官能小説

『狙われた母娘』



作者 赤星直也





    第11話 教え子との約束 
 
 「ようやく準備ができたよ。始めよう」中井が部員に指示すると「そうだよ。早く描かないと」
部員は一斉に2人が並んで乳房と淫裂を晒した姿をスケッチし始めた。
(恥ずかしいわ、こんな姿を教え子達に見られているなんて!)20人の部員は母娘が淫裂と乳
房を露わにした姿をまっ白な画用紙に描いていく。
「先生、もう喋ってもいいから」美智の口封じが解かれ「お願いだからこの事は絶対に秘密よ」
口が効くなり真っ先に言う。
「わかってますよ先生」中井を始め部員達は食い入るように淳子と美智の母娘の乳房と淫裂を晒した姿を画用紙に描いていった。
スケッチは休まず行われもう3時間を迎えようとしている。
「お願い、解いて!」
「ダメです、午前中はそのままでいて下さい」美智が頼んでも美術部員達は縛った紐を解こうともせずひたすらスケッチしていく。
「疲れたわ、もう解いて!」再度言う美智は緊張のためか尿意を催していた。
「ダメです。我慢してください」冷たく美術部員が言うが(トイレに行きたい、漏れそうだし)
縛られた足を動かしている。
「先生、動かないでください」中井はイライラしたのか怒鳴るが「部長、もしかして先生はトイレにいきたいのでは?」女子部員が言う。
「そうなんですか、先生?」
「ええ、オシッコがしたいの」恥ずかしそうに言う美智に「構いませんよ、でもトイレ迄は素っ裸で行かないと。時間がもったいないですから」
「イヤよ、裸で校舎を歩くなんて!」
「でしたらここでしましょう」
「イヤよ、ここでは絶対にいや!」拒む美智に「でしたら動かないでくださいね」美智は必死に尿意を堪えていく。
(もうすぐ12時だわ、そうすれば休めるかも!)しかし、限界に近かった。
(ダメ、漏れちゃう!)「ここでもいいからオシッコさせて!」遂に言ってしまった。
「オシッコですか。それでしたらこれに出して」美智の淫裂に2リットルのペットボトルが押し当てられた。
「ここから出るんですよね」尿道から冷たさを感じる。
(こんな所でするなんて!)美智のはゆっくり股間に力を入れていくと同時にチョロチョロと淫裂から小水が吹き出した。
やがて「ジャー!」と勢いよく吹き出している。
 
 「イヤだー、先生がオシッコをするなんて」恥ずかしくて美智は顔を上げられない。
「私もオシッコがしたい」娘だけに恥ずかしい思いをさせるわけにはいかないので淳子もペットボトルが淫裂に押し当てられた。
「じ、自分でしますから!」ペットボトルを受け取ると淫裂を指で広げ、ピンクの尿道に入り口を押しつけ「うー!」と股間に力を入れた。
「ジャー!」勢いよく吹き出していく。
「すげえ、あんな所からオシッコが出ている!」始めて見る光景に部員達は目を輝かせている。
(美智、母さんもしているわよ、恥ずかしいことではないのよ!)美智に言い聞かせるかのように堂々とペットボトルの中に放尿していき、それに美智も気が付いた。
(お母さんもオシッコをしている!)顔を上げると美智の目にもハッキリわかる。
「もう出ないわ、出し切ったから」
(そうよ、それでいいの!)気持ちを取り直した美智に安堵する淳子だ。
 
 「部長、もう明日にしませんか?」
「そうだよな、今日はここまでにして明日にするか。明日の放課後も続きをやってくれますよね、フルヌードで」
「イヤ。もうヌードは絶対にイヤです!」キッパリと拒んだ。
「いやですか。でしたらこうしますよ」全裸姿で立っている淳子を中井が強引に抱きついた。
「やめて、お願いだからやめて!」部室にあるテーブルに押し倒して乳房を撫で回していく。
「手伝え、オ○ンコするから!」「イヤ、そんなのイヤ。やめて、約束のヌードになったでしょう」叫ぶが淳子は部員達に両手両足を押さえどうすることもできない。
中井は一気にズボンとパンツを脱ぎ下半身を丸出しにすると「イヤ、入れないでいやー!」淳子の淫裂に肉竿が吸い込まれていく。
(お母さんが教え子にレイプされている!)「やめて、それ以上やめて。明日もヌードになるから」母の辱めを黙って見てはいられなかった。
「本当ですね、もし、ヌードにならなかったらこうですからね」「ヒー!」中井の肉竿が根本まで淳子の体内に入っている。
「やるわ、だから、それ以上やめて!」だが中井は腰の動きを止めない。
「それだけではダメです。そうだ、部員のチンポコを口でするならやめますよ」
「わかったわ、やるから解いて!」
「ダ、メ、そ、ん、な、事、だ、め、よ…」中井の肉竿の動きだし途切れ途切れに言う淳子だ。
「解いて、やるから!」美智を縛ってあった紐が解かれた。
 
 「あなたからするわよ」自由になった美智は教え子のチャックを引き下げ手肉竿を取り出した。
「せ、先生!」喘ぎ声を上げながら白い乳房を掴み揉んでいく。
(イヤ、オッパイを触らないで!)乳房を掴まれながらも教え子の肉竿を口で擦っていくと「やめなさい、美智!」淳子は中井のピストンで淫汁を流している。
(久しぶりだわ、高田さんと同じくらいに気持ちいい!)悶え声を上げそうだが堪えていた。
「せ、先生!」最初の教え子が叫ぶと「ダメ、口の中はダメ!」顔を退けた途端に噴射が始まり
「見て、射精よ、あれが射精よ!」女性部員達は美智の顔に飛び散った精液を見つめている。
美智は女生部員の話など耳に入っておらず「今度はあなたの番よ!」隣の部員のチャックを押し下げ、肉竿を口に含んでいく。
「先生、早くしないと出ちゃいますよ」中井は腰の動きを早めていく。
(お願い、お母さんの膣の中には出さないで!)美智も口の動きを早めていく。
だが「で、でたー!」中井が堪えきれず淳子の胎内で噴射してしまった。
すると、中井に変わって副部長の小室が白い液体を流している淫裂に肉竿を押し込んでいく。
「今度は僕とオ○ンコしようね、寮母さん」
「だめ、そんなのだめよ!」言葉と裏腹に背中が浮き上がり腰も小室に合わせ動いていく。
「先生、早くしないと、寮母さんのオ○ンコの中にだすからね」
(わかっているわよ、急がないと)美智は教え子の手を掴んで自分の乳房を掴ませる。
「柔らかいや、オッパイが柔らかい!」虚ろな顔で乳房を揉みながら肉竿を口で擦られていく。
(出して、お願いだから出して!)口の動きを早めていくと願いが通じたのか「うー!」美智の口の中に噴射された。
「ダメよ、出すときは言わないと!」頭を上げた美智の口からは白い糸を引いた液体が流れ出ている。
「精液よ、先生の口の中に精液が!」女性部員達は驚いた様子だ。
(見られたわ、でもやらないわけには行かないし…)「次はあなたね」教え子のチャックを引き下げ、肉竿を口で擦っていった。
「先生、気持ちいいです!」教え子達に乳房を揉ませ口で奉仕していくが当然に時間が掛かってしまい、最後の生徒に放出を終えたときには淳子の膣奥に4人が噴射してしまった。
  
 「終わった!」座り込む美智の口から白い液体が流れ出ている。
淳子も「はあ、はあ!」荒い息づかいで仰向けになり、ピンクの淫裂からは生徒が噴射した精液がポタポタこぼれ落ちていく。
「先生、明日もお願いしますよ」
「わかっているわよ」
「もし来なかったらこうしますからね」中井は美智の乳房を両手で揉み、さらに淫裂に指を入れていく。
「イヤ、性器は触らないで。必ずモデルをやるから」
「約束しましたよ」美智はフラフラと立ち上がり淳子の淫裂から流れ出ている精液をハンカチで拭いていく。
「お母さん!」美智は母の淫裂を見て女性が快感を感じたときに流す淫汁を発見した。
(母さんは気持ちよかったんだ!)改めて知った。
(気持ちよかったことを、知られてしまったかも…)美智の顔を見られずに顔を背けた。
「母さん、ご免なさいね、こんな事になって!」
「いいのよ、美智のためならこれくらい平気よ」やっと起きあがっていく淳子だ。
その後2人は脱いだ服を着込むと部室から出た。
 
 部室から出た2人はまっすぐ野球部の寮に向かうが、寮の中は試合のために誰もいない。
「お母さん、一緒にお風呂に入ろうか?」
「いいわね、どうせなら大きな風呂に入りましょうよ、夕方まで寮生も帰ってこないから」美智の提案に淳子も賛成した。
「待って、直ぐにわかすから」ボイラーに火を入れて軽く昼食を摂ってくつろいでいた。
「美智、もう沸いたから入りましょう」
「はい、お母さん」
淳子は自分の部屋で服を脱ぎだ「誰もいないから安心だし」「そうね、私もここで脱ぐわ」全裸になった。
「行きましょう」2人は誰もいない寮の中を歩き、股間や乳房など隠そうとはせずに、乳房を揺らせ、股間を露わにしたまま浴室に向かった。
浴室の中は湯気がモウモウとしていて「お母さん、背中を流してあげる!」美智は浴槽の前に淳子を座らせて石鹸で背中を擦っていく。
「気持ちいいわ、何年ぶりかしら。美智に洗って貰うなんて」
「そうね、子供の時以来かもよ」2人は時の経つのも忘れ、思い出話にふけっていった。
 
 「美智、今度は私が洗ってあげるわよ」淳子と美智は向かい合い「お母さんの体のライン崩れていないのね」
「たぶん、美智しか産まなかったからよ。もっと産んだら性器が崩れてしまったわよ」そう言いながら淳子は美智の性器を洗っていく。
「お、お母さん、そこは恥ずかしいわ」
「親子でしょう、恥ずかしがらないで。ここは大事な部分だから」丁寧に淫裂からはみ出した肉襞を洗っていく。
「気持ちいいわ、セックスよりもお母さんの方が気持ちいいわ」
「感じちゃダメ、洗うだけなんだから」淳子が言うが美智の淫裂が潤っていく。
(そうだわ、高田さんと暫くしてないんだわ)あれほど嫌がった高田とのセックスが思い出されている。
(美智が興奮している、お汁が膣から流れてきたし!)淳子は知らない振りをして乳房も洗っていくと「あ、あ、あー!」堪えきれずに美智が喘ぎ声を上げた。
「お、お母さん。欲しくなったの…」
「いいわ、してあげるわ」2人は誰もいない浴室に寝て「吸って、オッパイを吸って!」「いいわよ、美智。してあげるわ。ここも欲しいんでしょう」
淳子はタイルの上に仰向けに寝た美智に覆い被さっていく。
「お。お母さん!」美智の乳首が吸われ、指が淫裂の中に入っていく。
(膣の中がヌルヌルしている、気持ちいいのね)淳子は指で娘の淫裂の中を掻き回していく。
 
 「あん、あん、あん!」悶え声が響いて、2人が浴室で楽しんでいると「すげえ、素っ裸でオ○ンコ丸出しだ!」背後から声がした。
「ほんとかよ?」新たに声がしたて「イヤ、見ないで、いやー!」「早く来いよ、寮母さんと宮園先生が素っ裸になっているぞ」大きな声が寮に響いた。
「い、いやー!」悲鳴をあげながら淳子と美智の母娘は急いで股間と乳房を両手で覆うが「隠さないで見せてよ。僕だって丸出しなんだから」風呂に入ってきた寮生も全裸だ。
股間の肉竿が大きくそそり立っていて(恥ずかしいわ、性器と乳房を見られたなんて!)両手で股間と胸を押さえながら浴室から出ようとした。
「ダメだよ、もっと見せてくださいよ。僕たちにも」浴室に戻される。
「イヤ、乱暴なんてイヤよ」体を震わせながら叫ぶと「乱暴はしませんよ。先生と寮母さんの態度次第ですがね」
「な、何が目的なの?」
「見せてくださいよ、オ○ンコとオッパイを。抜きたいんですよ」
「お、オナニーをしたいの、私のヌードで?」
「ええ、そうです。オ○ンコしてくれるなら都合がいいんですがね」
「ダメ、絶対にセックスはしないわ。教え子とセックスしたら首になる!」声が震えている。
「ですから見せて欲しいんですよ、オッパイとオ○ンコを!」暫く黙ったままの淳子と美智だ。
その間に寮生の皆が浴室に入ってきて「すげえ、素っ裸じゃないか!」寮生達も裸になっているが皆肉竿をそそり立たせていた。
 
 「誰にも言わないと誓って。それに今回限りです!」淳子がやっと口を開いた。
「ええ、誓います。ですから皆で抜かせてください」
「わかったわ。オナニーをしたいならやりなさい」乳房と淫裂を押さえていた両手が退けられた。
(恥ずかしい。寮生の前でフルヌードだなんて!)淳子の太股がブルブル震えている。
「宮園先生のも見せてくださいよ」
「わ、わかったわよ」恥ずかしそうに美智も両手を退けて淫裂と乳房を教え子の前に晒していく。
(見られている、性器を教え子に!)目が真っ赤になっている。
「オ○ンコの中が見たいんです。手で広げてください」
「恥ずかしいです。そんなこと!」俯いたまま言う美智に「やらなかったら校長先生に言いつけますよ、素っ裸の事を」
「やるわ、だから言わないで!」恥ずかしさを堪え美智は淫裂を両手で広げていく。
(恥ずかしい、性器の中まで見せるなんて!)まとも見顔を上げられない。
「寮母さんもオ○ンコの中まで見せてくださいよ」
「わかっているわよ」淳子も淫裂を手で広げ膣まで寮生に晒していく。
「ほら、顔をあげて。僕たちの方を見て下さいよ」その言葉に顔を上げると(お、オチンチンを擦っている!)2人の目に野球部員の皆が肉竿を擦っている姿が目に入った。
(オナペットだわ。オナニーの道具にされている!)美智と淳子の親子はじっと寮生の肉竿を見つめていた。


第12話へ
   




官能小説 『狙われた母娘』
赤星直也様が運営される官能小説サイト

未知の星
未知の星






   前頁へ   表紙へ   トップ