告白小説

『あんなの日記』


作者 あんな

愛と官能の美学


第59話 恒例のお泊り飲み会で(5)

 ベッドに行くとKクンは、私の頭のてっぺんから愛撫を始めました。
 髪、おでこ、鼻先、頬、唇、顎、首筋、鎖骨、乳首、おへそ……
 丁寧に私の体に舌を這わせます。
 お○んこは念入りに…

 太もも、膝、ふくらはぎ、くるぶし、足の指…一通り終わると、Kクンは私を左手で抱え、上体を持ち上げると私に見える様にお○んこを擦りました。
「あんなさん、見てて…俺の指があんなさんをこんなに感じさせてるんだよ!」

 Kクンの指はしなやかな動きをし、私の敏感な所を弄ります。
 Kクンの指が私の中に入り、出てくる…
 その度に、私のお○んこからはグチュッグチュッと湿った音がなります。
 私は喘ぎ、自分の声で益々感じていました。

 Kクンは抱えている左手の指を私の口元に持ってきました。
 私はフェラをするように、Kクンの指を舐めました。
 Kクンは「あんなさん、ちょーエロい…我慢できない」と言うと、素早くゴムを着け、くるりと私を横にすると、正常位で入れてきました。
 Kクンのモノが出し入れされる度、グチュグチュとさっきよりも大きな音がしました。
「あぁ…ん、あっ、あぁ…、あぁ…ん」私の喘ぎ声も大きくなります。
 私の膝の裏に手を掛け、下半身を少しだけ持ち上げる様にして、突きまくられました。

 Kクンは一回抜くと、今度は私を四つん這いにさせ、後ろから入れてきました。しばらくその体位で楽しむと、今度はそのまま私の腰を掴み後ろへ。
 背面座位です。
 私は膝立てで上下に体を動かしました。
 ズンズン奥に響きました。

 Kクンは私の乳首を弄り、おっぱいを揉んでいます。
 クリを弄られると、私は動いていられなくなりました。
 Kクンは下から突き上げます。

「あぁ…、もうダメ…、もうダメェ〜」と、私は叫びイッてしまいました。
 今思い出しただけで、私のお○んこはグチュグチュです。
 Kクンは上体を倒すと、結合部分を見ていました。

Kクン「すげぇ…あんなさんの中に俺のが飲まれてる…あんなさん丸見えだよ!」
私「Kクン…私もKクンのが入ってるの見たい…」

 今度は向かい合って座り、私は後ろに手を付き挿入しました。私にも結合部分が見えます。
 視覚でも感じられるこの体位、大好きです。
 余り激しく動く事はできませんが…。

 Kクンは私の手を引っ張って前へ…、対面座位です。
 激しく舌を絡めながら、腰を振りました。
「あぁ…っ、あぁ…んもうダメェ〜! ダメになっちゃう…あぁ…。」
 Kクンのお○ん○んが頭のてっぺんまで刺さってるみたいに感じました。

 私はぐったりです。
 Kクンは私を横にして、正常位で激しく突きました。
 この時の私は、気が狂った様に喘ぎ、そしてほぼ同時にイケました。
 一緒にイケるとなんか幸せ。
 たった2日の間なのに、私は何度も何度もイカされ、何度も何度もKクンを感じられました。

 気付くと時間は午後3時。お腹空いたね〜って事で、ルームサービスを頼みました。
 食事を済ませ、まったりDVDを見ました。Kクンはいつの間にかスヤスヤ…。
 私はそっと唇を重ねました。

Kクン「あんなさん…足りない…」
私「何が足りないの?」
Kクン「あんなさんが足りない…」
私「私が足りないの?」
Kクン「………ZZZZ……」

 寝言ぉ!?
 私はなんだか心が暖かくなって、一人で笑っちゃいました。
 Kクンが目を覚まし、寝言言ってたよ。って教えてあげました。

 時間は午後5:30。
 私は生理前のせいか、Kクンをもっと感じていたくて仕方ありません。布団を剥いでKクンのモノを口に含みました。
 お腹に頭を乗せてペロペロしていると、Kクンは私を69の体勢になるように導きました。
 私はまた愛液を溢れさせ、Kクンの顔をグチュグチュにしてしまいました。

Kクン「女の子って不思議……。どこにこんな液体貯蔵してるんだろぉ? ここを弄ると、自然に溢れてくる…。」
私「女の“子”じゃあないけどね…。でも、いっぱい濡らしてね! いっぱい濡れたら、いっぱい気持ち良くして…」

 Kクンは私の下からするりと抜けると、私を仰向けにして、M字開脚させました。
 そして硬く尖らせた舌先をビラビラに沿って動かしました。
 指でクリの皮を捲り、クリを舌先で弾かれると、私の足はその動きに合わせてビクビクしました。

 私はすっかりKクンに支配されていました。
 Kクンに何をされても感じてしまう……。
 ただ見られただけで、お○んこがじんわりしてきます。

 私は早く入れて欲しくって、Kクンの髪を掻きむしる様にしました。
 お○んこに吸い付くKクンの口を離す様にしながら、私は喘ぎまくり「入れて!」「入れてぇ〜!」と叫んでいました。
 Kクンは「すぐに入れてあげるね!」と言ってゴムを着け、私の足を閉じ入れました。
 キュッと足を閉じると、Kクンのモノがクリに当たります。
 Kクンは「あんなさん…もっと締め付けて!」と耳元で囁きます。

 私が太ももに力を入れれば入れる程、Kクンのモノは私の中でグングン大きくなっていった気がします。
 今度は私の足を開かせ、腕を交差させ握ると自分の方に引き寄せるようにしました。
 丁度おっぱいを挟み込む感じです。
 少し下を向くと私のおっぱいがブルンブルンと激しく揺れているのが見えました。
 Kクンの動きに合わせておっぱいが揺れる。そう思うだけで、より一層気持ち良くなっていきました。
 感じれば感じる程、乳首はツンと立ち、コリコリに硬くなっていったようです。

 Kクンはラストスパートを掛け、更に激しく腰を振りました。
 そして私の手を放し、私に覆い被さると一気にグングン突き、私の「イッちゃう。……もうダメ、……もうダメ! ダメェ〜! イクぅ〜!!」の声と共にイッたようです。

 ゆらゆら腰を揺すり、私の胸に顔を埋めたKクンが愛しいく、ギュッとしたくなりました。
 私がKクンの髪を撫でていると、Kクンは私に軽くチュッ、チュッ、チュッと3回キスをした後優しく激しく舌を絡めてきました。
 私はそれに答える様に、Kクンの唾液を吸いうっとりと余韻を味わっていました。
 Kクンがゴムを取る時、こっそり見るとイッたはずなのに、中は殆ど入っていませんでした。
 私、絞り取っちゃった!?

 確かにビクンビクンと脈打つKクンを感じたはずなのに…。
 私のお尻の下は、私の愛液でびっしょりでした。

 Kクンは私の体の隅から隅まで見ていました。
 私はKクンの視線に犯されていました。
 触れられてもいないのに、私のお○んこはジィ〜ンとして、また愛液を溢れさせてしまいました。
 Kクンは「あんなさん…俺、もう限界です…」と満面の笑みで言うと、私のおまたに顔を突っ込みじっくりお○んこを観察していました。
「あんなさん…俺、触ってないのに、あんなさんのココ、キラキラ光っていますよ!」と言って“ふぅ〜”っとクリに息を吹き掛けました。

 そんな微かな事でも、私のそこは敏感に反応し、ヒクつかせていました。







〜告白小説多数掲載サイト〜
こちらにも是非ご訪問下さい

愛と官能の美学 官能文書わーるど



先頭へ

前頁へ

トップ