H小説アップデート掲示板
<PR広告>


 テレビや雑誌で紹介され、話題沸騰。 美容と健康のリーディングカンパニー「レダ」
 美容、コスメ、ファッション、雑貨・・・キレイを応援する通販サイト[スウィートプラザ]

【官能小説更新情報】 H小説アップデート掲示板

ご来訪いただきありがとうございます。※ご利用前に「留意事項」を必ずお読み下さい。
弊掲示板は小説サイト様や小説作家様からの最新情報が毎日公開されています。お好みの小説探しに是非お役立て下さい。
(この掲示板は「ましゅまろくらぶ」のコンテンツです)

 おすすめ小説サイトご案内   掲示板 相互リンク   メンテナンス情報 


↓ ↓ ↓ 【新作 ・ 連載作品 更新情報】 ↓ ↓ ↓
[9007] 日々の妄想を形にして(SM小説) 投稿者:masterblue chibi_kuro2002@yahoo.co.jp 9007.jpg 投稿日:(2017-03-06T11:55) (Mon)

いつもお世話になっております。

本格長編SM小説「新・淫悦への調教」に第28回をアップしました。

浣腸の作用で、激しい便意に曝された舞子は、
それに耐えている間に、不覚にも失禁してしまった。

それで吹っ切れたのか、肛門を緩めた舞子に、
更に恥ずかしい、排便が始まってしまった。

異臭と、浣腸によって押し出されてくる固形物、
舞子は、狂うようになってそれに耐えていた。

ご訪問をお待ちしています。

http://pettrainer.blog34.fc2.com/


記事編集 記事編集
[9006] 読み切り小説をアップしました 投稿者:未知の星 9006.jpg 投稿日:(2017-03-06T10:52) (Mon)

お世話になってます「未知の星」の赤星です。

今回「陵辱の農村人妻」をアップしました。

長文ですが、時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[9005] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2210★ 投稿者:Mikiko#39;s Room mikikosroom@goo.jp 9005.gif 投稿日:(2017-03-06T07:43) (Mon)

------------------------------------------------------
「はんがが」

 すでに声は、鼻濁音に変じていた。
 足先の指は、色が変わるほど折りたたまれている。

「こっちの方は、僕がやってあげますよ」

 先生の女性器に視線を落とすと、縫い付けられたように視角が固定された。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[9003] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 9003.jpg 投稿日:(2017-03-05T21:54) (Sun)

-----
憧れの先輩との過激なお遊び「コートを脱いで昼食を」第11章第7節をアップしました。
-----
「ほら、こんな感じよ」
 桜子さまがまあるい手鏡をかざして、私のアソコ周辺を映してくださいました。
 
 青い蝶々は、私の割れ始め3センチくらい右側で、やや左斜め上に向いて綺麗な羽を広げていました。
 私の左おっぱいに描かれた山百合へと、キラキラした鱗粉を撒き散らして飛び立ったところ、といった感じの構図でした。
 
 下からかざされた手鏡には私の内腿奥のほうまでもが映っていてアソコ周辺が粘性の液体でヌメヌメ濡れそぼっているのが丸分かりでした。
 両内腿には下へ向かって、カタツムリさんが這ったような跡が幾筋も。

 私に向けて鏡をかざす桜子さまの嬉しそうなお顔が、ほら、ナオはこんなにオマンコ周辺をビチャビチャに濡らしたはしたないヘンタイ女なんだよ、って仰っているように見えて、たちまち昂ぶりが戻ってきました。

「じゃあ最後にお尻ね。今度は背中向けてお尻を突き出しなさい」
 桜子さまのご命令。
 私は、もうすっかりその気でした。
 そのご命令をワクワク待っていました。

 もっとたくさんの人に視てもらいたい、見せたい。
 今の私のこんな恥ずかしい姿、こんな昼間にこんなお店でひとり裸になっているヘンタイな私の姿を、通りすがりの見知らぬ人たちにも気づいて欲しい、驚いて欲しい、笑って欲しい、蔑んで欲しい。
 もうどうなったってかまわない・・・
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[9002] 官能小説『人妻あや 悪夢の別荘地』 投稿者:愛と官能の美学 9002.jpg 投稿日:(2017-03-05T21:53) (Sun)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『人妻あや 悪夢の別荘地』
第7話 あやとフェイスブラシ Shyrock作

 笠原が秘所に指を近づけると、百合が一つの提案をした。
「すぐにいじるのは平凡過ぎて面白くないわ。私にいい考えがあるの」
「ほう、どうするんだ?」
 百合はバッグからピンク色の化粧ポーチを取り出した。
「ん?ここで化粧をするのか?」
「まさか。今からあやさんにいいことしてあげるの」
「……?」
 百合は意味ありげな笑みを浮かべながら、化粧ポーチからメイク用の
『フェイスブラシ』を一本取り出した。
 あやは何をされるのか分からず顔を強張らせている。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

(画像はあやさん)


記事編集 記事編集
[9001] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 9001.jpg 投稿日:(2017-03-05T13:54) (Sun)

-----
長篇官能私小説「被虐義母 恵美子・第7話」第1章第7節をアップしました。
-----
「え、エミーの乳首を、し、刺激して、ぼ、勃起させます」
 自らの口でそう宣言すると、頬を真っ赤に染めながら乳首をそっと指先で摘み上げる。
「あ…ン……」

 既に恵美子の乳首は少年たちの視姦を受けながらノギスで弄ばれた事により勃起しかかっていた。
 その乳首が、彼らに見られながら自らの指で弄ることにより、更に硬く尖っていく。
 同時に、どうしようもなく切ない快感が恵美子の身体に流れ込んでくる。

 見られている。小学生の前で、乳房を愛撫し、乳首がいやらしく勃起していくその様を、ジッと見られている。

 その思いが恵美子の頭の中をよぎると、ギュッと乳首が収縮し、更にはしたなくその先端を上向けていく。

「はぁぁ……」
 切なげな溜息をはき、恵美子は指を放した。
 視線を落とすと、剥き出しの彼女の乳房の上で、いつもは淡い色合いの乳首が充血して自分でも驚くぐらいの角度でその先を勃たせきっていた。

「あ、じゃ、じゃあ、は、測ります……」
 ノギスをその欲情の横溢した乳首にあてがう。「はっ、あぁぁ……」

 嬌声を止める事は不可能だった。
 冷たい金属の感触と、少年たちの六つの目が、恵美子の官能を刺激する。

「は、ひっ……み、右の乳首の…ぉ…ぼ、勃起時のな、長さ…は…ぁ……に、二…てん……さ、三センチで…す……。ふ、太さは………い、いぃ…あ、あの…いち…一てん…五……センチ…ぃ」

 ノギスのくちばしの先で太さを測るため勃起しきった乳首を挟むと、身震いするほどの快感が恵美子の女体を駆け抜けていく。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[9000] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2209★ 投稿者:Mikiko#39;s Room mikikosroom@goo.jp 9000.gif 投稿日:(2017-03-05T08:10) (Sun)

------------------------------------------------------
「先生、ほんと柔らかいですね。
 エクササイズとかしてます?」

 先生の頬に、なぜか恥ずかしそうな笑みが浮かんだ。
 小さく頷く。
 思いがけず、可愛らしい表情だった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[8999] 聖なる日の贈り物 更新です 投稿者:未知の星 8999.jpg 投稿日:(2017-03-05T07:28) (Sun)

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「聖なる日の贈り物」第12話の案内です。

目の前には、さっきと同じ場所に佐緒梨さんが立っていた。
可愛らしいブラジャーも野暮ったいスカートも、全て床に脱ぎ捨てて、両手を腰の横に引っ付けて立っている。
真っ白な肌を全部晒した佐緒梨さんが、強張った顔で僕に笑い掛けている。
「ど、どうかな? わたしの身体……綺麗かな?」
「あ、ああっ……う、うん。きれい……だよ」

お時間に余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[8998] 投稿画像アップのお知らせ 投稿者:愛と官能の美学 8998.jpg 投稿日:(2017-03-05T00:36) (Sun)

いつもお世話になります。Shyです。
Zoikhem様から画像18枚を投稿いただきました。
よろしければご鑑賞ください。
性器ピアス・刺青(TATTOO)・緊縛・露出・フェチシズム
などです。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[8997] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 8997.jpg 投稿日:(2017-03-04T20:33) (Sat)

-----
若き未亡人を襲う凌辱の嵐「加奈子 悪夢の証書」第7節をアップしました。
-----
「うわ〜! 社長、マジですごく湿ってきましたよ!」
「お前のテクニックに、奥さん、もうメロメロになったはるんちゃうか?何やったらパンツ脱がして調べてみたらどうや?」
「待ってました! では早速!」

 園木はニヤニヤしながらパンティに手を掛けた。
 加奈子は腰を揺すって激しく抵抗を示している。

「ひぃ〜〜〜〜〜〜! それだけは! それだけは堪忍して!」
「ぐっふっふ〜」

 脱衣に抗うためとはいえ、くねくねとくねる腰つきが、よけいに男たちの情欲をそそる。
 パンティは臀部を越えるとあとは簡単に下降をたどった。
 膝の辺りまでずり下がったパンティから指は離れ、すぐに繁みへと向かった。

 長身の園木は、身体を折り曲げて加奈子の下半身を覗き込んだ。
 繁みは濃くもなく薄くもなく、陰毛のボリュームとしてはやや少な目と言えた。
 繁みを指でかき分け、亀裂に触れた。

「やっぱり。」
 園木は阿久原の方を振り返ってニタニタと笑った。

「社長、やっぱり濡れてますよ。この奥さん、相当なスケベーですよ。」
「いやっ・・・そんなことは・・・」
 加奈子は羞恥で顔を赤らめうつむいてしまった。

 園木は溝に指を填め込んで軽く前後に往来させた。
 加奈子の尻がぷるっと震える。

「いやっ!」
「ふふふ、社長、このとおりです。」
 園木は濡れて光った中指を見せた。

「へえ〜、もう指がテカテカになっとるやないか。ちょっと触られただけでもう感じまくりかいな。ほんまにスケベーな奥さんやなあ。」
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[8996] SM小説『悪魔の集う家』 投稿者:愛と官能の美学 8996.jpg 投稿日:(2017-03-04T16:24) (Sat)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『悪魔の集う家』
第4話 生娘の証明 とっきーさっきー作

「ふんっ! 可愛い顔をしているけど、今までに何人の男を咥え込んだんだい。その唇と、下の唇でさ」
「んぐ……あぁ、苦しい。お、お義母さん……やめてください」
「止めてだって? あたしはアンタの母親なんだよ。母親が娘の男関係を訊いてどこが悪いのさ」
「そ、そんな……ありません。わたしは……んん、男の人と付き合ったりしていません」
息苦しかった。人差し指と親指が下アゴにに喰い込んで痛かった。
わたしは解放されたい一心で、唇を動かしていた。
隣に孝太がいてブルブルと怯えているのに、何もしてやれないまま惨めな告白をさせられた。
「そうかい、付き合ったことはないのかい。ということはまだ生娘ってことだね。
それじゃ、服を脱いでそれを証明してもらおうじゃないか? 母親のアタシの前でね」
「で、出来ません。そんな……恥ずかしいです」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[8995] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 8995.jpg 投稿日:(2017-03-04T14:02) (Sat)

-----
魔爪が抵抗派の女たちに迫る「secret police 海猫 2」第10章第5節をアップしました。
-----
 ちょうど今、田野倉マリは吊り責めから降ろされていくところだった。

 全裸に剥かれた彼女は気絶しているのか、首の力を完全に失って頭を下げていた。
 三つ網のお下げ髪がすーっと床にまで落ちている。

 意識がないのは当然である。
 彼女は逆海老縛りに拘束されたまま、天井から吊されていたのだ。

 両手両足をえげつなく背中へ折り曲げられ、ひとまとめにロープでくくりつけられて、横から見ると全身で菱形を作る感じで、これではそれだけで強烈な肉体的苦痛を味わうに違いないところである。

 しかも、彼女の裸身はヌラヌラと汗まみれであった。
 それは吊りの苦しさに噴いたものだけではなかった。
 美人女子大生を取り囲み、罵声と嘲笑を浴びせている数人の局員の手には、それぞれ色の異なる蝋燭が握られていたのである。

 彼らがそれでマリの肌を焙っていたのは一目瞭然。
 よく見ると彼女の身体には点々と垂らされた蝋の痕がこびついていた。

 蝋燭責め……田野倉マリは午前中から今まで──もう午後六時を過ぎようとしているが──様々な格好の吊り責めで苦しめられ、そして最後に熱地獄をお見舞いされたわけだ。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[8994] 仮面の女医 完結です 投稿者:赤星直也のエロ小説 8994.png 投稿日:(2017-03-04T12:24) (Sat)

お世話になってます、赤星直也です。
今回は「仮面の女医」最終話の案内です。

道代は生まれたままの全裸で自宅から病院に向かって歩いていく。
(見られたい。このヌードを!)あれほどいやだったのが快感に変わっていた。
道代は夜間用ドアから宿直室に歩いていくと「理事長!」道代の姿を始めてみる宿直医は驚いている。
「驚かなくていいよ。妻が裸を見てもらいたくて仕方がないんだ。一種の病気だ、君も、妻の裸をよく見てくれないか!」黒川が言うと「わかりました。治療ですね」じっと道代の乳房と淫裂を見ていく。
「ここをじっくり見て下さい」道代が両手で淫裂を広げると無毛の淫裂がパックリと開いている。

お時間に余裕がありましら、お出で下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[8993] 日々の妄想を形にして(SM小説) 投稿者:masterblue chibi_kuro2002@yahoo.co.jp 8993.jpg 投稿日:(2017-03-04T12:00) (Sat)

いつもお世話になっております。

本格長編SM小説「新・淫悦への調教」に第27回をアップしました。

和式の便器にしゃがんだ格好にされて排便を強要されても
便秘してしまった舞子には無理だった。

そんなことは承知の調教師たちと看護師は
舞子に強力な医療用の浣腸をしてしまった。

浣腸液が躯に送り込まれた途端、
舞子は射すような強烈な痛みと便意に苦しみ始めた。

ご訪問をお待ちしています。

http://pettrainer.blog34.fc2.com/


記事編集 記事編集
[8992] 更新しました 投稿者:官能文書わーるど 8992 投稿日:(2017-03-04T11:42) (Sat)

投稿小説
『セックスハイカップル』(完結)作者.もそえさん。
『眞由美』35.作者.so-jiさん。
『歪んだ構図(改)』7.作者.Shyrockさん。
『堕(おと)された完熟桃』9.作者.極楽とんぼさん。

http://kannou.world.coocan.jp/

記事編集 記事編集

pagetop PAGE TOP

- ClipBoard v4.02 -
++ Edited by Hamel ++