官能小説

『狙われた母娘』



作者 赤星直也





    第14話 寮生の陵辱  
 
 「寮母さん、オチンチンが汚れました」
「わかりました」踊っていた淳子は手にタオルを持って寮生の中に入っていく。
「こんなに出して!」丁寧に放出し終えた肉竿を拭いていく。
「オッパイだけなら触って言いそうだ」高田が言うと(そんなこと言ってません!)「すみませんね、触らせてください」乳房が寮生に掴まれた。
「乱暴にしないで、敏感なんです」諦めて乳房を触られながら肉竿を丁寧に拭いていく。
(これで終わりだ)最後の寮生の肉竿を拭き終え正面に戻ってきた。
「もし、優勝したなら寮母さんがオ○ンコしても良いと言っているぞ」
(そ、そんなこと絶対にイヤよ!)一瞬にして顔が真っ青に変わり「セックスはイヤです、絶対にしません」キッパリ言う淳子だ。
「監督、それでしたら宮園先生ともオ○ンコ出来ませんか?」寮生が質問した。
「そうだな、寮母さんがイヤなら娘の先生とオ○ンコするか」高田はニヤニヤしながら淳子を見ている。
「やります、ですから私とだけセックスして下さい」項垂れて言うしかない。
「わかりました。約束は守って下さいよ」高田が念をすと「はい、優勝したら私の体を自由にして結構です…」
「ありがとうございます、必ず優勝してオ○ンコだ!」部員の志気が一気に高まった。
「もういいですか、裸の踊りは?」淳子は股間と乳房を手で覆っている。
「結構です。皆が抜きましたから」その言葉で淳子は脱いだ襦袢と枠を抱え自分の部屋に戻った。
「あなた、寮生とセックスしなければいけないのよ!」泣きながら夫の写真を見てる。
「やらないと美智がレイプされてしまうかも知れないんです」全裸のまま詫びるかのように項垂れたままだ。
だが高田は部員達を前に「宮園先生ともオ○ンコができるようにするから優勝しろよ」と檄を飛ばしている。
「先生ともオ○ンコ出来るなら優勝しかないよ」皆が美智とのセックスを想像して笑顔になっていた。
 
 その翌日、関係者の見送りを受けてバスに分乗して甲子園のある大阪へと出発した。
(絶対に優勝はしないで!)淳子は祈って見送っている。
「行って来ます!」美智も手を振り答えているが(優勝したらオ○ンコができるんだ!)美智の全裸姿を想像して部員達が見つめている。
そんなことなど知らされてない美智はノートを見てこれからのことを考えていた。
バスは高速道路を走り、夕方には甲子園近くのホテルに着いた。
「ゆっくり休めよ、今日の疲れは残すな」高田が部員に指導し「部屋はこの通りよ、貼っておくからね」美智も手伝っている。
「美智、今夜もいいだろう?」美智に高田がささやいた。
「教え子いますから…」口を濁す美智に「そうだよな、マスコミに漏れたら大変だから暫く休みとするか」
(よかった、セックスせずにすむわ)それはつかの間の休みでもあった。
大阪でくつろいでいる間に開会式も行われて明峰学園は3日目に強豪のと対戦した。
スタンドでは美智達が応援して「そこ、そこよー!」歓声を上げていた。
だが「打たないで、負けて頂戴!」淳子はテレビを見ながら負けることを祈っていた。
しかし、皮肉にも淳子の願いは通じずに明峰は順調に勝ち進み決勝まできてしまった。
「いいな、勝ったなら宮園先生と寮母さんとのオ○ンコだからな」円陣を組んだ部員を前に高田が言う。
「はい、必ずオ○ンコして見せます」
「よし、いけ!」円陣が解けて決勝が始まった。
「勝たないで、負けて!」テレビを見ながら祈る淳子に「そこよ、打つのよ!」スタンドでは皮 肉にも美智が明峰を応援している。
試合は一進一退で緊迫していたが最終回に明峰がホームランを打ってサヨナラ勝ちした。
「そんな、セックスをしなければいけないなんて!」テレビを見ていた淳子は気が遠のく思いだ。
 
 優勝した明峰学園はホテルで簡単な祝勝会をしてから翌日にはバスで戻ってきた。
「お母さん、勝ったのよ、優勝よ!」うれしそうに美智が言うと「そうよね、優勝したんだよね」
元気なき返事をする淳子だ。
学校に戻った部員達は学園の皆の祝福を受けて盛大な祝勝会が執り行われてた。
祝勝会は3時間に及び、終えたときは夕方になっている。
「疲れたわ」祝勝会が済むと美智は自分の部屋でくつろいでいた。
その時、携帯が鳴り「もしもし、宮園ですが?」相手は高田からだ。
「今すぐ来い、素っ裸で来るんだ」
「許して、フルヌードにはなりますからここからは許して下さい!」小さな声で言う。
「わかった、とにかく直ぐに来い!」言われるまま美智は寄宿舎から隣の野球部の寮に向かうと寮のドアに鍵が掛かってない。
「お母さんたら、鍵も掛けないで!」玄関から中に入っていくと部員達の歓声が聞こえている。
「大広間からだわ、あそこに皆がいるんだわ」美智は声のする方に歩いて「お母さん!」美智の目に裸になって踊っている淳子の姿が映った。
「来たか、こっちへ来い!」腕を捕まえられて中に連れて行かれた。
「美智、見ないで、こんな姿は!」乳房と絨毛を揺らせながら踊る淳子だ。
「どうしてなの、どうしてお母さんが裸で踊っているの?」
「優勝したらオ○ンコする約束なんだ。これから部員とオ○ンコをするんだよ」
「やめさせて、母さんを辱めるのは!」
「だったら、お前もオ○ンコせせるか、30人とだ」
「30人は無理です、膣が裂けちゃいます。それに妊娠するかも知れません…」
「それなら心配ないわよ、私が治療してあげるから。セックスしても痛くないようにしてあげる」
「貴子さん、どうしてここに?」
「寮母さんに頼まれたのよ、妊娠しないようにって」
(そうなんだ、覚悟しているんだ。でも母さんだけにセックスせるわけには行かないし…)迷った末に「私もセックスします…」と高田に告げた。
(お母さんだけに任せるわけには行かないし)母への負担を少なくしようと美智も決意した。
 
 「よし、それならお前も裸になれ。親に脱がせて貰え、自分からは脱ぐな。その後親子のレズをやるんだ」
「わかりました」美智は項垂れて全裸で踊っている淳子と並んだ。
「お母さん、脱がせて、私も裸になって手伝うわ」
「ダメ、嫁入り前よ。美智は!」
「でも、写真が公にされたら困るの」
(お母さんに本心は言えないわ、嘘をつくしかないわ)項垂れた美智に「わかったわ、フルヌードにするわよ」淳子は美智の着ているシャツの裾を捲り上げていく。
(美智、ごめんね。こんな事になって)シャツを脱がし終えると白いブラジャーも脱がしていく。
「先生のオッパイだ!」寮生達は露わになった乳房に歓声を上げている。
(見られている、オッパイを見られている!)顔を赤らめていくが、淳子はスカートも脱がした。
(いよいよだ、オ○ンコが見られるぞ!)目を輝かせて白いパンティの股間を見つめている。
(これで美智もフルヌードになってしまう!)泣きながら淳子は美智のパンティを引き下げると
「オ○ンコだ、オ○ンコだ!」絨毛に覆われた股間が寮生の前に露わになっている。
(ここで、お母さんとやればいいのね)
「お母さん!」パンティも脱がされ全裸になった美智は淳子の乳房に顔を埋め撫でだした。
「美智、見られているわ。やめなさい」慌てる淳子に「欲しいのも母さんが欲しいの。教え子の前にお母さんにして欲しいの」その言葉の意味がわかった。
「美智、私がしてあげるわよ」淳子は美智をゆっくり仰向けに寝かせ乳房を揉みながら乳首を吸うと、すかさず「あ、あ、あー!」喘ぎ声を上げた。
 
 「親子のレズか、おもしろいわね」
「姉さん、今夜は泊まって行けよ」
「いいの、泊まっても?」
「いいよ、あの子と楽しみたいんだろう。男も好きだけど女も好きな姉さんだから」
「そうなのよ。その代わり私のフルヌードを見せてあげるわ」
「姉さんのオ○ンコとオッパイ見たって仕方ないよ、やらせてくれるんら別だけど」
「何言っているのよ、兄弟だからセックスはいけないのよ」
「冗談だよ、オ○ンコはしないよ」話している間に淳子の細い指が娘の淫裂を掻き回して「あん、あん、あん!」悶え声を上げ背中を反らせる美智だ。
寮生は淳子と美智の親子の営みを食い入るように見ている。
「脱げ、素っ裸になれ。俺も脱ぐぞ」高田と寮生も服を脱ぎ全裸になると肉竿を勃起させている。
「私も脱ぐわよ、1人だけ服を着ているなんて恥ずかしいし」1人だけ服を着ていた貴子も脱ぎだした。
「色っぽいね、姉さん」「ありがとう、でも見るだけだからね」貴子も全裸になった。
股間はボウボウとした絨毛で覆われている。
「姉さんのオッパイも綺麗だね」高田は姉の乳房を触ったが「ダメ、触らないの、姉さんのオッパイよりセックスしたいでしょう?」手を払われた。
「そうなんだ、まずは一発いくか」高田と貴子は乳房と肉竿を揺らせながら前に出た。
(いよいよセックスするのね!)勃起した高田の肉竿に顔が強ばっていく。
 
 「ここに仰向けに寝ろ!」高田は小さなテーブルを二つ並べた。
淳子と美智は両手で股間を押さえたまま足を垂らして仰向けになっていく。
「薬を塗るから足を開いて!」貴子の言葉で両手を退け足を広げていく。
「オ○ンコの中まで丸見えになっている!」歓声が上がった。
(見ないでよ、性器の中は見ないでよ!)恥ずかしくて両手で顔を覆う。
「冷たいけど我慢よ」貴子も乳房を揺らせながら2人の淫裂にゼリーを塗っていく。
「うー!」一瞬、呻き声を上げる二人だが「いいわよ、もう準備はできたわよ」
「よし、まずは俺が一発だすか」高田は真っ先に美智の足の間に入り肉竿を押し込んでいく。
「あ、あー!」堪えきれず声を上げる美智だ。
「私ともセックスして!」娘の声に淳子も叫んだ。
(美智ばかりに相手させるわけには行かないわ、美智の負担を軽くしないと)娘のことを考えてのことだ。
「最初でいいんですよね?」
「いいわよ、一杯出しても」目を閉じ乳房を揉まれながら淫裂深く肉竿で突かれていく。
(やりたいな、早くオ○ンコがしたいよ!)「も、漏れそうです、監督!」
「出すなよ、出すのはオ○ンコの中だぞ。出したらしばらくオ○ンコ出来なくなるからな」
「出しません!」寮生対は堪えている。
(出して、お願いだからセックスする前に出して!)「あ、あ、あー!」喘ぎ声を出している淳子と美智だ。
 
 高田は肉竿の動きを早め乳房を揉んでいく。
「お、お腹の中はイヤー!」隣の淳子が悲鳴をあげた。
(母さんが射精された!)脇を見ると悔しそうな顔をした淳子が見え「母さん!」「美智!」母と娘は見つめ合ったままだ。
「いやー!」その時美智も悲鳴をあげた。
(美智もお腹の中に出されたんだ)
「気持ちいいぞ。交代だ」
「待って、その前にこれを塗ってからよ」貴子は寮生の勃起した肉竿にゼリーを塗っていく。
「気持ちいいです、丹羽先生、オッパイも素敵ですよ」
「触りたいんだ。ちょっとならいいわよ」
「ありがとうございます」貴子の乳房を撫でから2人の寮生は淳子と美智の淫裂に肉竿を押し込んでいく。
「あ、あー!」「ひー!」悲鳴を上げていく淳子と美智だ。
「わかったわね。これを塗ってから挿入するのよ、こうしないと2人の性器が出血してもうできなくなるのよ」
「わかりました、塗ってからオ○ンコします」乳房を掴み腰を振っていく寮生達だ。
それに合わせて「あん、あん、あん!」喘ぎ声をあげていく淳子と美智だ。
「凄いわね、興奮してきた。和茂、部屋を貸して!」
「姉さん、オナニーかい?」
「馬鹿、聞かないで。それしかないでしょう」頬を赤らめながら貴子は和茂と広間から出て別な部屋に入っていく。
「姉さん、ここでして。ここでなら安心だよ」
「ありがとう。和茂手伝って!」貴子はベッドの上に仰向けになり足を開いている。
「仕方ないな、お医者さんごっこは小さいとき以来だね」
「そうね、あのとき以来ね」和茂は姉の淫裂に指を入れて掻き回していく。
「いいわ、気持ちいいわよ!」目を閉じ呼吸が荒くなっている。
「吸って、オッパイも吸って!」
(全く淫乱だな。旦那も大変だな!)言われるまま和茂八房に顔を埋めて乳首を吸っていく。
「いいわ、いいわよ!」悶え声を上げていく貴子だが、放出したばかりの肉竿が膨らんでいる。
(やりたい、姉さんとやりたい!)いきなり貴子に覆い被さり肉竿を押し込んだ。
「ダメ、やめて、和茂ダメよ!」必死に抵抗する貴子だが力負けしている。
「姉さん、欲しいんだ。やらせて!」肉竿は根本まで実の姉の淫裂に入ってしまった。
(弟にレイプされてしまった!)「イヤ、やめなさい!」叫ぶことしか出来ない貴子だ。


第15話へ
   




官能小説 『狙われた母娘』
赤星直也様が運営される官能小説サイト

未知の星
未知の星






   前頁へ   表紙へ   トップ