告白小説

『あんなの日記』


作者 あんな

愛と官能の美学


第4話 今日はあんなDay

 今日のえっちは、私が攻められっぱなし!
 ソファーで横になってたら、彼氏が服の上から乳首をつんつん。脱がされてからも、指先で乳首を摘んでくりくり。
 手のひらで乳首を転がされ、下から上に押し上げるようにおっぱいを揉まれて、唇で乳首を挟まれて、舌先でちろちろ転がされ、歯で軽く噛まれたり・・・。
 その間も、彼の右手は私の太ももの内側を擦り、クリをいじってるから私は濡れ濡れ。

 アパートだから、隣の部屋に声が聞こえないように声を押し殺して「あ・・・あぁ・・・ん。はぁはぁ・・・」
 部屋中に私のおま○こからくちゅくちゅえっちな音が響いてて、その音で余計興奮しちゃった。
 彼の頭が下の方へ・・・私の股に顔を埋めて、わざと音たててちゅぱちゅぱ吸い付いてる。クリをレロレロしながら、指を3本入れられて、一回イッちゃった。
 頭真っ白なのに、彼は生で入れてきて、「気持ちイイ〜〜」って。

 10時から21時まで11時間の間、ずっとイチャイチャしてて私のおま○こは濡れっぱなしでした。
 外側が乾いてても、ちょっと彼氏にいじられると溢れてきて、中は乾く暇がなかったみたい。

 今は彼氏がまだ夏休みだから、こんなこともしてられるけど、大学始まったら、こうはいかないだろうなぁ・・・。

 私も必死にかれのおち○ちんをかわいがってあげました。生理前だから?「今日の舌使いはちょーえっちっぽい」って彼氏に誉められちゃったよ!!

第5話へ





〜告白小説多数掲載サイト〜
こちらにも是非ご訪問下さい

愛と官能の美学 官能文書わーるど



先頭へ

前頁へ

トップ