H小説アップデート掲示板

【官能小説更新情報】 H小説アップデート掲示板

ご来訪いただきありがとうございます。※ご利用前に「留意事項」を必ずお読み下さい。
弊掲示板は小説サイト様や小説作家様からの最新情報が毎日公開されています。お好みの小説探しに是非お役立て下さい。
(この掲示板は「ましゅまろくらぶ」のコンテンツです)

 おすすめ小説サイトご案内   掲示板 相互リンク   メンテナンス情報 


↓ ↓ ↓ 【新作 ・ 連載作品 更新情報】 ↓ ↓ ↓
[13143] 更新しました 投稿者:官能文書わーるど 13143.jpg 投稿日:(2018-11-03T22:45) (Sat)

投稿小説
『調教家族』第1話「受験生の憂鬱」.作者.二次元世界の調教師さん。
『アメリカH紀行 ボクは穀物男』(完結)作者.もそえさん。
『ありさ 土蔵の濡れ人形』第三話「卑劣な罠」作者.Shyrockさん。

http://kannou.world.coocan.jp/


記事編集 記事編集
[13142] 「汚された白衣」更新です 投稿者:未知の星 13142.jpg 投稿日:(2018-11-03T12:09) (Sat)

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「汚された白衣」第6話をアップしました。

 映画は2時間程度で終わり、外に出ると夕方になっている。
「公園か、少し休むか」幼児が遊んでいる。
「依子、子供の前でスカートを捲れ!」その言葉に依子の顔が真っ青になり「許してそんな事したら性器を晒します!」泣き顔に変わった。

 「逆らう気か。だったら、もう知らないぞ!」
「やります、やりますから許して下さい…」泣き顔のまま子供の前でスカートを捲っていく。
「お姉ちゃん、オシッコなの?」淫裂を晒した依子に声を掛けた。

 「そ、そうなの。オシッコなの…」涙が流れている。

お時間に、ゆとりがありましたら、お立ち寄り下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[13141] 愛と官能の美学/ありさ 鰻責め地獄(第二話) 作:Shyrock 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 13141.gif 投稿日:(2018-11-03T07:59) (Sat)

------------------------------------------------------
 まもなく土間の中央に木製の浴槽が備え付けられ、水が浴槽の中程まで注ぎこまれた。さらに浴槽の下には釜がありさらにその下には薪までが用意されていた。
 意図を知らない源五郎は首をかしげ小菅に尋ねた。

「旦那。もしかしてこの女を釜茹にでもするつもりですかい?」
------------------------------------------------------
投稿しました。

Shyrockさんの創作集『愛と官能の美学』は、土曜日(隔週)の投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[13140] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2643★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 13140.gif 投稿日:(2018-11-03T07:49) (Sat)

------------------------------------------------------
「あひぃ」
 志津子の身体が、わたしの下で捩れました。
 陰茎が、志津子の口を跳ね出たのがわかりました。
 咥えていられないのでしょう。
 わたしは、クリトリスを唇で囲い、空気を遮断しました。
 そのまま吸引します。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[13139] あいちゃんからのもらい物 投稿者:愛と官能の美学 13139.jpg 投稿日:(2018-11-02T22:24) (Fri)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

たまてあいちゃんから画像5枚をいただきました。
お手隙の時にお越しください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[13138] 「淫欲の街」更新です 投稿者:未知の星 13138.jpg 投稿日:(2018-11-02T16:56) (Fri)

お世話になってます「赤星直也のエロ小説」です。
今回は「淫欲の街」第36話をアップしました。

 「何だ、気を効かしたか。それでもいいぞ!」下半身剥き出しにすると美香のボタンを外した。
「ここじゃイヤです。見られたら、困ります…」泣きながら抵抗する。
「そんなに、首になりたいのか?」

 そう言われれば「う、う、う」泣きながら力が抜けていく。
「そうだ、それでいい」美香を押し倒し、シャツのボタンも外し、淫裂にも肉竿を押し込んだ。
「ん、ん、ん!」いきなりの挿入に、呻き声を上げる。

 「我慢しろ。直ぐに良くなるから」腰を動かしながら、シャツを広げた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お立ち寄り下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[13137] 官能小説『時遊人倶楽部』 投稿者:愛と官能の美学 13137.jpg 投稿日:(2018-11-02T15:45) (Fri)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『時遊人倶楽部』 
(フェチ・羞恥・サスペンス・時空) 第24話「三度目の決壊」時遊人 優 作

そうこうしているうちに、祐佳の指先が水色のパンティの中にまで入り込み、
美香のアソコを割れ目に沿ってスーっと走った。
「うっ!あ、あぁぁ。。。」
美香が思わず吐息を漏らした。声を抑えることすら出来なかった。
ほんの1、2回。祐佳の細い指先が美香のアソコを表面からなぞっただけ。
それなのに美香は全身に電気が走ったような痺れを感じ、
それが殆ど生理的な反射として声を出させたのだ。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

(画像は「PORNOGRAPH」RIMU様からお借りしています)


記事編集 記事編集
[13136] 「義姉さんは家庭教師」です 投稿者:未知の星 13136.jpg 投稿日:(2018-11-02T12:17) (Fri)

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、二次元世界の調教師様作「義姉さんは家庭教師」第1話をアップしました。

今日の義姉さんはまるで真夏のような格好。
ノースリーブで薄手のシャツに、タイトなデニムのミニスカートと言う刺激的過ぎるお姿に、僕はもう目のやり場に困るなんてものではなかった。
だけどやっぱり僕の方がおかしいのだ。

 血は繋がってないとは言え姉弟なんだから、義姉さんのフェロモンに当てられてチンポを固くしてしまうなんて。
そう、僕はさっき大量に射精して準備していたにも関わらず、悩まし過ぎる義姉さんを前にして性懲りもなく又もや勃起してしまっていたのである。

お時間にゆとりがありましたら、お立ち寄り下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[13135] 官能小説『罠に落ちた人妻』 投稿者:愛と官能の美学 13135.jpg 投稿日:(2018-11-02T11:43) (Fri)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『罠に落ちた人妻』
(キーワード:若妻・不倫・掛罠・露出・ホスト依存) 
第10話「宴会」  赤星直也 作

「どうすれば、いいんですか?」
「四つん這いになるのよ、ここに!」
「わかりました」素直に床の上に四つん這いになった。
「ほら、ここがお尻よ」
「指は入れないで!」
肛門に幸恵の指が入って、絨毛の生えてない淫裂からはみ出た肉襞が、ヒラヒラ揺れていた。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

(画像は「舞ワイフ」曽根里美様からお借りしました)


記事編集 記事編集
[13134] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2642★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 13134.gif 投稿日:(2018-11-02T07:24) (Fri)

------------------------------------------------------
 ベルトのバックルを外す音で気づいたのか……。
 志津子は、顔を上げるとランニングを捨てました。
 再び両腕を畳み、背中に回します。
 ブラのカップが浮きあがり、肩紐が落ちました。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[13133] 『ありさ ミラホスタの夢』 第19話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 13133.jpg 投稿日:(2018-11-01T19:07) (Thu)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『ありさ ミラホスタの夢』第19話(愛と官能の美学 Shyrock様作)を公開しました。

本文抜粋……
シャイははっきりとありさの目に結合部が見えるように、わざと高々とありさを抱え上げ力強く突き上げた。
ピンクの亀裂に肉棒がすごい勢いで突き刺さっている光景が実に淫猥である。
(ぐちゅっ、ぐちゅっ、ずちゅっ、ずちゅっ、ぐちゅぐちゅぐちゅぅ……)
「あうっ、いいよぅ……太いのがぁ…食い込んでるぅ……☆★☆」
「うぉ〜、すごい締めつけ!そんなに締めると持たないよ〜」
「あぁ、あぁん……そんなこと言っても……勝手に締まるんだもの〜、あんあん、あんあん〜☆★☆」

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[13132] 投稿体験談『温泉宿 夫の目前で絶頂へ』 ほか9作品 投稿者:愛と官能の美学 13132.jpg 投稿日:(2018-11-01T15:03) (Thu)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

BN_090 『温泉宿 夫の目前で絶頂へ』 エリンギ
BN_089 『書きながらグチュグチュ』 みかこ
BN_088 『王様ゲームで「セックスしろ」と命令されて』 真弥
BN_087 『芸能人との病院SEX』 知美
BN_086 『長期休暇の誘惑』 まき(27歳)
BN_085 『農家に嫁いでいた彼女』 777
BN_084 『イカサレたわたし』 かおり(23才)
BN_083 『義姉』 Syuji(23才)
BN_082 『年下の彼とのセックス』 つたこ(人妻42歳)
BN_081 『幼稚園児のパパと』 ちずる


を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[13131] 「人妻衣葡 黒い淫略」更新です 投稿者:未知の星 13131.jpg 投稿日:(2018-11-01T11:52) (Thu)

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、Shyrock様作「人妻衣葡 黒い淫略」第6話をアップしました。

衣葡がむきになって取り返そうとするのを合図に、俺たち三人は一斉に襲いかかり、
担ぎ上げて寝室のベッドに放り投げ、必死で逃れようとするのを押さえ付け衣類をひ
ん剥いた。

 「ひっひっひ、奥さん、この前のように、いい声で泣かしてあげるよ。楽しみにしてな」
まず正気の衣葡をむりやり犯して、抵抗心を喪失させることが先決だ。

 この前と違って正常な意識の衣葡を犯すことは、前回とは違う『犯し甲斐』というものがあった。
男三人にガッチリ押さえ込まれ凌辱される恐怖と、夫の二倍以上ある俺達のモノで挿し抜かれる苦痛……

お時間に、ゆとりがありましたら、お立ち寄り下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[13130] 官能小説『白雪百合』 投稿者:愛と官能の美学 13130.jpg 投稿日:(2018-10-31T22:15) (Wed)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『白雪百合』 
(キーワード:ライトホラー・レズ・女教師・下僕)前編(3) M・Y 作 

「ぉ…お願いします…ッ…この玩具で…私めのいやらしいアナルを…可愛がってくださぃ…ッ」
「…自分でどうぞ?」
渡されたバイブを手に取り、ゆっくりとアナルに挿入する。
弱とはいえ振動を続けるそれのせいで、上手く入れられない。入口を刺激されるだけで、喘いでしまいそうになる。
「ァッ…くぅ…」
それでも、一気に奥まで飲み込む。その途端だった。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[13129] 「淫欲の街」更新です 投稿者:赤星直也のエロ小説 13129.jpg 投稿日:(2018-10-31T12:26) (Wed)

お世話になってます「赤星直也のエロ小説」です。
今回は「淫欲の街」第35話をアップしました。

車の中で、するんですか?」妙子は信じられないと言った顔つきだ。
「そうだ。走りながらオ○ンコを剃る。早く脱げ!」

 「見られます。大勢に…」泣きだしてしまった。
「別な場所なら、いいと言っただろう。早く脱げ。それとも、警官を首になりたいのか?」
「脱ぎます。ですから、秘密に…」それだけ言うと、スカートを引き下げていく。

 「いいね、そのパンツもいいよ」黒みを帯びたスケスケのパンティが現れた。
妙子はそのパンティを掴んで引き下げた。
「これで、よろしいでしょうか?」涙を流しなら淫裂を晒している。
「そうだ、それでいい!」絨毛にスプレーを吹き掛けた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お立ち寄り下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集

pagetop PAGE TOP

- ClipBoard v4.02 -
++ Edited by Hamel ++