H小説アップデート掲示板

【官能小説更新情報】 H小説アップデート掲示板

ご来訪いただきありがとうございます。※ご利用前に「留意事項」を必ずお読み下さい。
弊掲示板は小説サイト様や小説作家様からの最新情報が毎日公開されています。お好みの小説探しに是非お役立て下さい。
(この掲示板は「ましゅまろくらぶ」のコンテンツです)

 おすすめ小説サイトご案内   掲示板 相互リンク   メンテナンス情報 


↓ ↓ ↓ 【新作 ・ 連載作品 更新情報】 ↓ ↓ ↓
[13113] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2639★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 13113.gif 投稿日:(2018-10-28T07:55) (Sun)

------------------------------------------------------
 両足から抜いたパンティとストッキングを手に、わたしは初めて志津子の顔を見あげました。
「これ、持って帰る?」
 ストッキングはともかく、パンティは高級品のようでした。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[13112] 「汚された白衣」更新です 投稿者:未知の星 13112.jpg 投稿日:(2018-10-27T11:39) (Sat)

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「汚された白衣」第5話をアップしました。

 「ルミ、わかっているわね。素っ裸になるのよ、覚悟して!」
「わかっています」ルミは白衣を脱ぎ、パンティ、ブラジャーも脱いで全裸になった。
「ヘアが少し生えてきたわね。先生に、明日剃ってもらいなさい!」
「そうします…」恥ずかしそうに両手で股間を隠している。

 「ストッキングは黒にしたほうがいいわ。その方が喜ぶみたいだし…」
「それに、首輪もしましょうよ」全裸になった3人はお互いの裸を見ながら話している。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[13111] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2638★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 13111.gif 投稿日:(2018-10-27T07:40) (Sat)

------------------------------------------------------
 激しく迸った尿が、一本の瀑布となって真下に落ちてます。
 しかしその瀧は、地面には到達できませんでした。
 太腿に絡むパンティとストッキングが、瀑布を呑みこんでたんです。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[13110] 官能小説『罠に落ちた人妻』 投稿者:愛と官能の美学 13110.jpg 投稿日:(2018-10-26T21:28) (Fri)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『罠に落ちた人妻』
(キーワード:若妻・不倫・掛罠・露出・ホスト依存) 
第9話「コンパニオン」  赤星直也 作

「生えてない、ヘアが生えてない!」
「ホントだ、子供みたいだ!」絨毛の生えてない性器に、笑い声があがった。
(悔しいわ、私は好きで剃ったんじゃないのよ)泣きたい気持ちを堪え、パンティを脱ぎ捨て、下半身が露わになった。
ピンクに割れた淫裂が露わになり、ごま塩のように絨毛が転々としている。
「可愛いこと。ヒラヒラがはみ出して!」幸恵はわざと恥ずかしい言葉を投げかけた。
(言わないで下さい、そんな事を)目尻からは涙が滲んでいる。
それでも、美紀は背中に手を回し、最後の布地を退けていく。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

(画像は「舞ワイフ」曽根里美様からお借りしました)


記事編集 記事編集
[13109] 日々の妄想を形にして(SM小説) 投稿者:masterblue 13109.jpg 投稿日:(2018-10-26T19:15) (Fri)

いつもお世話になっております。

本格長編SM小説「歪んだ正義=家元・香澄」に、
第22回(聖水拝受1)をアップしました。

鞭の痛さに許しを乞う香澄は、自分で聖水を求める様に強要された。
さすがに、それは出来ずにいると、男達の鞭は、股間を強打した。
強烈な刺激と痛さに、とうとう香澄は「聖水を…頂かせてください」と願った。

吊りから降ろされて縄をほどかれた香澄は、
さらにその手で男の肉塊を捧げて、聖水を受けるように強要され
とうとう屈してしまい、肉塊を手にして口に持ってきた。

ご訪問をお待ちしています。

http://pettrainer.blog34.fc2.com/


記事編集 記事編集
[13108] 「人権停止法第5条」です 投稿者:未知の星 別館 13108.jpg 投稿日:(2018-10-26T18:24) (Fri)

お世話になってます「未知の星 別館」の赤星です。
今回は「人権停止法第5条」第4話をアップしました。

 「直美さん。ここには、しきたりがあるんですよ。知って下さいね」
「はい、覚えます」
「いい心がけです。ホステスはこうされても、騒いではだめですよ」両乳房が掴まれた。
「やめて下さい。そんなことやめて下さい!」

 「しきたりなんですよ。こうされると、チップが貰えるんですよ。『お触り代』と称して」乳房が、ゆっくり揉まれていく。
(オッパイを触られるなんて。でも、チップが貰えるなら我慢しないと…)支配人の辱めに耐えている。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://blog.livedoor.jp/akahoshi_naoya2/


記事編集 記事編集
[13107] 「淫欲の街」更新です 投稿者:赤星直也のエロ小説 13107.jpg 投稿日:(2018-10-26T12:02) (Fri)

お世話になってます」赤星直也のエロ小説」です。
今回は「淫欲の街」第32話をアップしました。

「バカいうな。それは身内だから絶対ダメだ。こっちで我慢するよ」咲代の絨毛を剃り終えると妙子の絨毛を剃っていく。
(剃らないで下さい!)泣き顔で嗚咽を上げているが、絨毛を綺麗に剃り上げられた。

 「さて、本番と行くか!」輝男は服を脱ぎだす。
「セックスはイヤです!」美香は声をあげて拒むが、無駄だった。
脱ぎ終えると、美香の乳房に飛びつき、肉竿を淫裂に押し当てる。
「許して下さい。セックスはしたくないんです!」泣きながら叫んでも、肉竿が狭い膣腔を押し広げながら入り込み、美香は顔を歪めて痛みを堪えている。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。

http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[13106] 官能小説『時遊人倶楽部』 投稿者:愛と官能の美学 13106.jpg 投稿日:(2018-10-26T10:33) (Fri)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『時遊人倶楽部』 
(フェチ・羞恥・サスペンス・時空) 第23話「中に入っていたモノ」時遊人 優 作

そして、ブチブチと音を立てながら足の付け根近くで裂け目を広げ、
指先のみならず手首までが一気に中へと潜り込んでいった。
「美香ちゃんのパンスト、あっさり破けちゃったね。まぁ、高級ホテルの女といっても、
コイツはその辺で売ってるフツーのヤツだもん、当たり前か。」
言いながらも中を這い進む太郎の右手が水色のクロッチをすり抜け、
一気に美香のアソコへと入り込んでいった。
「う、うぅぅぅ。。。」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

(画像は「PORNOGRAPH」RIMU様からお借りしています)


記事編集 記事編集
[13105] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2637★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 13105.gif 投稿日:(2018-10-26T07:21) (Fri)

------------------------------------------------------
 わたしは志津子の尻から片手を外すと……。
 腿をなぞりながら、前に回しました。
 パンティを更に押し下げます。
 そして指を、股間に滑りこませました。
「う」
 志津子がうめきました。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[13104] ありさちゃんからのもらい物 投稿者:愛と官能の美学 13104.jpg 投稿日:(2018-10-25T22:04) (Thu)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

野々宮ありさちゃんから画像5枚をいただきました。
お手隙の時にご覧になってください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[13103] 『ありさ ミラホスタの夢』 第18話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 13103.jpg 投稿日:(2018-10-25T21:15) (Thu)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『ありさ ミラホスタの夢』第18話(愛と官能の美学 Shyrock様作)を公開しました。

本文抜粋……
シャイはありさが滲ませた愛液を肉棒の裏側に絡みつけた。
十分に愛液を絡みつけると自ら肉棒を握り、割れ目を少し開いて亀頭で膣口と膣前庭の辺りをこねる。
亀頭の表面はつるつるとして弾力があるので、ありさに快感を与えることができる。
亀頭全体を使って割れ目を縦に擦る。
「あぁ…いい…………シャイさん……それ、すごくぃぃ……☆★☆」
ありさの肉体は焦らされた分だけ、挿入を望んで性欲が数段上がる。
早く入れて欲しくてたまらなくなったありさ。
潤んだ瞳でじっと我慢している。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[13102] 「人妻衣葡 黒い淫略」更新です 投稿者:未知の星 13102.jpg 投稿日:(2018-10-25T12:23) (Thu)

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、Shyrock様作「人妻衣葡 黒い淫略」第5話をアップしました。

 夫が仕事中の昼間、八百屋は妻の衣葡に電話をした。
さすがに、途中、八百屋の肉棒で串刺しにされ気を失っていたとは言え、自分がどんな目に遭わされたか十分解っていたとみえ、昼に電話で、「奥さん、先週は最高のご馳走だったよ。三人とも、あんなご馳走なら毎日でもいただきたいって言っているよ。がっはっはっは〜」
「そ、そんな……そんなこと知りません!」

 「なんだって?奥さん、憶えてねえとは言わさないよ。俺たちのお仕置きで感じてしまい、丸裸になって俺のモノにしゃぶりついて、『こんな大きいの初めてよ〜!早
く、ちょうだい!衣葡のオマンコにぶち込んで〜!』と言って、自分から尻を突き出したことを忘れたのか?」

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp


記事編集 記事編集
[13101] 「官能テキスト掲示板」のご案内 投稿者:愛と官能の美学 13101.jpg 投稿日:(2018-10-25T11:05) (Thu)

管理人真理子様、スペースをお借りします。
当掲示板では毎日多くの作家様から作品の更新情報が寄せられています。
皆様の官能小説探しに、そして作家様の広報活動にと、ぜひご活用ください。

http://sss888.bbs.fc2.com/


記事編集 記事編集
[13100] 『囚われの女子アナ』 第11話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 13100.jpg 投稿日:(2018-10-24T21:11) (Wed)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『囚われの女子アナ』 第11話(未知の星 赤星直也様作)を公開しました。

本文抜粋……
美樹がドラマの主演を承知すると直ぐに撮影が始まった。
「美樹君、素っ裸だよ。オ○ンコはボカシを入れるから安心してくれ。それからヘアは要らないからね」監督から言われた。
「はい、本番です。3,2,1,キュー!」カメラが回り出すと、その前で美樹は服を脱ぎだした。
(どうして、こんな事になったのよ…)過去を思い出しながら服を脱ぎ、下着も脱いで全裸を晒し、その全裸をカメラが捉えて乳房や尻、股間とアップで撮っていく。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[13099] 「放課後の憂鬱」更新です 投稿者:未知の星 別館 13099.jpg 投稿日:(2018-10-24T18:48) (Wed)

お世話になってます「未知の星 別館」の赤星です。
今回は、ジャック様作「放課後の憂鬱」第5章(2)をアップしました。

真里は軽く握った手で、藍の頭を“こつん”とたたいた。
藍は自分の体を誉められたのと、真里がやさしかったので嬉しくて仕方なかった。
「今度のはこれとこれと・・これかな? 競泳タイプだから薄手だけど心配いらないわよ!」
「・・透けないんですか?」
「そうなのよ。よく出来てるのよ。最近のは。試着してみようか?」

 真里は藍の不安材料を先回りして話すので、藍は安心して、こくんと首を縦に振った。
「じゃあ、これを着てみて! あっ、あっちで着替えていいわよ。」
真里は立ち上がると奥の部屋を指差し、藍に最初の水着を渡した。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://blog.livedoor.jp/akahoshi_naoya2/


記事編集 記事編集

pagetop PAGE TOP

- ClipBoard v4.02 -
++ Edited by Hamel ++