H小説アップデート掲示板

【官能小説更新情報】 H小説アップデート掲示板

ご来訪いただきありがとうございます。※ご利用前に「留意事項」を必ずお読み下さい。
弊掲示板は小説サイト様や小説作家様からの最新情報が毎日公開されています。お好みの小説探しに是非お役立て下さい。
(この掲示板は「ましゅまろくらぶ」のコンテンツです)

 おすすめ小説サイトご案内   掲示板 相互リンク   メンテナンス情報 


↓ ↓ ↓ 【新作 ・ 連載作品 更新情報】 ↓ ↓ ↓
[15773] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2908★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 15773.gif 投稿日:(2019-11-09T06:55) (Sat)

------------------------------------------------------
 美弥子は、万里亜の声に操られる人形となって、薫の仰向いた顔の右側にしゃがみこんだ。
 和式便器を使う姿勢で、股を開く。
 見下ろすと、肉の括れのできた腹の下から、陰核が突きあがっている。
 薫が凝視していた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[15772] 『人妻性奴隷美鈴』 第2話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 15772.jpg 投稿日:(2019-11-08T17:56) (Fri)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『人妻性奴隷美鈴』 第2話(新・SM小説書庫2 二次元世界の調教師様作)を公開しました。

本文抜粋……
美鈴は悩ましく喘ぎながら、ミニスカートの両サイドを持ち上げて見せる。
これが制服姿で何百回も繰り返された、性奴隷美鈴の「ご挨拶」だ。
「ずいぶん色っぽいのを穿いてるんだな」
「申し訳ございません、ご主人様……」
気分が乗って来たのか、「先生」が「ご主人様」に変わる。
かつては純白の木綿パンツしか着用を許されなかった美鈴が穿いていたのは、レースの刺繍が入りピンクで透けた三角布を、両サイドのヒモで吊ったセクシーなショーツだった。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[15771] 「人妻交換クラブ」更新です 投稿者:未知の星・別館 15771.jpg 投稿日:(2019-11-08T17:24) (Fri)

いつもお世話になってます「未知の星・別館」の赤星です。
今回は「人妻交換クラブ」第11話をアップしました。

「今開けます!」玄関を開けると志穂の夫が立っている。
「中へお入り下さい」中に案内すると「早速ですが、こんな議題がありまして」水谷は印刷
した用紙を見せた。
「そんな!」それには、全裸姿の美紀が写っており、それを見るなり体が震えていく。
しかも、淫裂や乳房までハッキリと写っていた。

 「こんな女性は、ここから消えて貰うようにしましょうよ」目を輝かせて言う。
「でも、この人は誰だかわかりませんし…」声が上擦っている。
「わからない…。それはないでしょう、奥さん!」水谷は美紀に抱き付いて、スカートを脱が
そうとした。

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://blog.livedoor.jp/akahoshi_naoya2/


記事編集 記事編集
[15770] SM小説『淫蝶』 投稿者:愛と官能の美学 15770.gif 投稿日:(2019-11-08T16:27) (Fri)


いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『淫蝶』
(SM)
第3話「淫蝶バイブで授業中に絶頂する欲求不満の人妻女教師」 二次元世界の調教師様 作

名門女子高に娘の入学と自分の就職を決めた、色白ハーフの美人英語教諭。
だが、校長の狙いは彼女の美しい肉体だった。
娘まで奴隷に堕とされ、肉体装飾を施された母娘は淫らな蝶となって天に舞い上がる。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/ 


記事編集 記事編集
[15769] 「全裸の歌姫」更新です 投稿者:赤星直也のエロ小説 15769.jpg 投稿日:(2019-11-08T12:23) (Fri)

それから数日後、久美と洋子は相次いで「暫く休んでいいよ」とプロデューサーから言われた。
「そんな、休んでいいと言われても困ります!」
「これはトップの方針だ。逆らったら降板だぞ」
「わかりました…」2人は渋々したがっていく。

 そんな2人は、事務所を訪ねて舞台への出演も頼んだが「疲れているから舞台には立たないと
言ったはずよ」愛子が冷たくあしらった。
「謝ります、お願いですから許して下さい」正座して土下座した。
「そんな事されても、役は決まっているの。決まっていないのはヌードシーンだけね」

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[15768] 官能小説 『貧乳なおっぱいですが揉んでくれますか?』 投稿者:愛と官能の美学 15768.jpg 投稿日:(2019-11-08T10:55) (Fri)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『貧乳なおっぱいですが揉んでくれますか?』 
(キーワード:おっぱいフェチ・ラヴ) 
第7話「揉み潰される乳肉! 美少女の喘ぎ」  とっきーさっきー様 作 

絶世の美少女=ナイスボディとは限らないのかもしれない。
はだけさせられた無垢な乳房は、膨らみを覚えたばかりの儚ささえ感じる。
太一の脳裡には、『ロリ−タ』という禁断の単語が浮かんだ。
二重の瞳で挑むかのように見つめる美紗と視線をすれ違わせて、薄紅色をした野苺そのままの乳首と、それを頂点にした薄い乳肉の小山に目を奪われていた。
「やっぱり……おっぱい小さいかな?」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[15767] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2907★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 15767.gif 投稿日:(2019-11-08T06:08) (Fri)

------------------------------------------------------
 助けられないまでも……。
 何か出来ることはないか。
 しかし……。
 思いつかない。
 そうだ。
 せめてもの償い、とまではならないまでも……。
 全裸でアナルを犯されようとしている薫を、着衣のまま見下ろしているのは人倫にもとるのではないか。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[15766] 『いや! そんなもの挿れないで』 第6話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 15766.jpg 投稿日:(2019-11-07T17:25) (Thu)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『いや! そんなもの挿れないで』第6話(愛と官能の美学 Shyrock様作)を公開しました。

本文抜粋……
糸田は目をギラギラさせながら直径五センチメートルあるソーセージを秘所に宛がった。
「いや〜〜〜!」
まるで支柱のような肉塊に脅える衣葡。
糸田は容赦なく極太ソーセージを押し込んでいく。
挿入シーンから目を逸らそうとする衣葡だが、松野はそれを許さない。
「おっと、お嬢さん。極太ソーセージが食い込んでいく様子をしっかりと見ておかないと」
松野は衣葡の後頭部を小突きむりやり目撃させた。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[15765] 体験談『学校の先輩に犯されました』 投稿者:愛と官能の美学 15765.jpg 投稿日:(2019-11-07T16:54) (Thu)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

体験談『学校の先輩に犯されました』
1話読切り 投稿者 しいな様

去年の10月に学校の先輩に犯されました。
学校が終わって帰ろうとしてた所に3年の先輩が声をかけてきたんです。
私はしゃべったことも無くて何だろって感じでした。
話しがあるからちょっと来て欲しいってマジメな顔して言われたから断れずに先輩に付いていきました。
ずうずうしいけど告白かなぁなんて思っちゃったんです・・・
そして視聴覚室に入ろうとしたら・・・

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/  
 


記事編集 記事編集
[15764] 「恭子さん」 投稿者:未知の星 15764.jpg 投稿日:(2019-11-07T12:05) (Thu)

いつもお世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は二次元世界の調教師様作「恭子さん」第32話をアップしました。

一度極めて欲情に火が点いた恭子さんの体は、私の緩慢な愛撫に焦らされ無意識に浅
ましい反応を見せていたのである。
ハッと気付いて激しく狼狽する恭子さんだが、乳房と乳首への愛撫を強めた私が首筋を
吸い、さらに乳首までチロチロと舐めてやると、どうしようもない嬌声が洩れてしまう。

 するとスタンガンを置いた姉さんが、とんでもない行為を始めた。
「恭子さん、達也君の前だからって遠慮せず気分を出しちゃっていいのよ。だって、ホ
ラ、彼の方もあなたを見て興奮しちゃってるんですもの」

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[15763] SM小説『秘境の生贄美少女』 投稿者:愛と官能の美学 15763.jpg 投稿日:(2019-11-06T18:29) (Wed)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『秘境の生贄美少女』
(キーワード:SM、凌辱)
第3話 縄吉様作

これは大学1年生吉野美樹と同じ学科の水野肇が
夏休みに体験した屈辱の物語である。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[15762] 『凌辱の温泉宿』 第17話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 15762.jpg 投稿日:(2019-11-06T18:02) (Wed)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『凌辱の温泉宿』 第17話(未知の星 赤星直也様作)を公開しました。

本文抜粋……
肛門を犯された早紀と有紀だが、それだけでは済まなかった。
「オ○ンコには、これだぞ!」バイブを見せられた。
「そんなの、入れないで!」
「そうは行くか。行くぞ」淫裂にバイブが振動しながら入り込んでいく。
「あ、あ、あ〜!」呻き声を上げながら腰を動かすと、一瞬でも逃すまいとカメラが撮っていく。
「全部入ったぞ。気持ちいいか?」ゆっくり、動かし始め「よ、よく、な、い…」振動が子宮の奥まで響き渡り、ヌルヌルした液体を流し出した。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[15761] 「全裸の歌姫」更新です 投稿者:赤星直也のエロ小説 15761.jpg 投稿日:(2019-11-06T12:12) (Wed)

いつもお世話になってます「赤星直也のエロ小説」です。
今回は「全裸の歌姫」第8話をアップしました。

「やめて、夫がいます!」
「今更それはないぞ。オ○ンコさせてくれないなら、お前の立場はどうでもいい!」スカ
ートを剥ぎ取りだした。
「卑怯よ。そんな事で、セックスさせろだなんて!」

 「何とでも言ってくれ。奥さんとやれるなら、どんな手でも使うよ」愛子はスカートが
脱がされベージュのパンティが露わになっている。
「やめて、これ以上辱めないで!」

 「そうは行かないな。歌劇団を思うなら自分から脱ぐんだ!」

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[15760] 官能小説『SF 封印された楽園』 投稿者:愛と官能の美学 15760.jpg 投稿日:(2019-11-06T11:57) (Wed)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『SF 封印された楽園』
(キーワード:SF) 
第8話 「異次元移動」  赤星直也様 作

「お願いだ、皆とやらせてくれ。いい思い出にしたい」
「わかりました。でも、エキスだけはお許し下さい」
「わかった、出さないから立ったままで、やらせてくれ」
岸川の言葉に足を開き、背中を向けると「いくぞ!」肉竿を淫裂に押し込んだ。
「あ、あ、あ!」声を上げ「久しぶりだから、気持ちいいだろう?」
「そ、そんな事言えません。気持ちいいだなんて言えません!」途切れ途切れに言うが、淫裂からは淫汁が流れている。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[15759] 「惠 一期一会」更新です 投稿者:未知の星 15759.jpg 投稿日:(2019-11-06T07:43) (Wed)


いつもお世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回はShyrock様作「惠 一期一会」第9話をアップしました。

 女性は口に手を当てて、愉快そうに笑いました。
私もついつられて笑ってしまいました。

 「惠て呼んでおくれやす……」
女性は真顔でそうつぶやきました。
私はためらいがちに小声でしたが彼女の名前を呼びました。

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集

pagetop PAGE TOP

- ClipBoard v4.02 -
++ Edited by Hamel ++