H小説アップデート掲示板

【官能小説更新情報】 H小説アップデート掲示板

ご来訪いただきありがとうございます。※ご利用前に「留意事項」を必ずお読み下さい。
弊掲示板は小説サイト様や小説作家様からの最新情報が毎日公開されています。お好みの小説探しに是非お役立て下さい。
(この掲示板は「ましゅまろくらぶ」のコンテンツです)

 おすすめ小説サイトご案内   掲示板 相互リンク   メンテナンス情報 


↓ ↓ ↓ 【新作 ・ 連載作品 更新情報】 ↓ ↓ ↓
[16787] 日々の妄想を形にして(SM小説)・更新です 投稿者:masterblue 16787.jpg 投稿日:(2020-06-13T10:41) (Sat)

いつもお世話になっております。

本格長編SM小説「不倫人妻奴隷堕ち」の連載を開始し、第2回をアップしました。

身動き出来ないように抑え込まれた睦美に最初に挑んだのは、誘拐してきた男の内の最若手だった。
既にいきり立ったものを、やにわに突き立て、睦美にはお構いなく、自分の欲望を満たしてしまった。

その後、やや年長の男も、睦美にとつながってきた。
しかし、その男は女の扱いに長けていて、睦美をどんどん追い上げていった。
無理やり犯されていた睦美も、いつしかその技巧に囚われてしまった。
そして、とうとう大声を上げながら絶頂を迎え、男達の前で崩壊を曝してしまった。

http://pettrainer.blog34.fc2.com/


記事編集 記事編集
[16786] 官能小説『もえもえ おいしい話(改)』 投稿者:愛と官能の美学 16786.jpg 投稿日:(2020-06-13T07:36) (Sat)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『もえもえ おいしい話(改)』
(キーワード:凌辱、芸能界) 
第9話「これって膣測定ですか!?」 Shyrock 作 

「あぁん……あっ、で、でも……すっごく太いような気がするんですけど……」
「はぁはぁはぁ……おかしいですねえ……直径は……15ミリ程度……なんですけどね」
「なにかもっと太いような……気がするんですけど……あぁ……」
「膣を検査されて……気持ちが昂っているから……そう思うだけですよ……もうすぐ終わるので……しばらく我慢してくださいね……」
「ああっん……は、はい……」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


記事編集 記事編集
[16785] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★3061★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 16785.gif 投稿日:(2020-06-13T06:38) (Sat)

------------------------------------------------------
 ときどき、平気でなくなるのは確かだ。
 しかし……。
 さすがに、トランクスにしてしまうという選択は下せない。
「わたしも万里亜さんの穿きたい」
「だから、トランクスよ」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[16784] 「買われた親子」更新です 投稿者:未知の星 16784.jpg 投稿日:(2020-06-13T06:37) (Sat)

いつもお世話になってます「未知の星」の赤星直也です。
今回は「買われた親子」第3話をアップしました。

「脱ぐのを見られたくないの…」
「だったら、やめた方がいいわ。時給5千円は、そんな考えじゃあ務まらないわよ」
「わかった、脱ぐわ。だから雇って」覚悟を決めて脱ぎだし(恥ずかしい。智恵に見ら
れながら脱ぐなんて…)強ばった顔で下着姿になっていく。

 「これで、いいでしょう。入れ墨もピアスがないし」
「それじゃ、わからないわ。性器にあるかも知れないし…」

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[16783] 「JK綾の場合42、おもちゃ購入」更新しました。 投稿者:うみ0930 16783 投稿日:(2020-06-12T19:21) (Fri)

いつもお世話になります。
「俺の愛した女性」というブログのうみ0930と申します。
より多くの方に読んで頂きたく、こちらのスペースをお借りさせて頂きます。
毎日深夜1時に更新中。
「JK綾の場合42、おもちゃ購入」更新しました。
是非お越しください。
===========
私とメイはお兄ちゃんの指示で遠隔バイブローターを装着させられて、そのまま一緒に近くのショッピングセンターへ。

なにがヤバいって、このバイブローターは膣に挿入するんだけど、挿入部分の先がいわゆる私の敏感な部分。
Gスポットって所に当たってて、挿入したまま歩くだけでも刺激が来ちゃう。
それだけでどんどん濡れてしまう。

http://umi0930.blog.fc2.com/

記事編集 記事編集
[16782] 『ヘンタイ教師2』 第8話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 16782.jpg 投稿日:(2020-06-12T17:53) (Fri)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『ヘンタイ教師2』 第8話(新・SM小説書庫2 二次元世界の調教師様作)を公開しました。

本文抜粋……
声を掛けると片足首輪吊りに苦悶していた唯は悲鳴をくぐもらせるが、ギャグを噛ませているにしてもずいぶん弱々しい。
間違いなく辛いこの拘束が応えているのだ。
目も見えず時間の経過もわからない状況で、唯に取らせているこの姿勢は大の男でも10分もすれば音を上げるであろうと思われるほど、相当キツい。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[16781] 「ある養女の顛末」完結しました 投稿者:未知の星・別館 16781.jpg 投稿日:(2020-06-12T17:44) (Fri)

いつもお世話になってます「未知の星・別館」の赤星直也です。
今回で「ある養女の顛末」が完結しました。

「お父さん!」「沙織!」お互いに声を掛け合いながら、淫裂に肉竿を押し込んでいく。
それには「ゴクン!」慶子も生唾を飲みながら、ビデオで撮っている。

 孝弘は小刻みに肉竿をピストンしながら半分ほど入れ、一気に押し込んだ。
その瞬間、沙織は「ヒ〜!」と悲鳴を上げ体を震わせ、淫裂から真っ赤な血が流れ出した。
「お父さん!」沙織は痛みを堪え唇を求めていく。

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://blog.livedoor.jp/akahoshi_naoya2/


記事編集 記事編集
[16780] 「裏の女達」更新です 投稿者:赤星直也のエロ小説 16780.jpg 投稿日:(2020-06-12T13:20) (Fri)

いつもお世話になってます「赤星直也のエロ小説」です。
今回は「裏の女達」第7話をアップしました。

「償うって、まさか幹夫さんとセックスを?」
「そうよ、恩返しに来たの」
「やめて。幹夫さんは、私だけのものなのよ」
「待って、それは違うわ。あなたの夫だけれども、私の夫でもあるのよ」

 「何言っているの。妙子さんどうかしたの?」
「どうもしないわ。近藤商事の社員達は、皆同じ家族なのよ」
「そんな、家族だなんて…」

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[16779] 官能小説『哀れみの女刑事』 投稿者:愛と官能の美学 16779.jpg 投稿日:(2020-06-12T10:56) (Fri)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『哀れみの女刑事』
(キーワード:凌辱)
第19話 「練習の成果」  赤星直也様 作

「それだけではダメです。全部です」
「卵子を取るには、性器だけでいいのでは?」
「違うの、精子も一緒に取るの。あなたみたいな美人を見ながら夫が出すのよ」
「それじゃ、私のヌードで射精をする気なの?」
「ご免なさいね、それが確実なの。お礼は弾むから、言われた通りにして」
 そう言われれば全部脱ぐしかなく、シャツ、ブラジャーと脱いで全裸になる。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/ 


記事編集 記事編集
[16778] 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★3060★ 投稿者:Mikiko's Room mikikosroom@goo.jp 16778.gif 投稿日:(2020-06-12T06:03) (Fri)

------------------------------------------------------
「あ、でも……。
 その身体じゃ、疑われちゃうわね。
 年齢。
 ぜったい、噂流す客がいるから。
 子供が出てるって。
 あら、あなた。
 見た目は子供だけど……。
 機能的には、完全に大人ね」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/


記事編集 記事編集
[16777] 官能小説『球 脱獄(改)』 投稿者:愛と官能の美学 16777.jpg 投稿日:(2020-06-11T07:35) (Thu)

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『球 脱獄(改)』
(キーワード:凌辱、SM、サスペンス) 
第12話「極太ソーセージはどこまで入る?」 Shyrock 作 

 予期しない食品の登場に、球は驚愕と狼狽を禁じ得なかった。
 市販のソーセージとしてはかなり大きな部類になるだろう。
 原口は極太ソーセージの端部についている金具を鋏で切り落とし、ソーセージを包装しているビニールを剥き始めた。
 作業の最中、球の方をチラリと見ては、ニヤリと薄笑いを浮かべている。
「へっへっへ、おめえ、まだ飯を食ってなかったな〜?」
(うぐぐぐ!)
「腹減ったろう? この極太サイズのソーセージを食わしてやるぜ。ただし下の口にな。でへへへへへ」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。


http://shy8.x.fc2.com/

(画像はヒロインの球ちゃん)


記事編集 記事編集
[16776] 『クロス・ラヴ』 第1節・第9話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 16776.jpg 投稿日:(2020-06-11T06:34) (Thu)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『クロス・ラヴ』(愛と官能の美学 Shyrock様作)第1節・第9話を公開しました。

本文抜粋……
両肩に添えた手が乳白色の湯の中に沈んだ。
湯の水位はちょうどありさの乳首の辺りに来ている。
湯が白く濁っているので俊介の手がよく見えない。
突然ありさの腹部に俊介の左手が触れた。
そして右手は小ぶりではあるが形のよい乳房に絡みついた。
俊介はありさのうなじにそっと頬を密着させた。
両手と頬を駆使してありさの鋭敏な肌に愛撫をほどこす。
かすかな声がありさの口からもれた。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集
[16775] 「淫獄の教室」更新です 投稿者:未知の星 16775.jpg 投稿日:(2020-06-11T06:04) (Thu)

いつもお世話になってます「未知の星」の赤星直也です。
今回は二次元世界の調教師様作「淫獄の教室」第11話をアップしました。

視覚を奪われてしまうと全身の性感が研ぎ澄まされて、ごく軽い愛撫でも鳥肌が立つ
程強烈な刺激に変わってしまうのだ。
初めはまだバージンで、俺達に拘束されていたぶられるのに怯え身を固めていた沙代も、
目隠ししてやってから全身を毛筆でくすぐったり舌で舐めたりローターの振動を当てた
りしてじっくり責めてやると、たちまち息を弾ませて女の歓びに目覚めて乱れ狂い始め、
恐らく生まれて初めてのアクメに昇り詰めてしまったのである。

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahoshi.a.la9.jp/


記事編集 記事編集
[16774] 「裏の女達」更新です 投稿者:赤星直也のエロ小説 16774.jpg 投稿日:(2020-06-10T16:54) (Wed)

いつもお世話になってます「赤星直也のエロ小説」です。
今回は「裏の女達」第6話をアップしました。

文恵の意識がなくなると、良文と妙子が話している。
「文恵さんの旦那に抱かれるなんて、イヤです!」
「我慢してくれ。俺は、あの奥さんとどうしてもやりたいんだ」

 「私が相手するから、文恵さんとするのはやめてよ」
「そうは行かないよ。あの体を見たら治まらないし」良文は服を脱ぎだす。
「妙子、お前も脱ぐんだ!」妙子も言われた通りに脱ぎだした。

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/


記事編集 記事編集
[16773] 『監獄の学園』 第9話を公開しました 投稿者:羞恥の風 pyswt949@ybb.ne.jp 16773.jpg 投稿日:(2020-06-10T16:10) (Wed)

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『監獄の学園』 第9話(未知の星 赤星直也様作)を公開しました。

本文抜粋……
「それよりも、パンティを脱がないと」
「そうよね、お願いする」洋子は体を下げて、里美の紫色したパンティを下げると、ツルツルした恥丘が見えてきた。
それに、ピンクの割れ目も見えている。
「里美さんは、ヒラヒラが大きいのね」
「そうなの。きっと、セックスをやりすぎたのよ」笑いながら言う里美だ。
洋子はパンティを足首まで下げ、里美は片足づつ抜いて洋子の両手にはパンティだけが残されている。

http://shuuchinokaze.red/


記事編集 記事編集

pagetop PAGE TOP

- ClipBoard v4.02 -
++ Edited by Hamel ++