告白小説

『あんなの日記』


作者 あんな

愛と官能の美学


第14話 遠恋突入。。。  

 彼氏が実家に引越して、先日から遠距離開始です。アパートで最後の夜、記念に(つーかいつもしてるけど・・・)エッチしました。
 上の階の人はまだ帰って来てないらしく、声出しOK!?

 まずはいつも通り、お風呂へ・・・。2人でイチャイチャしながら体を洗いっこしました。
 シャワーあ浴びながらキス。チュッチュッって軽いキスから徐々にDキスへ。お互い舌を出し、舌先を絡ませたり。
 彼は私の後ろから、私を抱えるように体を洗います。手にボディソープを取り、ゆっくり胸をマッサージするように。
 両方のおっぱいを丸くマッサージするように洗いながら、人差し指で乳首を刺激。耳元で「あんなの乳首、硬くなってきたよ・・・」って。

 左手はおっぱいを洗いながら、右手は下へ。
「あんなのここ、もう濡れてる」
 彼はボディーソープをシャワーで流し、膝まついて私のおま○こを舐めます。舐めにくいのか、浴槽の淵に座らされ、足を全開にさせられました。
「あぁ・・ん。Jくんの体、まだ洗ってないよ・・・」
 喘ぎながら私が言っても、彼は知らん顔。私の足の間に顔を埋めて、チュッチュ吸い付いてます。親指でクリ○リスを刺激しながら。私は、浴槽に座っていられなくなる程でした。

 2人で湯船に浸かって、お淫ら再開。
 お湯の中でも私のヌルヌルが判るって、彼はおま○こを撫で続けます。
 私は手を後ろに回し、彼の大きくなったおち○んちんを扱きました。扱きにくいので、今度は向かい合ってお互いの物を触りっこ。しっかり握って、人差し指で先っぽを撫でると、彼からもヌルヌルが出てきました。

 お風呂から上がって、いつものソファーへ。
 私はこれ以上開かないって位足を開かされ、テーブルには鏡を置かれて、私のおま○こを鏡に写しながら、彼は後ろから触ります。
「ここがあんなちゃんの気持ちいいトコ。ほらちゃんと見て!」って。
 私のエッチなお汁でぐちょぐちょのおま○こはキラキラしてました。

「俺がいつも入れてるのはここね」と言って、指を入れてきました。
 グチョグチョ、クチュクチュえっちな音が部屋に響きます。私の喘ぎ声と一緒に・・・。

 手まんで1回イッた後、今度は彼氏の番。彼を立たせ、私が膝まつき、裏筋を舌先でそっと舐めます。
 左手でおち○ん○んを持ち、右手でたまたまを揉み竿を口に含みます。
 お口の中で先っぽを舌先でちろちろ。
 上目遣いで彼を見上げると、「きもちいい」って。

 彼は「もうダメ・・・我慢できない」って私の後ろから挿入。久しぶりの立ちバック。
 出窓の棚(?)に両手を付き、腰を突き出して奥まで入れてもらいました。
 私のおしりと彼の下腹(?)が当たってパンパン音がします。窓の外には人の気配・・・。
 彼は私の口を塞ぎ、更に激しく突いてきました。

「うぅ・・・ん。うぐぅ・・・」
 人の気配に私は更に興奮したみたいで、えっちなお汁が足をつたっていくのが分かりました。
 彼は左手で私の口を塞いだまま、右手でクリを刺激。
 私はあっけなくイってしまいました。

 へなへなと崩れると、今度は正常位で。イッタばっかりなのに、彼が激しく突きまくります。
「あんな・・・きもちいい? 俺も気持ちいいよ・・・」って言いながら、今度は一緒にイケました。
 第1ラウンド終了。
 午後3時でした。
「今日はここでのえっち収めだから最低3回しようね」と、約束してたので、2人とも服も着ないで裸族状態です。

第15話へ





〜告白小説多数掲載サイト〜
こちらにも是非ご訪問下さい

愛と官能の美学 官能文書わーるど



先頭へ

前頁へ

トップ