とある週末の風景。
 外は雨……雷が鳴り響いてる。
 ありさと俊介はいつものようにベットの中にいた。

 俊介はありさの上になって攻めていた。
 ベッドサイドのグラスに入っている琥珀色の液体が揺れている。
 2つのグラスのうち1つは空になっている。
 アルコールはありさの方が強い。

 俊介はありさの両手を広げさせ、手を重ねていた。
 ありさの細い指と、俊介の太い指が絡み合っている。
 俊介の手が強く強くありさの手を握りしめる。
 男の力を感じさせる。

 ありさは髪を揺らし、首を振りながら、俊介の攻めに身体中で耐えていた。

「あぁ……、しゅ、俊介、今日すごいわ。まるでいつもと違う感じ。ふた周りほど大きいような……、あぁ、あぁ〜、すごいわ〜」

 ありさは喘ぎながら愛に溺れていく。
 俊介の太い指がありさの指にさらに絡む。
 ぎゅっと握る。
 まるで黒っぽい俊介の手が、白く華奢な手を握りつぶすのではないかと思うほど。

「ねえ、何か言ってよ。何かあったの? 今日何か変だわ」


 俊介のクールな表情は変わらない。
 いつもそうだ。
 イカされるのはありさ。
 でもそんな一言はすぐに忘れてしまう。
 愛に溺れてしまう。
 我を失い掛けてきた。

 俊介が腰の位置を少しずらした。
 もうイキそうなありさの最も感じるツボを攻めに入る。
 たとえ不倫であっても、数年間、肌を重ねあってたらお互いの身体のことは知り尽くしている。

「あん、だめよ……。そんなことすると、わたしイッちゃうわ。ねえ、何か言って……」

 ありさは愛の言葉が欲しかった。
 そして逆に俊介の手をぎゅっと握り返した。
 一緒にイキたいという意志表示なのだ。
 いつもなら一段と俊介が攻めに入る頃だ。

 俊介が腰の動きを緩めた。
 いつもならありさへの愛の言葉が出てくるタイミングなのだが。
 俊介はポツリとつぶやいた。

「こういう関係、もう終わりにしようか……」

 俊介は腰の動きを止めると、手の絡みを自分からほどいた。

「いやよ……」

 ほどかれた手を再び握り返すありさの手。


 その手は火傷をするのでは、と思うほど熱かった。

 外は雨……雷が依然鳴り止まない。
 この雨が止むと本格的な夏が到来するのかも知れない。

 俊介と出会ったのもちょうど7月のことだった。








ありさ

画像は野々宮ありささん




作品出典サイト
愛と官能の美学
ラヴラヴから陵辱ものまで官能小説160作超、
Hな体験談、Hなエッセイ、
夜学問では画像付き体位のお勉強

愛と官能の美学




Shyrock様の投稿作品一覧




先頭へ

前頁へ

トップ