官能小説

『狙われた母娘』



作者 赤星直也





    第5話 脅迫

 職員室に戻ると高田が待っていた。
「気持ちよかったよ、またオ○ンコさせて下さいね。ヌードダンスも見せて欲しいな」
「人には、絶対に言わないでください、ダンスとセックスの事を!」
「わかっていますよ。そのかわりまた楽しませて下さいよ」スーツのボタンを外し、シャツの上から乳房を掴んでいく。
「やめて下さい、ホントに痛いんです。オッパイもあそこも!」俯く美智だ。
「残念だな。仕方ないか。そうだ、明日はからは下着を着けないでくださいね」
「イヤよ、そんな事はできないわよ」
「やらないなら、言っちゃいますよ、ヌードダンスと、お母さんのセックスビデオの事も」
「イヤ、それだけは言わないで、下着は着ませんから」
「それなら僕も言いませんよ。2人の秘密にしておきますから」話をしているとチャイムが鳴り授業の終わりを告げている。
「絶対に、言わないで下さい」言い終わると同時に授業を終えた同僚がどっと入り込んできた。
「飯だ、飯だ。これが楽しみでね」「私もですよ、これで一息付けるし」机の上に昼食を並べていく同僚達だ。
そして、1時間後に授業が始まり「私も授業をしないと」美智も職員室を出て教室に向かった。 
 
 その翌日、起きると美智はパンティ、ブラジャーを脱いでいく。
「恥ずかしいけど、見られる訳じゃないしね」直接肌の上に服を着ていくが「乳首が擦れてしまう」動く度にシャツが乳首を擦っている。
それに擦られた乳首も堅く膨らんでさらに擦られていく。
それを我慢してスーツを着込み「これでいいわ、これならわからないし」姿見で確認してから寮から校舎へと歩いていく。
「おはようございます」高田が声を掛けてきた。
「今日もやるんですか、あれを?」
「いいえ、今日はちょっと…」言葉が詰まってしまった。
「見たいですよ、お願いですから見せてくださいよ」
(やれというの、素っ裸のジャズダンスを?)
(そうだ、素っ裸で踊るんだ、オ○ンコ丸出しにしてな!)高田の目が光っている。
「わかりました、ちょっとだけですよ」
「ありがとうございます」2人は職員室に入った。
そして、朝礼を済ませ同僚達は授業を始めていくが、高田と美智は授業がなく2人は職員室に残っている。
知識を吸収する時間帯に体育や美術など行う学校はないのが当たり前だ。
「美智さん、見せて、約束の下着なしの姿を」
「ここじゃイヤよ、別なところでしましょう」
「ここで見せて欲しいな、美智さんのヌード姿を」高田は美智のスーツのボタンを外していく。
「ほら、これがオッパイだ」上着のボタンが外されるとシャツと密着した乳房が透けている。
「ダメ、触らないで、お願いですから」
「でも、フルヌードになるんでしょう、これは要りませんよね」シャツのボタンも外していく。
(そうだ、これでいい。オッパイが掴みやすいしな)胸元が開き日焼けから残されたまっ白な乳房が高田に掴まれた。
「ほら、柔らかいぞ」乳房を飽きることなく揉んでいく。
「見られます、ダメです!」乳房を晒したまま美智は高田が掴んだスカートを押さえている。
「見せてくださいよ、約束したでしょう、下着は着ないって」
「それと、これとは関係ありません」
「ありますよ、下着を付けているか確認しないと」 
 
 そう言われれば逆らえない。スカートのホックが外され、ファスナーが下げられた。
「いいですね、オ○ンコが丸見えで」美智の下半身が丸見えになった。
「見ないで、恥ずかしいから」顔を背けるが「いいですね、ヌードお似合いだ。宮園先生は」淫裂を指で触わり始めた。
「イヤ、もういいでしょう。確認が済んだから」
「せっかくヌードになったんだから記念に撮りましょう」カメラで美智を撮った。
「やめて、撮らないで!」両手で乳房と股間を隠していく。
「ほら、退けて!お母さんだってオ○ンコ丸出しで撮られたんでしょう」
「でも、ヘアはイヤよ、せめてオッパイだけにして…」
「イヤなら知りませんよ。ヌードダンスの事も」
「わかりました、ヘアもお見せしますから秘密を守ってください」震える手を乳房と股間から退けていく。
(撮られてしまったわ、フルヌード姿を!)乳房や股間の絨毛が露わになり、それが高田に撮られていく。
「いいですね、オッパイを持ち上げてくださいよ」調子に乗った高田が言うと(やるしかないのね、イヤだけど…)恥ずかしそうに大きな乳房を持ち上げた。
(そうだ、それでいい。今度はオ○ンコだ!)カメラで美智のヘアを晒した姿を撮り終えると、チャックを下げて肉竿を取り出した。
「イヤ、セックスはいやです!」怯えて手で乳房と肉竿を押さえうずくまってしまった。
「オ○ンコがイヤなら口でやってくれ、オッパイを揉みながらやるから」
「わかったわ、口でやればいいのね」美智は目を閉じ、高田の肉竿を口に迎え入れた。
「ウグ、フグ!」乳房を揉みながら高田が腰を振っていく。
「そうだ、それでいい!」(イヤ、オチンチンが咽まで入ってくる!)吐き気を感じた。
「ダメ、もうダメ!」限界を感じて口を離した。
「仕方ないな。いずれオ○ンコさせて下さいよ、昨日みたいに」
(イヤよ、セックスはもうしたくないのよ)美智は脱がされたシャツを着込んでいく。
高田も肉竿を仕舞い込みながら「いいですか、明日も確認しますからね」
「見るだけにして下さい、お願いですから」
「そうはいきませんよ、オ○ンコもやらないと」
(無理だわ、またセックスをさせられてしまう!)スカートを履きながら不安な思いになった。
 
 その不安な美智を職員室に残し、高田は淳子のいる寮に向かっていた。
「母親とオ○ンコしないと収まらないな、娘とは明日にするか」ブツブツ言いながら中に入った。
「あら、高田先生、忘れ物でも?」一瞬不安な顔になる淳子だ。
「ええ、これを見て欲しくて!」先ほど撮ったばかりのカメラを見せてテレビのあるリビングに向かう。
「いいですか、見て下さい」カメラをテレビと繋いで再生していくと「み、美智!」テレビには先ほど撮ったばかりの美智の姿が映っている。
「消して、美智がお嫁にいけなくなってしう!」
「わかっていますよ、ですからいいでしょう?」高田は淳子に抱きついた。
「イヤ、やめて、もうやらない約束でしょう」
「そうはいきませんよ、オ○ンコをしないと収まらないんですよ」
「騙したのね、それにあれも高田さんが撮ったのね」淳子はやっと気づいた。
「そうですよ、僕が隠し撮りをしたんですよ」淳子のスカートが脱がされていく。
「イヤ、やめて、いやー!」シャツも脱がされて「ほら、オッパイが見えるぞ」抵抗する淳子のブラジャーが捲られ乳房が覗いている。
(レイプだわ。これはレイプだわ!)パンティも引き下げられ股間も露わにされた。
「やめて、お願いですからやめて下さい!」
「イヤなら娘とやるがいいのか?」
(そうだわ、美智が犯されるんだったら私が相手をすれば済むんだ…)抵抗が止まった。
「そうだ、それでいい!」ブラジャーも脱がされ乳房が揉まれていく。
 
 おとなしくなった淳子を見て高田はズボンとパンツを脱いで肉竿で淫裂を突き刺した。
(入ってくる、オチンチンが入ってくる!)泣きそうな顔になっている淳子だが「あ、あー!」肉竿が動きだし、乳房も揉まれながら乳首が吸われていく。
「ダメ、動かさないで、だめです!」淳子の手が自然と高田の背中を抱きしめた。
それを知ったのか肉竿の動きが早まって「あん、あん、あん!」背中が弓のように反り返り淫裂から淫汁が流れている。
「ほら、もっと欲しいだろう、俺のチンポが!」
「はい。もっとして下さい、淳子の膣の中に…」
「欲しかったらお前がやるんだ。やれ!」体が入れ替わった。
「あ、あ、あー!」淳子は馬乗りになり腰を振りだした。
「オッパイにもしてやるからな」揺れ動く乳房が揉まれている。
「お願いです。私が相手しますから美智には手を出さないで下さい」途切れ途切れに言う淳子だ。
「わかってるよ、美智には手は付けないから」
(そうはいくか、オ○ンコしないバカがどこにいるかよ)真っ赤な嘘を付いて淳子の淫裂の中に精液を噴射してしまった。
「ダメ、お腹の中にはもう出さないでください」股間を手で押さえ、腰を上げると指と指の間から精液が流れ出ていく。
「お風呂で洗わないと」淳子はフラフラしながらリビングから浴室へと向かった。
「気持ちいいな、母親の方がオ○ンコ上手だぞ。娘はまだ未熟だしな」萎縮した肉竿を仕舞い込むと校舎に向かった。
 
 その夜、高田は思わぬ事を考えた。
「向かいは娘の部屋だったな。そうだ、素っ裸で立たせるか!」何を思いついたか携帯電話を掛けた。
「もしもし、宮園ですが?」相手は美智だ。
「窓を開けろ、カーテンを退けろ」高田の言葉で向かいの窓から美智が見えた。
「よし、服を脱げ、素っ裸になるんだ」
「イヤです。ヌードだなんてイヤです。見られてしまいますから」悲鳴に近い声をあげた。
「よく見ろ、生徒達はもう寝ているぞ。真っ暗だろう」
「でも、生徒が起きて見られてしまうかもしれませんし…」
「その時はその時だ。イヤなら約束は守らないぞ」
「わかりました、脱ぎます」携帯電話を置くと窓際に立った美智はパジャマを脱ぎだした。
(お願いだから絶対に起きないで!)祈る思いでパジャマ脱いだ。
「白か、ブラはつけるな。わかったな」ビデオを右手に持ち、もう片手で携帯電話を持っている。
美智は恥ずかしそうに両手で背中のホックを外すとカップが緩み飛び出した大きな乳房が揺れ動いている。
(これも脱ぐのね!)ブラジャーを脱ぎ終えるとズボンも下げた。
「パンツも明日から履かなくていい」
(いやよ、下着なしは学校だけのはずよ)だが頷いた。
「いい子だ。早くオ○ンコを見せてくれ!」ズボンを脱ぎ終えるとパンティを引き下げていく。
「いいね、ヘアがいい感じだ」
(イヤ、そんなの言わないで)美智は全裸になって窓際に立った。
暗い宿舎の中に美智の裸体が浮かび上がっている。
 
 「オ○ンコを広げて中まで見せろ」
(イヤ、そんなのイヤよ)泣きそうな顔で淫裂を指で広げていく。
「やれ、毎晩やっているんだろう、好きなやつを!」
(オナニーをしろというの?)顔が強ばっている。
「早くやれ、ほらやるんだよ」
(やるしかないわ、やらないと…)指がゆっくりと動いていく。
「いいぞ、それを生徒が見たら驚くだろうな。オ○ンコを弄っているんだかたな」
(イヤ、そんな事は言わないで!)真っ暗な中に浮かび上がった美智は淫裂を開き指で触っていく。
「いい眺めだ。これは使えるぞ」そんな美智をビデオカメラで撮っている。
(もういいでしょう、5分もやっているわよ)淫裂に指も入れて動かしていく。
「いいぞ、もういい。明日は必ずオ○ンコするからな」その言葉を待っていたかのようにパジャマを着込んでいく。
(下着はこれから着れないんだ…)パジャマを着込むと窓を閉めカーテンで覆って再び暗闇になった。
「ま、いいか。明日は娘とオ○ンコできるし」高田も窓を閉めた。
「いやだわ、明日は必ずセックスを求められるし。何とかならないかしら」
美智は考え巡らせたがいい考えが思いつかず朝を迎えてしまった。
 
 いつものようの校舎に向かい、授業の準備をしていく。
「宮園先生、ちょっとお話が」高田が美智に声を掛けてきた。
「何かご用でも?」(セックスをする気ね、授業は始まっているというのに)美智は高田に連れられて職員室から出ていく。
「今はいやです。せめて授業が終わってからにして貰えませんか?」
「だめだ、放課後は部活で忙しいからな」高田は保健室の戸を開けて中に入り、美智も後を追って入った。
保健室の中は誰もおらず「脱げ、素っ裸になるんだ」いきなり言う。
「許して、ここではイヤです。必ず見られますから」
「構わないさ、見られても。脱がないなら約束はなかった事にするからな」
「それは許して、脱ぎますから」慌ててツーピースのボタンを外していく。
(どうして、こんな事になったのよ!)今にも泣き出しそうな顔になって上着を脱いだ。
「いいね、オッパイが見えそうだぞ」白いブラウスからは密着している乳房が透けている。
「言わないで、恥ずかしいんですから」ブラウスの小さなボタンも外すと胸元が開いて乳房の膨らみが覗いている。
(誰かに見られたらなんて言おうかしら?)体を震わせブラウスも脱ぐと乳房が露わになってしまった。
「いいね、早くオ○ンコも見せてくれよ」
「わかっています」声を震わせながらスカートのホックを外しファスナーを下げた。スカートは一気に足下に落ちて、下半身も露わになり絨毛に包まれた淫裂が露わになっている。
「これで許して貰えませんか?」顔を背け白い乳房と股間を露わにして言う美智だ。
その時、戸が開けられ保健医の貴子が入ってきた。
「ヌードだわ、フルヌードだなんて!」思わず声を上げた。
(見られてしまったわ、フルヌードが見られた!)力が抜けていく美智だった。


第6話へ
   




官能小説 『狙われた母娘』
赤星直也様が運営される官能小説サイト

未知の星
未知の星






   前頁へ   表紙へ   トップ