H小説アップデート掲示板

【官能小説更新情報】 H小説アップデート掲示板

ご来訪いただきありがとうございます。※ご利用前に「留意事項」を必ずお読み下さい。
弊掲示板は小説サイト様や小説作家様からの最新情報が毎日公開されています。お好みの小説探しに是非お役立て下さい。
(この掲示板は「ましゅまろくらぶ」のコンテンツです)

 おすすめ小説サイトご案内   掲示板 相互リンク   メンテナンス情報 


↓ ↓ ↓ 【新作 ・ 連載作品 更新情報】 ↓ ↓ ↓
[15494] 人妻の浮気話 艶みるく 投稿者:AUG 15494.jpg 投稿日:(2019-09-06T21:55) (Fri)

いつもお世話になっています。
管理人様 本日も更新の告知に
掲示板をお借り致します。

人妻の浮気話 艶みるく
614タイトル目

旦那の告白
「【三十路妻】咲き乱れたすみれ先生!」
更新しました。

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/blog-entry-672.html


記事編集 記事編集
[15493] 『寝取られ男の復讐』 第21話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 15493.jpg 投稿日:(2019-09-06T18:19) (Fri)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『寝取られ男の復讐』 第21話(新・SM小説書庫2 二次元世界の調教師様作)を公開しました。

本文抜粋……
俺が雄大な乳房をゆっくりと揉みしだきながら、先端で既に硬く尖っていた肉豆を指で転がすと、校長はもう完全に悩ましいエロ声を洩らして、ますます充血を露にした年齢不相応な程ピンクの乳首を、ググッとそそり勃てていった。
ーーどうして、こんなに感じ易いんだ? まさか、まさかなあ……
いかに手を縛られ目隠しを施されているとは言え、愛する夫の手前男女の行為を拒否しようとしていた校長とも思えぬ、素晴らしい感受性だ。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[15492] 官能小説『逮捕せよ!』 投稿者:愛と官能の美学 15492.jpg 投稿日:(2019-09-06T17:01) (Fri)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『逮捕せよ!』
(キーワード:レイプ) 
第14話「レイプ犯の復活」  赤星直也様 作

 宮崎はその絨毛を撫でてから肉竿を押し込んでいく。
「ヒー!」悲鳴を上げ、体を反らせるが淫裂からは淫汁が流れて、宮崎も興奮している。
ピストンを早めて噴射すると「いいわ、凄くいい。レイプされると感じる…」乳房が波打っている。
「戦利品を頂くぞ!」絨毛にフォームが吹きかけられ、カミソリで剃られていく。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[15491] 「陵辱の看護婦」 投稿者:未知の星 15491.jpg 投稿日:(2019-09-06T11:56) (Fri)

いつもお世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「陵辱の学園」第12話をアップしました。

写真には、それは両足を広げ、淫裂を晒した2人が並んでいる姿だった。
淫裂の中や乳房、顔までもがハッキリ写っていた。

 「いやよ。こんなのだめ!」あまりにも、リアルに撮れていたので、朋美はその写
真を破ろうとした。
しかし、それよりも赤居の手が早く「ダメです。傑作なんですから!」赤居は写真を
上にかざして言う。

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[15490] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2862★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 15490.gif 投稿日:(2019-09-06T06:10) (Fri)

------------------------------------------------------
 スライド式の錠を掛け、扉のフックにコンビニのレジ袋を下げる。
 なんだか臭いが移ってしまいそうだが、仕方がない。
 あまり使われてはいないはずだが……。
 個室の中には、アンモニア臭が満ちていた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[15489] 日々の妄想を形にして(SM小説) 投稿者:masterblue 15489.jpg 投稿日:(2019-09-05T21:43) (Thu)

いつもお世話になっております。

本格長編SM小説「温泉女将奴隷化調教」に、
「第38回:調教ーバイブ木馬1」をアップしました。

足の支えが外されて、Fの体重が直接ディルドにかかり、ディルドがさらに深く、突き刺さってしまった。
その上、龍天が操作盤のダイヤルを動かすと、ディルドがバイブのように振動し始めた。
躯の中のスポットを刺激しはじめる。

さらに、それがうねり始めた。
Fには、心地いいのか、苦痛なのか分からない。
だが、それで終わりではなかった。さらなる動きが加わった。

http://pettrainer.blog34.fc2.com/


記事編集 記事編集
[15488] コスプレ聖流様からの戴き物 投稿者:愛と官能の美学 15488.jpg 投稿日:(2019-09-05T16:57) (Thu)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

ゴミ拾いボランティア・コスプレ聖流様から画像7枚を投稿いただきました。
お時間がございましたら一度ご覧ください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[15487] 投稿体験談『ただいま子作り中』 投稿者:愛と官能の美学 15487.png 投稿日:(2019-09-05T15:06) (Thu)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

投稿体験談『ただいま子作り中』 
第4話(全5話) 投稿者 yukky様

 キスしながら主人は、私の胸や乳首を触り続けてくれ、、、、私はちょっと酔っ払ってたんですけど、キスしながら乳首を指でコリコリしてもらうと気持ちよくなって、、、
「あーん、今日は酔ってるから止めとこうよ」
「いや、今日もするために起きてたのに!」
「、、、んー、酔ってるから、感じないかも?」
「感じさせるって!」
 主人は乳首をコリコリしたり、吸ってみたり、、、そのうち手がパンティにいったんです。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/  
 


記事編集 記事編集
[15486] 「恭子さん」です 投稿者:未知の星 15486.jpg 投稿日:(2019-09-05T12:21) (Thu)

いつもお世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は二次元世界の調教師様作「恭子さん」第23話をアップしました。

俺は久美を押し倒すと、確認するまでもなく愛液で濡れまみれ迎え入れ態勢が万全だ
ったアソコに、グサリと肉棒を突き刺した。
一発抜いても彼女の口の中ですぐに復活していた俺のモノは、却って硬度を増して自慢
の刺激イボも存分にその威力を発揮する事だろう。

 久美は最早はばかりなく淫声を吹きこぼしながら、緊縛されて不自由な腰を蠢かせて
、自分の気持ち良いスポットをイボで刺激しようと浅ましく快楽を求めている。

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[15485] SM小説『調教家族』 投稿者:愛と官能の美学 15485.png 投稿日:(2019-09-04T23:41) (Wed)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『調教家族』
(近親相姦・SM)
第9話「自宅で監禁される姉」 二次元世界の調教師様 作

 母さんはその小さな肉塊の隅々まで薬をまぶして摘み上げたまま、剥き上げた包皮の裏にまで薬を塗る。すると姉さんは一際生臭い呻きと共に背筋をグンと反らし、ビューッと噴出した体液が母さんの顔を直撃した。どうやらイッテしまったらしい。
「母さんの顔にオシッコ引っ掛けるなんて悪い子だわ。お仕置きしちゃおうかしら」
 そううそぶいた母さんは薬塗りの指を後ろの方へ向ける。するとアナルには抵抗があるのか、姉さんは嫌々と顔を打ち振ったが、一枚上の母さんは今思いを遂げさせたばかりのクリ豆を再び摘み上げてからお尻の穴に薬をまぶした指をあてがう。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/ 


記事編集 記事編集
[15484] 『凌辱の温泉宿』 第8話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 15484.jpg 投稿日:(2019-09-04T18:35) (Wed)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『凌辱の温泉宿』 第8話(未知の星 赤星直也様作)を公開しました。

本文抜粋……
「レズかよ。ありきたりじゃないかよ!」不満声が上がる中、2人は帯を解き合い、乳房を触り合っていく。
「おもしろいや。本気でやるのかな?」2人の乳房が丸出しになると、不満も消えて淫裂への期待となっていく。
「姉さん、行くわね」乳首を吸いながら腰を覆う着物を退けると「パイパンだ。パイパンオ○ンコだ!」無毛の淫裂に声が上がった。
「ホントだ、パイパンだ。それに綺麗なオ○ンコじゃないか!」処女を失ったばかりの淫裂が宿泊客の前に晒され、早紀は恥ずかしさに太股が震えている。
有紀がその淫裂を撫でると「あ、あ、あ〜!」早紀は声を上げ、有紀の着物を脱がせていく。
有紀も上半身が露わになり、乳房を揉まれていく。
「お姉さん…」今度は有紀の乳房が吸われ、淫裂が露わにされた。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[15483] 『ブルマとレズと時々セックスと』 投稿者:愛と官能の美学 15483.jpg 投稿日:(2019-09-04T12:12) (Wed)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『ブルマとレズと時々セックスと』
(キーワード:ラヴ・レズ・ブルマフェチ) 
第24話「バトンという模擬ペニス」 とっきーさっきー様 作 

ずりゅ、ずにゅ……ずずぅ……
「んぁ、あぁっ……入っちゃうぅ、智花のアソコ……飲みこんじゃうぅっ!」
「わ、わたしが……智花を……あぁ、手が止まらないの」
水気を含んだ肉ビラが、ざっくりと割り裂かれていた。
乙女の膣口を目いっぱいに開いて、長大で極太な淫具と化したバトンを秘孔の奥底へと挿入させる。
智花が喉を震わせ、己の下腹部を見つめていた。
過剰なほど両手の指に力をこめた真由美が、慎重に、スローに、バトンの一端を押し続けていた。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[15482] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2861★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 15482.gif 投稿日:(2019-09-04T06:05) (Wed)

------------------------------------------------------
「ほら、入るよ」
「わたしはいいわよ。
 コンビニでしてくれば良かったじゃない」
「出したいのは、小便なんかじゃない。
 この臭いと似たものさ。
 来て」
 わたしは妻の手を取り、入口前の“ひんぷん"のような壁を回りこむ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[15481] 夜学問 『女性に進んで股を開かせるテクニック』 投稿者:愛と官能の美学 15481.jpg 投稿日:(2019-09-03T23:22) (Tue)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

夜学問 『女性に進んで股を開かせるテクニック』
文 Shyrock

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。


http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[15480] 『全ての者に愛の手を』 第12章(3)を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 15480.jpg 投稿日:(2019-09-03T18:53) (Tue)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
官能小説 『全ての者に愛の手を』第12章(3)(ひとみの内緒話 ふるふる様作)を公開しました。

本文抜粋……
小さくも大きくもない、肉の真珠が顔を出す。
それをピアサーで挟む。
「はぁ…はぁ…」
怖いのだろう。息が荒く、涙が今にも溢れそうだ。
「いくぞ。」
「はい!」
バチンッ
「ぎッ…あがあぁあぁ!!」
神経の集まった肉の塊に走った痛みは凄まじく、悲痛な叫び声を上げる炎之花。
「もう少し我慢しろ。」
「ひッ…ひッ…は、はい…」
針を抜き、ゆっくりとピアスを通す。
肉の真珠が銀の輪に飾られた。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集

pagetop PAGE TOP

- ClipBoard v4.02 -
++ Edited by Hamel ++