プランシェの女





作者 ふゆ




 佳奈子はプランシェを見た。
 先ほどの赤い唇の女は、隅で横たわっていた。
 男のほうには、他の女が絡もうとしていた。
 その新しい女はプランシェで鑑賞していた一人らしかった。

 女は佳奈子と同じくらいの年齢だろう。
 少なくともさっきの赤い唇の女よりは年齢が上だった。
 やや大柄で、肌はそれほど白くはなく、やや艶を帯びた褐色に近かった。
 太ってはいないが、張りのある体つきであった。

 男女の営みをまじかに見て、たとえ自分で慰めようと、体のほてりが増すばかりであったのだろう。
 男に挑むその姿は、性急さを感じた。

 男が、その女の足を広げる。
 女の腕は男の体を捕まえようとする。
 男は下半身を少し前に進める。
 女は下半身を受け入れる態勢にする。

 女はもう震えている。
 男がゆっくりと挿入を始める。
 女は受け入れる準備は十分にできているのだが、一か所だけ準備ができていなかった。
 それは、男を受け入れる肉の道が十分に開いていなかった。
 女は男を徐々に受け入れて行くにしたがって、苦痛の表情を浮かべる。
 男は挿入を少し逆方向へ戻す。
 女の表情から苦痛が減ったのを見計らって、再度挿入の深さを増していく。

 挿入の深さを、増減を繰りかえしながら、ついに男のすべてが女のなかに挿入された。
 男の前後運動が始まった。
 女の顔にまたさっきとは異なる苦痛の表情が浮かぶ。
 女の口から悦びの声が漏れる。
 女は苦しげに絶頂へと、短く上り詰め始めた。

 女は快楽をなるたけ長い間享受しようと努めているように見える。
 しかし、男の前後運動が、一気に絶頂へと導いてしまった。
 女の体が小刻み震え始める。
 もう少し、もう少しだけこのまま感じていたいのだろうか、我慢する苦痛の表情がありありと見える。

 女の躯の震えが止まらない。
 ついに女は、大きく体をのけぞらせ、絶叫とともに果てる。
 一つの山を上り詰めた。
 しかし、男の動きは、相変わらず、規則正しい前後運動を継続させている。
 女の体は力が抜け切ってしまい、男の前後運動に合わせて、何にも逆らうことなく、動きに身を任せている。

 女の顔に表情が戻る。
 そして、吐く息が荒くなる。

 「あああ、、、、」女の声が徐々に高い音になって切れる。
 顔を左右に振った。
 そして、男の体に手を延ばす。
 この女は男の体に腕を巻き付けるのが癖らしい。

 女に再び快楽の波が襲いかかり始めているようだった。

 「あの人、もう一度いくつもりだわ。」
 佳奈子は、身を乗り出して、プランシェを凝視した。

 男の動きが、リズミカルである。
 女ははその男の動きに併せて腰を左右に振っている。
 時に腰を競り上げることさえある。

 「あの人、2度目は大胆だわ。余裕が見られる。今度は男のほうが辛そうね。」
 佳奈子は、自分の右の中指が、もう一度真珠を探り当てていることに気が付き、自分ながら、ドキッ、とした。
 しかし、そのままゆっくりと、プランシェの女の動きに合わせるかのように、中指を動かした。

 女は男に突かれて前後に揺らされている。佳奈子も中指をそれに併せて上下に動かした。

 女は腰を左右に振っている。
 佳奈子は指をゆっくりと真珠を中心に指の腹を回した。
 佳奈子の指紋のかすかなでこぼこが、真珠に微妙な刺激を与える、そんな角度にはまった。

 「う、う、う、、、」
 佳奈子の口から快楽の声が漏れる。
 「い、い、い、、い、く、、、」

 佳奈子の興奮は絶頂に達しつつあった。

 プランシェの女も、ゆっくりとした速度から、早さを増して、絶頂の坂道を、一気に上り詰めようとしている。

 「いくううう、、、」
 佳奈子は、ピリエのなかで声を出して、そして果てた。少し、震えが残った。
 そしていつもよりも倦怠感が残った。

 プランシェの女も、絶叫とともに昇り終えた。
 もう、女は震えていない。
 その顔には、満足に、そして穏やかな表情だけあった。

 佳奈子はピリエからそれを見たとき、今の自分には、完全な満足がまだないことに気がついた。

 「なぜ。2回もオナニーでいったのに。いつもと違うわ。」
 佳奈子は、今晩サラマンドルから声を掛けられたのが、自分の中で引っ掛かっているのが原因だと思った。
 「今晩は、勇気を出してプランシェに行っていたら、あの女が受けた快楽が、この渡しのものであったのかもしれない。」
 そんな後悔が佳奈子にはあったのだろう。

 佳奈子はピリエを出て、地下から1階へ上がり、着替えを済ませて、外へ出た。


---END---





この作品は以下のサイトでも掲載されています。

愛と官能の美学

http://shy8.x.fc2.com/





前頁へ   トップ