H小説アップデート掲示板

【官能小説更新情報】 H小説アップデート掲示板

ご来訪いただきありがとうございます。※ご利用前に「留意事項」を必ずお読み下さい。
弊掲示板は小説サイト様や小説作家様からの最新情報が毎日公開されています。お好みの小説探しに是非お役立て下さい。
(この掲示板は「ましゅまろくらぶ」のコンテンツです)

 おすすめ小説サイトご案内   掲示板 相互リンク   メンテナンス情報 


↓ ↓ ↓ 【新作 ・ 連載作品 更新情報】 ↓ ↓ ↓
[16416] 官能小説『惠 蒼い教室』 投稿者:愛と官能の美学 16416.jpg 投稿日:(2020-03-29T22:04) (Sun)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『惠 蒼い教室』
(キーワード;ラヴ)
第6話「土曜日は家に誰もいないの」 Shyrock 作 

 惠の哀願などお構いなしに、激しく律動を繰り返すリョウ。
 ぴちゃぴちゃ、ぬちゅぬちゅ……惠の蜜壺が肉柱でかきまわされる。
 淫らな音が教室内に響く。
 だらしなく開いたままになった、愛くるしい惠の口。
 美味しそうなよだれが、糸をひいて垂れる。
 惠の形のよい乳房が、ぷるんぷるんと大きく揺れる。
 惠の美しい尻の肉が、ぴくんぴくんと震える。
「あう……ぅ……ぃ…い…くぅ……」
 惠の四肢がまた大きく痙攣する。官能の大波が惠を包み込む。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[16415] 更新しました 投稿者:官能文書わーるど 16415.jpg 投稿日:(2020-03-29T12:50) (Sun)

投稿小説
『ありさ ふきふき幽霊』第1話.作者.Shyrockさん。
『20才、焼き鳥男子』作者.もそえさん。
『寝取られ男の復讐』第28話.作者.二次元世界の調教師さん。
『ずっと愛してます3』第11話「ご褒美」作者.羅衣さん。

http://kannou.world.coocan.jp/


記事編集 記事編集
[16414] 「女だらけの学園」更新です 投稿者:赤星直也のエロ小説 16414.jpg 投稿日:(2020-03-29T11:46) (Sun)

いつもお世話になってます「赤星直也のエロ小説」です。
今回は「女だらけの学園」第2話をアップしました。

浴槽で体を温めていると、校舎での事が思い浮かんでくる。
(どうして、生徒の前で素っ裸になったんだろう。それに写真も撮られたし…)思い出すと肉竿が膨らんでくる。
「やらないぞ。さっきやったから、もうやらない!」自分に言い聞かせ、浴槽から出てタオルで拭くが「まだ元気だな、収まってないし」肉竿が水平になったままだ。

 (不潔だわ。オチンチンを堅くして)(そうよ、セックスしか考えてない証拠よ)カメラを持った2人が、隙間から撮っていく。
「ピン、ピン!」小さな電子音だから後藤は気づかない。

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[16413] 初投稿です。 投稿者:うみ0930 16413.jpg 投稿日:(2020-03-29T08:56) (Sun)

初めまして、うみ0930と申します。
実体験を基に官能小説風に書いたり、架空設定で書いたりしてます。
ご意見ご感想いただけたら嬉しいです。
毎日更新を目指して頑張ります。
====================================================
会話の流れから彼女に誘導されて、私は裸でベットに入る。
後からミュウちゃんも裸でベットに。
この後どうなるんだろう・・
本音はやったことないレズプレイに嫌悪感を感じ、少しビビッている。
キスを求めてくる彼女に優しさの意味で唇を合わせて・・
私の口内に侵入してくる彼女の下をレロレロ・・
====================================================
http://umi0930.blog.fc2.com/


記事編集 記事編集
[16412] 「時を巡る少女」更新です。 投稿者:未知の星 16412.jpg 投稿日:(2020-03-29T07:14) (Sun)


いつもお世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回はとっきーさっきー様作「時を巡る少女」第26話をアップしました。

「見てよ、翔くん。もうお昼なのに、まだ火事のニュースをやってるよ」
「おぉ、すげえカメラの数だな。ということは、あのままホテルに残ってたら俺も美
桜のテレビの人になれたりして」

 「えぇっ、そんなの嫌よ。髪の毛大爆発みたいな頭で全国中継だよ。ダメダメ、女
の子はね、ちゃんと身だしなみを整えてからでないと」
美桜と翔吾は、病院のロビーでテレビを見ていた。

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[16411] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★3007★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 16411.gif 投稿日:(2020-03-29T06:51) (Sun)

------------------------------------------------------
 万里亜と女教授の契約に立ち合ってから、もう1ヶ月が過ぎようとしていた。
 雨も少なく、爽やかな秋が続く。
 由美は、ことのほか秋が好きだった。
 拳法を習っていたので、夏の汗まみれの稽古は辛かった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[16410] 官能小説『もえもえ 糸巻きクリマキ』(完結) 投稿者:愛と官能の美学 16410.jpg 投稿日:(2020-03-28T08:20) (Sat)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『もえもえ 糸巻きクリマキ(改)』
(キーワード:ファンタジー) 
第5話(完結)「白い液体は目覚めの薬」 Shyrock 作 

 シャイロットはすっと長くて細い脚をもたげ、仰向けに寝かせ変えました。
 透き通るように白い下腹部が見えました。
 その下には僅かなブラウンの縮れ毛が見えました。
 さらにその下を覗くと、くっきりとした一本道のような割れ目が見えました。
 シャイロットはちょっと触ってみたくなり、割れ目に沿って指を這わせました。
 少しの間優しく擦っていると、次第にトロリとした透明の水が湧いてきました。
 透明の水があまりにも美味しそうなので、ちょっと味わってみたくなりました。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[16409] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★3006★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 16409.gif 投稿日:(2020-03-28T06:47) (Sat)

------------------------------------------------------
 犬として由美に曳き回された公園では、必ず脱糞を強いられていた。
 いや。
 “強いられた”は、言い訳に過ぎない。
 浣腸を施されていたわけでもないのだ。
 自らの意思で、普通便を排泄したのだ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[16408] 官能小説 『小夜子』(再連載) 投稿者:愛と官能の美学 16408.jpg 投稿日:(2020-03-27T21:44) (Fri)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『小夜子』
(キーワード:ラヴ) 
第1話(完結)  真理子様 作 

店のドアを押すと、例の小夜子という女性が振り向き、
「あら!いらっしゃい!」
店には誰もいなかった。
どうやら、今まで客がいたらしく、テーブルの片付けをしていたらしい。
「ママは?」(俊介)
「今日はお休み。なんか風邪をひいたらしくて..」(小夜子)
「あ、そう」(俊介)
「健志さんは今日何かあったんですか?」(小夜子)
「会社の宴会があって、社員達はカラオケに行ったけど、僕は暇だから」(健志)
「もしかして、健志さんって会社オーナーなの?」(小夜子)

読者様のリクエストにより再連載しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[16407] 日々の妄想を形にして(SM小説) 投稿者:masterblue 16407.jpg 投稿日:(2020-03-27T21:15) (Fri)

いつもお世話になっております。

本格長編SM小説「熟女奴隷桜香・収穫」の連載を始めて、その第1回をアップしました。

能代の隠れ家で、調教されてマゾ奴隷として開花した桜香は、
その後何回か能代との濃密な時間を過ごして、さらに花を大きく開いてきました。

そんなある日、二人はまた隠れ家にやって来ていました。
そこで、桜香は「午後客が来る」と告げられて、
その心構えをするために、午前中に能代に調教されることになりました。

その日は和服ではなく、ブラウスとスカートで来ていた桜香は、
能代の手で、着衣のまま後手に縛りあげられて、頭から伸縮性の布で出来た全頭マスクを被せられてしまいました。

http://pettrainer.blog34.fc2.com/


記事編集 記事編集
[16406] 官能小説『哀れみの女刑事』 投稿者:愛と官能の美学 16406.jpg 投稿日:(2020-03-27T20:48) (Fri)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『哀れみの女刑事』
(キーワード:凌辱) 
第8話 「囚われた良子」  赤星直也様 作

「今やりますよ」服を脱ぎ終えた鈴木は背中に抱きつき乳房から揉み出す。
「入れないで。お願いですから、入れないで…」何も出来ない良子は首を振るだけだ。
「そうは行きませんよ、今までの事をオ○ンコで償って貰わないとね」肉竿を掴んで、開いた淫裂に押し込んだ。
「う、う〜!」狭い膣が広げられて、痛みで呻き声を上げ、涙が流れ出ている。
「それくらいでどうするのよ。もっと奥まで入るのよ」その通りで、肉竿がなおも入り込んで来た。
「やめて。もう入れないで〜!」体を震わせている。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[16405] 「女だらけの学園」連載開始です 投稿者:赤星直也のエロ小説 16405.jpg 投稿日:(2020-03-27T11:59) (Fri)

いつもお世話になってます「赤星直也のエロ小説」です。
今回から「女だらけの学園」の連載を開始しました。

「あれ、静かだな。帰ったのかな?」校庭で練習していた生徒がおらず、静まり返っ
ている。
変に思いながら、後藤は校舎に入り事務室を覗いても誰もおらず、職員室にも誰も
いない。

 「おかしいな。どこに行ったんだろう?」静まり返った校舎の中を歩くと「う、う、
う!」すすり泣く声が聞こえる。
(教室からだ)何事かと思って歩き、覗くと(素っ裸だ。確か、英語の咲子さんだ!)
乳房を揺らせ、絨毛を晒したまま立っており、その前では男生徒も全裸になっていた。

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[16404] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★3005★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 16404.gif 投稿日:(2020-03-27T06:00) (Fri)

------------------------------------------------------
 こんな形で他人の性行為を覗いていることに、激しい昂奮を覚えた。
 女教授の店でも、似たようなシチュエーションは体験していたが……。
 あそこはあくまで、覗かせるのが目的の店だ。
 しかし今、覗いているのは、ありふれた日常に開く裂け目だった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[16403] 『体育教師の憂鬱』を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 16403.jpg 投稿日:(2020-03-26T18:11) (Thu)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『体育教師の憂鬱』(愛と官能の美学 Shyrock様作)を公開しました。

本文抜粋……
普通の女子生徒の中途半端な成熟が、競泳水着に隠れていると、どこを見ていいのか分からない。
紺色の競泳水着がこれほど似合わない人種はいない。
後ろから見ると、運動不足のけつが水着姿からやや垂れ気味。
けつの割れ目が股の方に続いている。
前から見ると胸のパットに収まりきれない大きなおっぱい。くびれた腹。そして大根のような太い股の付け根がやや膨らんでいる。成熟した性器を想像させた。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[16402] 官能小説『人妻イヴ 愛のレッスン』 投稿者:愛と官能の美学 16402.jpg 投稿日:(2020-03-26T11:21) (Thu)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『人妻イヴ 愛のレッスン』
(キーワード:婚外恋愛) 
第6話「Gスポットマッサージ」 Shyrock 作 

 布越しではあるが、指は窪んだ部分にぐいっと食い込んだ。
「はふぅん……そ……そんなぁ……そこは…そこは……ちがぅ……」
「いいえ、違いません。ここは大事なツボです。僕に任せておいてください」
 そうつぶやくと、社本の指はぐいぐいと布に穴が開くのではないと思えるほど強く突き進んだ。
 グチュグチュと湿った音が聞こえる。
「あれ?早乙女さん、どうしてこんな音がするのですか?」
「だってぇ……」
 イヴは顔を紅く染めている。
 社本は手を緩めない。
「湿った音がする原因を確かめないといけないですね、早乙女さん。仕方がない、この小さな布切れを取って調べてみましょう」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集

pagetop PAGE TOP

- ClipBoard v4.02 -
++ Edited by Hamel ++