官能小説

『狙われた母娘』



作者 赤星直也





    第10話 ヌードモデル
 
 身体検査が終了すると美智達は職員室に戻っていが、誰一人として美智に声を掛けようとはしない。
「お先に失礼します」声を掛け宿舎に帰っていく美智を黙って見ている。
(嫌われたわ、あんな下着を着ていたから当然かも知れない…)一人歩いていく姿が寂しかった。
(美智が同僚から軽蔑されてしまった!)項垂れて歩く姿に淳子は泣いてしまった。
しかし、そんなことで高田が許すはずなど無く、今夜も淳子と美智は全裸になって高田の部屋へと向かっていく。
「高田さん、オ○ンコをして下さい」屈辱な言葉を言い、開けられたドアから中に入っていく。
「やれ、交代でやるんだ!」仰向けになった高田に馬乗りになり腰を振っていった。
「今日は母親のオ○ンコの中に出すぞ」
「はい、喜んでお受けします」放出寸前になると美智に変わり淳子が最後の仕上げをして体内に精液を噴出されていく。
放出を終えると「明日から暫くオ○ンコは休みだ。部活が忙しくなってきたしな」
(よかったわ、これから暫く裸にならなくてすむし)喜ぶ2人だ。
実のところ甲子園を目指す野球部は地方大会が始まり高田がそれどころでは無くなった。
翌日から美智は下着を着て学校に向かっている。
「おはようございます」
「おはよう、変態先生!」(変態先生?)同僚から思わぬ言葉が返ってきた。
しかし、侮辱の言葉にも黙って自分の席に座り授業の準備を始めている。
「皆さん、おはようございます、早速ですがお知らせがあります」教頭の言葉で朝のミーティングが始まった。
「今年も野球部がいい活躍しています、皆さんもがんばって下さいよ」その言葉に頷く教師達だ。
 
 そして、昼休みに美術部部長の中井が職員室を訪れた。
「先生、放課後に部活をしますからお願いしますよ」
「わかったわ、必ず行くからね」
「お願いしますよ、大事な話ですから」中井が職員室から出ていくと同時にチャイムが鳴り午後の授業が始まった。
美智も他の教師同様に授業をして放課後を迎えた。
「美術部に行かないと」中井に言われた事を思い出して部室に入ると「待っていました。宮園先生」中井が美智を迎え入れた。
「話ってどんなことなの?」
「今度の夏休みのことです。秋には文化祭もありますし」
「で、何かしたいのね」
「はい。日曜日に写生をしようと思ってます。それに夏休みには合宿をしようと思っていますが」
「いいわね、やってみたら」
「でもいないんですよ、モデルが。それに予算もなくて」
「そうね、モデルの予算は今からじゃあ間に合わないわよね、それに高いしね」
「そうなんですよ、何とかボランティアでやってくれる人を当たってください、私も当たりますから」
「わかったわ、当たってみるわ」それが後でとんでもないことになるとも知らずに安請け合いをしてしまった。
中井との話を済ませると美智は早速電話を掛けまくったが「申し訳ありませんが当日は予約が入っていまして」どのモデル会社からも断られてしまった。
「仕方ないわね、明後日だから無理もないかも」諦めたのか生徒への言い訳を考えていた。
 
 翌日、美智は中井を呼んで事情を説明し「こういう事になって済まないと思っているわ、謝ります」謝った。
「それでしたら先生がモデルになって下さい。今までの顧問がやっていましたよ」
「ヌードはダメよ。恥ずかしいし」
「でしたら寮母さんにお願いしましょうか?」
「だ、ダメよ。そんなこと絶対にダメです!」(お母さんをヌードモデルに何かできないわ)
「でしたらやりますよね、先生が?」
「中井君、絶対に秘密は守れるの、それに部員のどれくらいが来るの?」
「秘密は守れます。部員は10人は集まるでしょう」
「10人も来るんだ!」(どうしよう、生徒の前でフルヌードになるなんてイヤだし)
「先生、保健室ではヌードになったそうじゃないですか、部室でもお願いしますよ。言ったことは守らないと」中井の目が輝いている。
(しまった、安請け合いなどするんじゃなかった!)後悔するが遅かった。
「いいですか、モデルが見つからなかったら宮園先生がフルヌードになって下さいよ」
「わかっています…」美智はやっと返事ができた。
「もしもの事を考えて私が寮母さんにも当たってみますから」
「ダメ、そんなのダメです」美智の制止を振り切って中井は野球部の寮に向かった。
 
 「あら、どうしたの。今頃何の用かしら?」
「私は美術部の部長をしている中井ですが寮母さんにお願いがあり伺いました」
「どんなお願いがあるの、この私に?」
「モデルになって下さい、ヌードですが!」
「ヌード、私がヌードですか?」中井がいきなり言い出したのに驚く淳子だ。
「はい、他にいないんです。こういう場合は顧問の宮園先生がヌードにならないといけないんですが嫌がっていまして」
「もし、私が断ったらどうなるの?」
「無理に宮園先生を裸にします。それが顧問としての責任ですから」
(美智が教え子の前で無理矢理裸にされてしまうなんて!)顔色が青ざめていく。
「わかったわ、ヌードになればいいのね」
「はい、やって貰えるんですね?」
「恥ずかしいけどやってみるわ」(美智の裸を教え子に晒すわけにはいかないし!)やむなく承知するしかなかった。
「助かります、モデルは日曜日ですからね」中井はしてやったりという顔で部室に戻ってきた。
「先生、断られました。先生しかいませんね」嘘を言う中井だ。
「中井君、スケスケならモデルしてもいいけど。スリップを着てならいいわよ?」
「いいですね、オッパイと性器も丸見えになるんでしょうね」
「オッパイだけよ、パンティを履いてスケスケのスリップならいいけど…」
「オッパイは見せてくれるんですよね?」
「いいわよ、でも絶対に秘密よ、誰にも言わないって!」
「わかっています。秘密は守りますよ」(かかったな、これで先生のフルヌードが見られるぞ!)
笑顔になる中井だ。
 
 美智はトップレスを決意して宿舎に戻るとクローゼットから下着を選んでいく。
「あったわ。捨てないでよかったわ」スケスケのスリップを手に取った。
「裸を見られるんだから汚れを落とさないと」下着を手に持ち風呂で体を丁寧に洗っていく。
「オッパイを見られるんだから丁寧に洗わないと」乳房や淫裂など体の隅々まで丁寧に洗って明日に備えている。
「でも恥ずかしいわ、オッパイを教え子に晒すなんて」美智はその夜、なかなか寝付けなかった。
それは淳子も同じで「明日はヌードになるんだ、美智の教え子の前で!」なかなか寝付けない。
2人は熟睡できないまま朝を迎え「そろそろ行かないといけないわね。汚れたパンティを見られたらいやだし」美智はベッドから起きると直ぐにパンティを脱いだ。
日焼けした肌に白いパンティの後が付き、淫裂の周りはごま塩のように生えかけの絨毛が転々としている。
「どれにしようかしら?」悩んだ末にまっ白なビキニパンティを履いていく。
「ヘアが無いから安心だわ」普通なら絨毛が透けて見えてしまうがヘアを剃ってあるので透けることもない。
「これを着るんだ、オッパイがスケスケになるけど」乳房を押さえているブラジャーのホックを外して脱ぐと日焼けから逃れた白い乳房が揺れている。
そして、昨日選んだスリップを着て「恥ずかしい、乳首が丸見えだわ。オッパイのラインも丸見えだし!」鏡に映る自分の姿を確かめていく。
「パンティを履いているから性器は大丈夫だわ」
 
 
 鏡で確かめ終えると、ラフな普段着を着込んでから校舎に向かって歩いていく。
静まりかえった校舎を歩き、部室に向かうと「宮園先生、お待ちしていました。早速始めましょう」廊下で中井と顔を合わせた。
「本当に秘密にしてね」
「勿論です、部員が待っていますから」美智は中井に連れられて部室に入った。
「おはようございます」部室には女性部員もいて(恥ずかしいわ、やっぱりやめようかな?)ためらう美智だが部室の中に引きずり込まれた。
(こんなにいるなんて。10人と言ったのに!)部室には20人近い部員がいて、人数の多さに
「やっぱりできない、ヌードはイヤよ」尻込みした。
「ここまで今更なんですか。それでも責任者なんですか?」わざと中井は挑発している。
「や、やればいいんでしょ。モデルを…」震える声で言う美智はボタンを外し始めた。
「そうです、モデルになって貰えるなら構いませんよ」部員達は美智を見つめている。
(見られている、脱いでいく姿を!)顔を強ばらせながらスカート、シャツを脱ぎスリップ姿になった。
 
「恥ずかしいわ、オッパイを見られるなんて!」顔を赤らめスケスケのスリップの上から乳房を手で覆った。
「先生、それじゃあ描けませんよ、手を退けてないと!」
「わかっているわよ、でも恥ずかしいよ!」声を震わせ両手を退けていくと、日焼けから逃れた白い乳房が教え子の前に晒されていく。
(オッパイを見られている!)奥歯がガチガチと鳴っている。
「綺麗だわ、先生のオッパイが!」女性部員が声を掛けた。
「でも、ヌードは恥ずかしいの、こんな姿を見られるなんて」再び両手で乳房を隠した。
「先生、隠すならこうするからね」
「イヤ、やめて、乱暴にしないで」抵抗するが両手が後ろ手に縛られた。
それに弾みでスリップの肩紐が外れ右乳房が露わになっているている。
「見ないで、オッパイを見ないで!」立ったまま乳房を露わにしていた。
「先生、片方のオッパイを出した姿もいいですね。もっと見せてくださいよ」
「いや、いや!」暴れると「仕方ないです。縛りますからね」「いや、いやー!」叫ぼうとしたが口にテープが張られ声も出せない。
それにスリップの肩紐も切り裂かれパンティ1枚の姿にされた。
(いや、こんなのいや!)抵抗するが力負けして柱に縛り付けられた。
「これでいいぞ、誰か寮母さんを迎えに行け!」
(約束が違うわ、モデルは私一人のはずよ!)口を塞がれた美智は首を振り何かを言おうとしている。
「先生が嫌がったからこうなったんです。スケッチが終わったら解きますから。それまでは我慢してください」中井は事もあろうか露わになった白い両乳房を触っていく。
「部長、エッチしたいなら後でして下さい!」女子部員から声が上がった。
「エッチじゃないよい。オッパイが膨らんだ方がいいと思って」わざと乳首を指で摘み転がしていくと(ダメ、乳首は触らないで!)目を閉じる美智だ。
そこに「部長、寮母さんがお見えになりました」淳子が部員に連れられて部室に入ってきた。
「美智!」入るなり娘のパンティ1枚で縛られた姿に淳子は叫んでしまった。
「どうして、こんな事を。私がヌードになるから解いてあげて」泣きそうな顔で中井に詰め寄ると「約束違反をしたからこうなったんです。今日はこのままですよ、絶対に解けません!」
「だったら、私はヌードにならないわ」
「いいですよ。その代わり先生がフルヌードですから」中井は縛り上げられた美智の最後の布地を引き下げていく。
(いや、いやー!)首を左右に振るが、小さな布地は太股まで下げられた。
美智の股間が露わになり「先生のヘアがない!」パックリと割れたピンクの淫裂が晒された。
(見られている、性器を見られている!)恥ずかしさでまともに顔を上げられない。
(いや、こんなのいやよ!)美智は閉じた目からうっすらと光る物が流れていく。
「オ○ンコだ、先生のオ○ンコだ!」
「これが大人の性器なのね」女性部員もじっくりと自分の性器と比べている。
美智の全てが教え子の前に晒されて(教え子に性器まで見られている…)太股がブルブル震え、淫裂からはみ出した肉襞もそれに合わせて震えている。
 
 「そんな事やめて、美智はまだ嫁入り前ですから!」
「だったらやりますよね、オ○ンコ丸出しのヌードモデルを!」中井の言葉に「はい。ヌードモデルをやります」淳子は着ている服を脱ぎだした。
(やめて、母さんやめて!)首を振る美智だが(あなた、ご免なさい。このままだと美智が教え子に辱められれしまうかも知れないのよ)自分に言い聞かせるかのように目を閉じてスカートを脱ぎだした。
ホックとファスナーが外されたスカートが足下まで落ちてパンティが露わになった。
「寮母さん、まだ若いですね、ピンクのパンティだなんてだなんて」
「歳は関係無いのよ、好きな色を着ても」恥ずかしそうにシャツも脱いで下着だけの姿になるとブラジャーから脱ぎだした。
(オッパイを見られる…)ブラジャーを脱ぐと「おばさんのオッパイはまだまだ形が崩れていませんね、先生と同じ形ですよ」中井は淳子の露わになった乳房を撫でていく。
「やめて、そんな言い方は!」乳房を触られながらも最後のパンティを膝まで一気に下げた。
「剃ってる、おばさんもヘアを剃っている!」驚きの声がする中で(どうせ、わかることだから)
淳子は聞き流すようにピンクのパンティから足を抜いて体を隠す物は何もない。
「これでいいのね」淳子はまともに美智の顔を見られない。
「おばさんのオ○ンコは先生とちょっと違うわよ」
「あなたもいずれ分かるわよ。子供を産むと性器の形が変わるのよ」恥ずかしそうに美智の教え子に言い聞かせていく。
「私、子供は産まないわ、綺麗な体でいたいから」
「馬鹿だな、だったら結婚しなくていいのか?」
「お嫁には行くわよ、ただ、子供を産まないだけよ」
(まだ子供だわ、無理もないわね)生徒達のは話を聞きながらも全裸になって立っている淳子だ。


第11話へ
   




官能小説 『狙われた母娘』
赤星直也様が運営される官能小説サイト

未知の星
未知の星






   前頁へ   表紙へ   トップ