官能小説

『狙われた母娘』



作者 赤星直也





    第2話 淳子の全裸

 「この写真だったらそれ以上の値打ちがありますよ。公になったら教師は首になり、週刊誌が騒ぐでしょうね」
「やめて、あの子にはまだ人生があります。ですから何とかしてください」
「ですからお母さんのヌードと交換しましょうよ、それなら何とかなりますから」
「撮ったのは誰ですか、お教え願えませんか?」
「今は言えません。このままなら必ず流されますよ。お母さんがヘアヌードにならない限りは」
「考えさせてください。今日一日でいいですから。それからこのことは娘には絶対に言わないでください」
「わかってます。美智さんは知らない方がいいですからね」(うまくいったぞ、これからが本番だな)持ち込んだ合成写真を淳子の目の前で破っていく高田だ。そんな様子を食い入るように見つめている淳子だ。
「それでは戻りますから」高田は寮から出ていき、淳子が1人残されている。
「娘を守らないといけないわよね。あなた、恥ずかしいけどヌードになるしかないわよね」自分の部屋に戻ると一昨年に亡くなった夫の写真を見つめる考え詰める淳子だ。
 
 翌日、授業の合間を縫ってまた高田が寮を訪れた。
「決心はつきましたか?」
「はい。高田さん、ヌードの撮影をお願い出来ますか?」
「僕でいいんですね?」
「ええ、プロに頼むなんて恥ずかしいし、知っている高田さんに頼んだ方がいいと思いまして」
(そうだ、それでいい。これで第2関門通過だぞ!)「わかりました。撮らせて頂きます。明日なら朝だけしか授業がありませんから。10時から始めましょう、ここで!」
「わかりました、明日にお願いします」それを聞いた高田は跳ね飛びたい気持ちを抑えて校舎に戻った。
「許してね、あなた。人前で肌を晒すけど娘のためですから」夫の写真に言い聞かせるようにしてから宿舎の掃除や洗濯をしていく。
そして、夕方になるといつものように野球部員達が汚れたユニホームを着て寮に戻ってきた。
「お風呂が沸いているわよ、それからご飯だからね、綺麗に体を洗うのよ」淳子は言っている。
(そうだわ、私も綺麗に洗わないといけないわ、それにヘアも手入れしないと恥ずかしいし!)
明日の事が脳裏に浮かんだ。
寮生は食事と入浴を済ますと各自の部屋に戻り、勉強をするので静かになっている。
「もう10時だわ、私もお風呂に入らないと」淳子も小さな風呂に入って「ここは特に洗わないといけないわ」丁寧に乳房や淫裂を洗い、尻も丁寧に洗った。
その後、カミソリで股間の群れからはみ出ているヘアを剃って「これでいいわ」股間の絨毛は固まりとなっている。
「でも、恥ずかしいわ、人前でのヌードだなんて」浴槽で体を暖めながら明日の事を考えていた。
 
 その夜はなかなか寝付けない淳子で、眠りにつけないまま朝を迎えていた。
「仕方ないわ、起きないといけないし」寝不足を我慢して寮生のために準備をしていく。
「ほら、急がないと遅れるわよ」
「わかっていますよ」淳子は息子のような寮生を送り出して掃除をしていく。
「もうすぐだわ、いよいよヌードになるのね」時計を見て高田の現れるのを待っている。
やがて「お待たせしました」玄関の方で声がした。
(高田さんだわ)急いで玄関に向かうと「準備はいいですよね」高田がいた。
「はい、覚悟はできてます」
「でしたら撮りましょう、まずはお風呂でのヌードです。生徒達の風呂が広いからそちらで撮りましょう」
「わかりました」高田の言葉に素直に従い寮生が使用している浴室に入った。
「早速始めますから脱いでください」
「わかりました」淳子は恥ずかしそうに服を脱ぎだした。
(恥ずかしい、脱ぐ姿を見られるなんて)顔が赤く染まっていくと(いいぞ、それでないとな、素人はこれがいいんだよな!)カメラのスイッチを押していく高田だ。
 やがて、淳子は下着だけの姿になった。
(年の割にはまだ綺麗だな。オ○ンコしたいけどまだ早いから無理だな)パンティを引き下げていく淳子をカメラで撮っている高田だ。
(いいぞ、オ○ンコの毛も揃っているし,腹の出っ張りも少ないし!)真っ黒な絨毛が露わになっている。
(恥ずかしい、性器まで見られるのね)体を屈めて足を上げると(オ○ンコだ、見えたぞ!)
 一瞬の出来事をカメラに納めていく。それでも淳子は別な片足も上げて(また、オ○ンコが見えたぞ!)淫裂を覗かしている淳子を納めていった。
「綺麗ですよ、体が崩れてないですね」
「一人しか産んでませんから」手に持つパンティを急いで服の下に隠してブラジャーのホックも外した。
(これでフルヌードだわ、もう脱ぐのがない!)ホックを外すと肩から紐をずらし両手を下げていく。
「綺麗だ、オッパイが綺麗だ!」カメラのスイッチを押しまくる高田だ。
「これでいいでしょう、高田さん」淳子の目の下が腫れ上がっている。
(恥ずかしい、夫以外にヘアを見せた事はないのに…)ブラジャーも脱ぎ生まれたままの姿で高田の前に立った。
「そうです、それでいいですよ」スイッチを押して淳子の全裸を撮りまくっていく高田だ。
 
 「今度はそのまま、宿舎の中を歩いてください」
「恥ずかしいわ、そんな事をするなんて…」
「どうせ素っ裸になったんだから撮りましょうよ、私も素っ裸になりますから」高田は着ている服を脱いでいく。
「ダメ、脱がないで、誤解されますから脱がないで!」
「いいじゃありませんか、僕も素っ裸にならないと」高田は服を脱いでしまった。
「隠して、見たくない、オチンチンなんか!」恥ずかしそうに手で顔を隠している。
「行きましょう、ほかでもヌードを撮りましょうよ」
「わ、わかったから絶対に触らないでね」勃起した肉竿を見ないようにしながら乳房を揺らせ歩いていく。
2人は応接室で淳子のヌードを撮り、その後、高田の部屋に2人は入っていく。
高田は何気なく用意しておいた隠しビデオカメラのスイッチを押して淳子のヌードを撮っていく。
さらにカメラで数枚撮っていくと「高田さん、もういいんでは?」「そうですよね、ずいぶん撮りましたしね」カメラを大事そうに仕舞い込んでいく。
(これからが第3弾だ。あとでオ○ンコしてやるからな!)
「もういいですよね、撮影は終わったから」
「撮影は終わりましたがまだ大事なのが終わってませんよ」高田の目がギラギラ光っていた。
(れ、レイプする気だわ、この私を犯す気ね!)40を過ぎた淳子だが体が小刻みに震えている。
 
 「ヌードを撮ってあげたんだからお礼にやらせて下さいよ、オ○ンコを!」
「いや、やめて下さい」逃げようとする淳子だが高田が押さえつけた。
「入れないで、いやですから入れないで!」夫以外に迎え入れた事のない淫裂に肉竿が押し当てられた。
「だめ、美智に知れたら困りますからやめて下さい!」肉竿がゆっくり淳子の淫裂に入り込んでいく。
「あ、あ、あー!」悲鳴が喘ぎ声に変わって(あなた、犯されてしまったわ、許して下さい、あなた!)だが、淳子の淫裂はすんなり高田の肉竿を迎え入れている。
(暖かい、オチンチンが暖かい!)夫の肉竿ではないが、久しぶりに淫裂に肉竿がはまり込んでいる。
「綺麗ですよ、とても40とは思えませんよ」高田はやや垂れ気味の乳房を揉みだした。
「あん、あん、あん!」遂に悶え声を上げてしまった。
(気持ちいいわ、こんなのは何年ぶりかしら…)淫裂からは自然に淫汁が流れ出ていく。
 
 (感じているな、よし、もっと行かせてやらないと!)腰の前後運動を早めた。
「ピシャ、ピシャ!」小さな部屋に音が響いていく。
「だめー、乳首はだめよー!」淳子の乳首が軽く噛まれ(いいわ、凄くいいわ。許して、あなた)亡くなった夫への罪悪感を感じながらも理性を失い女性の本能でもっと深い結合を求めて足を開いていく淳子だ。
(なんだ、オ○ンコがしたいのか、だったらやらせないとな!)高田は体勢を変えて自分のお腹に淳子を乗せる騎乗位になった。
「いや、こんなのいや。せめて普通でしましょう、普通で!」
「そうはいきませんよ、今度は僕を楽しませて下さいよ」
「わかったわ。やるから絶対に美智には言わないと誓って下さい!」
「勿論ですよ、絶対に言いませんよ」
「約束ですよ」馬乗りになった淳子は息を荒立てながら高田の肉竿を手で掴み淫裂に導いていく。
「あ、あ、あー!」喘ぎ声を上げながら腰を沈め淫裂深く肉竿を迎え入れた。
(気持ちいいわ、久しぶりのセックスだから無理も無いわ)乳房を高田に揉まれながら腰を振っていく淳子だ。
 
 「出そうです、出させて下さい」
「いや、安心日だけどイヤです、出さないで!」高田から逃れようとするが逃れない。
腰をしっかり押さえられていたから「やめて、出さないで、お願いですから出さないで!」叫ぶが(出された、子宮の中に射精されてしまった)淳子の淫裂から白い液体が流れでた。
「酷いわ、こんな事をするなんて!」
「でも、よかったでしょう。久しぶりで」
「よかったけど、もうイヤよ、娘が知ったらなんて言うか心配だわ」淫裂から流れ出る精液をティッシュで拭きながら言う。
「またいいですよね、美智さんには絶対に言いませんから」
「許して、私はもう歳よ、若い子にして、セックス相手は」
(そんな事はわかっているさ、娘の美智も俺が頂くんだからな。お前も俺の物だからな)高田は名残惜しそうに淳子の乳房を撫でていく。
 
 「帰ります、もう終わったし。それに万が一が心配ですから」
「そうだね、僕もシャワーを浴びないと」2人は再び、浴室に戻ってきた。
淳子は膣の中を丁寧に洗い、高田の精液を洗い出し、高田も汚れた肉竿を洗っていく。
「こんな事はもうしませんからね」淫裂を洗いながら言う淳子に「わかっています。でも凄く、気持ちがよかったな。またオ○ンコがしたくなったらやらせて下さいね」
「だめ、だめです、もうだめ…」再び乳房を撫でられた。
「あ、あ、あー!」浴室に淳子の声が響いていく。
(いけないわ、こんなのが許されるわけがない!)だが淳子は立ったまま足を開き、背後から高田に肉竿を迎え入れている。
(だめ、これが最後よ!)両手で壁を押さえるとそこに鏡がある。
(オチンチンが膣に入っている!)鏡にも淳子の淫裂に入り込んで動き回る肉竿が映っていた。
「あ、あ、あー!」(出された、また射精された)再び淫裂の中に精液が送り込まれてた。
高田は2回目の放出を終えると脱いだ服を着てから学園に戻った。
「これで済むならいいけど…」淫裂の中を丁寧に洗い終え衣服を着込む淳子だ。
 
 そんな淳子の考えを踏みにじるかのように高田は撮ったカメラの画像を職員室にある自分のパソコンに落としていく。
「ふーん、いいね。これが!」誰もいないのをいい事に先ほどの淳子とのセックスの余韻に浸っていた。
「よかったな、あんなオ○ンコならもっとやりたいな」画像を見ながら肉竿を膨らませていると
「ピーン、ポーン!」授業の終わりを告げるチャイムが鳴った。
「やばい、急がないと!」慌ててパソコンのスイッチを切りカメラを机の中に仕舞い込んでいく。
「あら、どうなさったの。顔が赤いわよ」職員室に戻った教師達が高田の赤い顔に気づいた。
(まずいな、オ○ンコのことが知られたら美智とのオ○ンコができなくなるしな)「少し、熱っぽいんですよ、保健室で見て貰いますか」高田は話を誤魔化そうと保健室に向かった。
「あら、高田さん!」職員室を出ようとすると美智とぶつかった。
「す、すみません。ちょっと熱があるので!」高田は美智の顔を見た。
(俺とオ○ンコしような。イヤでもオ○ンコしなければいけないようにしてやるぜ)目を輝かせて保健室に入った。
(いやだわ、いやらしい目だったわ)美智は自分の席に座って次の授業の準備を始めていく。
だが、美智の知らない間に高田は策を巡らせていた。
(お前を抱く男は俺が最初になるからな)高田は美智の乳房と絨毛を露わにした全裸を思い浮かべている。


第3話へ
   




官能小説 『狙われた母娘』
赤星直也様が運営される官能小説サイト

未知の星
未知の星






   前頁へ   表紙へ   トップ