H小説アップデート掲示板
<PR広告>


 テレビや雑誌で紹介され、話題沸騰。 美容と健康のリーディングカンパニー「レダ」
 美容、コスメ、ファッション、雑貨・・・キレイを応援する通販サイト[スウィートプラザ]

【官能小説更新情報】 H小説アップデート掲示板

ご来訪いただきありがとうございます。※ご利用前に「留意事項」を必ずお読み下さい。
弊掲示板は小説サイト様や小説作家様からの最新情報が毎日公開されています。お好みの小説探しに是非お役立て下さい。
(この掲示板は「ましゅまろくらぶ」のコンテンツです)

 おすすめ小説サイトご案内   掲示板 相互リンク   メンテナンス情報 


↓ ↓ ↓ 【新作 ・ 連載作品 更新情報】 ↓ ↓ ↓
[10375] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 10375.jpg 投稿日:(2017-10-17T20:25) (Tue)

-----
容赦ない性奴隷調教「狙われた美姉妹 IX」第1章 第6節をアップしました。
-----
 ところが恵利香のすっかり貪欲になった体は、不思議に思うくらいなかなか絶頂に到達してくれなかった。
 そう言えばクリの擦れるオナニーまがいの歩行の時も、結局アクメは訪れなかったのだ。

 通勤通学の人でごった返す路上で、人目も気にせず超ミニスカでパンツの喰い込む股間をグイグイとサドルに押し付け、こってりした性の歓びを堪能しながらも、訪れてくれないアクメに恵利香は焦れったさを覚えていた。

 とっくに気をやっていそうなくらい気持ちいいのにイク事の出来ない現実に、恵利香はもしかしたらと恐ろしい可能性を感じていた。

 自分の体はもっときつい刺激を得なければ達する事が出来なくなっているのではないか。
 そしてどうしても陽子と2人で、何度も強烈なアクメを覚えさせてもらいながら毎朝通学した「ラブバイシクル」の快楽を思い出さずにはいられなかった。

 ーーあの自転車は凄かった……

 自転車のサドルにクリトリスが擦れて快感を味わってしまうのは、女子中高生なら誰しも密かに経験してしまう程度の、普通の事だったが、パラダイス特製の「ラブバイシクル」は女の子に淫らな快感を与える事に特化した、次元の違う嫌らしい自転車だった。

 サドルに黒革パンツが付いていて、そこに両脚を入れて跨るため1人では乗るのも困難で、一旦そこに両脚を通して施錠されると、下りる事が出来ず果てしなく性の悦楽を搾り取られてしまう恐ろしい性調教用自転車が「ラブバイシクル」だ。

 そのサドル上に付属した黒革パンツの股当て部分には、触れると激しくバイブするソフトなクリ責め用イボイボと、男根型のバイブが用意されていて、毎朝通学途中で恵利香を何度も何度も絶頂に導いてくれたのだ。

 ーーこのサドルがバイブしてくれたら、もっと気持ちいいのに……

「ラブバイシクル」による強烈な連続アクメの記憶が染み付いた恵利香の貪欲な体は、どうしてもそんなはしたない欲望を訴えて来るのだ。
 そして何と言っても一番切実に物足りないのは、女性器の中に何の刺激もない事だった。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[10374] 『紫檀菖蒲』 前編(3)を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 10374.jpg 投稿日:(2017-10-17T19:48) (Tue)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
官能小説 『紫檀菖蒲』前編(3)(ひとみの内緒話 M・Y様作)を公開しました。

本文抜粋……
鬼人の肉棒の根本には、絞めるタイプのペニスリングが付けられていて、勝手に到達できなくなっている。
だがそれでも抑え切れないのか、先端からはトロトロと精液が溢れ床を濡らす。
部屋の中自体が白い鬼人の部屋に絨毯はなく、白いタイル張りになっているのはこの為だ。
部屋でのプレイで床を汚した場合絨毯だと面倒だからと、鬼人が嫌がったのである。
鬼人の部屋は淡泊だった。
洋服ダンスとアクセサリーのケース。調理用の包丁やナイフの入ったボックス。それに大きめの檻。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[10373] 彼氏と電話させながら寝取りSEXを楽しんだゲスの極みな思い出 投稿者:エッチな電話体験談 10373 投稿日:(2017-10-17T18:46) (Tue)

私が寝取ったある女の子との思い出。
もう15年以上前の事です。

私は当時30代前半。
営業職をしており、時間を見つけては会える女の子を探していました。

http://telsex.no1-love.net/taikendan/

記事編集 記事編集
[10372] 投稿体験談『19歳でまだ未経験の女の子から』 投稿者:愛と官能の美学 10372.png 投稿日:(2017-10-17T18:29) (Tue)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

投稿体験談『19歳でまだ未経験の女の子から』
1話読切り  投稿者 ゆうじ

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。


http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[10371] 日々の妄想を形にして(SM小説) 投稿者:masterblue chibi_kuro2002@yahoo.co.jp 10371.jpg 投稿日:(2017-10-17T17:31) (Tue)

いつもお世話になっております。

本格長編SM小説「新・縄を求めた女」に
第33回(肛姦再び3)をアップしました。

アナルに押し込められたアナルビーズに
電マがつながれて、激しい振動が与えられました。

その振動で、ビーズは震え、アナルを刺激するのと同時に
先端が入っている直腸内では、その先端が踊りまくり
粘膜一枚でつながっている敏感な所まで刺激し
ユミは今まで味わったことの無い快感に翻弄されてしまいました。

そして、アナルビーズが抜き取られた跡には
巌泉の肉の棒が、強引に入り込んできました。

ご訪問をお待ちしています。

http://pettrainer.blog34.fc2.com/


記事編集 記事編集
[10370] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 10370.jpg 投稿日:(2017-10-17T13:25) (Tue)

-----
ちょっとハードな伝奇ノベルス「Night Walkers 1 夜行/百鬼」第5章 第5節をアップしました。
-----
 モロイたちは、声もなく、ぎくしゃくとした足運びで、ミアに近付いてくる。
 何を思うのか、ミアは、まるで詫びるように――それとも、黙祷するかのように、うつむいた。
 その瞬間――モロイたちが、跳躍する。

「ミア!」
 知らないうちに、叫んでいた。
 そして、俺が叫んだときには、ミアも駆け出していた。
 襲来する三体のモロイめがけ、真っ直ぐに。

 何かが風を切る音。
 かすかに月光を反射する軌跡。
 先頭にいたモロイの動きが一瞬止まり、そして、文字通り四分五裂した。

 粘液質の赤黒い血液を撒き散らしながら、いくつもの部品に還元される、生きた屍体。
 大地に崩れかかるその体に、ミアは――まともにぶつかった。
 まるで予想外の動き。

 ばらばらになりながら地面に倒れかかるそれをさらに蹴り飛ばし、いくつかに分断された塊を周囲に撒き散らしながら、そのすぐ後にいた第二のモロイに迫る。

「コオオオオオオオオオオオオ!」

 信じられないことに、モロイが、吠えた。
 いや、それは、急激な動きで肺に残っていた空気が押し出され、腐りかけた喉を通過した音だったのかもしれない。
 ほとんど密着するような距離でもって、ミアは、まるで踊るような足取りでくるりと回転した。

 ぎぎぎぎゅいいいいッ!

 最初は聞こえなかった、肉に糸が食い込み、裂断する音が、幾重にも重なって響く。
 ごぱっ、と音をたてて、第二のモロイが、地面に水平な線でもって、十幾つの肉片に輪切りにされた。

 二体分のモロイだったものが地面に転がる。
 そして、それらは、数秒後に、小さな音をたてて燃え上がり――灰となって、風に舞った。

 最後のモロイが、大きく跳躍して距離を開ける。
 ミアが、スカートの裾を翻しながら、それに追いすがった。
 その体は、返り血すら浴びていない。

 俺の動体視力は、その動きを捕捉するだけで精一杯だ。
 そしてミアは、モロイのかなり手前で、大きくその細い腕をふるった。

 モロイが、獣のように四つん這いになり、飛来する必殺の糸をかわそうとする。
 しゅぱ、と鋭い音をたてて、モロイの頭の上半分が吹っ飛んだ。
 だが、モロイの動きは止まらない。

 それに対し、さらに糸を繰り出そうというのか、ミアは、左手で何やら腕輪を操作しながら、右手を大きく振る。
 が、俺にはその動きが、ついさっきよりもひどく精彩を欠いているように見えた。

 そして――苦しげに眉を寄せた、ミアの表情。
 そんなミアに向かって、第三のモロイが走る。
 目を失い、耳も機能しているとは思えないのに、驚くほど正確に。

 ミアの様子が、おかしい――。
 俺は、考えるより先に、走り出していた。
 とうてい間に合うとは思えない――が、そんなことを思うのは、半ばまで走ってからだった。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[10369] 「狙われた母娘」更新です 投稿者:未知の星 10369.jpg 投稿日:(2017-10-17T12:02) (Tue)

お世話になってます」未知の星」の赤星です。

今回は「狙われた母娘」第12話をアップしました。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。

http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[10368] ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #217』作:ハーレクイン 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 10368.gif 投稿日:(2017-10-17T07:27) (Tue)

------------------------------------------------------
「ぐぉ」
「げぶ」
「ご、ぼぉ」

 勢い込んで兵部の男根を口一杯に頬張る恭子(のりこ)はやはり、巨大なをのこ(男)の茎を持て余した。
 兵部の男根は更に大きさを増したようである。
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[10367] 官能小説『ミニスカノーパンで花見』 投稿者:愛と官能の美学 10367.jpg 投稿日:(2017-10-16T22:39) (Mon)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『ミニスカノーパンで花見』
恵里 OL 27才 
1話読切り 赤城ポポ作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[10366] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 10366.jpg 投稿日:(2017-10-16T20:37) (Mon)

-----
妖魔に係わる淫靡なファンタジー「巡査長 美咲」第1章 第1節をアップしました。
-----
「今、私のお尻、触ったでしょ。セクハラ容疑で逮捕します」
「うそつけ、腰だろう、腰。なんだよ、美咲ちゃんのお尻はくびれたところに付いてんのか?」

「あ〜〜、わいせつ容疑で逮捕します!」
「そんなこと言ってねーで、行くぞ! 近いから歩いて行くからな」

 さっさと出て行く山科に、美咲は慌ててお茶を載せたお盆を課長のデスクに放り投げ、カバンをひったくる様に取ると慌てて出ていった。

「美咲君、マンションプレジデントって知ってるか?」
「いえ、知りません。なんとなく偉そうな名前ですね」

「あ〜、有名人ばかりが住んでる超高級マンションだ。
 そんなマンションで死体が出たなんて、マンションの価値が下がるな」

「山科係長って、そういうふうに物事を見てるのですか?」
「いや、別に、フッとそう思っただけさ。超高級マンションの値段が下がっても僕には全然関係ないからね」

 ものの7、8分でマンションに着く。
 15階に上がると近くの交番からの巡査が待機していた。

「ご苦労様です。高輪署の山科です。こちらが同じく美咲。中の様子はどうですか?」
「特に荒らされた形跡はありません。第一通報者の高橋さんが今、マンション管理人室で待機してもらっています。現場は出来るだけ荒らさないようにしました」

「ありがとう、適切な処置です。とりあえずガイシャを見せてもらえますか」
「こちらです」

 巡査は先導し、リビングからベッドルームに続く部屋に案内した。
 が、ベッドルームの扉の前に立ち、中には入ろうとせず「この中です」とだけ伝えた。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[10365] 「引き裂かれた白衣」更新です 投稿者:赤星直也のエロ小説 10365.png 投稿日:(2017-10-16T17:28) (Mon)

お世話になってます、赤星直也です。
今回は「引き裂かれた白衣」第32話をアップしました。

「本当に看護婦なのか?」客は、信じられないと言った顔つきで乳首も吸う。
「今度、会員制の病院を作ることになって…」奈美は上擦った声で話していく。
「医者も、素っ裸か?」
「勿論よ。皆、女性で、この姿でお迎えしますから」
「いいね、こんな姿なら」満足そうな顔で淫裂を撫でて「会員になって上げるから、抜かせてくれな
いか?」
「こ、ここで、ですか?」
「そうだ、ここでだ。あそこでも、やっているじゃないか」技師の1人が、膝に跨り腰を振っていた。
「やるけど、膣の中には絶対に出さないでよ。出したら責任取るせるわ」
「わかっているよ、出そうになったら、言うから」ズボンとパンツを引き下げ股間を露わにした。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[10364] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 10364.jpg 投稿日:(2017-10-16T13:24) (Mon)

-----
「ラブホでJAFを呼んでしまった恥ずかしい話」第1節をアップしました。
-----
 目的のラブホにたどり着くのに案外時間がかかり、ホテルに着いた頃はすっかり陽が暮れていた。

「やっと着いたわ〜」
「意外と時間が掛かったなあ」
「何かおなか空いちゃった〜」

 奈々子がそう呟きながら、ショルダーバッグを肩に掛け、クルマから下りた。
 僕はエンジンを切りながら、窓の外に見える奈々子の下半身を見つめた。

 ミニスカートから覗くスラリと長い脚がまぶしい。
 ガラス越しに奈々子の脚を眺めていると、彼女が腰を屈め微笑みながら呟いた。

「どこを見てるのよ〜、エッチなんだから〜」

 彼女の視線に、早くも燃え立つ己のよこしまな心を見透かされたようで、僕は照れ笑いを浮かべるしかなかった。

 僕は運転席のドアから車外に出た。
 ドアを閉める。

(バタンッ)

 奈々子が僕の腕に腕を絡めてきた。
 ラブホに入るときのいつもの仕草だ。

 次の瞬間、僕は鍵を挿し込んだままドアをロックしてしまったことに気づいた。

「わあっ〜〜〜〜〜!!」
「ど、どうしたの?」
「鍵を、鍵を挿したままロックしてしまったぁ!!」
「そ、そんなぁ!! スペア持ってないの!?」
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[10363] 読み切り小説をアップしました 投稿者:未知の星 10363.jpg 投稿日:(2017-10-16T12:10) (Mon)

お世話になってます「未知の星」の赤星です。

今回は読み切り小説「少子化防止法第7条」をアップしました。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。

http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[10362] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2370★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 10362.gif 投稿日:(2017-10-16T07:32) (Mon)

------------------------------------------------------
「先輩、すっかり惚れられちゃいましたよ。
 ほんとにいい加減なやつ。
 ナナミちゃんはどうするのよ?」
「どうもしてないよ」
「したじゃない。
 靴の中に、射精。
 まずは、ナナミちゃんに謝るのが先ね」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[10361] 官能小説『生保レディめぐみ』 投稿者:愛と官能の美学 10361.jpg 投稿日:(2017-10-15T21:28) (Sun)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説(凌辱)『生保レディめぐみ』
第4話 哀願空しく  
Shyrock作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集

pagetop PAGE TOP

- ClipBoard v4.02 -
++ Edited by Hamel ++