H小説アップデート掲示板
<PR広告>


 テレビや雑誌で紹介され、話題沸騰。 美容と健康のリーディングカンパニー「レダ」
 美容、コスメ、ファッション、雑貨・・・キレイを応援する通販サイト[スウィートプラザ]

【官能小説更新情報】 H小説アップデート掲示板

ご来訪いただきありがとうございます。※ご利用前に「留意事項」を必ずお読み下さい。
弊掲示板は小説サイト様や小説作家様からの最新情報が毎日公開されています。お好みの小説探しに是非お役立て下さい。
(この掲示板は「ましゅまろくらぶ」のコンテンツです)

 おすすめ小説サイトご案内   掲示板 相互リンク   メンテナンス情報 


↓ ↓ ↓ 【新作 ・ 連載作品 更新情報】 ↓ ↓ ↓
[9098] 官能小説『人妻あや 悪夢の別荘地』 投稿者:愛と官能の美学 9098.jpg 投稿日:(2017-03-19T21:45) (Sun)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『人妻あや 悪夢の別荘地』
第9話 紫のディルド Shyrock作

笠原はあやの背後に回り込み太股を平手でピシャリと叩いた。
「足を開け」
あやは膝をぴったりと閉じ合わせたまま開こうとしない。
「開かねぇなら俺が広げてやるぜ」
笠原はあやの太股の内側に自身の長い足をこじ入れ無理やり押し広げた。
むっちりとした太股が大きく広げられ、三人の視線が一斉に無毛の秘所に注がれた。
「旦那よ、今度はあやさんが下の口でナスを食べるところを真正面から見物させてやるぜ。
がはははは〜」
「じゃあ私はクリちゃんをいじめちゃおうっと」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

(画像はあやさん)


記事編集 記事編集
[9097] 女性読者が巨根男性との体験談を告白、投稿されました 投稿者:巨根野朗 9097.jpg 投稿日:(2017-03-19T20:59) (Sun)

『逞しい黒人さんとセックスしてみたい』
----------
結婚してもう6年経つけど、旦那との夜の生活に全然満足してません。というか不満だらけです。
早いからあっという間におしまいなの…今まで一度も3分以上もったことのない早漏なんです。

男性器ってそんなに大きくもないし、別に入れられてもそんな気持ちよくないんですよね。
----------
続きはこちら
http://kyokonyarou.blog.fc2.com/


記事編集 記事編集
[9096] ★ブスでマゾな変態女 投稿者:変態小説 9096.jpg 投稿日:(2017-03-19T19:37) (Sun)

お世話になっております変態小説です。

《新作》「雌豚肉便器2」

《あらすじ》
私は変態女です。
いつも会社のオヤジ達に肉便器にされて悶えているブスでマゾの雌豚です。
そんな私ですが、誰か虐めてください。

http://gujin0281.blog4.fc2.com/blog-entry-1378.html


記事編集 記事編集
[9095] 『時を巡る少女〜アナタのためならエッチな女の子になります』 第20話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 9095.jpg 投稿日:(2017-03-19T17:25) (Sun)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『時を巡る少女〜アナタのためならエッチな女の子になります』 第20話を公開しました。

本文抜粋……
「わたしね、前から気になっていたの。アソコの毛がちょっと毛深いかなぁって」
「そ、そうかな? 俺的には普通だと思うけど」
「でも男の人って、ツルツルのアソコに興味あるんでしょ?」
「ま、まぁ……無いと言ったら嘘になるかな」
「えっとね、わたしの友達なんだけど、アソコに全然毛の生えていない子がいるの」
「それって、パイパン?」
「そう、パイパン。初めて出会った時は、わたしその子が大嫌いで、でも……」

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[9093] 日々の妄想を形にして(SM小説) 投稿者:masterblue chibi_kuro2002@yahoo.co.jp 9093.jpg 投稿日:(2017-03-19T14:06) (Sun)

いつもお世話になっております。

本格長編SM小説「新・淫悦への調教」に第31回をアップしました。

舞子は結局男の肉塊から迸り出るものを
全て飲み干す羽目になってしまって、
これも、奴隷の嗜みだと決めつけられてしまった。

その後、台の上に仰向けに寝かされ、
手を脚の方に引かれて固定され、
脚は膝を頭の方に引かれて縛られて、
大きく開いた股間は、
何もかも丸出しにされてしまった。
看護婦の由香が新しい調教をすると言い、舞子を脅した。

ご訪問をお待ちしています。

http://pettrainer.blog34.fc2.com/


記事編集 記事編集
[9092] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 9092.jpg 投稿日:(2017-03-19T13:57) (Sun)

-----
それはペットではない!漆黒の首輪を嵌められた少女「闇色のセレナーデ」第13章第2節をアップしました。
-----
「うふふ、今おじさんったら、ブルブルってしたでしょ? ホント、気が小さいんだから」
「あ、いや……俺はそんな……それよりも千佳ちゃん、本気でその格好のまま……?」

 卓造のまぶたに浮かんだのは、全裸のままスクールバッグを開ける千佳の姿だった。
 そのバッグの中を興味本位に覗いた卓造は声を失った。

 学生という立場上必要な教科書とノートを脇に追いやって、主役のように収まっていたのは大人の玩具だったのである。
 それも大量に。

 大小様々な大きさのバイブから、ビー玉のような丸い球体が数珠つなぎになったアナル用バイブ。
 更には、本来の使い方から逸脱した電動マッサージ機まで。

 千佳は卓造の目が注がれているのを知っても、特段嫌がる素振りは見せなかった。
 どうせ和也に命じられてのものだろうが、諦めの表情を浮かべたままスクールバッグの中を掻き回し、手頃なサイズのバイブとアナルバイブを選び出していた。

 卓造の勃起したペニスと同レベルだろうか?
 千佳はそのバイブを口に咥えると、丹念に舐め回していた。
 まるでフェラチオをするように舌を鳴らして唾液を塗すと、濡れた先端を股間に宛がい一気に挿入させる。

 さすがにその時ばかりは、整った顔立ちを歪めて軽く呻いてみせたが、膣奥にまで突き入れると何でもない表情をしてみせた。
 そしてアナルバイブも同様の手順で、お尻の穴に埋めたのだった。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[9091] 聖なる日の贈り物 更新です 投稿者:未知の星 9091.jpg 投稿日:(2017-03-19T09:02) (Sun)

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「聖なる日の贈り物」第14話の案内です。

優柔不断で頼りない僕だけど……
今まで、嫌なことや辛いことから頭を抱えて逃げ回っていた僕だけど……
僕と同じように涙ぐむ佐緒梨を見て、僕の身体の下で僕の全てを受け入れてくれた佐
緒梨を愛おしくて、命を賭けてでも守るべき人だと確信して……

そうしたら、下着姿のまま通路に飛び出していた。
部屋の中から佐緒梨の悲鳴に似た声が聞こえたけど、そんなの無視して、白いスーツ
の男の前にパンツとランニングシャツの姿で立っていた。

とっても怖いけど。
でも、とっても怖いおじさんから佐緒梨を守ろうとして。

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[9090] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2219★ 投稿者:Mikiko#39;s Room mikikosroom@goo.jp 9090.gif 投稿日:(2017-03-19T08:16) (Sun)

------------------------------------------------------
「そこに入れてみたくない?
 お××××を」

 中学生は、再び視線を指先に戻した。
 そして、大きくうなずいた。

「よし。
 ここじゃ難しいから、あっちの芝生に行こう」

 園路を囲む植えこみの向うに、芝の広がりがあった。

※本編に伏せ字はありません。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[9085] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 9085.jpg 投稿日:(2017-03-18T21:11) (Sat)

-----
ハードSM小説「鮮血の日記 2」第7話第4節をアップしました。4
-----
「私が直接手にかけたのは、47人。あなたと同じ、あるいはそれ以下の年齢の人たちも、28人殺しています」

「そ、それじゃ、あの噂も本当なのか……? お前が人肉を食べ、人血をワインに混ぜて飲んでいるっていう噂も……!?」
「ワインに混ぜたことは、ないですね。人の肉を焼いて、血をソースに使ったことはありますけれど」

 淡々とした、感情のこもらない単純に事実だけを告げる口調のミレニアの言葉に、バドが表情を青ざめさせる。

「こ、この、悪魔! お前は人間じゃない! 本物の、悪魔だよ!」
「私のことはどうでもいいんです。誰に頼まれて私を殺そうとしたのか、話してもらえますか?」

 バドの罵声を、気にもとめずにミレニアがそう問いかける。
 ギリッといったん奥歯を噛み締めたバドが、ふんっと小さく鼻を鳴らした。

「おいらを殺しても、無駄だよっ! お前のことを殺そうとする人間は、これからもたくさん現れる。お前のことを嫌いな人間はいくらでもいるけど、お前のことを好きになる人間なんて、いるはずがないんだからっ!」
「クリシーヌ。コウノトリを、用意してください」

 バドの言葉に鞭を振り上げたクリシーヌに視線を向け、ミレニアがそう言う。
 は? と、小さく声を上げて振りかえるクリシーヌへと、左手で前髪を掻きあげながらミレニアが繰り返した。

「聞こえませんでしたか? コウノトリを、用意してください」
「は、はぁ。分かりました。少しお待ちください」

 釈然としないような表情でクリシーヌが一礼し、部屋から出ていく。
 視線をバドの方に戻すと、ミレニアは唇を僅かに歪めた。

「私のことを好きになるような人は居ない、ですか。以前にもそう言われたことはありますし、自分でもそう思いますけど……」
「な、何だよ……」

 僅かに笑みを浮かべ、そう呟くミレニアのことを怯えたような表情を浮かべてバドが見返す。
 くすくすと、小さく笑いながらミレニアはバドのことを見つめた。

「でも、不思議なものですね。あなたに言われると腹が立ちます。あの人に言われた時は、悲しいのが先に立って、怒りはほとんど感じなかったんですけど」
「う、うわああぁっ」

 ゆっくりと歩み寄ったミレニアが左手でバドの髪を掴み、右の人差し指を伸ばして彼女の左目に突き立てた。
 悲鳴を上げるバドの目を指でぐりぐりとえぐり、鮮血の筋を彼女の頬に伝わせるミレニア。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[9084] ★ブスでマゾな肉便器 投稿者:変態小説 9084.jpg 投稿日:(2017-03-18T19:37) (Sat)

お世話になっております変態小説です。

《新作》「雌豚肉便器1」

《あらすじ》
私は変態女です。
いつも会社のオヤジ達に肉便器にされて悶えているブスでマゾの雌豚です。
そんな私ですが、誰か虐めてください。

http://gujin0281.blog4.fc2.com/blog-entry-1378.html


記事編集 記事編集
[9083] SM小説『悪魔の集う家』 投稿者:愛と官能の美学 9083.jpg 投稿日:(2017-03-18T15:59) (Sat)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『悪魔の集う家』
第6話 壊されていく思い出 とっきーさっきー作

わたしは裸のままで、お義母さんにすがり付いていた。
お母さんが残してくれた想い出の品を守ろうとして。
でも声は上げられない。
隣には何も知ることができない孝太がいるから。
ジョキ、ジョキ、ジョキ……ジョキン……
洋バサミなんて使ってなさそうな雑な手捌きで、遥香のワンピースが切断される。
お母さんが遥香のために作ってくれた花柄のワンピースを、お義母さんが面白半分に壊していく。
コツ、コツ、コツ、コツ……

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[9082] 更新しました 投稿者:官能文書わーるど 9082 投稿日:(2017-03-18T14:22) (Sat)

投稿小説
『週2カップル』(完結)作者.もそえさん。
『ずっと愛してます2』47.作者.羅衣さん。
『処女有美 蹂躙』「優斗の場合9」作者.露稟さん。
『堕(おと)された完熟桃』12.作者.極楽とんぼさん。

http://kannou.world.coocan.jp/

記事編集 記事編集
[9081] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 9081.jpg 投稿日:(2017-03-18T13:48) (Sat)

-----
憧れの先輩との過激なお遊び「コートを脱いで昼食を」エピローグ 第1節をアップしました。
-----
「ねえシーナさん? よかったらレジ裏の部屋、使います?」
 ショーウインドウの向こう側の視線がもたらす、羞恥の愉楽に浸りきっていた私の頭の片隅に、純さまのくぐもったお声が侵入してきました。

「だってナオコったら、さっきからずっとだらしなく口開けっぱのアヘ顔で、サカリっぱなしですよ? こんなんじゃいったんイかせてあげないと、おさまりつかないんじゃないかと思って・・・」
 純さまの呆れたようなお声が、私の後方から聞こえていました。

「そうねえ。だけどこの状態の直子はもはやケモノなのよねえ。下手にどっかまさぐったら凄い声あげるわよ? ドア閉じたって絶対ヨガリ声が店内に響いちゃうだろうから、今以上にお店に迷惑かけちゃうわ」
 シーナさまの、多分に軽蔑を含んだ、でもなんだか愉しそうなお声が応えました。

「シール貼っているあいだ中、お尻の穴がヒクヒク蠢いているのだもの、なんだかこっちのほうが恥ずかしくなっちゃいましたよ」
 桜子さまも呆れ果てているご様子。
 私の意識が徐々に現実に引き戻されました。

「だからまあ、直子の後始末はわたしが責任もってどうにかするわ」
 シーナさまのお声が聞こえたと同時に、私のお尻がパチンと勢いの良い音をたてました。

「ああーんっ!」
「ほら直子、いつまでわたしたちにいやらしいお尻突き出している気なの? まだ視られ足りない? シールはもうとっくに終わっているわよ? さっさとこっち向きなさい」
「あ、はいぃ」

 前屈み気味だった上体を起こしつつ、シーナさま、そしてギャラリーのみなさまのほうへ恐る恐る向き直りました。
 途端に私の顔面めがけて、みなさまの好奇と侮蔑に満ち溢れた視線の束が襲いかかってきました。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[9080] 拉致された婦警 更新です 投稿者:赤星直也のエロ小説 9080.png 投稿日:(2017-03-18T12:51) (Sat)

お世話になってます、赤星直也です。
今回は「拉致された婦警」第7話の案内です。

淳子と久美が拉致されてから2週間が立った。
有紀と和美もこの屋敷に住み込み8人が一緒に暮らしている。
それに、テレビや雑誌なども次第に乗せなくなって事件は徐々に風化していた。

当然、森脇達もそれはわかっており「今度は稼いで貰うからな。この体で!」乳房を掴みながら言う。
「いやよ、肌を晒すなんて。やらせたら、死んでやる!」
「そうはいかないよ。死んでもいいからビデオに撮っておかないとな」

お時間に余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[9079] 女の子が読むちょっとエッチな小説 投稿者:はるお 9079.gif 投稿日:(2017-03-18T10:05) (Sat)

 
「オムニバス パンチラを覗く男」完了しました。

たまたま見てしまったパンチラ。

それはいつの間にか性癖となり好美の覗き人生が始まる。

今回は最高の獲物を見つけたと思ったら…

ばれた!まずいっっっっ!

宜しければおいで下さい。

http://haruonovels2.blog.fc2.com/


記事編集 記事編集

pagetop PAGE TOP

- ClipBoard v4.02 -
++ Edited by Hamel ++