H小説アップデート掲示板
<PR広告>


 テレビや雑誌で紹介され、話題沸騰。 美容と健康のリーディングカンパニー「レダ」
 美容、コスメ、ファッション、雑貨・・・キレイを応援する通販サイト[スウィートプラザ]

【官能小説更新情報】 H小説アップデート掲示板

ご来訪いただきありがとうございます。※ご利用前に「留意事項」を必ずお読み下さい。
弊掲示板は小説サイト様や小説作家様からの最新情報が毎日公開されています。お好みの小説探しに是非お役立て下さい。
(この掲示板は「ましゅまろくらぶ」のコンテンツです)

 おすすめ小説サイトご案内   掲示板 相互リンク   メンテナンス情報 


↓ ↓ ↓ 【新作 ・ 連載作品 更新情報】 ↓ ↓ ↓
[9252] SM小説『全ての者に愛の手を』 投稿者:愛と官能の美学 9252.jpg 投稿日:(2017-04-14T00:34) (Fri)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『全ての者に愛の手を』
第7章「知恵の実を口に」(5)〜(6) ふるふる作 

彼はブラジャーの中に何か入れてきた。
ちょうど両乳首に当たるように固定されテープで止められた。
触れられた限り、5百円玉くらいの直径で三枚ほどの厚みのあるもの。
「んッ…」
「次は下だな。」
続いてパンティーの中に手が入り、ちょうど淫核に当たるように固定された。
下の方のものは小さな卵型に感じられる。
三つの物は細い紐で繋がっていた。いや紐ではなくコードだと思う。
「よし。さぁ炎之花、お楽しみの時間だぜ。」
カチ…
ヴィィィ…
「んッあぁッ…何これ…?」
突然、胸と下半身に固定された何かが震え出した。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[9251] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 9251.jpg 投稿日:(2017-04-13T20:31) (Thu)

-----
魔爪が抵抗派の女たちに迫る「secret police 海猫 2」第11章第5節をアップしました。
-----
「しかし、ものは相談ですが、残りの額は現物支給ってのはどうです?」
 と、警備隊員はマリの無毛の股間を撫でながら言った。

「ちょうどあっちにも、一人、いるじゃないですか」
 窓から隣を覗き、相棒は口笛を鳴らす。

「えげつない格好だなあ。内腿の筋がビリビリ震えてるよ」

 エリは依然としてバーベルを背負いながら屈伸運動をつづけていた。
 二人の肉体の要求は、御坊たちに取って両刃の刃といっていいだろう。

 口止めには格好の餌である。
 収容者をレイプするなど、第四課の連中には許されていないのだ。
 ゴミほどの賄賂を受け取るのとはわけが違う。
 職務を違反すれば立派な共犯者になるわけで、彼らは決して他言しないだろう。

 しかし、田野倉マリは四課の管轄である。
 もし万が一、この事実がバレでもしたらどうなるか。
 減棒、降格処分程度ではおさまるまい。
 クビを覚悟の話になる。

 けれども、御坊にも欲望がないわけではなかった。
 美人姉妹を並べて陵辱するのは経験がない。

 ましてマリは妹を深く愛しているようだし、妹のほうも姉を理想の人間のように尊敬している。
 そんな二人に、互いの恥を晒す姿を見せつけられたらどんなに胸のすくことだろう。

 とくにこのマリの奴にはさっきの復讐を遂げなければならないのだ。
 だったら、最も彼女が嫌悪する方法で仕置きしてやるのが女子教育課の腕の見せ所ではあるまいか。

 御坊はニッと警備隊員たちに笑顔を作った。警備員たちも笑みを浮かべる。
 互いの損益分岐点を考え、探り合いながら、ようやく意見の一致を見たのである。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[9250] 『チル 流れ星』 第6話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 9250.jpg 投稿日:(2017-04-13T20:19) (Thu)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『チル 流れ星』 第6話 (愛と官能の美学 Shyrock様作)を公開しました。

本文抜粋……
チルの高貴な美しさと街の女にはない立ち振る舞いに大いに興味を示し、すぐに懐いて来た。
「うわ〜!きれいな人だぁ〜!まるでお城のお姫様みたい〜。ねえ、名前はなんて言うの?私はマリアンヌよ♪」
「はじめまして。私は、え〜と、チル…いや、チルチルというの。よろしくね」
「ねえ、お姉ちゃんって、お兄ちゃんの恋人なの?」
「ええ?うふふ……違うわ」

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[9248] 拉致された婦警 更新です 投稿者:赤星直也のエロ小説 9248.png 投稿日:(2017-04-13T12:34) (Thu)

お世話になってます、赤星直也です。
今回は「拉致された婦警」第20話の案内です。

男の4人だけでなく、淳子と久美も覚悟を決めて準備をしていた。
「有紀に和美。店は頼んだよ。何としてでも、ここも守ってくれよ」
「わかったわ、守ってみせる!」そして、いつものように新宿の店に
ワゴン車で向かった。

今回は、いつもと違って、淳子と久美はマスクもカツラも被っておら
ず、素顔のままだった。
店に着き、開店の準備をしていると、早速、警察が来た。

「話があります。警察でお聞かせ下さい」

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[9247] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 9247.jpg 投稿日:(2017-04-13T10:07) (Thu)

-----
それはペットではない!漆黒の首輪を嵌められた少女「闇色のセレナーデ」第15章第2節をアップしました。
-----
 車内は意外と込み合っていた。
 横座りの席は全て埋まり、座席と同等の人数が吊革にもぶら下がっている。

 卓造は千佳に寄り添うようにして、ドア横のスペースに身体を預けていた。
 藤波はというと、1メートルも離れない近距離から片腕を吊革に通したままカメラを構えている。

 乗り合せた乗客の目がチラチラとこちらを覗うのは、やはり目立ちすぎる千佳の衣装のせいだろうか?
 それとも再びマスクとサングラスを装備した藤波の、堂々とした撮影っぷりにだろうか?

「おじさん、わたしの方はいつでもいいからね」
 そんないたたまれない空気が漂うなか、千佳がそっと囁いてきた、

『いつでもいい』とは何を指しているのか。
 その答えをポケットの中で握り締めている卓造は、ぎこちなく頷いてみせた。

「操作する時は、ちゃんとポケットから取り出してお願いね。カメラに映らないと意味がないから」
「分かった。そうするよ」

 気付けば、卓造と千佳。それに藤波の周辺から人の気配が消えている。
 半円を描いたように、男も女も年寄りまでもが遠巻きに見守っている感じである。

 卓造はズボンのポケットに手を突っ込むと、楕円形の形をした物体を2個取り出した。
 それほど大きくはない。
 二つ同時に握り締めても、手のひらから食み出ない程度のモノである。

(千佳ちゃん、すまない)

 ピンク色と、青色。
 手のひらの中で転がしながら卓造は青色を選択すると、滑らかなボディに埋め込まれたスライドボタンを押した。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[9246] パイパンでちょいMのsayuさん 投稿者:愛と官能の美学 9246.jpg 投稿日:(2017-04-13T07:38) (Thu)

真理子さん、皆さん、おはようございます。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。
本日はパイパンでちょいMなsayuさんの登場です。
投稿画像を20枚アップしました。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[9245] もえもえ マーメード・ママレード 更新です 投稿者:未知の星 9245.jpg 投稿日:(2017-04-13T07:34) (Thu)

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は投稿小説「もえもえ マーメード・ママレード」
第12話の案内です。

もえもえは挿入の快感に耐えられなくなってきたのか、時折肉
棒を口から放し激しく喘いだ。

空気が弾ける音が次第に早くなっていく。
車山の動きが忙しくなってきたようだ。

乳房を揉みしだかれ、陰核をいじられ、男根を咥えさせられ、
さらに後方から太い竿を捻じ込まれ、もえもえは気も狂わん
ばかりに昂ぶっていた。

理性で堪えようとしても人間には限界と言うものがあるようだ。

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[9244] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2236★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 9244.gif 投稿日:(2017-04-13T07:32) (Thu)

------------------------------------------------------
 伊織が連れ込まれた座敷から更に奥へ、渡廊下が池を廻った先に小さな離れ屋が見えた。
 薄暗い中に灯りを映した障子が浮かび上がって、寂し気な海辺の町には似合わぬ瀟洒な風情を漂わせている。
 しかしその中では一糸まとわぬ女たちが蛇の様に絡み合っていた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

八十八十郎さんの創作集『八十八十郎劇場』は、隔週木曜日の投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[9243] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 9243.jpg 投稿日:(2017-04-12T20:53) (Wed)

-----
長篇官能私小説「被虐義母 恵美子・第7話」第2章第2節をアップしました。
-----
 外へ連れ出されるのは初めてではない。
 だがこれまでこの行為はあくまでも彼女と信吾、二人だけのプレイだった。
 しかし、今日はそれを背後から信吾の親友二人がじっと見つめているのだ。

 犬の真似をして裸で道路を這う大人の女。
 彼らがそれをどんな目で見つめているのか、恵美子には振り返って確かめることはできなかった。
 今は、ただ彼らの視線を全身で受け止めながら、前に向かって、信吾の背中だけを見て進んでいくだけ。

 散歩のコースは、公園までの往復だった。もう何度か経験したコース。
 高級住宅街のこの辺りは、夜が更けると殆ど人通りもなく、静寂が音になって耳に聞こえるほどだった。

 だが、だからといって誰にも見られない、見られていないという保証があるわけではなかった。
 建ち並ぶ家は殆どが高い塀や植え込みで道路から隔てられているとはいえ、二階の窓やベランダからなら遮るものはないのだから。

 闇にぼうっと浮かび上がる恵美子の生白い背中。
 その背に、這うほどに左右に揺れるヒップに、誰とはわからない視線を感じる。

「はぅ……」

 幻であるかもしれないその視線を受けて、恵美子の肌はちくちくと刺されるような刺激を覚えていた。
 そして、その刺激が胸の奥からこみ上げてくる昂ぶりと混じり合い、夜風に嬲られる彼女の裸身に身震いするような快感をもたらしてくるのである。

 時間にすれば、ほんの十数分の散歩。
 しかし、三人の少年に代わる代わる鎖を引かれてアスファルトの路面を這い続けるうちに、恵美子の女体は隠しようもないほどに淫欲に満ちてしまっていた。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[9242] 『地獄の孤島』 第14話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 9242.jpg 投稿日:(2017-04-12T20:40) (Wed)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『地獄の孤島』 第14話(未知の星 赤星直也様作)を公開しました。

本文抜粋……
女性は、両乳首と淫裂にリングのピアスを取り付け、絨毛が綺麗に剃られていた。
仮面を被った女は彩香で(私よ、彩香よ。私がわからないの?)と言いたかったが、それを言ったら、沙織や剛太がどうなるか、わからないから言えない。
「ご主人様。どちら様からご奉仕いたしましょうか?」

http://shuuchinokaze.red


記事編集 記事編集
[9241] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 9241.jpg 投稿日:(2017-04-12T11:05) (Wed)

-----
可憐な女子高生の大冒険「恋の奴隷」第10章 第11節をアップしました。
-----
「こんな・・・こんなところ・・・」
「言っただろう、お前の全てで俺を受け入れるようにしてやるって? いずれ、ここにも太い奴を差し込んでやるからな」

 仁とのセックスは驚きの連続だ。
 もともと乏しい知識だったが、基本的な事は知っていた。
 だが、杏樹には想像もつかないやり方をされる。

「うぅ・・・」

 それでも逃げ出さず、言いなりになってしまうのは、それらがもたらす官能だった。
 妖しい感覚は杏樹を翻弄しつつ、とりこにする。

「ここを探るとオ○ンコがひくついて、すごくいい」

 仁は嬉しそうだ。杏樹が顔をゆがめても、許してはくれない。
 それでも、仁は魅力的だった。普段の時はこの上なく優しい。
 そして、セックスの時は最高の感覚に押し上げてくれる。

「そんな・・・あぁぁん・・・」

 仁が腰を振ると、アヌスの不快感を忘れるような甘い疼きが子宮に響く。
 それでも、違和感と異物感を感じる。どうしたらいいのだろう。

 確かに仁はセックスを知り尽くしている。
 そして、未知だった世界を教え、激しい官能を教えてくれる。

「でも、お尻なんて・・・いやぁ」

 それでも、今まで培ってきたモラルがエクスタシーにストップをかける。
 杏樹は身もだえした。

「馬鹿だな、エンジェル。セックスは2人だけの行為だろ? だから、俺が望み、お前が許してくれれば何でもありなんだぞ」

 そう言われても・・・仁は何度も腰を突き上げてくる。
 前に屈んだ不安定な姿勢なので、足元が少々危ない。

「でもぉ・・・」
「尻は普通じゃないって言いたいんだろう? だが、モラル通りに生きてく奴は損をするんだ。最高の快感を知らず終わっちまう。大体、何が普通で、何が異常かなんて誰が決めたんだ?」
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[9240] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2236★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 9240.gif 投稿日:(2017-04-12T07:34) (Wed)

------------------------------------------------------
 由美が拳を突きつけてくる。
 逃れようとしたが、涼太が載っかっているため、下半身が動かなかった。
 上体だけ反らしたが、もちろん背後で支えるものはない。
 美弥子は、レジャーシートの上に仰向いてしまった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[9239] ☆更新しました☆ 投稿者:ひとみの内緒話 9239.jpg 投稿日:(2017-04-11T20:35) (Tue)

-----
長編ハードSM小説「落涙の白百合」第8章第8節をアップしました。
-----
 オレは隷子をその場に突き飛ばすと、大急ぎでアリーナを駆け出た。
 後に残されたのは服を捲り上げて乳と尻を丸出しにし、顔と上半身を精液まみれにした一人の変態女子高生..

「キャアアア..なっ何この人!!」

 突き飛ばされて姿勢を崩した隷子の股間には、妖しく蠢くバイブがある。
 そして、その蜜壺から滴った隷子自身の淫汁は、しっかりと床にその痕跡を残していた。

「へっ..ヘンタイよ!」「露出狂よ!」
「見て、変なモノをアソコにつけてるわ」

 誰かが口々に叫んでいた。

「センセイ! 先生を呼んで!」
「誰かっ..誰かこの人を押さえつけて、捕まえて!」

 周囲のざわめく声の中ではっと我に返った隷子は、胸とスカートをなおしながら立ち上がり、オレの後を追ってアリーナを飛び出した。

 カタンッ..大きな音を立ててバイブが落ちた。
 だが拾っているヒマは無い。

 隷子は後ろを振り返りもせずに走っている。
 ともかく、この場を逃げだそうと、必死になっている隷子..。
 オレはそんな隷子の逃げまどう姿を離れた所で見ながら、一人悦にいっていた。

 誰一人としてあのヘンタイ女の連れの事など覚えているヤツはいない。
 だから、オレは安心してそれを眺める事が出来た。

 露出的な服装に振り返り、後を追うヤツもいたが、それを振り切るように人混みの中をかけ抜ける隷子の方が早かった。

「へえ..センパイやるじゃん..」
 オレは2つ年上の元社長令嬢の逃げまどう姿を眺めながら、帰りの電車の中でどうやって嬲ってやろうかと考えていた。
 バイブを落としてしまい、無くしてしまった事は、許しがたい重大な罪だったからだ。
-----

http://marsearthrise.com/


記事編集 記事編集
[9238] 『白雪百合』 後編(6)を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 9238.jpg 投稿日:(2017-04-11T19:59) (Tue)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
官能小説 『白雪百合』 後編(6)(ひとみの内緒話 M・Y様作)を公開しました。

本文抜粋……
震えながら、アナルに刺さったバイブを引き抜く。そしてゆっくりとそのパンツを履いていく。
「あぅう…」
秘所と肛門に同時に襲ってくるもの。
それがもはや快感でしかなくなるような調教の日々。
ゆっくり持ち上げながら、少女はその快楽と屈辱に悲鳴にも似た甘い吐息を漏らす。
ゆっくり上げても、いつか終わりが訪れる。
ここから上げれば、二つの孔よりも敏感にされた突起が、地獄を味わうことになるのである。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[9237] 拉致された婦警 更新です 投稿者:赤星直也のエロ小説 9237.png 投稿日:(2017-04-11T12:30) (Tue)

お世話になってます、赤星直也です。
今回は「拉致された婦警」第19話の案内です。

「お、お客さん。犯罪ですよ、これは犯罪です」新田も声が震えている。
「犯罪?だったら、被害者から事情を聞かないとな!」事もあろうか、酔った警官達
はマスクを剥がしだした。

「いや、いやー!」犯されながら、マスクが剥がされて素顔が見えてきた。
(だめ、やめて、お願いだからだから、それだけはやめて!)遂にマスクが
外されて、淳子の素顔が露わになってしまった。

「いや、見ないで!」急いで両手で顔を覆い隠していく。
「お前、どっかであったことあるぞ。どこだっけ?」

お時間に余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集

pagetop PAGE TOP

- ClipBoard v4.02 -
++ Edited by Hamel ++