官能小説

『狙われた母娘』



作者 赤星直也





    第1話 悪企み

「お母さん、ここだわ、ここよ」
「そうね、それにしても広い学校だね」
「だって、有名な高校よ。野球では甲子園が常連なんだから」
「でも、美智が勤まるかしらね、教師だなんて信じられないし」
「そうかもね、お父さんが生きていたら大笑いするわよね」2人の親子が笑顔で「明峰学園」と書かれた校門をくぐった。
 2人はこの春から明峰学園に採用された親子で母親の方は宮園淳子で野球部宿舎の寮母として採用され、娘の美智は美術の教師として採用され赴任してきた。
「お母さん、あそこが職員室よ、行きましょう」2人は校舎が並ぶ中から職員用の建物を見つけて歩いていく。
「職員室はこちらでよろしいのでしょうか?」
「ええ、そうですが、どちら様で?」
「寮母に採用された宮園です。こちらは美術教師に採用された娘の美智です」淳子が名乗ると
「寮母さんね。それでしたら校庭で練習している野球部の監督にお会い下さい。娘さんは教員ですから、こちらですが…」事務員は素っ気なく言う。
「わかりました、会ってきます」淳子は美智と別れて校庭に向かった。
「こちらですよ」美智は校庭を歩く淳子を見つめてから事務員の後に続いていく。

 校庭を歩いている淳子は校庭で部員達を怒鳴っている監督に挨拶した。
「お忙しいところ申し訳ありません、今度赴任して参りました宮園です」
「ああ、寮母さんだね、私は監督の高田です。あそこが野球部員専用の宿舎なんだ。早速だが、頼んだよ。引継をしてくれ!」淳子に素っ気なく言う監督の高田だ。
「わかりました。引継をします」淳子は高田に言われた通りにグランドの側に建っている寮に向かった。
 一方の美智は事務員に校長室へと案内されて「校長先生、新しい先生がお見えになりました」
「宮園美智と申します。これからもよろしくお願いします」丁寧に言う美智だ。
「ああ、新しい美術の先生でしたね。よく来てくださいました。私は校長の坂上といいます」校長と美智は挨拶を交わし、坂上に連れられて職員室に入っていく。
「皆さん、新しい先生です」その声に視線が美智に集まった。
「宮園美智です、よろしくお願いします」お辞儀をして挨拶をしていく。
「宮園先生の机はここです」「わかりました」言われるままに椅子に座る美智だ。
「始業式は明後日ですからそれまではゆっくりくつろいでください」
「ありがとうございます、そうさせて貰います」
「それから宿舎を用意しました。お母さんとの一緒はできませんから職員宿舎をご利用下さい」
「そうですよね、寮生と一緒じゃ変ですよね」笑顔で話していく。
「どうです、校舎の中を見て回っては?」
「そうさせて頂きます」美智は坂上の言葉で生徒が勉強している校舎を見学していく。

 校舎はまだ春休みなので生徒はあまりおらず、部活動で登校した生徒達ばかりだ。
「新しい先生ですか?」生徒達は見慣れない美智に声を掛けてくる。
「ええ、今度美術を教える事になった宮園美智よ、よろしくね」
「はい、こちらこそ」生徒達は返事をし、生徒と挨拶を終えると再び校舎の中を見学していく。
「ここが美術室だわ」ドアを開けて中にはいると教材が置かれていた。
「ダビテの彫刻だわ、それにビーナスもある!」並んでいる石膏の彫刻はリアルにできていた。
「オチンチンと性器がハッキリ作られている!」ダビテの像の肉竿が生々しい。顔を赤らめ、そっと肉竿を触ると「冷たいわ、彫刻だもの当然よね」その後、ビーナスの割れ目を触ってみた。
「よく出来ているわ、ヘアを剃ったら私のもこうなのかしら?」割れ目を指で撫でた。
「もっとないのかしら?」興味深く、部室の中を調べてみると「あら、絵画だわ、これは生徒が描いたものだわ」教師の美智は見ただけで生徒の書いたものとわかった。
「ヌードだわ、生徒がどうして女性のヌードを描けたのかしら、モデルは誰かしら…」次々と疑問点が浮かんでくる。

 考え巡らせていると「どなたですか?」生徒が声を掛けてきた。
「今度、ここで教鞭をとる事になった宮園美智といいます。美術担当なもんで、つい…」
「新しい先生ですか、僕は美術部部長をしている中井欣也といいます。先生は当然顧問になって貰えますよね」
「ええ、皆が望むんだったらいいわよ」
「喜びますよ、部員達は。これで僕もやりがいがありますよ、綺麗な先生が顧問なんだから」
「あら、お世辞は要らないわよ。でも、高校生でもヌードはいいの?」
「ええ、ここではいいんです。でもヌードは美術部と写真部だけですがね。極秘ですけども」
「モデルはどうしたの、モデルさんはヌードでしょう?」
「部員の姉さんや先生の知り合いにお願いしてます。芸術のためですから協力してくれましたよ」
「えっ、皆が素人なんだ!」驚きの声を上げる美智に「そうです、そのうち先生もモデル探しをお願いしますよ」
「わかった、やってみる」
「それを聞いて安心しました」部長の中井は描きかけの絵を取り出し描いていく。
(上手だわ、筋がいいわ)それを感心し見ている美智だ。
「恥ずかしいですよ、できあがったら批評を頼みますからそれまでは見ないで下さいよ。ほら、行って!」
「わかったわ、後で見せてね」美智は部室から出ると校舎の中を見て回り寮に向かって歩いた。
 そんな美智を練習している野球部員が見つめていた。
「あそこがお母さんの仕事場なんだ…」野球部員の宿舎を見ながら隣にある職員用宿舎に向かった。
 宿舎には管理人がいて「すみません、新しく赴任しました宮園ですが?」声を掛けた。
「ああ、宮園美智さんだね、3階が部屋になってます。これが部屋の鍵ですよ」管理人から鍵を受け取り歩いてと「新人さんですね」「はい、宮園です、よろしくお願いします」笑顔で挨拶をして自分の部屋に入った。
 部屋の中は綺麗の掃除されており「これが私の荷物だわ」届けられた荷物を解いて整理を始めた。

 一方の母親の淳子は30人近い寮生の面倒で忙しかった。
「食事は調理人が作るの。朝と夕方に通ってくるの。もうすぐ来るから」その言葉通りに「こんばんわ」挨拶をしながら調理室に3人が入った。
「あなたはお風呂の準備をしないといけないのよ」先輩の指示に従い風呂の準備をし、ボイラーのスイッチを入れお湯を温めていく。
「昼間に浴槽を洗うのよ、大きいから大変だけどもね」浴室は大きな浴槽があり、20人ほどが同時に入れる。
「食事はこちらで摂るのよ」いろいろアドバイスされて淳子は寮の中を案内されていく。
(大変だわ、こんなに仕事があるなんて!)溜め息をついている淳子だった。
 やがて、練習で汚れたユニフォームを着た野球部員が一斉に入り込んできた。
「そんなに汚して大変ね、お風呂が沸いてるわよ」
「ありがとうございます」部員達はユニフォームを洗濯機の中に押し込み下着姿のまま、自分達の部屋に向かう。
「たくましいでしょう、一度でいいから抱かれたいわ、きっと何回もしてくれるわよ」パンツを見つめる前任者だ。それには(いやね、ここは学生が相手だからそんな考えは邪道よ)聞き流す淳子だ。その間にも寮生は入浴を済ませ、食堂に皆が入っている。
「聞いて。今度の寮母さんよ。まだ若いからよかったわね」その言葉に顔を赤らめる淳子だ。
「宮園淳子です。歳は40過ぎですから若くはありませんがよろしくお願いします」
「こっちこそ、お願いします」部員達も言って食事を摂っていく。

 それから数日が過ぎ、始業式も無事にすんで美智は授業を行っている。
「今日はルネサンス時代について講義します」美智は教科書に書かれている内容を話しながら解説してく。
(焦らない、焦らない!)自分に言い聞かせながら始めての授業を無事に終えることができた。
 授業を済ませ職員室に戻ってくると「どうでしたか、初めての授業は?」「はい、緊張して大変でした」「初めは誰でもそうですよ、時機になれますから」校長の坂上が励ます。
(次の時間は授業がないから邪魔にならないようにしないと)チャイムが鳴り同僚達は一斉に教室に向かうが美智と野球部監督の高田が職員室に残された。
「宮園さんでしたよね」
「ええ、宮園淳子です。美術を教えてます」
「僕は高田和茂といいます。体育を教えているんですよ」
「どおりで体格がよろしいのね」
「鍛え方が皆とは違いますからね。どうです、私をモデルにして描いてみては?」
「いいですわね、何かの機会にお願いするかも」
「今でもいいですよ、ヌードにもなりますよ、素っ裸にも」
「そ、それは考えさせてください。フルヌードだなんて!」顔を赤らめる美智だ。
(いやらしいわ、セクハラよこれって!)下を見つめたままだ。
(いいね、この子とオ○ンコしたくなったぞ!)ギラリと目を輝かせている。だが、美智はそんな高田の考えなど知るよしもなかった。

 そして、放課後になり「先生、部室に来てください」部長の中井が美智を呼びに来た。
「わかったわよ、いくわよ」中井と一緒に部室に入ると部員達が出迎えている。
「新しい顧問の宮園さんです」
「宮園美智です、これから一緒に部活をしましょうね」顔合わせが終わり、職員室に戻り帰り支度を始めていく。
「そうだわ、お母さんに会って来ないと!」ふと思いついた美智は母のいる寮に向かった。
「あら、美智、大丈夫なの?」
「ちょっと寄っただけだから。それよりどう。忙しいでしょう」
「ええ、30人もいるから大変なのよ」2人が立ち話をしていると「あれ、宮園先生、どうしてここに?」
「母に用事があって寄らせて頂きました…」
「母?」「高田さん、娘なんですよ。たった一人の子供なんですよ」
「ああ、寮母さんの娘さんだったんですか。気が付きませんでした」
「私こそ黙っていて申し訳ありません」美智と高田は話している。
 だが、高田は(おもしろいや、親子で同時にオ○ンコしてやるからな)考え巡らしている。

 美智が自分の宿舎に戻ると高田は早速、悪企みを実行に移していた。
「確か、カメラがあるはずだが…」野球部員と一緒に住んでいる高田はカメラを取り出した。
「これで良しと」部屋の電気を消し明かりが灯っている向かいの職員用宿舎に望遠カメラを向けていく。
「正面だ、正面があいつの部屋か!」思わず声を上げ(これはラッキーだ。おもしろいのが撮れ放題だしな)ニヤニヤしながら美智の姿を「カシャ!」シャッターを押してカメラに納めていく。
 数枚美智の写真を撮るとパソコンに取り組んで、美智の画像にヌードの女性の姿を合成した。
「うーん、イマイチだな。でも、母親なら誤魔化せるな、娘のヌード写真だと言って」高田はニヤニヤしながらも、さらに合成していく。
「よし、これでいいか。まずは母親から素っ裸からだ」合成を終えるとプリントした。それはいかにも美智が隠し撮りされたようになっている。
 画像もわざとぼかし、乳房と股間のヘアがハッキリわかるようにしてある。
 それに、顔は美智と明らかにわかっていた。
「これで、何とかなるかもな。見てろよ、親子の素っ裸を撮ってやるからな」プリントされた画像を見ながら微笑む高田だ。

 翌日、授業の合間を縫って高田は野球部員の寮を訪れた。
「あら、高田さん今頃どうしたの?」
「ちょっと、寮母さんに話があって。ここでは何ですから中で」
「どんな話ですか?」不安を抱きながら淳子は高田に言われて寮の中にある応接室に案内した。
「お話ってどんな事ですか?」
「実は…」高田は自分が合成した美智のヌード写真を見せた。
「これは娘の美智だわ、オッパイや、ヘアまで出して!」後は声にならなかった。
「もっとあるんですよ」
(効いたぞ、これで母親からフルヌードになって貰うぞ!)笑いたい気持ちを抑えて残りのプリントを見せていく。
「高田さん、どうしてこれが…」後は声にならない。
 無理もなかった。愛する娘のヘアヌード写真を見せられたのだから当然で、体が小刻みに震えている。
「隠し撮りされたんですよ、娘さんは!」
「な、何とかなりませんか、これを取り返してください!」すがるように高田に詰め寄る淳子だ。
(いよいよだ。これが第一歩だぞ)高田は淳子の顔を見て「方法が1つあります。お母さんのヘアヌードと交換して貰うんですよ。ネガと一緒にね!」
「そ、そんな、私のヘアヌードだなんて!」淳子の顔が真っ青になり唇がブルブル震えている。


第2話へ
   




官能小説 『狙われた母娘』
赤星直也様が運営される官能小説サイト

未知の星
未知の星






   前頁へ   表紙へ   トップ