官能小説

『狙われた母娘』



作者 赤星直也





    第3話 美智の全裸

 高田は放課後、野球部員との練習を済ますと寮に戻ってきた。
「言わなかったでしょうね」淳子が小さな声で尋ねると「当然ですよ。それより、今夜も欲しいな」「いけません、もういけません」そう言うと逃げるようにして淳子は高田から去っていく。
(恥ずかしがる姿がいいな、またオ○ンコしようぜ)食事を済ませると高田は隠しておいたビデオの再生を始めていく。
「いいね、綺麗に取れているぞ。淳子の顔までハッキリ映っているじゃないか。それに俺のチンポコまで映っているぞ」しっかりと結合部や淳子の顔が映っていた。
「これでいけるぞ。まずは裸を撮ってからだな」ビデオを編集し自分の顔にモザイクを入れ「よし、これでいい」高田は修正したビデオを紙袋に入れて美智宛の住所を書いて送りつけた。
 
 それは翌日、直ぐに美智の元に届いた。
「絶対に一人で見て下さいなんて、何かしら?」送られたテープを再生していくと美智は「あっ、お母さん!」そう叫ぶと声も出せず、ただ画面を見ているだけだ。
(セックスしている、母さんがセックスしている!)もう声が出ない。美智は母親の姿しか目に入っておらず、やがて、淳子の淫裂から精液が流れていく。
(射精だわ、射精された!)信じられない事だった。
(誰が撮ったのかしら?)不安になっていくと「プルプルプル!」携帯電話が鳴った。
「もしもし、宮園ですが?」
「見ていただけましたよね、ビデオを!」高田はわざと声を変えて電話を掛けていた。
「ええ、見ました。あなたはどなたですか?」
「それは言えないな、よく撮れていたろう、あれは高く売れるぞ」
「やめて、売らないでください。お母さんが苦しむだけですから」
「だったら、言う事を聞け。明日の10時に、体育館で素っ裸になれ。それなら売るのはやめるぞ」
「私が裸にですか?」思わず声が高まった。
「そうだ、明日の10時だ。30分間素っ裸でダンスをしていろ。得意だろう、ジャズダンスは」
「そんなのイヤです。裸でダンスだなんて!」
「イヤならそれでもいい。もっとおもしろいのもあるんだ。メールで送ったから開いて見ろ!」
(何なのよ、おもしろいのって?)美智は自分のパソコンのスイッチを入れて開いていく。
(画像だわ、画像が送られている)その送られた数枚の画像を開いた。
「お母さんのヌード写真だわ、ヘアやオッパイが丸出しにしている!」奥歯がガチガチになっている。
「どうだ、気に入ったか。もっとあるんだぞ」
「いや、もういやー!」泣き声に変わってしまった。
「いいな、明日は素っ裸になってダンスをやるよな」
「はい。やりますから絶対に秘密を守ってください」泣きながら言う美智だ。
「わかっている、それより10時だぞ。誰がいようが素っ裸でのダンスだからな」
「はい、わかりました」泣きながら携帯を切った。
「うまくいった。これで娘の素っ裸も見れるし、写真も撮れるぞ」電話を戻し、ニヤニヤしながら美智のヌード姿を想像している。だが「恥ずかしい、ヌードになるなんて。誰かに見られたらどうしよう?」思いめぐらす美智だ。
 
 美智は夕食が咽を通らず、やっと押し込んで行く。
(とにかくお風呂に入って体を綺麗にしておかないと。汚れた体を見られるのは恥ずかしいし)
 食事を済ますと浴室に入り「明日はきっと見られてしまう、誰かが見ているはずだし」衣服を脱ぎ下着姿になった。
 パンティとブラジャーはお揃いのブルーで「このオッパイも見られかも知れてしまうのね」両手でホックを外して脱ぐと日焼けした肌の中にまっ白な乳房が揺れ動いていく。
 美智の乳房はCカップで乳首がツンと上を向いている。
 脱いだブラジャーを服の上に置くと今度は最後の小さな布地を下げた。
 乳房と同じく日焼けを免れた白い肌が露わになり、その白い肌の中に真っ黒な絨毛がびっしりと覆っている。
「このヘアも見られるのね、誰かに!」体を丸めてパンティから足を脱いで両手に縮こまった小さな布が残され、その小さなパンティも置くと浴槽の中に入った。
 
 「ここは丁寧に洗わないと」まっ白な乳房を丁寧に洗っていく。ピンクの乳首も指で擦っていくと「堅くなっていく。それに気持ちいい!」体を洗うのをやめて両手で乳房を撫でていく。
(ダメよ、こんな事している場合じゃないわ、綺麗にしないと!)思い直して今度は股間に石鹸を塗っていく。
「いいわ、気持ちいい!」指で敏感な突起や割れ目から飛び出ている肉襞を指で擦った。
(あ、あ、あ。声がでそうだわ!)声を出すまいと堪えながら膣の中も丁寧に洗っていく。
「そうだわ、ここも手入れしておいた方がいいわ」何気なく鏡を見ると絨毛が映っている。美智はてカミソリで群れからはみ出ている絨毛を剃り「これで安心だわ」鏡に映った股間の絨毛は綺麗に並び揃った。
 ヘアを綺麗に手入れすると浴槽で体を充分温め、バスタオルで濡れた体を拭いて全裸のままでベッドに潜り込んでしまった。
 
 翌朝、美智はカーテンの隙間からの朝日で目を覚ました。
「そうだわ、今日はヌードで踊らないとお母さんが苦しむ事になるんだ」昨日の事を思いだしたのか不安を抱きながら全裸のまま起きあがった。日焼けした全身に乳房と股間がまっ白に取り残されていて眩しいくらいだ。
 美智はそのまっ白な乳房を揺らせながら下着を選んで「白にしないと、これなら無難だし」真っ先にブラジャーを取りだし乳房に押しつけていく。
「パンティも揃いの方がいいわね」白い肌を再び白い布地が覆い隠していく。
「あら、うっすら透けているわ、でも仕方ないわね」鏡に映るまっ白のパンティだが、淫裂を押さえる部分が黒ずんでいる。
「とにかく、やるしかないし!」自分に言い聞かせ、その上からツーピースを着込んだ。
「これでいいわ」美智は宿舎から校舎に向かって歩いていくと「出かけたな。俺も行かないとな」
 そっと窓から見ている高田だった。
 
 「おはようございます」生徒達と挨拶をしながら職員室に入っていくがいつもの落ち着きがなく「どうかしましたか?」校長の坂上が心配したのか声を掛ける有様だ。
(落ち着いて、落ち着くのよ!)自分に言い聞かせながら冷静を装っていく。今日は美智の授業は午前はなく午後からだ。
(まだ、9時半だ。でもあと30分しかないわ)職員室に一人の超された美智に落ち着きはない。
(誰かしら、私にヌードになれと言ったのは。それに母さんとセックスした相手は?)脳裏にはそればかりしか浮かんで来ない。
「もう5分前だわ、行かないと」覚悟を決めて職員室から体育館へと向かった。だが体育館では生徒達が授業をしていて「イヤよ、生徒の前でヌードだなんて!」怯えながら歩いていと、幸いな事に生徒達が一斉に体育館から走り教室に向かってきた。
「よかったわ、見られずに済んで!」ホット安堵しながら歩いて体育館の中に入った。
 
 「あれ、宮園先生。いったいどうして?」体育館には高田が一人で器具の点検をしていた。
「た、高田先生、どうしてここに?」
「それは僕が知りたいですよ。授業を終えた後に器具の点検をしないと万が一の時に逮捕されるんですよ」
「それで点検を?」
「ええ、業務過失とか、なんとかが付いて損害賠償を求められるんですよ。それで念入りに確かめないとね」
(お願い、もう出て行って。時間がないのよ、後一分しかないのよ!)焦る美智を後目に「そうだ、これも点検しないといけないんだった」ラジカセのスイッチを入れた。
(お願い、出てって、これからヌードにならないといけないのよ!)美智は体を震わせながら服を脱ぎだした。
(お願い、絶対に振り向かないでお願いですから!)ツーピースを脱いで下着になった美智はパンティを脱ぎ、股間を露わにしていく。
(高田さんに見られてしまうわ、フルヌードを!)ブラジャーも脱ぎ乳房も露わにしている。
(そうだ、早く素っ裸になるんだ俺の目の前でな!)高田はわざと音量を高くした。
 
 「ポ、ポ、ポ、ピーン!」それと同時に美智は踊り出した。
「み、宮園先生!」足音に気づいた高田が振り向くと生まれたままの姿になった美智がジャズダンスを始めている。それと同時に「皆さんお元気ですか。今日も元気にワン、ツー!」ラジカセからジャズダンスの音楽が流れだした。
「た、高田さん、その音楽で踊りたいの、踊らせて!」美智は乳房を揺らせ、惜しげもなく足を上げて絨毛に包まれた淫裂を高田に晒していく。
「ヌードでダンスですか。これは芸術ですよね」
「ええ、ヌードは芸術ですから」目の下を真っ赤にしながら踊っている。
(恥ずかしいわ、ヘアはおろか、性器の中まで見られてしまった!)ラジカセから流れ出る音楽に合わせて踊っていくと(そうだ、それでいい。もっとやるんだ!)高田は今度はビデオカメラで美智を撮りだした。
 しかし、美智の乳房を揺らす美智のヌード撮っていたのは高田だけではなかった。
(仕方ないわねね、できの悪い弟だから)保健医の貴美もしっかりカメラで撮っていた。
 
 「綺麗だ、宮園先生のヌードは芸術だから撮らせてくださいよ」
(イヤ、カメラで撮るなんてイヤです!)そう叫びたいが「ええ、綺麗に撮って下さいよ、ヌードはこれっきりですから」自分から裸になった理由を正当化するためにビデオカメラで撮られるのを承知するしかない。
(お願い、ヌードを撮らないで、お願いですから!)そんな美智はまっ白な乳房を揺らせ、淫裂を晒しながら高田にビデオで撮られていく。
(そうだ、もっとオ○ンコを見せるんだ。オッパイはタップリ撮ったからオ○ンコをもっと撮らせろ)高田は美智の真っ黒な絨毛を中心にしてカメラアングルを構えた。
(撮られている、性器の中まで撮られてしまった!)全身を小刻みに震わせながら踊り続ける美智だった。踊るに連れて美智は全身から汗が流れ出て、円を描き揺れ動く乳房も汗で光っている。
(もう限界よ、恥ずかしい!)美智の願いが通じたのか30分が経った。
「もういいわ、ヌードをタップリ撮られたし!」悔しさを堪え、笑顔の美智は脱いだ服を着込んでいく。
「待って、その前に汗を拭かないと」高田は自分のために用意したタオルで美智の体を拭いていくが「ありがとうございます。でも、そこは…」美智の乳房が触られている。
(イヤ、オッパイを触られるなんて恥ずかしいわよ!)真っ赤な顔のまま横を向いた。
(そうだ、その恥ずかしさがいいんだよ。まだ男をしらないようだしな)タオルで拭きながら手のひらで直に乳房を揉んだ。
(やめて、そんな事は嫌いです!)声を出せずされるがままの美智だ。
 
 だが「だめ、そこはだめ!」タオルを隠れ蓑にして淫裂を触りだした。
「僕だって我慢して見ていたんですよ。だったらこれくらいいいでしょう」
「見て頂いたのは感謝します、ですが性器を触られるのはいやなんです…」淫裂を触る高田の手を押さえている。
「イヤですか、しっかり見てあげたのに」
「触られるのはイヤなんです。見られるのはいいんですが…」
「だったら、触りっこをしましょう、いいですよね」そう言われれば逆らえない。
「わ、わかりました。私も触ればいいんですね」美智は高田のトレーニングズボンを引き下げ、パンツも下げた。
(これがオチンチンなのんだ。堅いわ、これが入ったら膣が裂けないかしら?)驚きを隠しながら勃起した肉竿を掴み手で擦っていく。
「気持ちいいです、出したくなりました」
(出したい、何を出すのかしら?)美智は手の動きを早めていくが「ダメ、乳首を吸わないで、だめー!」淫裂を触れながら乳首を吸われた。
(ダメ、そんな事されたら声が出てしまうかも…!)呼吸が速くなっている。やがて「でる、でるー!」肉竿を擦っている美智の手に暖かい液体が吹き掛けられた。
 
 「いやよ、これって精液でしょう?」肉竿を掴んだ手は急いで淫裂を隠していく。
「そうだよ、ザーメンだ。精液とも言うよ」
「不潔よ。そんなのを出すなんて!」タオルで精液を拭いていくと「不潔じゃないよ、これを美智さんが喜んで飲むようになるんだから」
「そんな事はしないわ、絶対にしないから」精液を拭くと脱いだ下着を着ていく。
(いや、もう撮らないでよ!)パンティを真っ先に履き、乳房をブラジャーで覆っていく。
(恥ずかしいわ、ヌードよりも恥ずかしい!)その後、ツーピースを着込んで体育館から出た。
(うまくいったぞ、明日はこれで娘の方とオ○ンコができるぞ、しかもバージンとのオ○ンコだ)放出を終えた肉竿を仕舞い込み、器具の片付けをしていく高田だ。
「和茂、撮ったわよ。ほら」
「姉さんありがとう。これで美智と楽しめるよ」
「セックスばかり考えないでお父さんのことも考えなさい」姉の貴子がカメラを渡した。
「姉さんだって見たいだろう、セックスしているところを」
「見たいわよ、あれを見ると燃えるのよ。夫に何回も求めたくなるのよ」
「だったら、また手伝って、姉さん」
「わかっているわよ、だから撮ってあげたでしょう。でも、あの子はきっとバージンよ」
「僕もそう思うんだ。喪失の血を流しながら踊るなんてどうかな?」
「いいわ、それで行きましょう!」悪企みが美智の知らない間に計画されてしまった。


第4話へ
   




官能小説 『狙われた母娘』
赤星直也様が運営される官能小説サイト

未知の星
未知の星






   前頁へ   表紙へ   トップ