H小説アップデート掲示板
<PR広告>


 テレビや雑誌で紹介され、話題沸騰。 美容と健康のリーディングカンパニー「レダ」
 美容、コスメ、ファッション、雑貨・・・キレイを応援する通販サイト[スウィートプラザ]

【官能小説更新情報】 H小説アップデート掲示板

ご来訪いただきありがとうございます。※ご利用前に「留意事項」を必ずお読み下さい。
弊掲示板は小説サイト様や小説作家様からの最新情報が毎日公開されています。お好みの小説探しに是非お役立て下さい。
(この掲示板は「ましゅまろくらぶ」のコンテンツです)

 おすすめ小説サイトご案内   掲示板 相互リンク   メンテナンス情報 


↓ ↓ ↓ 【新作 ・ 連載作品 更新情報】 ↓ ↓ ↓
[10039] ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #209』作:ハーレクイン 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 10039.gif 投稿日:(2017-08-22T07:25) (Tue)

------------------------------------------------------
「子作りの、手立て……口吸い、が……」

 呆然と呟く恭子(のりこ)であった。
 聞いて笹津由は、苦笑交じりに言葉を重ねた。

「念のため申し添えるが、姫」
「……あい」
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[10038] エッセイ『Hトークフレンド泰子』 投稿者:愛と官能の美学 10038.jpg 投稿日:(2017-08-21T22:42) (Mon)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

エッセイ『Hトークフレンド泰子』
Shyrock作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[10037] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 10037.jpg 投稿日:(2017-08-21T20:54) (Mon)

-----
長篇官能私小説「被虐義母 恵美子・第7話」第3章第9節をアップしました。
-----
「お、おぃ……」

 山西が驚きの声をあげようとしたとき、恵美子が彼に向かって小さく頭を振った。
 そして、彼女を守るかのように窓についていた彼の手を掴まえると、そっとそれを自分のもう一方の乳房へと導いた。

 驚いて引っ込めようとするその手を恵美子は両手で掴まえてどうにか胸の膨らみにあてがった。
 逃がさないようにギュッと押さえ込む。その顔に幸せそうな笑みが浮かんでいた。

 山西の手はもっこの様には動いてくれなかった。
 しかし、逞しい掌が硬くなった乳首を抑えているだけで、恵美子は強い快感を憶えていた。

 山西の手が乳房から逃げようとするのを止めたのを感じると、恵美子は抑えていた片方の手を下ろした。
 タイトスカートの腰に挟み込んでいたバイブのリモコンを取る。
 そして、それを背後にいるもっこの身体に押しつけた。

 彼は恵美子の乳房を弄びながら、再び一方の手で彼女のヒップを撫でていた。
 恵美子はそのヒップを撫でていた手にリモコンを手渡した。

 少年はすぐにはそれが何であるかは判らなかったようだった。
 しかし、なんであれ、なにか淫らな用途のモノであろう事は察しがついた。

 それにリモコンについているスイッチの数は少ない。
 それから間もなく恵美子の貞操帯の奧でバイブが振動を始めていた。

 その瞬間、身体がビクリと痙攣するのを止めることは出来なかった。
 二人の高校生に挟まれたまま腰が淫らにくねる。

 どうしようもない快感が押し寄せてくる。
 身体が痺れて脚が震える。もっこが持つリモコンの動きに合わせて、女体が揺れる、くねる、痙攣する。

 山西が手を引こうとした。慌てて恵美子はその手を両手で押さえた。
 山西の顔を上目遣いで見上げ、うっすらと涙すら浮かんでいる瞳で見つめる。

 お願い。もっと触って……。声にならない訴え。
 私もう、我慢できないの。もっと、もっと私の身体を弄って……。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[10036] 趣味はオナニー見せ合い♪ 投稿者:エッチな電話体験談 10036.jpg 投稿日:(2017-08-21T13:53) (Mon)

病院で医療事務をしている21才です。

まだ処女な私の変態な趣味…。
それは男の人のオナニー見るのが大好きってこと!

http://telsex.no1-love.net/taikendan/


記事編集 記事編集
[10035] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 10035.jpg 投稿日:(2017-08-21T13:19) (Mon)

-----
それはペットではない!漆黒の首輪を嵌められた少女「闇色のセレナーデ」第26章第1節をアップしました。
-----
「そこをどけ! どくんだ!」

 身体全体が燃えている。
 自分が何者であるかも忘れかけている。

 卓造は引き剥がすようにして、ズボンと下着を脱いだ。
 下半身だけ裸になると、力任せに藤波を押し倒していた。

 支えを失って倒れ込む千佳。
 その彼女を抱きかかえると、喘ぐ声しか聞こえない唇を塞いだ。

「むうぅっっ! ふむ、はむぅっ……ぶはぁ……おじさん?」
「ちゅぶっ、ちゅばっ……しゃべらなくていい。俺に任せろ」

 虚ろだった千佳の瞳に、微かにだが光が灯される。
 その輝きを間近で見下ろした卓造は、唇の端を緩めた。
 ウルッときて泣き出したくなるのを堪えると、そっと千佳を床に寝かせた。

「今、楽にしてやるからな。身体の力を抜くんだ」
「うん……おじさん。優しくしてね」

 まるで初夜を共にするかのようである。
 冷たくて固い副社長室の床なのに、二人の肌は心地よいクッションの効いたベッドを意識していた。

 魂が抜けたように茫然とした藤波。
 急な展開に息を飲む緒方。

 これさえも想定済みかのように、腕組みで観賞するつもりの和也。
 三者三様な男達の視線さえも、二人きりの高級ホテルの一室には届かない。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[10034] 投稿体験談『あやの電動歯ブラシオナニー』 投稿者:愛と官能の美学 10034.jpg 投稿日:(2017-08-21T12:19) (Mon)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

投稿体験談『あやの電動歯ブラシオナニー』
1話読切り  投稿者 あや

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。


http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[10033] 「引き裂かれた白衣」更新です 投稿者:赤星直也のエロ小説 10033.png 投稿日:(2017-08-21T12:05) (Mon)

お世話になってます、赤星です。
今回は「引き裂かれた白衣」第8話をアップしました。

翌朝、まだ日が昇っていないと言うのに、奈美は起こされた。
「散歩に行こう。ただし、素っ裸で!」奈美は、それを聞いて、口を開けたままだ。
「何と、おっしゃいました?」
「素っ裸で散歩と言ったぞ」
「イヤです、服を着させて下さい」
「ダメだ、やらないなら約束違反で、あの写真を病院に送るぞ」そう言われれば全裸のままアパートから出るしかない。

ドアを開けると、外を確かめて出て行く。
「泥棒の真似後はやめろ。見られたら、それでいい!」奈美を叱りつけた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[10032] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2330★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 10032.gif 投稿日:(2017-08-21T07:37) (Mon)

------------------------------------------------------
 脇を抜けて!

 しかし……。
 前傾した女子高生の身体は、美弥子の脇を駈け抜けなかった。
 この身体が阻止したわけではなかった。
 女子高生が、真っ直ぐに美弥子に向かってきたのだ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[10031] ポエム「ロフト」ほか 投稿者:愛と官能の美学 10031.jpg 投稿日:(2017-08-20T23:37) (Sun)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

・ポエム2編
『ロフト』 
『黒い下着とモルダウの調べ』  
Shyrock作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[10030] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 10030.jpg 投稿日:(2017-08-20T20:00) (Sun)

-----
魔爪が抵抗派の女たちに迫る「secret police 海猫 2」第13章第10節をアップしました。
-----
「鼻から吸えばいいのでございますね」
「そうそう。そうでございます」

 陰湿なサディズムに聡子は噴辱と汚辱感がこみあげてきそうになったが、ぐっとこらえ、人さし指と親指で挟んだそれを鼻孔へ持っていく。

 さすがにその瞬間は指が震えた。そっと、薄茶色のフィルターが柿の種に似た美しいかたちの穴へ差しこまれていった。

「っ……」不快な感触が鼻腔の粘膜に付着した。

 眉間に小皺が寄った。瞼をぎゅっと閉じてそれに耐えようとする。
 躊躇していた指が動きはじめ、フィルターのほとんどが隠れた。

 そこで初めて止めていた呼吸をすると、熱い煙がどっと入ってきた。
 聡子は激しく咳きこみ、目からボロボロと涙を流した。

「どうだ、うまいだろう。気分が落ち着いて思慮深くなったような気がするんじゃないか」
 野辺地は女性経済学者の人には見せられぬ顔を嗤った。

「せっかくだから、この煙草も進呈しよう。初めての喫煙記念日だからな」
 自分が吸っていた煙草を今度は自らの手で挿入しようとする。

「こらっ、もっと鼻の下を伸ばすんだよ」

 嫌がる聡子を怒鳴りつけ、野辺地は慎重に反対の鼻孔に差しこんでいった。
 哄笑が室内に溢れ返った。

 聡子の鼻からハの字に飛び出た二本の煙草が呼吸のたびにその先端の灰を明滅させている。
 そこから立ち昇った煙が目に染みるのと、副鼻腔から気管支へ流れ下る煙に涙腺が刺戟されるのとで、聡子の目は真っ赤になっている。

「さ、そのまま乳房マッサージだ。いいおっぱいを製造するためには不断の努力が必要だからなあ」

 野辺地は乳首を摘んでコリコリと揉みつぶし、彼女の両手をわざわざふくらみにあてがわさせた。

 聡子は命じられるままにゆっくりと揉みはじめた。
 従わなければ娘に会えないということもあったが、こんな姿にされて矜持など保ちようもあるまい。

 大ぶりの肉丘を胸壁から持ちあげるように回し揉みし、指を食いこませて刺激を与えるように握り締める。
 乳頭がそれにつれてあっちを向いたりこっちを向いたり、あるいはその吊り鐘型のおっぱいが様々にかたちを変えていくのを男たちは心から楽しんだ。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[10029] 官能小説『人妻衣葡 黒い淫略』 投稿者:愛と官能の美学 10029.jpg 投稿日:(2017-08-20T15:09) (Sun)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説(凌辱)『人妻衣葡 黒い淫略』 
第4話 慎ましやかな峡谷  Shyrock作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[10028] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 10028.jpg 投稿日:(2017-08-20T12:40) (Sun)

-----
抜群なプロポーションの美少女がHなレオタードを着せられて「球 モデル選考会」第5節をアップしました。
-----
 最初に球の視界に飛び込んできたのは審査委員の顔ぶれであった。
 委員は10数名ぐらいいるようだ。
 座席は『コの字型』になっていて、右側に演台が設けられている。
 視線は一斉に球に注がれた。顔面がカーッと熱くなった。

「上原さんですね」
「はい、そうです」
「では、早速ですが、正面の台に上がっていただけましか」

 進行役は先程の重村部長のようだ。重村は演台の方を指し示した。
 台は5メートル四方の正方形で出来ており、高さは50センチほどあった。
 球はゆっくりと台に登った。

 極小のレオタードを着せられ男達の前に立つ。
 羞恥心に苛まれながらも、もう後ずさりはできない。
 球は一種の開き直りに似た気持ちで台の中央に立ち、委員に軽く会釈をした。

 台上だと均整のとれた見事なプロポーションがひときわ美しく映えた。
 各サーキット場でのレースクイーンとしての活躍も十分にうなづける。

 しかし現在の球の姿はセクシーというよりエロティックといえた。
 極小のレオタードのせいで身体の線が完全に浮き彫りになっている。
 乳房の形状も分かるし、乳首の位置すらも完全に分かる。

 さらには、臍の位置・恥丘の盛り上がり具合・そして恥丘の下の窪みまでがはっきりと確認できた。
 審査委員の目は必然的にそれらに止まる。

「上原球さん、では、ただ今から、いくつか問いかけをしますので答えてもらえますか。答えたくないことはノーでも構いませんので」

「はい、分かりました・・・」
「ではお聞きします」

 球は重村の次の言葉を息を潜めて待った。

「上原球さん、性感帯を3つ答えてください」
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[10027] 「シャッター・チャンス」連載開始です 投稿者:未知の星 10027.jpg 投稿日:(2017-08-20T12:34) (Sun)

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は投稿小説「シャッター・チャンス」第1話をアップしました。

紐と呼ぶのに相応しい薄布に、零れそうな乳房が挟み込まれている。
それを両手の指が微調整していく。
白くて弾力のある丸い塊の中心を凹ませて、このままだと晒されちゃう乳首とその周囲の乳輪になんとか布を押し当てた。

そして、同じく紐でしかないショーツを恥ずかしい割れ目に沿わせて整えた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[10026] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2329★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 10026.gif 投稿日:(2017-08-20T08:27) (Sun)

------------------------------------------------------
 美弥子の両脚が、足踏みながら徐々に後退する。
 凭れたレナの身体が次第に仰向いていく。
 後頭部が、スニーカーの甲に乗りあげた。
 更に一歩退くと、軽い音と共に頭が床に落ちた。
 目を覚ますほどの衝撃では無かった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[10025] 親友の彼氏を寝取っちゃいましたw 投稿者:エッチな電話体験談 10025.jpg 投稿日:(2017-08-19T22:42) (Sat)

20歳の大学二年生です。
あたしは今付き合っている人がいるんですが、その彼ってのが実は仲の良い女友達である朋美の元彼なんです。
結果的に寝取った事になるんだけど、最初はそんなつもり全然なくって…。
とにかくあたしの言い分を聞いてください。

http://telsex.no1-love.net/taikendan/


記事編集 記事編集

pagetop PAGE TOP

- ClipBoard v4.02 -
++ Edited by Hamel ++