告白小説

『あんなの日記』


作者 あんな

愛と官能の美学


第24話 彼の転勤先のラブホデビュー

 今日は、彼が転勤して初めてのデートでした。
 引越しで、かなりお休みもらっちゃったから、当分お休みないかも? なんて言われて・・・。
 そりゃーラブホへ直行でしょう。。。

 初めて行く土地で、ラブホを探すのってちょー大変。結局かわいい名前のラブホを見つけて入りました。
 まずはお弁当で食欲を満たし、その後性欲。
 今日行ったラブホは、お風呂が狭くて一人ずつ入りました。私が先に入って、AVを見ながらベッドで待っていました。
 ココって、フリータイムが16時までだから、時間が短いんだもん。テンション上げて行かなくちゃ!!
 AVのお陰で、すでにおまんこは濡れ濡れでした。人のえっち見てても濡れるんですね〜。

 彼はベッドの足元の方から入ってきて、私の太ももを舐め始めました。
 なかなか真ん中舐めてくれなくて、私から動いておまんこにHITさせちゃいました。
 そしたら、すごい激しく舐めてくるの。
「あんなちゃん、えっちだなぁ〜」なんて言いながら。「あんながえっちじゃなくても、イイの?」って聞いたら、「ヤダ!!」って。

「Jくんのもしてあげる」って言って、69に。
 片手でおっぱい揉まれながら、おまんこ舐められて、おちんちん咥えて、たまを揉み揉み。
 彼はイキそうになってました。
「イってもイイ?」と聞くので「ダメ!!」

 ゴムを着けて、まずは1回目、正常位で。私は自分で両足を抱え、彼はクリを触りながら突きまくり。AV女優さんよりも、あぁ〜〜んって喘ぎ声出ちゃいました。。。
 彼が私の腕を引っ張り、上体を起こされ対面座位へ。両手を後ろに付き、結合部を見せるように動きました。
 ぬちゅっぬちゅっって音が。。。
「あんなちゃん、丸見えだよ・・・えっちだなぁ」って彼。
「見たくない?」って聞いたら、「いつも見ていたい」だって。

 腕が痺れてきたので、また正常位に戻って、激しくピストンされ、イッっちゃいました。
 まだヒクヒクしてるおまんこに、彼は容赦なくクンニ!
「キレイに舐めてあげるね!!」って、余計濡れるから〜〜。
「もうダメ!」と言って、うつ伏せになると、彼は私の上に圧し掛かり、生のおちんちんを太ももの間に挟んできました。
 おしりの方まで濡れ濡れだったので、彼の好きな素股&バックの合わせ技になりました。

 私の体の下に手を入れてきて、乳首をくりくりしながら腰を振る彼。
「あんなちゃん、かわいい〜ちょーかわいい〜」を連発!
(女の子って、かわいいって言われるとホントにかわいくなれるんだよ)

 乳首を触ってた手がクリに移動。痺れる程感じさせられて、私が先にイクと、彼も私の背中に元気よく出しました。
「あぁ〜〜ん! Jくんイッっちゃったの? 勿体無い〜」って言っちゃった。
 おまんこの中でイって欲しかったのに〜〜。

 背中を拭いてもらって、コーヒータイム。彼はベッドで横になったまま。
 コーヒーを口に含み、彼の口の中へ流し込むと「おいしい!」と言って1杯分口移しで飲ませてあげました。
「あんなちゃんのおまんことどっちがおいしい?」と聞くと、「あんなちゃんのおまんこ〜〜!!」と言って、またクンニが始まりました。

 私は左が下になるように横になり、右手で自分の足を持ち上げ、おまんこ丸出しで舐めてもらいました。
 TVはAVつけっぱ。どう見ても女子高生に見えない女子高生が、同級生5人にレイプされていました。

 彼はレイプモードに突入!!
 私の腕をバスローブの紐で縛り、タオルで目隠しをして、口の中にタオルを入れられ、体中を舐め回します。
 次はどこを触られるか? どこを舐められるか分からない分、ちょー感じまくり!!
 ソフトSM??
「うぅ・・・ん、うぅ・・・ん」って喘ぎ声。
「おとなしくしてれば、他は何もしないから!」なんて、台詞まで・・・。

 口からタオルを出され、おちんちんを入れられました。
 勿論「勘弁してください・・」と言いながらフェラ。
 容赦なくチュパチュパ吸い込みフェラをしていると、「あんなちゃん!! ダメ! 出ちゃう!!」と彼が言うので、ここで「ごっこ」は終了。

 上半身だけベッドに乗せ、バックで挿入。最初は私が足を開いた状態で、ズンズン突かれました。
 一度突くのを辞めてから、今度は私が足を閉じさせられ、更に突かれまくり。
 彼が私の口に指を入れてきたので、指フェラをしてあげました。
「あんなちゃん・・・気持ちイイ・・・」と言って、彼が先にイッちゃいました。。。

「あんなちゃん、イケなかったね・・・」って、彼は、手と舌でイカせてくれました。
 尖らせた舌先で、クリを弾き、指を出し入れ。
 内太股を舐めながら、親指でクリを擦り、もう片方の手でビラビラを摩る。
 ポリポリ掻くみたいに、クリを触られると、足が痺れてきてあっと言う間にイッちゃいました。
 私、イク時足を突っ張るので、多分明日は筋肉痛でしょう・・・。

第25話へ





〜告白小説多数掲載サイト〜
こちらにも是非ご訪問下さい

愛と官能の美学 官能文書わーるど



先頭へ

前頁へ

トップ