風俗体験記

 

ビジホでデリヘル呼んだら、フロントから電話が!

 

作者 MAKOTO

 

 

 

 

 

 一時期、ビジネスホテルに泊まってデリヘルを利用していた。
 泊まり4000円ぐらいで、ラブホテルの休憩とほぼ同じで、そういう意味ではお得だと思う。

 利用したお店は「ぷにラブ」
 指名料を含めて60分コースで1万円ぐらいなので激安店。

 ぽっちゃり系のお店なので、正直、そんなに期待はしていなかった。

 HPの在籍一覧は、まあ今時というか、きれいめの女の子ばかりという印象。
 ちょっと修正している感も強い(プリクラの補正?)。

 まあ安いから別に失敗してもいいか、と思ってホテルの部屋で待っていた。呼んだのは夕方前ぐらい。

 指定の時間に差し掛かったとき、部屋の電話が突然鳴った。
 ビジネスホテルの電話というのは通常は鳴らないものである。
 だからびっくりした。
 そして焦った。

(あれ、ここは呼んだらマズかったかな?)と思いながら受話器をとった。
 デリヘル可なのは事前にリサーチ済みである。

 表向きは外部の者を部屋に入れるのは禁止しているが、たいていのビジネスホテルはデリヘルを黙認している。
(あまりおおっぴらにやったらダメです)

 電話はフロントからで「お友達のかたがお見えです」とのこと。
「……はい。行きます」

(友達か……。友達じゃないぞ。それに、初めて呼ぶから顔は知らない……どうしよう)

 

 

 

 

 

 エレベーターで一階に下りた。
 フロントの前に、若い女性が座っていた。

 管理人が手を上げると、その若い女性は少し微笑んで、立ち上がった。

 その女の子、名前はマナちゃん。
 ビジネスホテルに呼ばれた経験が少なくて、勝手が分からなかった、とのことだった。

 美人……ではなく、可愛い系。決してブスではない。

 二十歳過ぎぐらいだったかな。
 激安店とは思えないレベルの娘だった。

 体型は少しぽっちゃりで、胸は普通サイズより少し大きいぐらい。
 くびれは残念ながら存在しなかった……。

 だけど、可愛い系の、健康的なぽっちゃりさんなのだ。

 管理人のストライクゾーンから大きくは外れていない。

 しかも、とてもフレンドリー。
 お店にプレイ開始の電話を掛けるのも、管理人からお金を貰うのも忘れていた、という天然ぶり(もちろんお金は払いましたよ)

 こちらが下になって、責めてもらう。

 時々、オッパイにイタズラ。するとビクン、と体を震えさせるマナちゃん。

 感度の良い女の子はいいねえ〜。

 続いてシックスナインへと。

 濡れ具合もなかなかだった。

 徐々に気持ちが高ぶってきて、そのまま、

 ドッピュッッ

 とマナちゃんの口内に射精。

 ぎゅっと吸ってもらえて大満足の60分だった。

 ホントはスマタとか試したかったんだけど(濡れ具合が良かったから)、それは次回と言うことで。

おしまい

 

2012/09/28

 

 

 

 

 

 

風俗体験記 『ビジホでデリヘル呼んだら、フロントから電話が!』

作者 Makoto様

 

 

 

 

 

↑ページ先頭へ

前のページにもどる

ましゅまろくらぶトップへ