官能小説

『狙われた母娘』



作者 赤星直也





    第12話 部員のレイプ
  
 「先生もオナニーして下さい。寮母さんもですよ」喘ぎながら寮生が言う。
(イヤだけどやらないわけには行かないし…)言われたままに開いた淫裂の上部にあるピンクの突起を指で擦りだした。
「いいですね、その姿が!」親子のオナニーに寮生達が次々と先端から白い液を噴射していく。
(射精が始まった、もうすぐ皆が終わる…)それに合わせ淳子と美智も指の動きを早めている。
その動きで寮生達が「で、でる、でるー!」勢いよく淳子と美智の体に飛びかかった。
「いやー!」白い液体が太股や乳房に飛びかかっていく。
「シャワーを浴びましょうよ、一緒に」
「いや、もういいでしょう、オナニーもすんだから」
「そうはいきませんよ、先生と寮母さんの体を洗わないと失礼だし」無理に体を洗われていく。
「そ、そこはいいの、洗わなくても!」「だめ、そこはだめ!」始めて見る大人の性器に興奮して触りだした。
「オッパイも柔らかい!」2人の乳房も触られていく。
「イヤ、入れないで、指は入れないで!」叫ぶが無駄だった。
(膣の中に指が入っている!)両手を押さえられてどうすることもできない。
「ここにチンポコが入るんですよね」放出を終えたばかりの肉竿が再び膨らんでいる。
「やめて、お願いだからレイプはしないで!」泣き声になっている美智だ。
「そんなことはしませんよ。僕たちは甲子園に行くのだから不祥事は起こしませんよ」そう言いながらゆっくり指を動かしていく。
「やめて、宮園先生はまだ嫁入り前よ。触りたいなら私の性器にして!」娘の辱めを黙ってみているわけには行かない。
「その覚悟だったら安心してやれますよ」部員達は代わる代わる淳子の淫裂の奥まで指を入れて女性の膣を確かめている。
「暖かい、ここにオチンチンが入るんですね?」
「そ、そうよ。そこから子供も生まれるのよ…」目を閉じて寮生達の指で淫裂を触られている淳子だった。
 
 寮生達は1時間ほど淳子と美智の乳房と淫裂を触りやっと解放した。
しかし、裸を隠す布は何も無く、両手で乳房と股間を隠して浴室から出ていが、寮生達の皆は興奮して浴室で騒いでいた。
(寮生に裸を見られてしまった!)項垂れて2人は衣服を脱いだ寮母室に戻ると「高田さん!」
「美智に寮母さん、そんなに裸になりたいんですか?」
「こ、これには訳がありまして」項垂れる2人だ。
だが「そんなことは無いでしょう。オ○ンコがしたかったんでしょう?」高田は美智を自分の部屋に連れて行こうとしている。
「イヤ、今日は許して、明日ならお相手をしますから…」
「そうはいきませんよ、やりたくなったんだから」嫌がる美智は腕を掴まれ高田の部屋に連れて行かれた。
(娘がまた犯されてしまう!)悲しいことにそれを黙って見ているしかない淳子だ。
淳子は泣きながら脱いだ服を着込んでいき、一方の美智は高田に馬乗りになり、腰を振っていく。
「言え、いつものように言うんだ!」
「み、美智とオ○ンコしてください。美智はオ○ンコがしたくてどうしようもないんです…」
「そうか、美智はオ○ンコが大好きか?」
「はい、オ○ンコが大好きな淫乱教師です」屈辱的な事を言わされている。
「だったら、バックからしてやるぞ」
「お願いします、美智のオ○ンコをグジョグジョにして下さい」悔しさを堪え四つん這いになると「あ、あ、あー!」高田の肉竿が美智の淫裂を突き刺していく。
「どうだ、気持ちいいか?」
「はい、オ○ンコがとても気持ちいいです」唇を噛んで高田の辱めに耐える美智だった。
やがて、高田は限界に達して放出をした。
「オ○ンコをして頂きありがとうございました」正座し、礼を言ってから母の元へよ戻っていく。
「教え子達が風呂から上がってくる!」慌てて股間を両手で覆い(膣の中に射精されたのが知られたら困るわ)急いで寮母室に駆け込んだ。
「美智、出されたのね」
「ええ、一杯出されたわ。こんなに出てくるの」淫裂から流れ出る精液を拭いていく。
「薬、まだあるの?」
「もう少ししかないわ、来週にでも貰ってこないと」
「そうよね、私も少なくなったしね」2人は夜まで話し合った。
 
 翌日、美智はいつものように校舎に向かって歩いていくと「おはようございます」教え子達が声を掛けてくる。
「おはよう」美智も挨拶していくが職員室に入ると一変している。
「おはようございます」美智が挨拶しても返事が返ってこない。
返事が返ってきても「おはよう、変態先生!」と言う具合だ。
(仕方ないわ、あんな事が合ったんだから…)おとなしくしている美智だ。
始業時間近くになって校長の坂上が職員室に入ってきて「野球部が勝ちました。今日が決勝戦です。1,2年生は応援に行かせてください」
「すごいですね、今年も甲子園に行けそうですね」職員室が賑やかになった。
「お静かに。決勝は午後1時半ですから授業は午前中で切り上げてください」坂上の指示で教師達が教室に向かっていくが、授業のない美智は職員室に残ったままだ。
そこに「宮園先生、今年も合宿をなさるんですってね」保健医の貴子が職員室にいきなり入ってきた。
「ええ、まだ計画段階ですが…」
「モデルさん、決まりました?」
「いいえ、心当たりが無くて困っています」
「やっぱりね。私がモデルになってあげるわ、去年もやったからわかっているし」
「貴子さん、いいんですか。ご主人のお許しを貰えるんですか?」
「平気よ、3日くらいだったら亭主も許してくれるわよ、息抜き出来るって!」
「申し訳ありません、なんてお礼を言っていいやら」
「お礼は要らないわ、その代わり夫の話相手をしてよ。3日も留守にしたら夫が話したくて大変なんだから」
「それでしたらお手伝いします」
「ありがとう、助かるわ」
「助かるのは私です」笑顔になる美智だ。
暫く2人は雑談してから貴子は機嫌良く職員室から出た。
それと同時に「プルプルプル!」携帯にメールが入ってきた。
「中井君からだわ。部活は予定通りの行うのね」憂鬱になったが「でも、3年生しかいないし!」
気持ちを切り替えた。
 
 やがて、授業が終わり、1,2年生は野球部の応援に出かけて校舎には3年生達だけが残され授業を行っている。
美智も授業を行い、最後の授業をすませ職員室に戻ると「勝ちました、甲子園行きが決まりました!」教頭が大きな声で叫んでいる。
「いよいよ甲子園ですか。生徒だけでは大変ですから手伝いをつけないといけませんね」
「そうですね、手伝いは宮園先生にお願いしますか。他の先生は受験で忙しそうだから」校長の坂上は受験科目のない美智に白羽の矢を立てた。
「自信ありません。そんな大事なことなんか」
「大丈夫ですよ、経理だけをしっかり押さえてくれればいいんですよ、後はマネージャー達がやりますから」
「わかりました、やってみます」渋々美智は野球部の手伝いをやらされる羽目になってしまった。
「なんて、部員に言ったらいいのかしら?」言い訳を考えていると「先生、遅いですよ。時間ですよ」中井が迎えに来た。
「ご、ご免なさい、考え事をしていたの」
「野球部の手伝いをやらされたんだってね?」
「ええ、そうなの。それで中井君にどう言おうかと思って…」2人は一緒に部室に入っていく。
部室には3人の男子生徒しかいかった。
「先生、手伝いをさせらるんだってね。仕方ありませんね。学校の方針だから」
「許してくれるのね、よかったわ」
「それよりモデルをお願いしますよ」
「わかっているわよ」美智は着ている服を脱ぎだした。
「先生、パンツも脱いでオ○ンコを丸出しですよ。今日は特別のポーズをお願いしますから」
「わかったわ。性器は見るだけよ、触らないでね」
 
 負い目があるのか昨日と違い、自分からパンティも脱ぎ生まれたままの姿になっていく。
「ここに跨いで座ってください」
「見るだけだからね」肘掛け椅子を跨いで座った。
(痛いわ、太股が肘掛けに当たっている!)顔をしかめる美智だ。
「先生、縛りますよ、今日は特別なポーズですよ」
「痛いからきつくはイヤよ」
「我慢してください、直ぐに終わるから」中井達は両手を後ろ手に縛りさらに乳房も絞り込むように縛っていく。
「ここも縛りますよ」最後に太股も肘掛けに縛られて身動きが取れない。
「綺麗ですね、先生のオッパイとオ○ンコが」中井は乳房と淫裂を触っていく。
「ダメ、触らない約束よ」
「そうでしたね。早速始めますか」中井はいきなりズボンを脱ぎだした。
「れ、レイプする気なのね、恩師の私を!」それを見た美智が叫んだ。
「そうですよ、顧問になったんだからそれくらいはやって貰わないと、セックスは芸術ですから」
中井はなおも脱いで下半身丸出しになった。
「イヤ、犯さないで、いやよ!」泣き声を上げるが無駄だ。
「ひー!」美智の淫裂に中井の肉竿がゆっくり入っていく。
「いいか、しっかり描くんだぞ。次は小室だからな」肉竿を根本まで押し込むとゆっくり腰を前後に動かしていく。
(お、犯されてしまたった…。教え子に犯されてしまった…)もう声などでない。
それをいいことに中井は美智の両乳房を撫でていく。
 
 そんな犯されている美智の姿を2人の部員がスケッチしていく。
「ゴシ、ゴシ!」画用紙の上を走る鉛筆の音が部室に響いているが「気持ちいいや、これがオ○ンコなんですね。先生!」中井は唇を重ねながら腰を振っていく。
(やめて、もうやめて!)だが淫裂も中井の肉竿に次第に馴染んで潤ってる。
「クシュ、クシュ!」肉竿が動く度に美智の淫裂から音が鳴っている。
(お、犯されているのに気持ちいい!)乳房も揉まれながらピストンされていく。
「先生、一気に行くからね」中井は淫裂の反応を確かめたのか、動きを早めると「あ、あ、あ!」
堪えきれず美智は喘ぎ声を上げてしまった。
それを2人の部員がしっかりスケッチしている。
「クシュ、クシュ!」「あ、あ、あー!」二つの音を出している美智だ。
やがて、登り詰めた中井は肉竿を根本まで押し込んだまま動きを止めた。
「だめ、膣の中はイヤ、外にして、お願いです!」だが直ぐに「いやー!」悲鳴に変わった。
(教え子に犯された上に射精までされてしまった…)頭の中がまっ白になってしまった。
「今度は小室がやれ、俺も描くから!」中井が萎縮した肉竿を抜くと同時に白い液体がどっと流れ出てきた。
「先生、今度は僕とですよ」小室も下半身丸出しになると美智の膣の中に淫裂を押し込んでいき
それを今度は中井がスケッチしていく。
こうして、美智は部員の3人に次々と犯され、膣内に精液を噴射されてしまった。
 
 「う、う、う!」教え子に犯された美智は嗚咽を上げ続けている。
「先生、終わりました。ほら見て下さい」描き終えた3人はスケッチを見せるが「見たくもない、教え子にレイプされている姿なんか!」泣きな声で言うが(上手に描けている!)スケッチは上手に描かれているが犯されているのが自分なので素直に喜べない。
「解いて、もう充分でしょう」
「気が付きませんでした」中井達は美智を自由にしていく。
「こんな事していいと思っているの?」泣き声で言う美智は淫裂から流れ出る精液を拭いている。
「いいとは思っていませんがこれが慣例ですから」
「慣例…。前任の先生ともセックスしたの?」
「はい、でも避妊に失敗して妊娠させてしまいました」
「そ、そんなー!」絶句する美智に「ですから、早く保健室へ行きましょう、早く手当をしないと前の先生見たく追放されてしまう…」
「追放、前の先生は追放されたのね?」
「はい、教え子とのセックスとは言えず誰だったか、わからないと言い切っていました」
「それで、ふしだらな教師と思われたんだ」
「その通りです。宮園先生にはここに残って貰いたいから早く保健室に行きましょう」
「わかったわ。手当を受けるけどもう二度とレイプしないと誓って!」
「はい、誓います。でもモデルはやって下さいよ、フルヌードのモデルを」
「わかったわ。それからこの事は誰にも言わないで欲しいの、レイプされたのが知れ渡ったらここに居れないし…」
「心得てます」「約束よ」美智は脱いだ衣服を着込んでいくがパンティは履かない。
(どうせ、脱ぐんだからパンティは必要ないし…)直にスカートを履き中井達に腕を引かれ保健室へと向かった。


第13話へ
   




官能小説 『狙われた母娘』
赤星直也様が運営される官能小説サイト

未知の星
未知の星






   前頁へ   表紙へ   トップ