H小説アップデート掲示板

【官能小説更新情報】 H小説アップデート掲示板

ご来訪いただきありがとうございます。※ご利用前に「留意事項」を必ずお読み下さい。
弊掲示板は小説サイト様や小説作家様からの最新情報が毎日公開されています。お好みの小説探しに是非お役立て下さい。
(この掲示板は「ましゅまろくらぶ」のコンテンツです)

 おすすめ小説サイトご案内   掲示板 相互リンク   メンテナンス情報 


↓ ↓ ↓ 【新作 ・ 連載作品 更新情報】 ↓ ↓ ↓
[13189] 『姉弟とその娘』 第2話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 13189.jpg 投稿日:(2018-11-14T21:04) (Wed)

申し訳ございません。画像を間違えました。

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『姉弟とその娘』 第2話(未知の星 赤星直也様作)を公開しました。

本文抜粋……
その夜、俊子はなかなか寝付けない。
「欣也が、私のヌードを描くと言う事は、私の裸を見たがっているんだ。それに、オナニーもしていたし…」あの光景が忘れられない。
「あれが、ここに入ったら気持ちいいのかしら?」自然と手がパンティを引き下げ、淫裂を触りだす。
「気持ちいいわ。私も感じていく…」毛布を被って指を動かし続けた。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[13188] 『姉弟とその娘』 第2話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 13188.jpg 投稿日:(2018-11-14T20:53) (Wed)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『姉弟とその娘』 第2話(未知の星 赤星直也様作)を公開しました。

本文抜粋……
その夜、俊子はなかなか寝付けない。
「欣也が、私のヌードを描くと言う事は、私の裸を見たがっているんだ。それに、オナニーもしていたし…」あの光景が忘れられない。
「あれが、ここに入ったら気持ちいいのかしら?」自然と手がパンティを引き下げ、淫裂を触りだす。
「気持ちいいわ。私も感じていく…」毛布を被って指を動かし続けた。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[13187] 「官能テキスト掲示板」のご案内 投稿者:官能テキスト掲示板 13187.jpg 投稿日:(2018-11-14T19:07) (Wed)

管理人様、スペースをお借りします。
当掲示板では毎日多くの作家様から作品の更新情報が寄せられています。
皆様の官能小説探しに、そして作家様の広報活動にと、ぜひご活用ください。

http://shy8.x.fc2.com/bbs/text_bbs/text_bbs.html


記事編集 記事編集
[13186] 「淫欲の街」更新です 投稿者:赤星直也のエロ小説 13186.jpg 投稿日:(2018-11-14T11:56) (Wed)

お世話になってます「赤星直也のエロ小説」です。
今回は「淫欲の街」第43話をアップしました。

「泣いてどうするのよ。まだあるのよ!」
「まだあるって、なにがですか?」
「ショーよ、セクシーショーをやるの。いやらしいポーズを取って、投票して貰うの」
「そんな、恥知らずな事はやらないからね!」

 「あら、棄権するのね。だったら、最下位という事で公開オ○ンコよ!」
「セックスなんてしたくない!」
「それなら、いっぱい投票して貰うのよね。オ○ンコされずに済むし…」
(こんな大勢の前で、セックスなんてできないわ。恥を忍んで、やるしかないわ…)皆の顔が強ばっている。

お時間に、ゆとりがありましたら、お立ち寄り下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[13185] 官能小説『白雪百合』 投稿者:愛と官能の美学 13185.jpg 投稿日:(2018-11-14T10:53) (Wed)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『白雪百合』 
(キーワード:ライトホラー・レズ・女教師・下僕)前編(5) M・Y 作 

 クリ○リスの回りを、鬼人の指がなぞる。
 切れるような悲鳴を上げながら、訳の解らなくなる程感じている百合子は、思わずプライドを捨てて口を動かしていた。
「ぃ…淫乱な…メス…イヌ…百合子…を…アヒッ…ぁ…あなた様のっ、ォモチャにッ…んっ…して…くださぃぃっ…!」
 少年の口端が、満足そうに吊り上がる。
「そんなにいうなら、可愛がってやるよ。淫乱」
 鬼人の指の動きが激しさをます。
「ァッ…あぁっ!ダメェェッ!」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[13184] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2651★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 13184.gif 投稿日:(2018-11-14T07:29) (Wed)

------------------------------------------------------
 ずいぶん、話が長くなりました。
 ご退屈じゃないですか?
 ご覧のとおり……。
 志津子は、よく眠ってしまったようです。
 しばらくは目覚めないかも知れません。
 もう大丈夫かと思いますよ。
 ご家族が心配なさるんじゃないですか?
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[13183] 官能小説『堕ちたアイドル』(完結) 投稿者:愛と官能の美学 13183.jpg 投稿日:(2018-11-14T01:14) (Wed)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『堕ちたアイドル』
(キーワード:凌辱・羞恥・露出・芸能界) 
第22話「転落への道(最終話)」  赤星直也 作

その間にもカミソリは動き続け、2人の股間は少女のようにピンクの割れ目が露わになってしまった。
「う、う、う!」絨毛を剃られた2人は泣くことしかできない。
その露わになった淫裂もカメラに撮られた。
「これだけじゃ、つまんないわ。もっと刺激がないと…」
「刺激ね。やってもいいんだね?」
「いいわよ、秘蔵ビデオにしておくわ。どうせ、リハーサルだし」
「それなら遠慮無くやらせて貰うよ」香取と制作部長は服を脱ぎだした。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[13182] 『全ての者に愛の手を』 第7章(6)を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 13182.jpg 投稿日:(2018-11-13T20:26) (Tue)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
官能小説 『全ての者に愛の手を』第7章(6)(ひとみの内緒話 ふるふる様作)を公開しました。

本文抜粋……
彼はブラジャーの中に何か入れてきた。ちょうど両乳首に当たるように固定されテープで止められた。
触れられた限り、5百円玉くらいの直径で三枚ほどの厚みのあるもの。
「んッ…」
「次は下だな。」
続いてパンティーの中に手が入り、ちょうど淫核に当たるように固定された。
下の方のものは小さな卵型に感じられる。
三つの物は細い紐で繋がっていた。いや紐ではなくコードだと思う。
「よし。さぁ炎之花、お楽しみの時間だぜ。」

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[13181] 「恥辱の投薬ミス」です 投稿者:未知の星 13181.jpg 投稿日:(2018-11-13T12:01) (Tue)

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回から「恥辱の投薬ミス」連載を始めました。

それから1週間後、また有田の容態が悪化した。
「先生。来て下さい!」診察室から走って病室に入り、有田の様子を見た。
「呼吸が下がってます。それに脈も!」真澄が悲痛な声で叫ぶ。
「注射は、打っていたいました。毎日2回とも!」香奈も言う。

 「え、2回も打っていたの?」直美は唖然とした。
「だって、カルテに書いてあります」直美は香奈の持っていたカルテを奪うようにして見た。
「そ、そんな〜!」直美は今にも気絶しそうだった。

お時間に、ゆとりがありましたら、お立ち寄り下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[13180] 官能小説『時を巡る少女〜アナタのためならエッチな女の子になります』 投稿者:愛と官能の美学 13180.jpg 投稿日:(2018-11-12T18:24) (Mon)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『時を巡る少女〜アナタのためならエッチな女の子になります』
(キーワード:ファンタジー・ラヴ・時空・レズ) 
第11話 「繰り返される愛のささやき」 とっきーさっきー 作 
 
美桜と翔吾は抱き合っていた。
唇と唇をひっつけ合わせてキスをしていた。
舌と舌を絡ませ合い、男と女の唾液もお互いに交換させ合っていた。
欲情させた顔で飛びかかってきた翔吾だが、美桜と肌を合わせた途端に獣染みた荒々しさを消した。
まるでこの後の運命を悟っているかのように、翔吾は美桜の背中へと両腕を回したのだ。
『絶対にお前を離さない』
交わす言葉とは裏腹に、そんな想いまで伝わらせて濃厚なキスを続けるのである。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[13179] 「人権停止法第5条」更新です 投稿者:未知の星 別館 13179.jpg 投稿日:(2018-11-12T16:47) (Mon)

お世話になってます「未知の星 別館」の赤星です。
今回は「人権停止法第5条」第7話をアップしました。

そして、1ヶ月後、裁判が始まった。
弁護士は必死に検察に食い下がったが、不利に代わりはなく「主文、有罪。屈辱刑2ヶ月に処す」「そ、そんなー!」裁判長の判決に、裕美は体を震わせた。
「いや、フルヌードなんていやです!」裕美の泣き声が、静かな法廷に響いていた。

 (裕美ばかりに、恥ずかしい思いをさせられないわ…)直美も裕美と一緒に、全裸になるのを覚悟した。

お時間に、ゆとりがありましたら、お立ち寄り下さい。
http://blog.livedoor.jp/akahoshi_naoya2/


記事編集 記事編集
[13178] 「淫欲の街」更新です 投稿者:赤星直也のエロ小説 13178.jpg 投稿日:(2018-11-12T11:58) (Mon)

お世話になってます「赤星直也のエロ小説」です。
今回は「淫欲の街」第42話をアップしました。

「オ○ンコは剃ったし、練習のダンスと行くか…」
「やるけど輝明さん、約束は守って貰うからね」深雪の合図で踊り出す。
「オッパイがブラブラ揺れていいね。それに、オ○ンコが…」股間を押さえている。

「あら、抜きたかったら、手伝ってあげるわ。あんた、口でやってあげなさい。踊りはしなくていいから」美沙に命じる。
「わかりました…」力無く返事をして男の前に膝を付け、チャックを下げた。

 そして、肉竿を掴み出して口に入れる。
「気持ちいい、凄くいいよ。踊りを見ながら出すからね」声が上擦っている。

お時間に、ゆとりがありましたら、お立ち寄り下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[13177] SM小説『私はパパの性奴隷♡』 投稿者:愛と官能の美学 13177.jpg 投稿日:(2018-11-12T11:55) (Mon)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『私はパパの性奴隷♡』 (SM・近親相姦・美少女) 
第2話 「パパのエッチなお仕事」  二次元世界の調教師 作

「春香ちゃん。チューしていいかい?」
「うん、いいよ」
いきなりだったので驚きましたが、不思議にパパとそんな事しちゃいけないと言う気持ちにはなりませんでした。
ごく自然にオッケーして、私はその場で唇を重ね、人生初のキスをパパとしちゃったんです。
大好きなパパにチューしてもらい、嬉しくて本当に涙が出ちゃいました。
パパもその後すぐ「大好きだよ」と言ってくれたので、イケない事とは知りながら、とても幸せでした。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[13176] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2650★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 13176.gif 投稿日:(2018-11-12T07:38) (Mon)

------------------------------------------------------
「トイレなんて行く必要ないでしょ。
 わたしがしたみたいに、ここですればいいのよ」
「見られながらかい?」
「もちろんよ。
 ここ、洗ってほしいの。
 昭夫のおしっこで」
 志津子は、自らの性器を指さしました。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[13175] 日々の妄想を形にして(SM小説) 投稿者:masterblue 13175.jpg 投稿日:(2018-11-11T18:32) (Sun)

いつもお世話になっております。

本格長編SM小説「歪んだ正義=家元・香澄」に、
第25回(磔2)をアップしました。

男達は強化プラスチックのパイプの先端に
槍に模した電マやディルドウを取り付けたものを各々持ち
香澄の目の前に突きつけた。

そして、二人が電マを取り付けた槍を突き出し、
縄で絞り出された豊かな胸を嬲り始めた、
それだけで香澄は躯の奥が疼き、濡れてくるのを感じてしまった。

さらに中本が、ディルドウを取り付けたパイプを伸ばし、
香澄の秘裂を裂くと、躯の中に突き入れてきた。

ご訪問をお待ちしています。

http://pettrainer.blog34.fc2.com/


記事編集 記事編集

pagetop PAGE TOP

- ClipBoard v4.02 -
++ Edited by Hamel ++