H小説アップデート掲示板
<PR広告>


 テレビや雑誌で紹介され、話題沸騰。 美容と健康のリーディングカンパニー「レダ」
 美容、コスメ、ファッション、雑貨・・・キレイを応援する通販サイト[スウィートプラザ]

【官能小説更新情報】 H小説アップデート掲示板

ご来訪いただきありがとうございます。※ご利用前に「留意事項」を必ずお読み下さい。
弊掲示板は小説サイト様や小説作家様からの最新情報が毎日公開されています。お好みの小説探しに是非お役立て下さい。
(この掲示板は「ましゅまろくらぶ」のコンテンツです)

 おすすめ小説サイトご案内   掲示板 相互リンク   メンテナンス情報 


↓ ↓ ↓ 【新作 ・ 連載作品 更新情報】 ↓ ↓ ↓
[9078] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2218★ 投稿者:Mikiko#39;s Room mikikosroom@goo.jp 9078.gif 投稿日:(2017-03-18T08:30) (Sat)

------------------------------------------------------
 もう一度、指が上がる。
 再度の指は、迷いなく一直線に伸びた。
 陰唇に触れた。

「ひぃぃ」

 中学生は、今度は指を引っこめなかった。

「もっと上のところを触ってみて。
 ほら、膨れてるところがあるだろ」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[9077] 波瀾のOL 更新です 投稿者:未知の星 9077.jpg 投稿日:(2017-03-18T08:05) (Sat)

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「波瀾のOL」第4話の案内です。

「どうしたの、そんなに怖い顔して」美紀は笑顔で服を脱ぎだした。
「お店はいいんですか?」両手で乳房と股間を押さえて言うと「秀夫がやってくれるんだって。
だから2人で楽しまないと」美紀は下着だけになった。

「でも、高橋さんだけでは大変でしょうから私も手伝わないと」脱がされたパンティを拾い
履こうとすると「1人で十分よ。それとも私が嫌いなの?」持ったパンティを取り上げられた。
「嫌いじゃありません。お店が心配で…」

「だから、大丈夫と言ってるでしょう」美紀は下着も脱いで全裸になった。

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[9075] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 9075.jpg 投稿日:(2017-03-17T20:39) (Fri)

-----
ちょっぴりエッチでラヴラヴな官能ノンフィクション「あんなの日記」第16話をアップしました。
-----
 今日、帰国後初めて彼に会います。ガイドさんとの甘い夜から一週間。彼に悟られずにいられるでしょうか…。

 コンビニでお弁当とお菓子、ジュースを買って、久々のラブホ。
 お部屋なんて選んでる余裕もなく、早くイチャイチャしたいって感じ。
 お部屋に入ってすぐ、荷物を置く間も惜しんでDキス。たっぷり優しく。
 荷物をテーブルに置いて、ソファーに座り、まずは一回目。

 ジャケットを脱がされ、キス。タンクトップの上から胸を愛撫されつつ、左手はパンツの上から感じる所をなぞってる。
 甘いキスで、もう私は大洪水。『あんなちゃん、もうぐちょぐちょだよ』って言われて、ますます濡れちゃった。

 なかなか直に触ってくれないから、自分から下着を脱ぎました。
 私の濡れ濡れおまんこで、彼の我慢も限界。

 私が彼を触る事無くバックで挿入。
 彼がおちんちんを当てがっただけで、にゅるっと入っちゃった。
 一回目から激しく突きまくられ、感じまくりの、声出しまくり。

『あんなすごいよ! あんなちゃんの中すごい! 久しぶりだから?』って。
 なんか一瞬ガイドさんの顔がよぎった。
 心の中で“ごめん、私、他の人としちゃったの”って謝った。

 後ろから突きながら、乳首を摘んでくりくりされ、私は先にイッちゃいました。
 両手で体を支えられず、ソファーにうつ伏せると、彼は私の腰を引き、更に深く…。足はしびれた感じで、おまんこはヒクヒク。
 ゴムを着けてなかったから、彼がイク前に抜いて、素股でイキました。優しいキス、素股、甘い夜を思い出してしまう、一回目が終わりました。

 2人でシャワーを浴びました。私のおまんこを洗ってくれてるのか? 愛撫してるのか分からない彼の指。
『ヌルヌルが取れないよ!?』ってそんな触り方だもん当たり前じゃん!!
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[9074] SM小説『全ての者に愛の手を』 投稿者:愛と官能の美学 9074.jpg 投稿日:(2017-03-17T20:26) (Fri)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『全ての者に愛の手を』
第6章 「堕落する聖職者」(3) ふるふる作 

「はッ…あッ…んんッ…」
控え目のあえぎ声を漏らしながら自慰を続ける炎之花。
やはり一美と同じだ。姉妹なのだからそうだろうと思っていたが、彼女も性欲が人より多いらしい。
その証拠に、段々と指のスピードが上がり、ショーツには淫らなシミが広がっていた。
「はんッあぁ…ぅん…」
更に刺激を求めるようにショーツの中に手を入れ、淫核を擦り始める。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[9073] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 9073.jpg 投稿日:(2017-03-17T11:11) (Fri)

-----
ちょっとハードな伝奇ノベルス「Night Walkers 1 夜行/百鬼」第1章 第2節をアップしました。
-----
 海に面した、再開発地区。
 埋立地の中の、建設途中で放棄されたビルが、佇んでいる。
 白茶けたコンクリートに覆われているのは、下半分だけだ。
 上の方は、太い鉄骨が剥き出しになっている。

 まるで巨人の死骸のようなオブジェ。
 その下に停められたワゴンの中で、夕子は、目を覚ました。

「――!」

 手首を手錠で戒められ、倒されたシートの上に、まるで荷物のように転がされている。
 そんな夕子を、四人の男が囲んでいた。そのうち一人は那須野だ。

「薬が切れたか」 暗い車内に浮かび上がる那須野の白い顔が、にやけた笑みを浮かべている。

「まあいいや。今度は別の薬を使ってやるからな」

 かつて、この顔に少しでも好意を抱いていたことが、夕子には信じられない。
 なまじ顔立ちが整っている分だけ、その歪んだ微笑はひどく醜悪に見えた。

「那須野さん、最初からアレを使っちゃうんですか?」
「ああ。どうせ処女じゃないんだ。最後にうんと感じさせてやろうぜ」
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[9072] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2217★ 投稿者:Mikiko#39;s Room mikikosroom@goo.jp 9072.gif 投稿日:(2017-03-17T07:38) (Fri)

------------------------------------------------------
「背もたれに寄っかかって、両脚を上げて」

 ベンチは、園路にボルトで固定されているので、寄りかかっても倒れることはない。
 先生は、言われるままに体重を背もたれにかけ、両脚を上げた。

「手で抱えて」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[9071] ポエム『黄昏月』ほか 投稿者:愛と官能の美学 9071.jpg 投稿日:(2017-03-16T21:29) (Thu)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

・ポエム2編
『黄昏月』
『血の薔薇』
Shyrock作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[9070] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 9070.jpg 投稿日:(2017-03-16T20:50) (Thu)

-----
女一人のふらり旅、下田の海でのエッチな戯れ「下田の海」第3節をアップしました。
-----
 男の子たちは私も見つけてくれたようで、こっちに向かってマットを持って来ようとしています。長いこと泳げない私は助かりました。

 男の子たちは2人組で、雰囲気、高校生らしい感じの子でした。
 私のところまで泳いでくるとマットを返してくれました。

 私はマットにしがみつきながら「ハァーハァー、ありがとう、・・・、ハァ、ございます」お礼を述べました。

「ン、ア、ホントにありがとう。ハッハァ、ンァ、助かりました」
「良かったですね、でも大丈夫ですか?」

「ちょっとね…、久しぶりに…、真剣に泳いだものだから…、息、あがっちゃって…」
「マットに上がる方がいいですよ、その方が楽だし。マット、持っていますから上がって下さい」

 そういうと男の子たちはマットに体重をかけ、中央部分を海に沈めて上がりやすくしてくれました。

「ありがとう、助かる」
 マットのくぼんだところに体を上げました。

「アッ!?」「エッ!?」「ン?」
 ビキニのヒモが外れていて上半身は裸同然、胸があらわになっています。

「キャッ! イヤ!」
 慌てて両手で胸を隠すとバランスを崩して、また海の中にドボン。
 再び海面に浮かぶと、マットで胸を隠しながら息を整えます。

「ねっ、見えた?」
「・・・」
「あはっ、見えたわよね・・・」

 男の子はうなずきました。

「やっぱり・・・、しょうがないわよね、私が見せたようなものだから。でも・・・どうしよう? 片手では結べないし、両手で結んだら溺れちゃう・・・」

 男の子も返答に困っているようでした。
 しょうがないので・・・って言ってもそれが目的なんですから・・・

「マットに上って水着を直すから、見ないでくれる?」
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[9069] 『チル 流れ星』 第2話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 9069.jpg 投稿日:(2017-03-16T20:33) (Thu)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『チル 流れ星』 第2話 (愛と官能の美学 Shyrock様作)を公開しました。

本文抜粋……
「私はこの城から出たことがない。いいえ、領地内は馬で駆け巡ったけど、他の国を知らない。嫁ぐまでに少しでもいい、世の中がどんなものかこの目で見てみたい。この目で確かめてみたい」
そんな想いが胸の中に溢れ、居ても立ってもいられなくなった。
思い立てば行動が早いのもチルの特徴であった。
とはいってもこの服装のままでは、姫であることは丸分かりである。
チルは早速、クローゼットから比較的普段着ぽいものを出した。
真っ白なワンピースであった。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[9068] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 9068.jpg 投稿日:(2017-03-16T11:13) (Thu)

-----
可憐な女子高生の大冒険「恋の奴隷」第10章 第7節をアップしました。
-----
「もうすぐ、旦那様がお帰りになられるそうですよ」

 仁は日曜だと言うのに仕事だ。昨日からの短期出張だ。
 少し淋しいが、杏樹は笑顔で送り出した。
 結婚式やその後の事で仁のスケジュールが狂ったのはわかっている。

「本当? じゃ、お昼を一緒に食べられるわね」

 嬉しそうに杏樹は手を叩いた。
 仁はいつも忙しかった。一緒にいる時間が貴重に感じる。

「折角の日曜日ですもの。旦那様は杏樹様とご一緒に過ごしたくて、お仕事を大急ぎで片付けたのでしょうね」

 和子は嬉しくてたまらなかった。
 仁は杏樹への愛情を誰にもはばからずに表している。
 杏樹も仁の愛情に応えようとしている。見ていて微笑ましい。

「エンジェル、帰ったよ」
 部屋に仁が入ってきた。

「お帰りなさい」
 杏樹は仁に飛びついた。和子が微笑ましげにそれを見ている。

「こら、甘えん坊」
 そう言いながらも仁も嬉しそうだ。下心も無く、甘えてくる杏樹が愛しい。
 喉が渇くような感じがする。杏樹が欲しくなるといつもそうだ。

「ばあや、外せ」
「かしこまりました」

 和子は頭を下げて、部屋を辞去する。これから何が起こるか、心得ているからだ。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[9067] 八十八十郎劇場/元禄江戸異聞 根来(二十九) 作:八十八十郎 投稿者:Mikiko#39;s Room mikikosroom@goo.jp 9067.gif 投稿日:(2017-03-16T07:32) (Thu)

------------------------------------------------------
 お竜一家代貸は帳場の上でその因業な顔をさらに歪めた。
「何も無しで助けてくださいとおっしゃっても、うちじゃどうすることも出来ませんねえ」
「お願いします。こちらのお手伝いでも何でもやりますから、どうか建替をお願いしたいのです」
 あまり見栄えのしない装いではあったが、三十路に差し掛かった品の良い女が頭を下げている。
------------------------------------------------------
投稿しました。

八十八十郎さんの創作集『八十八十郎劇場』は、隔週木曜日の投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[9065] 天真爛漫「ありさ」 投稿者:愛と官能の美学 9065.jpg 投稿日:(2017-03-16T00:03) (Thu)


皆さん、こんばんは。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。
天真爛漫「ありさ」ちゃんの画像10枚を公開しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[9064] 『地獄の孤島』 第10話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 9064.jpg 投稿日:(2017-03-15T20:53) (Wed)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『地獄の孤島』 第10話(未知の星 赤星直也様作)を公開しました。

本文抜粋……
沙織は背中を丸め、両手を下げたが、解き放された乳房が垂れ下がり、ブラブラ揺れていく。
(いい乳してる。親譲りだな)片岡の股間が膨らんでいる。
そんな事など気にしていられず、なおも手を引き下げ、片手を股間に当てて足首から抜いて全裸になった。
「これでいいんですよね…」初めて男の前に全裸を晒す沙織は声が震え、膝もガクガク震えている。
それに、乳房も揺れ、ピンク色した乳首も膨らみきっている。
「確かに、素っ裸だが、お嬢さんの大切な部分が見えませんよ。それではダメですね」
「ここは許して…。胸は御覧の通りですから…」首を振りながら言う。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[9062] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 9062.jpg 投稿日:(2017-03-15T14:30) (Wed)

-----
長篇官能私小説「被虐義母 恵美子・第7話」第1章第8節をアップしました。
-----
「は、あぁ、はい……つ、次……く、クリトリスぅ」

 その名を口にすると同時に、恵美子の身体がまたテーブルの上でうねった。
 二度目の絶頂。その快感の深さに、思わず閉じかかった両脚を恵美子は再び大きく左右に割り裂き、濡れまみれた秘部をさらけ出す。

「く、クリトリスは、こ、これ……です。今は、ほう、包皮でか、くれてるわ。……じゃ、じゃあ、く、クリトリス、み、見て」

 恵美子の指がクレヴァスの合わせ目で辛うじて頭だけをのぞかせていたピンクの露頭を探り当て、その周囲の包皮をめくり上げていく。

「はぅ……ほぅぅぅ……」
 呻きながら恵美子の身体が何度も痙攣する。

「クリトリスは、き、気持ちいい…気持ちよくなるところだからぁ…き、気持ちいいの…さ、触ると、とっても…いぃ……うう、み、見てるの、み、みんな見てるのね、こ、これが私の……あぅ……え、エミーのクリトリスです」

 ノギスで露出したピンクの淫芯を挟むと同時に、恵美子は本格的な絶頂に辿り着いていた。

 テーブルの上で、腰が浮き、淫らにうねると、そのまま硬直し、少年たちにそのあからさまなエクスタシーの瞬間を見せつけていく。

 そして、彼女の裸身はその時を迎えた後、ゆっくりと弛緩し、テーブルの上に沈み込んでいく。

「はぁ…はぁ…はぁ……」

 荒く息をつきながら恵美子は手にしているノギスを目の前に持ってきた。

「クリトリスの太さ…きゅ、九ミリ……」

 霞む目で目盛りを読み、吐きだすようにそう言う彼女の目に、信吾が歩み寄ってくるのが見えた。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[9061] 官能小説『ミニスカの人妻を高校生が』 投稿者:愛と官能の美学 9061.jpg 投稿日:(2017-03-15T11:21) (Wed)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『ミニスカの人妻を高校生が』
1話読切り 赤城ポポ作

美和 主婦 32才
たまには開放的な気分も良いかと、短めのスカートをはいて、私は都心に向かう電車に乗り込んだ。
休日の午前だというのに、やっぱり人でいっぱいだ。
私は座ることができずに、つり革を持って立って乗っていた。
でも、徐々に人の波に押されて、奥へ奥へと押し込まれていった。
そこには、ちょっと悪そうな男子高校生の集団がいた。4人だった。
「あれぇ?お姉さん、きわどいミニをはいてるねえ」
ひとりが私に話しかけてきた。
「お姉さん」と言われたのはちょっとうれしかったが、怖いので無視した。
「そんな顔しないでさあ、ほら・・・」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集

pagetop PAGE TOP

- ClipBoard v4.02 -
++ Edited by Hamel ++