官能小説

『狙われた母娘』



作者 赤星直也





    第15話 姉弟の辱め
  
 「姉さん、出さないからやらせて!」乳房を掴んだまま肉竿のピストンを始めた。
「わかったわ。でも夫と家族には絶対に言わないで。それに出さないでよ」
「勿論だよ、兄弟なんだから親が知ったら悲しむし」
「だったらやめて、こんな事は」
「欲しいんだ、姉さんの体が。前から欲しかったんだ!」和茂は長年の欲望を満たすかのように腰を振っていく。
「わかったわ。でも今回限りよ。もう絶対にセックスを求めないで!」貴子は和茂の頭を両手で抱きしめ身を任せた。
「いいわ、いいわよ!」乳首も吸われ背中が浮いていく。
「あっ、あっ、あ!」堪えきれず悶え声を上げるが(出さないで、薬を飲んでいるけど弟の射精だなんて許されないし…)貴子は考えている。
「飲ませて、エキスを飲ませて!」
「本当にいいの。嘘だったらオ○ンコの中に出すからね」
「飲むわよ、だから出そうになったら言って!」
「姉さん、ありがとう」和茂は一気に動きを早めて「いいわ、いいわよ!」貴子の淫裂からも淫汁が流れている。
(出さないで、飲んであげるから膣の中には絶対に出さないで!)悶えながら射精に怯えている。
「出る、姉さんでる!」
「早く抜いて、してあげるから!」和茂は二度目の放出を迎えている。
「う、う、うー!」その肉竿を姉の貴子が口で擦っていく。
「出すよ、姉さん!」姉の頭を両手で押さえ放出を始めた。
(出されたわ、和茂のエキスが咽にたまっている!)貴子の口の中に和茂の精液が漂っていた。
「気持ちよかったよ、姉さん!」放出を終えると肉竿を抜き、「ゴクン!」貴子は飲み込んだ。
「もう、しないからね、それに絶対の秘密よ」
「わかっているよ、姉さん!」和茂は唇を重ねてから再び淫裂に指を入れて掻き回していく。
「そうよ、行かせて。もう少しで行くからもっとやって!」再び悶え声をあげる貴子だ。
「姉さん、2本にするからね」指が2本になった。
「いく、いくわ、いくー!」新たに加わった指にやっと貴子も登り詰めた。
 
 バッタリと動きを止めて「ハア、ハア!」洗い息使いだ。
「姉さん、これがマンコ汁だよ」淫裂から抜いた指を貴子の口に押し込んでいく。
「おいしいわ、これが私のお汁なのね」途切れ途切れに言う。
「そうだよ姉さん!」指に付いた蜜を全て飲ませると「和茂、飲んでみる、姉さんのエキスを?」
「ちょっとだけなめさせて」足を開かせ舌で淫裂をなめていく。
「ダメ、そこをしたらまた欲しくなっちゃう!」体をくねらせた。
(これが姉さんのオ○ンコなんだな)淫裂の中に舌を入れてなめた。
「しょっぱいよ、姉さんのオ○ンコ汁は」
「当然よ、塩分を含んでいるのよ。体液は皆塩分を含んでいるの」満足したのか体を起こす。
「姉さん、オッパイも綺麗だよ」再び乳房を撫でると「だめ、もうダメよ。セックスはもうしないからね」
「したくなったらレイプしようかな、姉さんを」
「イヤ、もうイヤよ。レイプなんて!」泣き声になっていく貴子だ。
「冗談だよ、姉さん。もうオ○ンコはしないから安心してよ」なだめる和茂だ。
「それを聞いて安心したわ。それに、今回のことは2人だけの秘密よ」
「うん、姉さん」
「そろそろ戻りましょう、あの2人はどうなったかしら」
「オ○ンコの中をザーメンだらけにして『ヒーヒー!』言っているんじゃないかな」和茂と貴子は大広間に戻ってきた。
 
 「許して、もう許して!」「痛いからもうやめて!」2人は悲鳴をあげていた。
「もうすぐ終わりますから我慢して下さい」2人は両手を押さえられていた。
「どうだ、オ○ンコの味は?」
「最高です。寮母さんと宮園先生の2人とオ○ンコしました」
「そうか、よかったな。春の選抜でも優勝したらオ○ンコ出来るかも知れないからがんばれよ」
「はい、頑張ってオ○ンコします」笑顔になっている寮生だ。
「どう、教え子とのセックスは?」
「辛いです、こんな思いをするなんて…」
「でも気持ちいいでしょう?」
「よくありません。痛みだけしか感じません」泣きそうに言う美智だ。
「後どれくらい残っている?」
「はい!」数人が手を挙げた。
「もう少しで終わりじゃないか、早いなお前達は」
「2分程度で出ちゃうんです。もっとオ○ンコしたかったのに」
「仕方ないわよ。まだ初めてだから。徐々に慣れていくわよ」貴子と和茂はセックスしている2人を眺めていると「で、でた。でたー!」「俺もでたー!」美智と淳子の淫裂から白い液体が流れ出てきた。
こうして、2人の淫裂には寮生の精液がタップリ噴射されてしまった。
「よし、解散だ!」寮生達は服を着込んで自分の部屋に戻っていく。
だが、30人にレイプ同然のセックスをさせられた2人は動くことができなかった。
焦点が定まらず、天井を見たままだ。
 
 「起きて、お風呂に入って洗いましょうよ」
「そうだ、俺も一緒にはいるぞ」貴子と和茂に抱きかかえられるようにして2人は浴室に入った。
「一杯出したのね、羨ましいわ」貴子はシャワーのノズルを淫裂に押し当てて洗っていく。
「ほら、出てきたわよ」ドロドロした液体が流れ出てくる。
「あなたも洗わないとね」貴子は2人の淫裂を丁寧に洗って「これで良しと。体を温めてから上がるのよ」貴子の指示に黙って従う2人だ。
浴室で体を温め、石鹸で洗い再び体を温めてから浴室から出ると「姉さん、オ○ンコの治療してあげて」
「わかっているわ、そこに仰向けに寝て」まず淳子が仰向けになって足を開いていく。
「真っ赤だわ。ちょっとやりすぎたかもね」貴子は薬を塗ると「ヒー!」凍みるのか悲鳴を上げている。
「我慢して、これが膣には一番効くのよ」悲鳴を後目に淫裂の隅々に薬を塗っていった。
「はい、交代よ」「イヤ、痛そうだからイヤ」母の悲鳴に怯える美智だ。
「ごねないの。早くよくなりたいでしょう?」
(そうだわ、痛いのはイヤだし!)思い直したのか淳子を見習って仰向けになり足を開いていく。
「それでいいのよ」貴子が薬を塗ると「ヒー!」悲鳴を上げて股間を押さえている。
「だめ、触らないで。和茂、押さえて」
「仕方ないな、大人だろう?」
(わかっているわよ、でも、凄く凍みるのよ!)涙を流しながらも貴子の治療を受けた。
 
 「姉さん、オ○ンコは使えないけどお尻ならならいいだろう?」
「そうね、だったら、あれをする?」
「うん、姉さんやって!」
「できの悪い弟のためなら何でもしないとね」
「できの悪いは余計だよ」不満を言う和茂だがその間に貴子は注射器を取り出した。
そして何やら白い液体を詰めていくと「それって浣腸でしょう?」淳子が気付いた。
「当たり、その通りよ」
「イヤ、そんなの変態のする事よ」
「俺はその変態なんだよ」和茂は逃げようとする淳子を押さえた。
「はい、これでして!」
「ありがとう」和茂は貴子の放った紐を受け取り淳子を後ろ手に縛っていく。
「お、お母さん!」今まで黙ってみていた美智も事の次第が飲み込めてきた。
「やめて、いやー!」叫ぶが無駄だった。
「今度は娘の番よ」美智の両手を押さえながら貴子が言う。
「わかっているよ、姉さん」淳子を縛り終えると今度は美智も後ろ手にして縛っていく。
「やめて、お尻はイヤです。お口でしますから許して下さい」泣きながら言う淳子だ。
「そうはいかないの、ほらお尻を出して!」
「いや、いやー!」両手を縛られてはどうすることもできず、尻を突き出す格好をさせられた。
「まずは親の方からね」貴子はタップリ薬品の詰まった注射器を淳子も肛門に押し込み注入していく。
「イヤ、入れないで。やめて!」肛門から押し込まれた薬品が淳子の胎内を逆流していく。
(お、お腹の中がゴロゴロしていく!)顔色が青ざめる淳子だ。
「今度は娘の番よ」「やめて、お願いですから」美智も頭を支点にしてお尻を突きだしている。
「イヤー!」悲鳴を上げる美智の肛門にも注射器が押し込まれ薬剤が注入されていく。
「イヤ、入れないでー!」注射器に入っていた薬品が全て送り出されてしまった。
 
 「お、お願いです、トイレに行かせてください」
「いいわよ。その代わりお尻でのセックスもいいわね」
「イヤ、お尻は絶対にいやです!」
「あら、そんなこと言っていいのかしら。亡くなった旦那とも楽しんだはずよ」
「そ、そんなのしてません…」
「本当なのかしら、信じられないわ。私の亭主は縛ってからよくするわよ」
「へ、変態です。あなた達夫婦は!」顔を赤らめて言う淳子だ。
「嘘ね、やったこと無いなんて。正直に言わないならこうよ」乳首が潰されていく。
「2回だけで、2回だけお尻でセックスをしました…」顔を歪めて言う淳子だ。
(母さんとお父さんがお尻でセックスしただなんて!)それを聞いた美智は声も出せず黙ったままだ。
「お、お願い、セックスするからトイレに行かせて!」足踏みを始める淳子に「お尻もいいのね」
「ええ、お尻にオチンチンを入れてもいいわ、だから行かせて!」
「いいわ、来なさい」淳子は両腕を縛られたままトイレに連れて行かれた。
「高田さん、私もトイレです!」
「ケツの」中に入れてもいいんですね」
「1回キリです。これキリならいいです」顔を歪め漏れそうなのに耐えていた。
「いいですよ、今回限りでも」美智もトイレに連れて行かれ胎内にたまった異物を全て噴出して行く。
(見られているわ、出ているところも!)美智は恥ずかしくて項垂れたままだ。
「終わりましたか?」
「はい、全部出しました」
「でしたら拭きますね」
「イヤ、自分でするから解いて!」
「遠慮しないでくださいよ拭きますから」トイレットペーパーで排出を終えたお尻を拭いていく高田だ。
(恥ずかしい、こんな子供みたいな扱いだなんて!)数回お尻を拭かれていく。
「今度はお風呂で洗いましよう」
「わかったわ。高田さん、お尻より口でしませんか。私、エキスを飲んでもいいですよ」
「いずれは口でして貰いますが今回はお尻でしましょうよ」
(ダメだわ、どうしてもお尻でセックスする気だわ)仕方なく歩いていく美智だ。
 
 浴室にはいると丁寧にお尻の中まで洗っていく。
「あら、和茂も洗っているのね」
「当然さ、今夜は楽しまないと、姉さんも楽しみたいんでしょう?」
「そうなの、こんな機会は滅多にないからね」貴子も淳子のお尻の中まで丁寧に洗っていく。
お尻の中まで洗い終えると淳子と美智は客室に連れて行かれた。
「ほら、ここでお尻を丸出しよ」小さなテーブルが置かれた上に淳子がお腹を乗せられた。
「まずはできの悪い弟のためにと」
「入れないで、そんなのいや!」
「入れないと痛いわよ、それでもいいの?」「…」淳子は黙ってしまった。
(そうだったわ、薬を入れないと痛いんだった!)夫との事が思い出され我慢している。
「終わったわ、和茂、私もいいでしょう」
「姉さんもしたいのか、用意してあるのかい?」
「勿論よ、こんな事もあろうかと思って」貴子は用意した薬箱から怪しげな樹脂棒を取り出した。
「似合うよ、姉さんのお尻にもしたいな」
「何言っているのよ和茂とは兄弟だからね」釘を刺すながら股間にセットしていく。
「イヤ、イヤよ。やめて下さい」怯える淳子の肛門に高田の肉竿が押し入った。
「うー!」うめき声を上げて堪えている。
「凄いな、オチンチンが締め付けられるよ」興奮しながら肉竿をゆっくりピストンしていく。
 
 「私も楽しまないとね」
「やめて、お願いですからやめて下さい」貴子は美智の肛門にタップリと潤滑剤を押し込んだ。
「ヒー!」美智も肛門から樹脂棒を押し込まれた。
「た、助けて、お母さん!」途切れ途切れに言う美が(ご免なさい、私も助けて欲しいのよ!)
娘の悲鳴を聞きながらも淳子は高田の肉竿で辱められていく。
「あ、あ、あ!」肉竿の動きに合わせ声がで出ていく。
「お願いです、娘だけはお尻にしないで下さい…」
「そうはいかないよ。ほら!」腰の動きを早めて仕上げに入っていた。
(出されるわ、お尻から出されてしまう!)夫と2回しかやったことがないアナルセックスだ。
「うー!」高田が唸り声を上げると「いや、いやです!」淳子の直腸に暖かい精液が噴射された。
(出された、お尻から出された!)一気に力が抜けていく淳子だ。
「あら。もうだしたの?」貴子も美智のお尻を責めていた。
「いや、もういや!」首を左右に振っている美智だが「ダメよ、今夜はタップリお尻を教えてあげるから!」貴子は樹脂棒の動きを止めるのも忘れて美智の肛門を突いていた。
「ダメ、もう許して、お尻はイヤですから」悲鳴を上げる美智だ。
 
 高田と貴子は淳子と美智の親子を交代で辱めていく。
「いや、もういやー!」目を閉じ、首を振るが「嫌がるなよ、オ○ンコができないんだからケツに出させろ」高田は美智を俯せにし、立て膝をさせて肛門を犯していく。
「ひー!」叫び声を再び上げて(もういやよや、早く出して、お尻の中でもいいら早く出してよ)
顔をベッドに付け耐えている。
「美智、ご免なさい、お母さんも我慢したのよ」淳子も樹脂棒で顔を歪めている。
「か、母さん!」美智の直腸に高田が放出した。
(これがアナルセックスなのね…)美智は始めての体験だ。
(気もち悪い、これなら膣の中に出された方がましよ!)肉竿が抜かれ、排出口から液体が流れていく。
「今夜は一緒に寝ようね!」
「わかりました、せめて腕を解いてください」
「いいわよ、もう縛る理由もないしね」やっと腕を縛った紐が解かれた。
「今夜は一緒だぞ」美智は高田に抱かれ同じベッドの中で寝ていく。
「女性ならやり方、知っているわよね」
「はい!」淳子は貴子の両乳房を優しく撫でながら股間も触っていった。


第16話へ
   




官能小説 『狙われた母娘』
赤星直也様が運営される官能小説サイト

未知の星
未知の星






   前頁へ   表紙へ   トップ