H小説アップデート掲示板

【官能小説更新情報】 H小説アップデート掲示板

ご来訪いただきありがとうございます。※ご利用前に「留意事項」を必ずお読み下さい。
弊掲示板は小説サイト様や小説作家様からの最新情報が毎日公開されています。お好みの小説探しに是非お役立て下さい。
(この掲示板は「ましゅまろくらぶ」のコンテンツです)

 おすすめ小説サイトご案内   掲示板 相互リンク   メンテナンス情報 


↓ ↓ ↓ 【新作 ・ 連載作品 更新情報】 ↓ ↓ ↓
[16325] 「腐った学園」更新です 投稿者:未知の星・別館 16325.jpg 投稿日:(2020-03-09T19:03) (Mon)

いつもお世話になってます「未知の星・別館」の赤星です。
今回は「腐った学園」第4話をアップしました。

暫く歩くと「校長室」と書かれた部屋が目に入る。
「いや、ここはいやです。お願い服を返して!」冷静さが消え、動転している。
「おや、反省がないんですか。それでしたら、全てが無かった事には出来ませんよ」
「わかりました。お願いします…」項垂れて返事をするが、体が震えている。
(校長にまで、ヌードを見られるなんて…)奥歯がガチガチ鳴っている。

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://blog.livedoor.jp/akahoshi_naoya2/


記事編集 記事編集
[16324] 官能小説『陵辱メモリアル』 投稿者:愛と官能の美学 16324.jpg 投稿日:(2020-03-09T12:12) (Mon)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『陵辱メモリアル』
(ジャンル:凌辱)
第6話 青の555号 作

ソレを見た斗也は乳首への責めを再開する。
「はううっ!!」
身を捩る詩織。
「アタシも!」
夕子までもが詩織の硬く尖った乳豆を吸う。
右の乳首は、今までに何人ものオンナを淫虐の地獄に落しいれてきた斗也の、荒々
しい、男性的な愛撫。
左の乳首は、同性であるが故にその弱点を知り尽くした夕子による、きめ細やか
な、女性特有の、柔らかな責め。
二つの乳首に加えられる愛撫の暴風雨にその身を晒す詩織。
乳首は更に硬度を増して行く。
ガラスのように硬くなったソレを、斗也は甘噛みする。
「ああああんんっ!!」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[16323] 「夫婦生活援護会」更新です 投稿者:赤星直也のエロ小説 16323.jpg 投稿日:(2020-03-09T11:54) (Mon)

いつもお世話になってます「赤星直也のエロ小説」です。
今回は「夫婦生活援護会」第3話をアップしました。

(きっと、レ○プされたんだ。それで膣の中が!)足を開き、淫裂を開くと尻の周辺
に白い粉が一杯ついていた。
(これって、気持いいときに流れるお汁だわ。性器に何かされたんだ、指とか、チン
ポかで!)顔色も真っ青になった。 

 「とにかく、洗ってごまかさないと…」育子は急いで浴室のシャワーを浴びて、石
鹸で洗っていく。
「今夜、孝夫さんから求められたらどうしよう?」考え巡らす育子だ。

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[16322] www.clubrand.com 投稿者:コーチ コピー 激安 215@clubrand.com 16322 投稿日:(2020-03-09T11:06) (Mon)

人気があるコーチ品 ファッション愛金小牛レディー用腕時計http://www.clubrand.com/pp-54-c0/sp-199154.html
度を変えて輝く光沢を見せ、桃心と言葉を合わせて美しく、活気に満ちている女性にすごく直径:36mm.厚さ:7.5mm
コーチ コピー品 ファッションレディーコーチ コピー_ブランドド スーパー コピー 店舗http://www.clubrand.com
翌営業日を過ぎても「確定メール」が届かない場合はまず迷惑メールフォルダーをご確認くださ遺産によって起こす
コーチ コピー品 ファッションレディーコーチ 関心コピー スーパー 店舗http://www.clubrand.com/pp-54-c0/
ために面白い材料を使用していますが好きでありません。これらは異なった抑制のためのこの新しい限定版と比較す
シュプリーム コピーsupremevon.com シュプリームコピー

記事編集 記事編集
[16321] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2993★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 16321.gif 投稿日:(2020-03-09T06:22) (Mon)

------------------------------------------------------
 暑い。
 暑いから脱ぎたい。
 ドッグウェアなんか、着ていたくない。
 美弥子は上体を立ちあげると、ラップスカートのウェストリボンを解いた。
 膝立ちのまま、膝を片方ずつ上げ、スカートを膝下から抜き取る。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[16320] 官能小説『惠 蒼い教室』 投稿者:愛と官能の美学 16320.jpg 投稿日:(2020-03-08T15:18) (Sun)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『惠 蒼い教室』
(キーワード;ラヴ)
第3話「教室の机がきしむとき」 Shyrock 作 

「えっ……うそ……リョウ?」
「一回だと俺の欲望はおさまらないよ」
「えぇ! でも時間がないよ」
「だいじょうぶ。すぐに出すから」
「ちょっ、ちょっ、ちょっ!」
 リョウの性欲は底なしだ。射精してさほど間がないのに、早くも元気さを取り戻している。
 惠の時間への不安をよそに、リョウは先程と同じ机上正常位の体勢で覆いかぶさった。
「やっ……!あっっっ!……あうううっ……」
 コンドームを取り替えることなく連続で挿入したために、先端には一回目の白い液体が滞留している。
 リョウは構うことなく律動させた。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[16319] 『私の身体を捧げます』 第9話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 16319.jpg 投稿日:(2020-03-08T14:30) (Sun)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『私の身体を捧げます』 第9話(羞恥の風 とっきーさっきー作)を公開しました。

本文抜粋……
「アナル……そう、お尻の穴」
「お尻……?!」
吉村の発した単語の意味が、一瞬、優子には理解できなかった。
「この前は、優子のオマ〇コでセックスしただろう。だから今度は、キミのお尻の穴を使ってセックスをしようと思ってね。アナルセックスって言うんだけど、言葉くらいは聞いたことあるよね」
その上で淡々と語る吉村の声に、優子の心は凍り付いていく。
「お願い……いえ、隼人君……お願いします。普通に、優子とエッチしてください。セックスしてください。お尻でなんて……そんなことをしたら」

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[16318] 「夫婦生活援護更新です会」 投稿者:赤星直也のエロ小説 16318.jpg 投稿日:(2020-03-08T11:46) (Sun)

いつもお世話になってます「赤星直也のエロ小説」です。
今回は「夫婦生活援護会」第2話をアップしました。

 (脱ぐしかない…)「わかりました」育子は着ていたツーピースの上着のボタンを外
すと、胸が開いてピンク色のブラウスが見えてきた。
ブラウスの下からは、うっすら白いブラジャーが見えている。

 上着を脱ぎ、ブラウスのボタンを外していくと(恥ずかしいわ。下着を見られるな
んて!)真っ白なブラジャーが見えた。
それを、コーチという3人は、黙って見ており、育子はブラウスも脱いで上半身を覆っ
ているのはブラジャーだけになった。

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[16317] 「時を巡る少女」更新です。 投稿者:未知の星 16317.jpg 投稿日:(2020-03-08T07:45) (Sun)

いつもお世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回はとっきーさっきー様作「時を巡る少女」第23話をアップしました。

窓際の席を立つなり、翔吾は裸になってみせる。
美桜もまた、緩く結ばせたバスタオルを解いた。
ほんのりと紅い素肌を隠すことなく晒した。

 「翔くん、もう一回お姫様抱っこして」
「任せとけって!」
息もピッタリだった。
美桜は翔吾の腕に抱えられて、二人だけのベッドへと向かった。
寝乱れた感のあるシーツの上に、そっと寝かされる。

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[16316] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2992★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 16316.gif 投稿日:(2020-03-08T06:24) (Sun)

------------------------------------------------------
 激しい昂奮が、美弥子の腹部を鞴のように起伏させていた。
 思わず由美の手を握った。
 由美が起ちあがった。
 脚元がふらつき、よろめいた。
 長時間しゃがんでいて、脚が痺れただけではないだろう。
 由美も昂奮を覚えているのだ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[16315] 更新しました 投稿者:官能文書わーるど 16315.jpg 投稿日:(2020-03-07T12:54) (Sat)

投稿小説
『35才グラドル』作者.もそえさん。
『ずっと愛してます3』第8話「オンナ達の思惑2」作者.羅衣さん。
『くノ一ありさ 淫蛇の森』第七話「蛇の三穴犯し」作者.Shyrockさん。
『寝取られ男の復讐』第25話.作者.二次元世界の調教師さん。

http://kannou.world.coocan.jp/


記事編集 記事編集
[16314] 官能小説『もえもえ 糸巻きクリマキ』 投稿者:愛と官能の美学 16314.jpg 投稿日:(2020-03-07T08:19) (Sat)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『もえもえ 糸巻きクリマキ』
(キーワード:ファンタジー) 
第2話「糸の精霊スピン・ダ・スワァ」 Shyrock 作 


 モエモエは少し不安になって来ましたが、塔の上がどうなっているのか知りたくて、どんどんと登って行きました。
(ふ〜……)
 やっとのことで階段を登り切ると小さな扉が現れました。
 誰かが閉め忘れたようで扉には鍵がささっていました。
(ラッキ〜♪)
 扉の取っ手を思い切って廻してみました。
 すると戸がギギギーときしんだ音を立てて開きました。
 そこは小さな部屋でした。
 部屋の隅には1台の古びた糸巻き機があり、1人のおばあさんが糸を紡いでいました。
 糸巻き機を初めて見たモエモエは、大変興味を持ちました。
「おばあさん、何をしているの?」
「おや?あんたは糸巻きを知らないのかい?一度やってみるかい?」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[16313] 「狙われた女教師」更新です 投稿者:未知の星 16313.jpg 投稿日:(2020-03-07T07:36) (Sat)


いつもお世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「狙われた女教師」第3話をアップしました。

 「で、先生。どんな用事なの?」
「たいした用事じゃないの。昨日のお礼がしたかったの」
「何だ、そんな事か」悦夫はいつものように、舞子のスカートを捲った。

 「こら。やめなさい!」
「白だ。先生は白しか履かないの?」
「そんな事言わないの。私の自由だし…」舞子はそれだけ聞くとアパートに戻ったが
「一体、誰がヘアを剃ったのかしら?」不安が尽きない。

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[16312] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2991★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 16312.gif 投稿日:(2020-03-07T06:42) (Sat)

------------------------------------------------------
 仰向けの少年が、首をベンチからもたげた。
 挿出が始まった。
 手の平では、陰茎を研ぎ下ろしている。
 明らかに、昨日今日会得した技巧ではない。
 この2人は、日常的に互いの陰茎をフェラチオしているのだろう。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[16311] 官能小説『哀れみの女刑事』 投稿者:愛と官能の美学 16311.jpg 投稿日:(2020-03-06T21:37) (Fri)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『哀れみの女刑事』
(キーワード:凌辱) 
第5話 「敵の本丸」  赤星直也様 作

「そうしましょう」昌子は準備したロープを両手に巻き付け、天井から吊り下げられた。
「こんなのいやです。許して下さい…」嫌がるが昌子は容赦なく乳房を紐で縛り上げていく。
紐は乳房の根本に食い込み、白かった乳房の色が鬱血して変色していく。
「痛い。早く解いて!」痛みに悲鳴を上げるが、なおも縛り上げた。
「これでわかったわね。逆らったらこうなるのよ」縛り終わると、奈美はカメラを向けたが良子は顔を背けた。
「まだわかってないのね。顔を背けたからここにもバツよ」今度は乳首にクリップが取り付けられた。
「ギャ〜。許して下さい…」痛みに涙が流れている。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集

pagetop PAGE TOP

- ClipBoard v4.02 -
++ Edited by Hamel ++