方がよい。
舞子はそこで泡まみれにされてしまった。

ご訪問をお待ちしています。

http://pettrainer.blog34.fc2.com/


記事編集 記事編集

pagetop PAGE TOP

- ClipBoard v4.02 -
++ Edited by Hamel ++